柏MF菊池大介が岐阜移籍! 昨季は栃木にレンタル、「全てを捧げて戦います」

2022.01.14 14:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜は14日、柏レイソルからMF菊池大介(30)の完全移籍加入を発表した。

菊池は下部組織から過ごす湘南ベルマーレでプロ入り後、2010年からザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)に期限付き移籍。2017年の浦和レッズ移籍を経て、2019年に柏入りすると、2020年からアビスパ福岡にレンタル加入した。

そして、昨季からは栃木SCにレンタルプレーヤーとして加わり、明治安田生命J2リーグ21試合に出場したが、シーズン終了後に退団。動向が注目されたが、今オフにFW田中順也やMF宇賀神友弥も加入して話題の岐阜入りが決まった。

菊池は移籍決定を受け、両クラブを通じてそれぞれのファンにコメントしている。

◆FC岐阜
「FC岐阜ファミリーの皆さんはじめまして。柏レイソルから加入します菊池大介です。自分を必要としてくれて、オファーをくれたFC岐阜の為、自分の全てを捧げて戦います。FC岐阜の試合を見た人が、また試合を見たい、スタジアムに行きたいと思って貰えるような最高の空間を皆さんと一緒に作っていけたらと思います。よろしくお願いします。必ずみんなで昇格を掴みとりましょう!!」

◆柏レイソル
「このたび、FC岐阜に移籍することになりました。レイソルでJ2を優勝して、嬉しさとともに自分に対しての物足りなさを感じ移籍を決意しました。強くなってレイソルに戻り、レイソルのために戦う。結果を出して恩返しするという目標が達成できず、本当に悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。日立台という素晴らしいスタジアムで自分のチャントを歌って応援してもらったこと、苦しい時に熱い声援で後押ししてくれたこと絶対に忘れません」

「この悔しさを必ず次の舞台で生かし、自分の成長に繋げていきます。そして次、日立台でプレーする時には成長した姿を見てもらえるように頑張ります。これからの柏レイソルの躍進を陰ながら楽しみにしています。自分も負けません。また皆さんに会えるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

岐阜のMF柏木陽介が練習中に負傷、左大腿二頭筋肉離れで全治4週間

FC岐阜は5日、MF柏木陽介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、柏木は6月29日の練習中に負傷したとのことだ。 検査の結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約4週間の見込みとのことだ。 昨シーズンから岐阜に加入した柏木は、今シーズンの明治安田生命J3リーグで10試合に出場していた。 岐阜はここまで15試合を戦い、勝ち点24の6位につけている。 2022.07.05 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

今治は中川バースデー弾などで5発大勝、讃岐はPK弾を守り抜きウノゼロ勝利【明治安田J3第15節】

明治安田生命J3リーグ第15節の2試合が3日に行われた。 14位のカマタマーレ讃岐はホームで最下位のY.S.C.C.横浜と対戦した。49分に敵陣エリア内で相手のパスミスを回収した松本直が倒されてPKを獲得すると、キッカー重松が落ち着いて左隅に沈め、先制に成功する。 リードを保ったまま時計の針を進め、YS横浜が81分に退場者を出して数的優位となるが、それでも集中を切らすことなく最小得点差を守り抜き、1-0で勝利となった。 10位のFC今治はアウェイで、リーグ戦7試合無敗と好調をキープする6位のFC岐阜と対戦。だが、試合は予想だにしない展開となった。 今治が序盤にインディオと安藤のゴールで立て続けに2点のリードを奪って迎えた57分、左CKにインディオがヘディングで合わせると、相手GKがボールをファンブル。こぼれ球に詰め込んだ中川がネットを揺らし、0-3とする。この日27歳の誕生日を迎えた中川は、その2分後にも自身2点目となるゴールを決め、自ら誕生日の祝砲をあげた。 今治は75分にも途中出場の高瀬が5点目をマークし、アウェイで0-5の大勝。岐阜に8試合ぶりの土をつけ、順位を10位から一気に7位まで引き上げることに成功した。 ◆第15節 ▽7月3日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 1</span>-0 Y.S.C.C.横浜 FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 FC今治</span> ▽7月2日(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 3</span>-0 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 2</span>-0 テゲバジャーロ宮崎 福島ユナイテッドFC 1-1 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 2</span>-0 愛媛FC SC相模原 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 鹿児島ユナイテッドFC</span> ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> 2022.07.03 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「いつまでこのスタイルで写真撮らなきゃいけないの?」J3岐阜の宇賀神が不満を吐露も…ガイドラインはすでに改訂

FC岐阜の元日本代表DF宇賀神友弥が集合写真撮影時のルールについて不満を綴った。 宇賀神が疑問を投げかけたのは、キックオフ前のチームでの集合写真について。選手同士が肩を組んでの写真撮影が基本だったが、新型コロナウイルスの発生により選手たちが交互に前後に並び、間隔をあけて撮影するスタイルが続いてる。 このスタイルについて宇賀神は、自身のツイッターで「いつまでこのスタイルで写真撮らなきゃいけないの?Jリーグのルール?クラブのルール?元通りみんなで肩組んで一つになって写真撮りたいよ、、、誰か教えてー」とファンに問いかけた。 この投稿に対し、ファンからJリーグが定めた「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」の内容の説明があり、無観客での試合開催時には「チームの集合写真撮影は認められる。但し、掛け声、肩を組むことは禁止とし、隣や前後の選手同士がぶつからないよう注意する」という項目が伝えられると、宇賀神は「ありがとうございます まだこんなルールがあったのか、、、もう少しの我慢ってことですね。。」と納得している。 ただ、現在のJリーグは無観客での試合開催ではなく制限付きの試合開催となり、「チームの集合写真撮影は認められる。但し、掛け声は禁止とする」という項目が適用されることに。掛け声がなければ肩を組んでの写真撮影も許されており、他のクラブでは肩組み撮影を実施。岐阜がそのスタイルに変更していないだけということになる。宇賀神の願いはクラブに届くのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】新型コロナウイルス発生以降の新様式 間隔をあけた集合写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">いつまでこのスタイルで写真撮らなきゃいけないの?<br>Jリーグのルール?<br>クラブのルール?<br>元通りみんなで肩組んで一つになって写真撮りたいよ、、、<br><br>誰か教えてー <a href="https://t.co/RlgsCOkYGq">pic.twitter.com/RlgsCOkYGq</a></p>&mdash; 宇賀神友弥 (@ugadybarikata3) <a href="https://twitter.com/ugadybarikata3/status/1541308585875222528?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「こんなにジャンプできるとは」本田圭佑も驚いた柏木陽介の“ドロップキック風”パフォが話題

FC岐阜の元日本代表MF柏木陽介の斬新なセレブレーションに注目が集まっている。 岐阜は18日、明治安田J3リーグ第13節で福島ユナイテッドFCとアウェイで対戦。0-0で迎えた33分に左CKを獲得すると、キッカーのMF庄司悦大はショートコーナーを選択すると、受けた柏木がクロスを送り、ニアサイドのMF大西遼太郎が左足で合わせた。 大西の今季初ゴールを演出した柏木だが、ゴール直後にはドロップキック風のセレブレーション。手荒い祝福を浴びせていた。 試合は大西のゴールが決勝点となり岐阜は0-1で勝利。順位も5位に浮上したが、試合後には柏木のセレブレーションも話題に。高く飛び上がり綺麗なフォームから繰り出されるドロップキックは反響を呼ぶと、日本代表でともにプレーしたMF本田圭佑も反応。「陽介がこんなにジャンプできるとは」と驚きの様子だ。 岐阜はこれで直近の6試合を4勝2分けと負けなし。チームの雰囲気も良好のようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「こんなにジャンプできるとは」柏木陽介が繰り出した“ドロップキック”</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【J3リーグ第13節】<br>福島ユナイテッドFC<br>0️⃣-1️⃣<br><br>〈GOAL PLAY BACK〉<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大西遼太郎</a><br><br>ショートコーナーから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9F%8F%E6%9C%A8%E9%99%BD%E4%BB%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#柏木陽介</a> 選手のクロスに中で合わせて今シーズン初ゴール<br>ナイスシュート遼太郎<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 試合のフルタイム視聴はこちら<br><a href="https://t.co/3YIPLyHuhB">https://t.co/3YIPLyHuhB</a><a href="https://twitter.com/hashtag/fcgifu?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcgifu</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%85%A8%E5%93%A1%E3%81%8C%E6%96%B0%E5%8C%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#全員が新化</a>【広報】 <a href="https://t.co/TN5VTF8jw9">pic.twitter.com/TN5VTF8jw9</a></p>&mdash; FC岐阜 (@fcgifuDREAM) <a href="https://twitter.com/fcgifuDREAM/status/1538104417396076544?ref_src=twsrc%5Etfw">June 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.20 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

かつては85億円を設定された元スポルティングの田中順也、ポルトガル移籍が増える現状を語る「何人かの背中を押した」

かつてスポルティング・リスボンでもプレーしたことのあるFC岐阜の元日本代表FW田中順也が、日本人選手のポルトガル移籍が増えていることに言及した。ポルトガル『レコルド』が伝えている。 田中は順天堂大学から2010年2月に柏レイソルへと入団。強烈な左足のキックを武器に活躍。日本代表としても4試合に出場するなど、その実力を示していた。 その田中は2014年7月にスポルティングへと完全移籍。当時ヨーロッパでは全くの無名でもあった田中だが、スポルティングが違約金に6000万ユーロ(約85億円)という破格の金額を設定。このことがヨーロッパでも大きな話題を呼び、「タナカとは何者だ」と話題となった。 田中はスポルティングで公式戦35試合に出場し7ゴール6アシストを記録。加入1年目こそリーグ戦17試合で5ゴール2アシストを記録するも、シーズン終了後に監督が交代。すると構想外となり、2年目は公式戦7試合の出場に終わっていた。 その後は、日本へと復帰。柏の他、ヴィッセル神戸でもプレー。現在は岐阜に所属している。 ポルトガルリーグは日本人選手がほとんどプレーしていなかった中、現在は日本代表MF守田英正やFW田川亨介(共にサンタ・クララ)、MF中島翔哉、GK中村航輔、FW川﨑修平(いずれもポルティモネンセ)、MF藤本寛也(ジル・ヴィセンテ)、FW食野亮太郎(エストリル)、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)が所属。新シーズンからはDF小川諒也(ヴィトーリア・ギマランイス)の参戦が決まっている。 守田もスポルティングへのステップアップが確実視されるほか、日本人選手の獲得の噂が他にもあるポルトガル。田中はこの現状についてコメントした。 「ポルトガルにはクオリティの高い日本人選手がたくさんいる。すでにプレーできている選手もいる。他の選手がすぐに向かうことも願っている」 「僕は一部の選手の背中を押したと感じている。ポルトガルでは幸せだったし、それのおかげで他の選手がポルトガルのリーグをポジティブに捉えることができたと思う」 ポルトガルへの道を切り拓いたと言っても良い田中。日本人選手がポルトガルで順応できる理由についても語った。 「ポルトガルはクオリティとスピードでプレーするレベルの高いリーグだ。日本には、そう言った特徴を備え、考えてプレーするのが速い選手がたくさんいる」 「他の日本人選手にもぜひポルトガルに行ってもらい、良さを知ってもらいたい」 日本人選手に向いているリーグだと語る田中。最後には、かつての仲間やファンたちへのメッセージを残した。 「この場を借りて、スポルティングに関わる仲間たちにメッセージを残したいと思う。僕はクラブを永遠に愛している。とても嬉しかったし、ぜひ頑張ってもらいたい。チャンピオンになることを願っている」 日本人選手の多くはドイツやベルギーでプレーしているが、ポルトガルも人数は増えてきている状況。良い結果を残す選手が増えることを望むばかりだ。 2022.06.17 12:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly