数的有利活かせずドローのリバプール、クロップ監督は「もっと良いプレーができるはず」

2022.01.14 10:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が数的有利を生かせず、勝利を逃したことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。

リバプールは13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグでアーセナルと対戦した。アフリカ・ネーションズカップ開催によってFWモハメド・サラーとFWサディオ・マネを欠く状況で迎えた一戦は、前半相手に退場者が出ながらも攻めあぐねる展開に。ボールを握るもチャンスを作れない状況が続くと、終了間際に訪れた決定機をFW南野拓実が決めきれなかったこともあり、ゴールレスドローに終わった。

試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、相手に退場者が出たことで逆に難しくなったと説明。20日に2ndレグが控えているが、まずは週末のプレミアリーグに集中したいと語った。

「これは言い訳ではなく説明だが、我々は明確な理由によって今夜はメンバーを変えざるを得なかった。それでも、試合の入り方はとても良かったと思う。序盤には見たかったものがすべて見られた。その後レッドカードが出て、低いブロックと対戦することになった。いくつかの間違った判断があったと思う。急ぎすぎて、プレッシャーを感じているようだった。これはよくあることだ」

「これはカップ戦であり、2つの試合がある準決勝だ。今はまだハーフタイムを0-0で終えたようなものであり、おそらくアーセナルが現時点でより良い位置にいると感じていても、まだ試合が終わったとは感じていない」

「アーセナルが次の試合で何をするか、私はまったくわからない。私の頭の中はすでに(週末に行われる)ブレントフォード戦に切り替わっている。先ほども言ったように、自分たちがもっと良いプレーができることは分かっており、それをしなければならない。それがこの試合の真実だ。今はそれを受け入れて、これから進んでいかなければならない」

「今夜のフットボールには問題があったが、今夜並べたこのチームで問題は解決できる。それは間違いない。とはいえ、同じように何かを求めて戦っている相手がいることを無視してはいけないだろう。今夜のアーセナルは非常に情熱的なパフォーマンスだった。だからこその0-0だと我々は受け止めている。そして、ここからが本番だ」

関連ニュース
thumb

ミランがオリジ獲得を発表、2026年まで契約

ミランは5日、リバプールを退団したベルギー代表FWディボック・オリジ(27)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。 2015年夏にリールからリバプール入りしたオリジは、公式戦171試合で41得点18アシストを記録。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝と決勝で貴重なゴールを決めたが、終始バックアッパーという立ち位置から抜け出せず、2021-22シーズン限りで契約満了となった。 一方、セリエA王者となったミランは左ヒザの手術で全治7~8カ月を要するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの状況もあって、よりストライカーの補強が求められる状況となっていた。 2022.07.05 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールとの契約残り1年のフィルミノ…オファー次第で今夏にも退団か

リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(30)に退団の可能性があるようだ。 フィルミノはこれまでFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネと“フロントスリー”を形成してチームを牽引。卓越した技術と高い献身性で、ユルゲン・クロップ監督のチームを支え続けてきた。 しかし、昨シーズンは度重なるケガやFWジオゴ・ジョタの台頭、FWルイス・ディアス加入に伴うマネのトップへのコンバートもあり、プレミアリーグでの先発はわずか10試合に。チーム内での立場は揺らぎつつあり、新シーズンにはベンフィカから総額1億ユーロ(約142億円)で獲得したFWダルウィン・ヌニェスが攻撃陣に加わることから、さらなる序列低下も懸念される。 リバプールは今夏にマネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実が退団した一方で、サラーとは契約延長を発表するなど攻撃陣に大きな変化が見られた。しかし、来夏で契約満了を迎えるフィルミノへの対応は鈍く、現時点でクラブはDFジョー・ゴメスやMFナビ・ケイタとの契約延長を優先している。 イギリス『ミラー』によると、クラブは来夏のフィルミノ退団を見据えつつ、仮に納得のいくオファーがあった場合は今夏にも売却に応じる可能性があるようだ。ユベントスが関心を示していると報じられるが、現時点で具体的なオファーはなし。ただし、新シーズン開幕後の起用次第では選手が移籍を強く希望する可能性も残されており、移籍市場終盤まで動向が注目されている。 2022.07.05 17:02 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールOBのシュクルテル氏が、将来的なジェラード監督の古巣就任を希望「完璧なステップになる」

かつてリバプールで活躍した元スロバキア代表DFのマルティン・シュクルテル氏は、スティーブン・ジェラード監督の将来的な古巣復帰を希望している。 2008年1月にリバプールへ加入したシュクルテル氏は、強靭なフィジカルと激しいタックルを武器として主軸に定着し、在籍8年半で公式戦320試合に出場した。リバプール退団後はフェネルバフチェ、イスタンブール・バシャクシェヒルでもプレーし、2021年夏に母国リーグへ復帰するも、今年5月に現役引退を表明している。 イギリス『タイムズ』のインタビューで、現在はコーチングライセンスの取得を目指していると明かしたシュクルテル氏は、現在アストン・ビラを率いるかつての同僚、ジェラード監督を高く評価。将来的にはユルゲン・クロップ監督の後を継ぎ、リバプールを率いてほしいと願望を明かした。 「今のイングランドでは、多くのビッグクラブが外国人監督を擁しているね。私もリバプールにいたとき、スペインからラファ・ベニテス監督がやってきた」 「グアルディオラやクロップら、多くの外国人監督やコーチが自分の考えを持ち込んでイングランドのフットボールを変え、他国のフットボールを取り入れようとしている。アカデミーの選手たちのプレーも変わり、イングランド人はよりテクニカルになったと思う」 「今のリバプールにはクロップがいて、彼はこの仕事に最適な男だろう。スティービー(ジェラード監督)は今、経験を積んでいるところだ。彼はかつてレンジャーズにいて、今はビラだ。そしていつか、ユルゲンとリバプールの道が分かれ、新しい監督が必要になったとき、スティービーが候補になることを期待している。そうなれば、クラブにとっても彼にとっても完璧なステップになるだろうね」 「正直に言うと、私は(ジェイミー・)キャラガーが先にコーチ業に就くと思っていた。彼は朝起きてから寝るまで、フットボール漬けだったからね。マッサージを受けるときでも、他リーグやイタリアのリーグを見ていた。まさかテレビ番組でコメンテーターになり、インスタグラムのヘビーユーザーになるとは思いもしなかった。現役時代の彼はSNSのファンではなかったからね」 「スティービーは明らかにしっかりとしたキャラクターを備えている。ピッチ上でも、彼のクオリティは示せているだろう。彼はフットボールを愛しており、理解もしているんだ」 また、シュクルテル氏はいまだリバプールへの愛着は持ち続けていると強調。一方で、今夏にバイエルンへ移籍したFWサディオ・マネの決断についても理解を示している。 「チームの一員であることを誇りに思っていた。毎日が私にとって大きなプレゼントのようだったよ。チームとクラブは一つの大きな家族のようなものだ。そこにいるすべての人たちと仲が良かった。だから、クラブを離れても一員であると感じられているよ。退団後もリバプールの試合観戦や応援をやめようとは思わなかった」 「リバプールのようなクラブを去るのは難しいが、どの選手も変化は必要であり、新たなモチベーション、チャレンジが必要という感覚は持つものだ。私も8年半の在籍後に『何かを変えたい』と思った。それはおそらく、マネも同じだったのだろう。彼はリバプールで最大限の力を発揮してくれたのだから、あとは幸運を祈るしかない。ただ、今後バイエルンがリバプールと対戦したときは、彼がベストでないことを願うよ!」 2022.07.05 11:43 Tue
twitterfacebook
thumb

昨日の敵は今日の友?ファン・ダイクとデ・ブライネがイビサ島のナイトクラブで大はしゃぎ!

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが親交を深めた。 プレミアリーグで優勝争いを繰り広げるシティの司令塔とリバプールのDFリーダー。レギュラーシーズン中はしのぎを削り合う2人だが、休暇で訪れたイビサ島で仲の良い姿を見せた。 クラブで合流した2人は、酒を片手に肩を組み合い大はしゃぎ。DJを務めたカルヴィン・ハリスとの記念撮影までしていた。 実は、2人の子供は同じ学校に通っており、互いの子供の面倒を見合う仲。以前から仲良しだと公言している。 <span class="paragraph-title">【動画】ナイトクラブでノリノリのデ・ブライネとファン・ダイク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Kevin De Bruyne x Virgil van Dijk <a href="https://t.co/Juc19TUjol">pic.twitter.com/Juc19TUjol</a></p>&mdash; Anfield Watch (@AnfieldWatch) <a href="https://twitter.com/AnfieldWatch/status/1543244616564199426?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】カルヴィン・ハリスも交えて3ショット!(5枚目)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Calvin Harris(@calvinharris)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.04 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール加入のカルヴァーリョが成長に意気込み「ビッグプレーヤーから多くを学びたい」

リバプールに加入したU-21ポルトガル代表MFファビオ・カルヴァーリョ(19)が、チームやユルゲン・クロップ監督の印象について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 カルヴァーリョは下部組織時代から所属したフルアムで、昨年7月にファーストチームへ昇格。チャンピオンシップ(イングランド2部)で36試合に出場して10ゴール8アシストを記録するなど、上々のデビューシーズンを過ごした。 リバプールは以前からカルヴァーリョの才能を高く評価しており、フルアムに対して移籍金500万ポンド+インセンティブ270万ポンドの総額770万ポンド(約12億5000万円)を提示したことから、3日に移籍が正式決定。新シーズンはユルゲン・クロップ監督のチームでプレーすることになっている。 クラブで加入後初のインタビューを受けたカルヴァーリョは、チームが自身をさらに成長させてくれるはずだと断言。リバプールで長期政権を築くクロップ監督に対しても、信頼感を口にしている。 「世界最高の選手になるためには、最高の選手たちと一緒にプレーする必要があると思っている。だから僕は、ここにいるんだ」 「(リバプールの印象は)チーム内に一体感があり、皆とても仲が良いね。月並みな言い方だけど、外から見ていると大きなファミリーのように感じる。うまくいかないときも、皆が団結しているんだ。それが選手個人、特に若い選手たちの力になっていると思うから、楽しみだよ」 「クロップ監督が選手を次のステップに成長させるため、これまで行ってきたことを僕は見てきた。だから、僕に対してもそうしてくれる人であると確信しているよ」 「チームにはビッグネームがいて、僕自身もそうなりたいと思っている。ビッグプレーヤーが揃っているのだから、彼らから多くを学びたいね。皆が僕を助けてくれると思うし、僕も彼らを助けられると良いなと思っている」 また、カルヴァーリョは同期入団となるウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスや、1日にクラブとの契約が延長されたエジプト代表FWモハメド・サラーにも言及。加えて、リバプール加入前には昨季フルアムにレンタル移籍していたFWハーヴェイ・エリオットと会話したことも明かしている。 「ヌニェスは優れた選手だよ。僕の父はベンフィカの大ファンで、彼のことが大好きだった。だから、彼と一緒にプレーできて父も喜んでいると思う。彼は素晴らしい選手であり、僕もきっとそうなるだろう」 「サラーは世界最高の選手の一人であり、僕も彼から学びたいと思っている。ファンの皆が契約延長に喜んでいるんじゃないかな。今年も多くのトロフィーを獲得できることを願っている」 「エリオットと話したら、ここについて良いことばかり言っていた。それからネコ(・ウィリアムズ)やハリー・ウィルソンも、リバプールについて素晴らしいことばかり言っていたんだ。だから、加入の決断は簡単だった」 2022.07.04 13:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly