CBに負傷者相次ぐミラン、トッテナムの若手DFをレンタルで獲得か

2022.01.19 13:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがトッテナムのU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

現在セリエAで2位につけ、熾烈なスクデット争いを繰り広げているミランだが、センターバックが相次いで負傷。デンマーク代表DFシモン・ケアーはヒザを負傷して今季絶望となり、イングランド代表DFフィカヨ・トモリも13日に行われたコッパ・イタリアで左ヒザ内側半月板を損傷して、1カ月程度の離脱になると報じられている。

『スカイ・スポーツ』によると、スクデット争いで後れを取らないためにもセンターバックの補強が急務なミランは、タンガンガをレンタルで獲得するプランを持っているようだ。

トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップでファーストチームデビュー。翌年にはプレミアリーグデビューを飾るなど高い期待が寄せられているが、昨シーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦13試合の出場に留まることに。今シーズンも公式戦17試合に出場しているが、プレミアリーグでの先発は8試合に留まっており、主軸の地位を築くまでには至っていない。

選手本人も、現在負傷中のDFクリスティアン・ロメロ、DFエリック・ダイアーが復帰した後の出場機会減少を危惧しているという。そのため、クラブ間でレンタル移籍に合意すれば、ミラン行きが実現する可能性は高まると見られている。


関連ニュース
thumb

バルサ行き噂のケシエがメッセージ 「この5年間をこれ以上ない形で終わらせられた!」

ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)がサポーターに惜別のメッセージを送った。 2017年夏にアタランタから加入したケシエ。最初の2年間をローンプレーヤーとして過ごすと、2019-20シーズンから完全移籍に移行となり、今季も攻守両面のパワフルさをもって公式戦39試合に出場し、チームの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献した。 だが、今季が最終年の契約がいまだ更新に至っていないことで退団が確実視。まだ何も公式化されていないものの、以前から合意済みといわれるバルセロナ行きの線が強いなか、27日に自身のインスタグラムに別れの言葉を書き綴っている。 「この5年間の素晴らしい経験をこれ以上ない形で終わらせることができた! 独特の感動がある。僕らはイタリアのチャンピオンだ。この栄光のユニフォームを着て、素晴らしいチームメイトと旅をともにできたのを誇りに思う! すべてに感謝! みんな、ありがとう! 貴方のプレジデンテより」 <span class="paragraph-title">【SNS】ミランサポーターに惜別メッセージ</span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CeD7eTkIki4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CeD7eTkIki4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CeD7eTkIki4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Franck Yannick Kessie(@franckkessie)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.28 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マルディーニが大活躍だったラファエル・レオンに「彼はまだダイヤの原石」

ミランのテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が主役の1人に言及した。 今季のセリエAを見事に11年ぶりの優勝で飾ってみせ、長らくの低迷期から復活をアピールしたミラン。ステファノ・ピオリ監督の下、個々がしっかりとタスクをこなした末の結果といえる。 なかでも、若い力の躍動ぶりが際立ち、攻撃陣を牽引したポルトガル代表FWラファエル・レオンはその筆頭に。マルディーニ氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で絶賛している。 「もちろん、彼はまだダイヤの原石だ。シーズンを追うごとに良くなっている」 「我々がリールから2400万ユーロ(約32億6000万円)を支払って獲得して、すぐに1億5000万ユーロ(約203億9000万円)の条項条項を設定したのはボバン、マッサーラ、そして私に確信めいたものがあったからだ」 「チャンピオンになれる素質が潜在的にあった。極めて頭が切れる選手でもあって、ほんの少しだけサポートするだけで良いんだ」 そんなレオンを巡ってはまことしやかにレアル・マドリーの関心が噂されるなど、注目度も高まってもいるが、マルディーニ氏は「彼とはよく話をする」と語り、こう続けている。 「将来、ミランがレオンのレベルにない、あるいはレオンがミランのレベルにないというのであれば、状況が変わり得る。それは明らか。しかし、今はクラブにとっても、彼にとっても、飛躍的な成長を遂げている」 2022.05.27 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランは複数のストライカー獲得を目指す、アヤックスのコートジボワール代表FWらをリストアップか

11年ぶりのスクデット獲得を果たしたミラン。ここへ来て再びストライカー獲得の動きが活発化している模様だ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ミランは待望のスクデット獲得からまもなく、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(40)が左ヒザの手術に伴い7~8カ月の離脱となることを発表。イブラが仮に来シーズンもミラン残留となった場合でも、少なくとも年内は戦力にカウントすることが厳しい見通しだ。 そんな状況の中、これまで獲得が確実視されてきたリバプールのベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)は、来週にもメディカルチェックを実施する見込みとのこと。だが、『カルチョ・メルカート』によると、ミランの首脳陣らはオリジだけでは不十分であると感じているという。 パオロ・マルディーニTD(テクニカル・ディレクター)らは、すでに新たなストライカー獲得を目指し、これまでリストアップしてきた選手たちのさらなる分析を進めているとのこと。中でも、アヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)と、バイエルンに所属し今シーズンはアンデルレヒトへレンタル移籍中のU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)に注目している模様だ。 アラーは今シーズンのエールディビジで31試合21得点7アシスト。マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したエリック・テン・ハグ監督のもと、絶対的なエースとして得点を量産。テン・ハグ監督がユナイテッドへ連れて行きたい選手でもあるとされており、今夏の人気銘柄の1人と目されている。 また、アンデルレヒトのザークツィーは、U-21オランダ代表で主将を務める前途有望なストライカー。所属元のバイエルンではデビュー当時に比べて停滞した感が否めなかったが、今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで32試合15得点8アシストと大車輪の活躍を披露した。 マルディーニTDらは、ベンフィカのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス(22)を獲得したいというのが本音だが、ヌニェスは今夏屈指の人気を誇り、プレミアリーグなどのクラブに対しては資金力で太刀打ちできないことから、様々な選択肢を検討している中で彼ら2人に行き着いたとのことだ。 2022.05.27 18:48 Fri
twitterfacebook
thumb

スクデット獲得に貢献のカルル、ミラン加入当初の苦労について「フランスとはまったく違った」

ミランのU-21フランス代表DFピエール・カルルが加入当初の苦労を振り返った。 カルルは2020年夏にリヨンのアカデミーから加入。右サイドバックとセンターバックを兼任して加入初年度から出場機会を確保すると、2年目の今季はステファノ・ピオリ監督からの信頼を得て主軸に定着し、公式戦37試合に出場した。 序盤は右サイドバックでの出場が多かったが、DFシモン・ケアーの負傷もあり、センターバックに定着すると、DFフィカヨ・トモリとのコンビでチームの守備を支え、11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 ポリバレント性もあり、すでにチームに欠かせない選手のカルルだが、フランス『Vista』で加入当初の苦労を告白。イタリアのサッカーへの適応は難しかったと振り返りつつ、自身を信頼してくれるピオリ監督への感謝も語った。 「僕のミランでのデビューは遅かったね。あれは12月のヨーロッパリーグ、敵地でのスパルタ・プラハ戦だった。それまで4カ月間もプレーしていなかったから、身体的にも戦術的にも落ち着くのに時間がかかったよ」 「ここはフランスとはまったく違うんだ。僕はそれを理解する必要があり、監督はその間に僕より優れた選手がいると考えていた。僕は歯を食いしばっていたよ」 「練習中、監督から『右ウイングでプレーしたことはあるか』と聞かれ、『もちろん、問題ない』と答えたよ。もし『中盤でプレーしたことはあるか」と聞かれても、同じように答えただろうね」 「リヨンでは、中盤を含むすべてのポジションでベストを尽くすため、トレーニングを積んできた。だから、試合に出られない状況だとハッピーではいられないんだ」 「デビュー戦はハードワークができて良かったと思う。そして監督は、改善すべき点があったとしても、僕の強さやどれだけ走ったかについて気づいてくれた」 2022.05.27 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヒザ手術で長期離脱中のケアー、来季開幕戦で復帰か

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーは、新シーズンの開幕に間に合うようだ。同選手の代理人が明かした。 ケアーは12月1日に行われたセリエA第15節のジェノア戦でヒザを負傷。同3日に前十字じん帯と内側側副じん帯の手術が行われ、長期離脱を余儀なくされた。 1日でも早い復帰が望まれるなか、代理人のミッケル・ベック氏はイタリア『SerieANews.com』のインタビューでケアーの現状を明かした。 「シモンは元気だし、とても幸せだ。チームメイトが今シーズン達成したことを誇りに思っている」 「ミランと契約し、タイトルを獲得することはシモンにとって夢だった。スクデットの獲得は彼のキャリアの中でも最高の瞬間の一つだね」 「シモンはステファノ・ピオリ監督と素晴らしい関係を築いている。彼はシモンの能力を最大限に引き出してくれた。そして、ミランで最も重要な選手の一人となり、リーダーの一人として戻ってくるだろう。来シーズンの開幕から出場できるはずだ」 2022.05.27 00:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly