「どうやって浮かした」鎌田大地の技術が詰まったゴールにファンも驚きの声「すごいシュート」

2022.01.17 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が3試合ぶりのゴールを決めた。

フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第19節でアウグスブルクとアウェイで対戦。鎌田とMF長谷部誠はフル出場した。

2シャドーの一角でスタートした鎌田は、22分に最初のチャンスをものにする。相手のミスでショートカウンターに転じた流れから、FWラファエル・ボレのラストパスを受けた鎌田がボックス中央に侵入。相手GKに触れられる直前に右足のタッチでかわし、そのままゴールに流し込んだ。

鎌田の技術が詰まったゴールにはファンも反応。「どうやって浮かした」、「これ無茶苦茶難しいシュートやぞ」、「よくあの体勢で打てるよな」、「浮かして交わしてからのシュートまでのタイミングが絶妙」、「かわし方がヤバい」、「すごいシュート」と驚きの声を寄せた。

その後アウグスブルクに追いつかれたフランクフルト。鎌田はゴールやアシストに近づく場面もあったが、結局試合は1-1で終了している。



1 2

関連ニュース
thumb

板倉滉がフランクフルトに? 長谷部誠の後継者として獲得に興味津々

今シーズンの2,ブンデスリーガ(ドイツ2部)で優勝を果たし、1年で1部へと昇格を果たしたシャルケ。その優勝&昇格に貢献した1人が日本代表DF板倉滉(25)だ。 マンチェスター・シティからのレンタル移籍で加入した板倉だが、加入してすぐにポジションを獲得。2.ブンデスリーガでは31試合に出場し4ゴールを記録するなど、チームの優勝&昇格に大きな影響を与えた。 シャルケは来シーズンのブンデスリーガの戦いに向けて板倉の完全移籍を目論んでいる一方で、その金額を支払う資金がなく、主軸選手を売却して捻出しようとしていると報じられている。 一方で、ドイツ『フランクフルター・ノイエ・プレッセ』は、「板倉は長谷部の後を継ぐか?」と題し、フランクフルトが板倉の獲得に動いていると報じた。 フランクフルトは、今シーズンのブンデスリーガでは11位と中位に甘んじたものの、ヨーロッパリーグ(EL)では決勝まで駒を進め、レンジャーズを相手にPK戦で勝利。EL初制覇を成し遂げていた。 日本代表MF鎌田大地もその優勝に大きく貢献した一方で、ブンデスリーガで最長期間プレーしている長谷部誠はキャリアの終わりが近づく中で、要所でチームを助けていた。 長谷部がスパイクをいつ脱ぐのかは未定だが、フランクフルトは今夏にセンターバックを補強したいと報じられており、ドイツ『スカイ・スポーツ』も板倉の名前を候補として挙げている。 その板倉に対しては、フランクフルトに加え、シャルケはもちろんのこと、フライブルグも興味。ブンデスリーガのクラブは、センターバックとボランチでプレーできる板倉の能力を買っており、獲得に興味を示しているようだ。 シャルケが買い取りオプションを行使すれば残留は決まるが、550万ユーロ()は捻出できない見込み。その期限は5月31日までとなっており、期限を過ぎればオープンに市場に出ることとなる。 フランクフルトは、シャルケがオプションを行使できなかった場合は真剣に取りに行く模様。その板倉に期待するのが、長谷部の役割だ。 長谷部も3バックのリベロとボランチで長らくプレー。フランクフルトに板倉が入っても、同じ役割はすんなりこなせると見られている。 いずれにしても、シャルケの動き次第にはなるが、来季はチャンピオンズリーグ(CL)を戦うフランクフルトに、3人目の日本人選手が加わることになるのだろうか。 2022.05.28 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、買取義務発動でミランからハウゲを獲得

フランクフルトは28日、ミランからレンタル中のノルウェー代表MFイェンス・ペッター・ハウゲ(22)の買い取りを発表した。新契約は2026年6月までとなる。 ハウゲは2020年夏に母国のボデ/グリムトからミランに加入。公式戦26試合で8ゴール3アシストを記録したものの、シーズン後半戦は出場機会がなく、今季はレンタルでフランクフルトに活躍の場を移すことになった。 フランクフルトでは、初出場となったブンデスリーガ開幕のドルムント戦で途中出場からゴールを決め、印象的なデビューを果たした。レギュラー獲得には至らなかったものの、準主力としてリーグ戦26試合で2ゴール2アシストの成績。ヨーロッパリーグ決勝でも先発出場し、優勝に貢献した。 そんなハウゲには、ミランとフランクフルトの間で買い取り義務が発生する条項が設けられていたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』によれば、条件はフランクフルトの1部残留。移籍金は固定で1100万ユーロ(約15億円)、ボーナスで200万ユーロ、加えてレンタル料が200万ユーロ(約2億7400万円)と伝えられている。さらに、将来的な移籍の際には15%のマージンをミランが受け取る条項もあるようだ。 2022.05.28 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト守備の要ヒンテレッガー、「シーズン終了後に移籍すべきと言われていた」

フランクフルトのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガー(29)が今季終了後での退団を勧められていたようだ。オーストリア『Kronen Zeitung』のインタビューで語った。 2024年6月までフランクフルトとの契約を残すヒンテレッガー。ヨーロッパリーグ優勝という最高の結果に終わった今季のフランクフルトだが、シーズン前半戦は苦戦し、その中でヒンテレッガーも本来のパフォーマンスを発揮できずにいた。 そういったこともありクラブはシーズン終了後の退団を勧めていたようだ。 「秋の終わりからバルセロナとの準々決勝(4月)の試合があった辺りまで、クラブは僕に対してシーズン終了後に移籍すべきと言っていたんだ」 しかし、シーズン後半にかけて尻上がりにチーム状態を上げていったことで状況が変わり、クラブは遺留に方針転換を図ったようだ。 「これだけの変化があったことに驚いている。チャンピオンズリーグという舞台が待っているんだ。フランクフルトのファンたちとその舞台で戦えないなんて絶対に嫌だよ」 EL決勝では負傷により出場できなかったヒンテレッガー。新シーズンに向けて現在は万全の状態で挑むべく準備を進めている。 2022.05.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.104】「EL王者」の称号引っ提げ、カタールW杯メンバー滑り込みへ/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「鎌田(大地=フランクフルト)と堂安(律=PSV)は所属チームで自分の存在をつねに見せ続け、いいプレーをしていた。タイトルを獲ったという自信は間違いなく彼らの力に上乗せされていく。貪欲に向上心を見せてくれるように期待しています」 6月の日本代表4連戦に向け、5月20日に行われたメンバー発表会見。森保一監督は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選途中に外した2人を呼び戻すに至った理由を改めてこう語った。 とりわけ、昨年1月〜3月の重要な終盤4試合で選外にした鎌田大地を復帰させたのは、大きな出来事と言っていい。[4-3-3]への布陣変更でトップ下のポジションがなくなったことは彼にとって不運ではあったが、2021年の6試合では本来のよさを出しきれていなかったのも事実。今季からオリヴァー・グラスナー監督体制に移行したフランクフルトで、序盤は鎌田自身、出たり出なかったりの状況が続いたことも、代表での不振につながったのかもしれない。 しかしながら、代表から離れてクラブに集中したことが奏功したのも確かだろう。2022年になってからフランクフルトはドイツ・ブンデスリーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)の重要マッチが続いたが、そこで日本との二往復を強いられていたら、EL制覇という偉業達成の原動力にはなれなかったかもしれない。3月9日のレアル・ベティスとのEL決勝トーナメント2回戦で値千金の決勝弾を叩き出し、4月のバルセロナとの準々決勝2連戦にフル稼働できたのも、心身ともにフランクフルトの方に集中したことが大きい。 過去にも、大迫勇也(ヴィッセル神戸)が2015年6月〜2016年11月まで代表を外れている間に、当時所属のケルンでの戦いにフォーカスし、屈強で大柄なDF陣と渡り合う術を身に着けたことがあった。代表復帰した時の彼は自信満々でプレーし、前線のターゲットマンとして圧倒的存在感を示した。そこから彼が絶対的1トップに君臨し、現在まで至っているのだから、鎌田も同じような足跡を辿らないとも限らない。そんな期待が高まる一方なのだ。 森保監督も鎌田の目覚ましい成長を実感した様子だった。 「もともと持っていた攻撃能力を今はインテンシティの高い中でも発揮できている。上下動しながら技術を出すことをフランクフルトのグラスナー監督も要求していますが、本人はそれに適応し、レベルも格段に上がった。その結果、今季開幕当初よりも出場時間が増えて、絶対に外せないパフォーマンスを見せている。狭い局面だったり、相手とコンタクトした状況でもボールを失わず、彼の持ってる能力をハイレベルの中で出せるというのは大きい。ELのようにプレッシャーのかかる中でのプレーを日本代表でも出してほしいと思っています」 実際に現地視察した後、こう語ったように、指揮官の中での鎌田の位置づけがグーンとアップしたのは間違いない。となれば、どこでどのように起用するかが気になるところ。仮に最終予選からの[4-3-3]を継続するのであれば、インサイドハーフが主戦場となる。そこにはボランチタイプの田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタ・クララ)がいて、強固な関係性の中に割って入るのは容易ではなさそうだ。 「状況や練習を見て最終的には決めたいと思っていますが、彼はインサイドハーフでもプレーできる選手だと思っています」と森保監督は彼の持つ非凡な攻撃センスを中盤に加えたいという意向を持っているようだ。 ただ、「形は1つではなく、チームのコンセプトの中でシステムを変えながらよさを発揮してもらうことにもトライしたい」とも話していたから、[4-2-3-1]に戻したり、フランクフルトのような3バック導入もあるのかもしれない。 [4-2-3-1]ならトップ下での再チャレンジが有力視されるし、3バックならフランクフルトと同じシャドウのポジションで勝負できる。その方が鎌田にとってはやりやすいはず。いずれにしても、EL王者の彼をうまく組み込むことが、代表のパワーアップの重要ポイントになるのは間違いなさそうだ。 半年を切ったカタール本大会の初戦の相手がドイツというのを視野に入れても、フランクフルトで傑出した実績を残した彼を使わない手はない。これまで守備や強度の部分に難があると言われてきた鎌田はその弱点を克服し、世界最高峰プレーヤーの仲間入りを果たした。EL決勝で冷静にPKを決めるほどの度胸も身に着けたのだから、不安なく世界との戦いに送り出せるはず。むしろ、彼がキーマンとなって日本を力強くけん引していってくれる可能性は大いにある。それだけの自覚を持って、鎌田には久しぶりの代表に合流してもらいたい。 W杯で成功を収めようと思うなら、2002年日韓大会の稲本潤一(南葛SC)、2010年南アフリカ大会の本田圭佑のように、ここ一番で大仕事をしてくれるW杯男の出現が必要不可欠だ。鎌田がその系譜を継ぐ存在になるか否か。まずは6月シリーズをしっかりと見てみたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.05.26 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部&鎌田のフランクフルト、来季ユニフォームは“極度”にシンプルなデザインに?

フランクフルトの来季ホームユニフォームデザインがリークされた。『Footy Headlines』が伝えている。 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地を擁するフランクフルト。今シーズンのブンデスリーガでは11位と苦しんだものの、ヨーロッパリーグ(EL)では見事優勝を果たし、素晴らしい形でシーズンを終えた。 今シーズンは黒基調で赤がアクセントカラーになった襟付きのホームユニフォームを着用しているフランクフルトだが、来シーズンのデザインはかなりシンプルなものになるようだ。 白の無地柄がベースになったユニフォームで、袖口と襟元に黒のラインが採用されるのみ。胸スポンサーやクラブエンブレムなども黒色で施されている。 フランクフルトはここ数年、赤と黒のストライプや赤白黒のストライプ、白黒ストライプなど、ホームユニフォームで様々デザインを採用しているが、ここまでシンプルだったことはない。 鎌田に関しては、セビージャやトッテナムなど複数クラブが獲得に関心を寄せているという話もあるが、このユニフォームに袖を通すことはあるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】極度にシンプルなフランクフルトの来季ホームユニフォームイメージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> LEAKED: Frankfurt 22-23 Home Kit: <a href="https://t.co/yA9UA3E2d9">https://t.co/yA9UA3E2d9</a> <a href="https://t.co/6HFd0FUiEl">pic.twitter.com/6HFd0FUiEl</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1528417421740150784?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"> (@BundesInsider) <a href="https://twitter.com/BundesInsider/status/1525972102779654144?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 06:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly