磐田のユニフォーム人気は遠藤保仁がトップ!大津祐樹は逆転での2位入りに闘志「アザラシには絶対負けたくない」

2022.01.13 21:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田が2022シーズンに臨む新ユニフォームの現時点での予約数上位を発表。元日本代表FW大津祐樹が逆転に闘志を燃やした。

磐田は2021年12月、2021シーズン限りで48年間続いたプーマとのサプライヤー契約を満了し、2022シーズンからは新たに『Admiral(アドミラル)』とサプライヤー契約を結ぶことを発表。1980年代のイングランド代表モデルをモチーフにしたデザインの新ユニフォームを発表していた。

ユニフォームの1次予約は13日いっぱいまでとなっているが、磐田のグッズ公式ツイッターは12日、ネーム&ナンバーの予約上位5名を発表した。

1位には、ガンバ大阪から完全移籍で加入した元日本代表MF遠藤保仁が輝き、2位には2020シーズンから10番を背負元日本代表MF山田大記がランクイン。昨シーズンから磐田でプレーする大津は3位に入った。

4位にはキャプテンのMF山本康裕、5位には大卒2年目のDF森岡陸が続いたが、大津はこの投稿を引用する形で、「ヤットさんにはかないません。山田は食いたい。そして山本(アザラシ)には絶対負けたくない」と逆転での2位入りに闘志を燃やし、山本へライバル宣言した。

DF小川大貴も「去年一回ランクインしてお祭り騒ぎだったのに、一瞬でランク外に消えたの懐かしいなー」と反応しており、ユニフォームの人気度は選手たちも大いに気になっているようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

J3から来た男、磐田MF鹿沼の劇的J1初ゴールに解説・水沼氏も惜しみない賛辞

ジュビロ磐田のMF鹿沼直生のゴールを称賛する声が止まない。 14日、2連敗中だった磐田は明治安田生命J1リーグ第13節でホームにFC東京を迎え、先発を6人入れ替えて臨んだ。鹿沼もスタメンに名を連ね、J1初先発を飾ると、伊藤彰監督の起用にファインゴールで応えた。 43分に上原力也の得点で先制した磐田は、79分にアダイウトンの恩返し弾で同点とされ、1-1のまま最終盤を迎えた。ドローもちらつく88分、敵陣右サイド深い位置から鈴木雄斗がクロスを上げ、ディフレクトしてボックス内にボールがこぼれると、拾った大森晃太郎が倒れながらも後方にラストパス。反応した鹿沼がボックス左からダイレクトシュートをゴール右に沈めた。 振り抜くのではなく、優しく合わせたキックはまさしくゴールへのパス。「一瞬、ヤットさん(遠藤保仁)かと思った」、「静学って感じでいい♪」、「小野伸二のプレーが脳裏をよぎった」、「ジーコ鹿沼」、「確かにこれはヤットさんが憑依してるわ」など、名選手と比較するファンの声も多く上がっている。 中継で解説を務めた元日本代表MF水沼貴史氏も、J1初ゴールとなった鹿沼の一撃に惜しみない賛辞を送っている。 「鹿沼が(あの状況でこのようなシュートを)打てるということがまずすごいですし、やっぱり横に遠藤がいるからだと思うんですよね、こういう時にこういうキックを選択できるというのは。これは鹿沼に失礼かもしれないですけれど。でも、あのシュートは冷静で、この状況で、よく打てましたよ」 鹿沼は2020年に専修大学から当時J3のSC相模原へと加入した。リーグ戦全34試合にフル出場し、J2昇格に貢献すると、翌年には磐田へ移籍して今度はJ1昇格。YBCルヴァンカップでは全5試合に出場し、グループD第5節のFC東京戦では97分に値千金の決勝点を挙げていた。 この日も自身のゴールが決勝点となった鹿沼。J3からJ1へ成り上がった男の、今後の活躍にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】まさにゴールへのパス、終盤の勝ち越し弾となった磐田MF鹿沼のJ1初ゴール(5:23~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ATDq6D1S6gk";var video_start = 323;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アダイウトン、古巣磐田への恩返し弾もノーセレブレーション「本当にプレーも人間性も良い」

FC東京のブラジル人MFアダイウトンが古巣への敬意を示した。 FC東京は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節でジュビロ磐田の敵地に乗り込んだ。古巣対戦となったアダイウトンはベンチからのスタートとなった。 前半の終了間際にビハインドを負い、追い掛ける展開となったFC東京は、76分に青木に代えてブラジル人アタッカーを投入。すると、この策が奏功する。 この交代から3分後、紺野和也がボックス手前でドリブルを仕掛け、カットインから左サイドにパスを供給。ボックス手前左で待ち構えていたアダイウトンはワンタッチでDFを1枚剥がし、右足でコントロールショットを放つと、ボールは素晴らしい軌道を描いてゴール右に吸い込まれた。 起用に即応えたアダイウトンだが、笑顔を見せたもののセレブレーションはせず。2015年から5年間プレーし、日本でのキャリアのスタートとなったクラブへのリスペクトを示した。 交代の際には磐田サポーターからも拍手が送られていたというアダイウトン。人柄がうかがえる一幕に、ファンからも「ジュビロへの感謝と敬意を大切にしてる感じ。本当そういうところも好きな選手だ」、「ほんとアダは良い人だよな」、「本当にプレーも人間性も良い」、「漢」、「帰ってきてくれてもええんやで、、、」などの声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】投入直後に同点弾を決めたアダイウトンはノーセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ATDq6D1S6gk";var video_start = 248;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 20:34 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿沼直生のJ1初ゴールが決勝弾に!磐田がFC東京との熱戦制し連敗ストップ【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、ジュビロ磐田vsFC東京が14日にヤマハスタジアムで行われ、2-1でホームの磐田が勝利を収めた。 互いに連敗の中で迎える一戦。16位の磐田は前節はセレッソ大阪に1-2で敗れた。降格圏脱出を目指し、先発メンバーを6人変更したなかで、ここ4試合で3ゴールと絶好調のファビアン・ゴンザレスが加入後初スタメンとなった。 対するFC東京は前節、サガン鳥栖に0-1で敗れ、順位も7位までダウン。高萩が今季初先発となった一方で、古巣対決となるアダイウトンはベンチスタートとなった。 序盤から両チームともサイド攻撃を中心にアグレッシブな展開を見せるなかで、ファーストシュートを放ったのはホームの磐田。10分、上原が相手DFからボールを奪取し、ボックス右手前からグラウンダーで折り返すと、走り込んできた遠藤がバイタルエリアから右足をダイレクトで振り抜く。しかし、これは枠の上に外れた。 28分にはアウェイのFC東京にチャンス。カウンターの流れからディエゴ・オリヴェイラが自陣からボックス右まで進入して中央へ折り返すが、わずかにゴール前の高萩には合わない。 中盤での迫力あるデュエルが頻繁に行われた半面、シュートシーンが少なかった前半。しかし、43分にスコアが動く。磐田が自陣からパスを繋ぎながら相手陣内に攻め入り、右サイドの浅い位置でボールを受けた鈴木がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。ボックス右に走り込んできた上原が右足ダイレクトで合わせると、これがゴール右に決まり、先制点を挙げた。 前半はカウンターからチャンスを何度も創出するが、ラストパスの精度が足りなかった印象のアウェイチーム。同点ゴールを狙い、後半から高萩に代えて松木を投入した。 57分にそのFC東京が決定機を迎える。敵陣中央でのパス交換から、ディエゴ・オリヴェイラのスルーパスでゴール前に抜け出したのは安部。GKとの1対1の局面で右足のシュートを放つも、三浦のビッグセーブに遭い、同点とはならなかった。 追加点を狙うホームチームは60分、上原のスルーパスにファビアン・ゴンザレスが抜け出し、ゴール前まで一気に持ち上がる。ゴール前では相手GKをフェイントでかわし、右足を振り抜いたが、がら空きのゴールを狙ったシュートは精度を欠いてゴール右に外れる。 なんとしても追いつきたいFC東京は、76分に青木に代えてアダイウトンを投入。この試合が古巣戦となるブラジル人アタッカーを起用して攻撃陣の活性化を図ると、この策が功を奏す。 79分に紺野がボックス手前でドリブルを仕掛け、左サイドにパスを供給。ボックス手前右でボールを受けたアダイウトンが右足でシュートを放つと、素晴らしい軌道を描いてゴール右に吸い込まれ、見事な恩返し弾で同点に追いついた。 終盤で試合を振り出しに戻された磐田だったが、ホームで勝利への執念を見せる。87分、敵陣右サイド深い位置から鈴木がクロスを上げ、ボックス内にボールこぼれると、拾った大森が倒れながら後方にラストパス。反応した鹿沼がボックス左からダイレクトで右足のシュートを放ち、ゴール右に突き刺した。 鹿沼のJ1初ゴールによって、土壇場で勝ち越した磐田はその後もうまく時間を使いながら試合を進め、2-1のままタイムアップ。連敗をストップさせるとともに、暫定14位まで順位を上げ、降格圏脱出となった。 ジュビロ磐田 2-1 FC東京 【磐田】 上原力也(前43) 鹿沼直生(後43) 【FC東京】 アダイウトン(後34) 2022.05.14 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:磐田vsFC東京】ともに連敗中、不発の攻撃陣が目覚めるのは!?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 14:00キックオフ ジュビロ磐田(16位/11pt) vs FC東京(7位/18pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆いかに先手を奪えるか【ジュビロ磐田】 前節はセレッソ大阪と対戦し、2-1で敗戦。GW中の連戦は1勝2敗と負け越してしまった。 4戦無敗からの連敗と、流れが良いとは言えない状況。その要因の1つは、前半の失点だ。 ここ3試合は連続で前半に失点。さらに連敗している2試合は複数得点を奪われている。そこからの盛り返しとなると、なかなか厳しいものがあり、攻撃陣のパワー不足が目立ってしまう。 選手交代で勢いを取り戻すという策はハマりつつあるが、失点が重なるとよりパワーが必要となり、追いつけずに終わるという状況。いかにして粘り強く相手に得点を許さないかがカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:アレクセイ・コシェレフ DF:大井健太郎、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、上原力也、松本昌也 MF:金子翔太、大森晃太郎 FW:杉本健勇 監督:伊藤彰 ◆連敗ストップへ【FC東京】 前節はホームにサガン鳥栖を迎えた中、0-1で敗戦。GWは磐田と同じ、1勝2敗で終え、連敗中という状況も同じだ。 前々節はアウェイでアビスパ福岡に5失点で大敗を喫した後の試合だったが、苦しいディフェンスラインはなんとか頑張ったと言えるだろう。 むしろ不安を抱えているのは攻撃陣。4月には3試合連続ゴールレスドローと不発が続くと、その後の3試合でも3得点。前節は再びノーゴールに終わった。 自慢の攻撃陣がどうしても機能せず、崩すという形はほとんど見られない。カウンターが生命線になってしまっている。しっかりとボールを握り、主導権を持って崩し切るスタイルがピッチで見せられるかが重要だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:中村帆高、木本恭生、岡崎慎、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン 監督:アルベル 2022.05.14 11:13 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、C大阪戦で負傷交代のDF小川大貴は右足関節外側じん帯損傷

ジュビロ磐田は11日、DF小川大貴の負傷を発表した。 クラブの発表によると、小川は6日のセレッソ大阪戦で負傷した。 小川はC大阪戦に66分に途中出場すると、75分にトラップ際に為田大貴からタックルを受けると、足首を負傷。そのままピッチを後にしていた。 浜松市内の医療機関にて検査した結果、右足関節外側じん帯損傷の重傷。トレーニング合流まで、4~6週間程度とのことだ。 小川は今シーズンの明治安田生命J1リーグで12試合、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 2022.05.11 18:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly