福島が藤枝退団のGK大杉啓の加入を発表「感謝の気持ちを持ってがんばります」

2022.01.19 13:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは19日、藤枝MYFCを退団したGK大杉啓(25)の完全移籍加入を発表した。

大杉は静岡学園高校から日本体育大学を経て、卒業後にオーストラリアへ渡り下部リーグでプレー。2020年に神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CCへと加入し、2021シーズンから藤枝に加入した。

明治安田生命J3リーグでは2試合の出場に終わっていた。

大杉はクラブを通じてコメントしている。

「この度、福島ユナイテッドに完全移籍することになりました、GK大杉啓と申します」

「少しでも早く試合に出て、応援していただく方々に活力を与えられるプレーを、スタジアムに来ていただく方々に「また見に来たい!」と思ってもらえるプレーを、そして福島の子どもたちに夢を与えるプレーをしたいと思います!」

「自分らしく、感謝の気持ちを持ってがんばりますので、よろしくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

1万人超えのJ初”信州ダービー”はゴールレス、いわきがドローに終わり鹿児島が首位浮上【明治安田J3第9節】

明治安田生命J3リーグ第9節の9試合が、15日に各地で行われた。 長野UスタジアムではJリーグの舞台で初となる、AC長野パルセイロvs松本山雅FCの"信州ダービーが"行われた。5位の長野と2位の松本が勝ち点「3」差で迎えた一戦はチケット完売。J3今季最多となる1万3244人の大観衆のもとで火花を散らした。 前半はアウェイの松本が菊井のミドルなどで攻勢を強め、37分には自らの仕掛けで得たFKを横山が直接狙う。3分後にもファーへ逃げる動きでフリーとなった横山が右からのクロスに至近距離で合わせるも、枠を捉えられなかった。 ゴールレスで折り返した後半は長野も古巣対戦となる宮阪のキックなどから好機を見いだすが、決定的とまでいえる場面を作り出せず。終盤にはサイド攻撃を軸に猛攻を仕掛け、90分には宮阪のFKからこちらも古巣対戦となる山本が惜しいヘディングを放つも、最後まで互いにゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。 前節、福島ユナイテッドFCとのダービーを制し、J初の首位に立ったいわきFCは、本拠地Jヴィレッジスタジアムに8位の藤枝MYFCを迎えた。 いわきは20分、藤枝のビルドアップに対して前線から圧力を掛けてミスを誘発する。河上のマイナスのパスがボックス手前右の古川のもとへ流れると、古川はボールを流しながら前を向き、左足でのコントロールショットを左隅に沈めた。 59分には有馬がPKを沈めてリードを広げたいわきだったが、66分に自陣ボックス右外でFKを与えてしまい、ニアでクリアを試みた岩渕がオウンゴールを献上。1点差に詰め寄られると、その6分後にはカウンターから押谷にゴールを許し、あっという間に同点とされてしまう。 後半のアディショナルタイムにはクロスから鈴木に決定機が訪れるが決め切れず、試合終了。ドローに終わり、首位の座を明け渡すこととなった。 一方、ダービーに敗れて4位へ後退した福島は、アウェイで16位・ガイナーレ鳥取と対戦。今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試される一戦で、攻撃力が爆発した。 13分、福島は左からのCKを獲得すると、北村のキックが中央で堂鼻と新井の競り合いからファーへ流れて高橋がプッシュ。幸先良く先制に成功した。さらにその5分後には、再び北村の左足から追加点。ボックス手前左でFKを得ると、ピンポイントのクロスに大武がドンピシャのヘディングをたたき込んでリードを広げた。 34分には長野が自ら得たPKを沈め、68分には高橋がこの日2点目を記録して大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、4-0の圧勝で2位へ浮上している。 首位へ浮上したのはFC今治とのアウェイゲームを制した鹿児島ユナイテッドFC。前半は中川にネットを揺らされるもオフサイドの判定に救われ、米澤やロメロ・フランクが決定機を迎えるも決め切れず、ゴールレスで終えた。 後半に入って迎えた61分に左CKを得ると、木村のクロスをニアで有田がそらし、広瀬がすべり込みながらプッシュ。加入後初ゴールが決勝点となり、1-0で鹿児島が勝利を収めている。 また、今節から横山監督が指揮を執る14位・FC岐阜は、8分に石津が先制点を挙げ、83分には藤岡が試合を決定づける2試合連続ゴールを奪取。15位・SC相模原を2-0で下し、新体制初戦をものにしている。 ◆第9節 ▽5月15日(日) いわきFC 2-2 藤枝MYFC アスルクラロ沼津 1-1 愛媛FC ガイナーレ鳥取 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 福島ユナイテッドFC</span> FC今治 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 鹿児島ユナイテッドFC</span> テゲバジャーロ宮崎 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 5</span>-1 Y.S.C.C.横浜 AC長野パルセイロ 0-0 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-0 SC相模原 2022.05.15 21:22 Sun
twitterfacebook
thumb

J3福島、新たに選手2名が新型コロナ陽性…合計8名に

福島ユナイテッドFCは1日、トップチームの選手2名が新たに新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 福島では4月28日にトップチームの5選手がPCR検査の結果、陽性判定を受けたと発表。29日にも1名が陽性判定となっていた。 クラブの発表によると、今回の2選手は軽度な自覚症状があるとのこと。現在は隔離されており、体調回復に努めているとのことだ。なお、2選手ともに、4月29日の明治安田生命J3リーグ第7節の愛媛FC戦にはエントリーされていな買った。 また、4日に予定されている第8節のいわきFCとの“福島ダービー”に関しても、エントリー可能人数を満たしているため、予定通り試合は開催されるという。 2022.05.01 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

J3福島で合計6選手が新型コロナウイルス陽性判定

福島ユナイテッドFCは29日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 福島では28日にトップチームの5選手がPCR検査の結果、陽性判定を受けたと発表していた。 選手1名が26日に発熱し、PCR検査の結果「判定保留」に。27日に陽性判定を受けると、6名が濃厚接触者となった。 その6名は、28日に医療機関でPCR検査を実施。4名が陽性となり、合計5名が陽性判定を受けたことに。また、1名が陰性、1名が結果待ちとなっていた。 その結果待ちの選手に関して、陽性判定を受けたとのこと。軽度な自覚症状があり、隔離し、29日の試合には帯同しないこととなった。 また、愛媛FC戦では試合のキックオフ3時間前にスクリーニング検査を実施し、陰性となった関係者のみがエントリーされる。 2022.04.29 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

福島が劇的ゴールで首位キープ! いわきは初黒星で4位後退【明治安田J3第6節】

明治安田生命J3リーグ第6節の7試合が17日に各地で行われた。 開幕から3連勝とスタートダッシュに成功し、ここまで負けなしの2位福島ユナイテッドFCはホームで12位のSC相模原と対戦。立ち上がりから攻勢を強めて優位に立つも、ゴールレスで試合を折り返す。後半も試合を優位に進めるが、なかなかゴールを割ることができず、81分にセットプレーからチャンスを作るも得点が生まれずに時間が経過する。 このままゴールレスで試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム3分、ついに福島が試合を動かす。途中出場の橋本がボックス内左で仕掛けてクロスを上げると、中で待っていた高橋が右足インサイドで冷静に流し込んで先制。試合はこのまま終了し、福島が首位をキープした。 Jリーグ参入後いまだ負けなしの3位いわきFCはホームで9位のFC今治と対戦。一進一退の譲らぬ攻防を繰り広げるも、互いにネットを揺らせずに前半が終了する。しかし、後半開始早々の46分に先制を許すと、いわきが前線からのプレッシャーを強めて今治ゴールに迫り、後半アディショナルタイムには猛攻を仕掛けるもゴールを割れずに試合のホイッスル。首位浮上のきっかけを逃すと同時に、今季初の黒星がつくこととなった。 1年でのJ2復帰を目指す5位の松本山雅FCはアウェイで6位のFC岐阜と対戦。他会場の結果次第では順位を大幅に上げる可能性のある松本は37分にゴール前のパスワークから最後は小松が先制弾を挙げたものの、前半アディショナルタイムに失点する。後半は岐阜にペースを持っていかれるかと思われたが、58分に左CKのサインプレーで生じたゴール前の混戦から最後は住田がネットを揺らして勝ち越しゴールを挙げると、73分に再び左CKで生じた混戦から住田が押し込んで追加点。その後は2点のリードを守り切った松本が勝利し、順位を2つ上げて3位につけた。 ◆第6節 ▽4/17 ヴァンラーレ八戸 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 カマタマーレ讃岐</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 1</span>-0 SC相模原 いわきFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC今治</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 2</span>-1 アスルクラロ沼津 藤枝MYFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 カターレ富山</span> FC岐阜 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 松本山雅FC</span> ギラヴァンツ北九州 0-0 愛媛FC ▽4/16 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 AC長野パルセイロFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 ガイナーレ鳥取 2022.04.17 16:28 Sun
twitterfacebook
thumb

2・3月度の月間優秀監督賞発表! 川崎Fの鬼木達監督が5度目の載冠 「自分達らしく熱く戦う姿を」

Jリーグは12日、2・3月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは3連覇を目指す川崎フロンターレの鬼木達監督。今季はFUJIFILM SUPER 2022で浦和レッズに敗れ、黒星発進を強いられたが、J1リーグではAFCチャンピオンズリーグ2022参戦に伴う先行試合を含む7試合を5勝1分け1敗で切り抜けた。 4月に入ってからの3試合でこそ1勝1分け1敗という状況だが、チームを暫定首位に導く鬼木監督は自身5度目の受賞に際して、Jリーグ公式サイトで喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「明治安田生命J1リーグ2・3月度月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンも新型コロナウイルスの影響などもあり、サッカー界全体が非常に厳しい状況の中でスタートしています」 「そういう環境の中でもスタジアムに足を運んで頂いたり、DAZN視聴を通じて応援して頂いている全てのファン、サポーターの皆さんには本当に感謝しています。今、チームとしては我慢の時期ですが、選手、スタッフ、クラブみんなで一体感をもってやれているので常に努力を続けて成長していきたいと思います」 「スタジアムには多くのファン、サポーターの方々が戻って来てくれているので、自分達らしく熱く戦う姿を見せていきたいと思います。4月はACLもあるのでより総力戦で頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは横浜FCの四方田修平監督が輝き、J3リーグからは福島ユナイテッドFCの服部年宏監督が選出。両監督とも初受賞となる。 2022.04.12 17:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly