「悪い顔してる」決定機逸の南野の目の前で“満面の笑み”浮かべる冨安の相方にファン注目「最高だな」

2022.01.14 21:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。

リバプールの日本代表FW南野拓実は、アフリカ・ネーションズカップ参戦組に代わり先発で起用されたものの、アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となり、日本人対決はお預けとなった。

試合はアーセナルのMFグラニト・ジャカが24分で退場し、リバプールが試合の主導権を握るも中々ゴールを奪えず。試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく展開となった。

そして90分、リバプールに最大のチャンス。右サイドからのクロスに対し、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野のもとへこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、無念の決定機逸となってしまった。

このシーンでは、リバプールの面々も思わず頭を抱え、南野も肩を落としたが、満面の笑みを浮かべる人物が南野の目の前にいた。

それはアーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイト。普段は右サイドバックの冨安の隣でチームの守備を支える男は、この日も奮闘。1人少ないなかで無失点に抑え続けていた。

このピンチの場面でも、南野のシュートを体を張って防ごうとゴール前でただ1人準備。シュートが枠外に飛んでいくと、感情が高ぶったのか南野の方を向きながら満面の笑みを浮かべていた。

この瞬間を切り取った写真がSNS上で拡散されると、アーセナルファンを中心に反響。「最高だな」、「複雑」、「ホワイトさん笑」、「悪い顔してる」と様々な反応が寄せられている。

試合はそのまま0-0で終了。アーセナルとしてはリバプール相手に前半に退場者を出しながら引き分けるという満足いく結果になっただけに、ホワイトの喜びも相当に大きかったのかもしれない。


1 2

関連ニュース
thumb

チェルシーがハフィーニャ争奪戦のポールポジションに バルサ&アーセナルを追い抜く

チェルシーがリーズからブラジル代表FWハフィーニャ(25)の獲得に近づいているようだ。 ここまで退団者が相次ぐ一方で、補強なしのチェルシー。オーナー交代による首脳陣刷新が移籍市場での出遅れの原因となっているが、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーやデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがごっそり抜けたセンターバックを含め、補強が噂される。 そこで新たに名が浮上したのがハフィーニャだ。リーズでの活躍ぶりからブラジル代表でも定位置を掴むサイドアタッカーを巡ってはクラブとの契約を2024年まで残すものの、さらに上でのプレーを望み、移籍が取り沙汰されている。 当初こそバルセロナ行きが濃厚視されたが、停滞が続くと、アーセナルが接近。そのアーセナルは先日に2度目のオファーを出したといわれるが、イギリス『The Athletic』によると、チェルシーが獲得に近い存在だという。 チェルシーもまだ口頭での提示段階だが、移籍金として5500万ポンド(約91億2000万円)の支払い意思を示したようで、リーズも受け入れる姿勢。ハフィーニャの意思次第だが、チェルシーがポールポジションに立っている模様だ。 バルセロナが財政難で資金調達に手こずり、アーセナルもリーズを納得させられるだけのオファーを出せずにいる隙に、争奪戦を制す公算が高まっているチェルシー。マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対する関心も噂されるが、果たして。 2022.06.29 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、米代表GKターナー加入を発表! アルテタ「高いクオリティーをもたらしてくれる」

アーセナルは27日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションからアメリカ代表GKマット・ターナー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「30」に決定している。 今年2月に加入合意がすでに発表されていたターナーは、メディカルチェックを無事にパスし、正式にアーセナルの一員となった。契約期間に関しては“長期”とのみ発表されている。 2016年3月にフェアフィールド・スタッグスからニューイングランド・レボリューションへ加入したターナー。リッチモンド・キッカーへの2度のレンタル移籍を経験し、2017年11月に復帰した。 2018シーズンからはレギュラーとしてプレー。MLSで111試合に出場した28歳は、2021年2月にはアメリカ代表デビュー。現在は正守護神としてプレーし、カタール・ワールドカップ北中米カリブ海予選突破に貢献した。 アーセナルではイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが守護神を務める一方、セカンドGKのドイツ代表GKベルント・レノに今夏の退団の可能性が報じられており、ターナーがラムズデールのバックアップを担うことになりそうだ。 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、その新加入GKがチームに新たな経験とクオリティーをもたらすことを期待している。 「マットは経験豊富なGKで、我々のチームに高いクオリティーをもたらしてくれるはずだ。彼は近年、MLSとアメリカ代表の国際レベルでのパフォーマンスで、来シーズンに向けてさらなる強さを与えてくれるGKであることを示している」 「我々はマットと彼の家族の加入を歓迎し、今後数年間一緒に仕事をすることを楽しみにしている」 2022.06.27 19:41 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ガブリエウ・ジェズスの獲得が決定的に! クラブ間に続き個人間でも合意に至る

アーセナルが、マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 今シーズン終了前からジェズスの獲得に興味を示していたアーセナルは先日、4500万ポンド(約74億6700万円)で移籍金でシティとクラブ間合意したことが報じられていた。 そんな中、ロマーノ氏が報じるところによれば、ジェズスは2027年までの5年契約でアーセナルと個人間合意に至り、移籍は100%完了したとのことだ。 2017年1月にシティに加入したジェズスは、在籍5年半で公式戦通算236試合に出場し95ゴール46アシストと結果を残しており、今冬にバルセロナへ移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤン、今夏に退団したFWアレクサンドル・ラカゼットの穴を埋めるに十分な人材と言える。 2022.06.27 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル退団濃厚のサンチェス、来季は?

インテルを退団濃厚とされるチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に対し、数多くのトップクラブが関心を寄せているようだ。 2019年8月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへと加入したサンチェス。決して主力選手とは言えないものの、エースであるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスらのバックアッパーとして確かな存在感を発揮し、公式戦109試合出場で20得点23アシストを記録している。 直近2シーズンでスクデットを含む3つのタイトル獲得に貢献してきたサンチェスだが、インテルからは今夏の退団を迫られており、母国チリの『La Tercera』によると、クラブ側からサンチェスへ400万ユーロ(約5億7000万円)を支払うことで契約解除となる様子。サンチェスはすでにビジャレアルやJリーグクラブからのオファーを一蹴したことが報じられてきたが、現在もアトレティコ・マドリー、マルセイユ、アストン・ビラ、古巣であるバルセロナとアーセナルなど多くのクラブからコンタクトがあるようだ。 今年12月には34歳を迎えるサンチェスだが、当面はヨーロッパでのキャリア継続を望んでおり、現時点で最も獲得に熱心なのがマルセイユだという。元チリ代表指揮官であるマルセイユのホルヘ・サンパオリ監督が電話でサンチェスの説得に当たっているとされ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることから選手本人もやぶさかでない様子だが、どうやら高年棒がネックとなっているようだ。 サンチェス本人は、カンプ・ノウで共にプレーしたチャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナや、キャリアの全盛期を過ごしたアーセナルへの帰還を心待ちにしていると友人たちに明かしたようだが、現時点ではどちらのクラブからも具体的なオファーは提示されていないとみられている。 2022.06.26 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ガブリエウ・ジェズス獲得でシティとクラブ間合意!移籍金は約75億円

ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)の獲得でアーセナルとマンチェスター・シティが合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズン終了前からアーセナルが獲得に興味を示していたジェズス。本人もシティでの自身の立場を考え、退団を希望する発言をしており、移籍決定は時間の問題とされていた。 シティとの契約も残り1年となったジェズスに対し、アーセナルは最初のオファーで3000万ポンド(約49億7800万円)を提示していたが、シティの要求額は5000万ポンド(約82億9000万円)。大きな開きがある中で、ストライカー確保が必須のアーセナルは再オファーを検討しているとされていた。 そんな中、アーセナルとシティの間で折り合いがついたようだ。移籍金は4500万ポンド(約74億6700万円)で、ジェズス本人との条件面での合意やメディカルチェック、その他クラブ間で詰めるべき事務手続は残っているものの、概ね交渉は完了したと伝えられている。 アーセナルでは1月に元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがバルセロナへ移籍すると、元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットも今夏リヨンへと移籍。経験のある2人のFWを失ったが、ミケル・アルテタ監督がシティでのアシスタントコーチ時代に共に仕事をしたジェズスの加入は大きな補強となりそうだ。 なお、アーセナルはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)獲得にも動いており、最初のオファーは拒否されたが、再オファーを提示するものと見られる。 2022.06.25 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly