「やっぱり赤が似合う」鹿島復帰の鈴木優磨が全体練習に合流、期待の声高まる「凄いね、優磨のオーラ」

2022.01.13 14:23 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ復帰となった鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、チームの全体練習に合流した。

3日にベルギーのシント=トロイデンから古巣への復帰が発表された鈴木。2019年夏の渡欧から、この度2年半ぶりに鹿島へと戻ってきた。

背番号は以前の「9」ではなく、長期にわたって鹿島の心臓を担ってきた小笠原満男氏の「40」を継承。育成世代から過ごしてきた鹿島を背負って立ち、タイトルを奪還すべくチームを牽引しようという気概がうかがえる。

13日には帰国後の隔離期間が完了し、1日遅れで全体練習に参加。練習場へ向かう姿からも、今季にかける意気込みが感じとれるようだ。

サポーターも感慨と期待が入り混じったコメントを多数寄せている。「すげえ、ホントに優磨がいる」、「大きく成長したところを見せて欲しい」、「やっぱ安西との絡みオモロい」、「やっぱり赤が似合うな」、「凄いね、優磨のオーラ」のように、帰還を心待ちにしていたようだ。

明治安田生命J1リーグでは2018年に11得点、ジュピラー・プロ・リーグでは2020-21シーズンに17ゴールを挙げた鈴木。今季レネ・ヴァイラー新監督の下では、何度ネットを揺らすことができるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

FC東京がPK2本含む3発で札幌下し4試合ぶり白星【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、FC東京vs北海道コンサドーレ札幌が6日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が3-0で勝利を収めた。 FC東京は前節のアビスパ福岡戦をドローで終え、連敗はストップした。ただ、小川の移籍によって空いたサイドバックの一枠を埋めた中村が、開始10分で負傷交代となり、代わって入ったバングーナガンデが今節は頭から登場。また、18歳の梶浦がスタメンで起用され、Jリーグデビューを飾った。 対する札幌は、京都サンガF.C.戦を数的不利の中で善戦したが惜敗。今節は出場停止のGK菅野に代わってGK大谷が6試合ぶりに出場。青木も2試合ぶりに先発で起用された。 FC東京は開始1分も経たないうちに流れるようなパスワークからレアンドロが決定機を迎えた。だが、札幌はGK大谷が触れて右ポストにも助けられると、こちらもチャンスシーンを創出。左クロスからガブリエル・シャビエルが頭で合わせた。 しかし、着地の際に足を痛めたか、シャビエルは直後に自ら交代を要求。15分に興梠との交代を余儀なくされた。 足の長いパスを効果的に使い、松木のフィニッシュやアダイウトンのボレーでゴールに迫るFC東京は、紺野の左足シュートが菅のハンドを誘発し、PKを獲得。これをレアンドロが左隅にきっちり沈め、36分に試合を動かす。 ホームチームは前半のアディショナルタイムにも再びPKのチャンスを迎える。ボックス手前で得たFKをレアンドロが直接狙うと、荒木主審は興梠のブロックが手に当たったとしてハンドと判定。ここではアダイウトンがキッカーを務め、GK大谷の逆を突いて左に沈めた。 アンラッキーな側面もありながら2点のビハインドとなった札幌は、ハーフタイムに福森を下げて宮澤を投入。中盤に置き、高嶺を最終ラインに下げた。 だが、次のゴールを奪ったのもFC東京だった。センターサークル内左で荒野のパスをブロックしたアダイウトンはこぼれ球を拾ってルックアップすると、高いポジションを取っていたGKの位置を見て距離はありながらもループシュート。鮮やかな一撃を沈めて札幌を突き放した。 札幌はサイドから反撃の糸口を見いだそうとするものの、時間の経過とともにミスも目立ち始め、もどかしい展開が続くことに。西とミラン・トゥチッチを送り込み、活性化を図るも思うようにチャンスを作れないまま時計の針が進む。 最終盤にはカウンターから青木がボックス左まで持ち込み、左足のフィニッシュを見せるも、GKヤクブ・スウォビィクに阻まれて勝負あり。PK2本を生かしたFC東京が4試合ぶりの白星をつかみ、札幌はまたしても大量失点での黒星を喫した。 FC東京 3-0 北海道コンサドーレ札幌 【FC東京】 レアンドロ(前35) アダイウトン(前49) アダイウトン(後6) 2022.07.06 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

マテウス弾で逃げ切った名古屋が5戦ぶりの白星、柏は痛恨の3連敗【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、柏レイソルvs名古屋グランパスが6日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でアウェイの名古屋が勝利を収めた。 前節は鹿島アントラーズに1-2で敗れた6位の柏。この試合の当日に正守護神を務めていたGKキム・スンギュのアル・シャバブ(サウジアラビア)への移籍も発表された中、連敗脱出を懸けた一戦では武藤が1トップの位置で今季初先発となった。 対して、12位の名古屋は前節、湘南ベルマーレを相手にゴールレスドローに終わり、4戦勝利なし。体調不良によって急遽欠場となっていた藤井も今節は先発復帰し、久々の白星を目指す。 立ち上がりからゴールに迫ったのはアウェイの名古屋。4分にカウンターの流れからマテウス・カストロがボックス右にスルーパスを送ると、これに森下が反応し、中央へグラウンダーのクロスを供給。走り込んだマテウスが左足のダイレクトシュートで合わせ、ゴール左に決めた。 幸先よく先制に成功した名古屋はセットプレーから再びチャンスを作る。7分、敵陣中央でのFKの場面でキッカーはマテウス・カストロ。左足で放たれた強烈なシュートは相手GKに弾かれ、惜しくも右のゴールポストを叩いた。 1点を追うアウェイの柏は18分にシュートシーン。マテウス・サヴィオのパスをボックス左手前で受けた武藤が、カットインから右足を振り抜く。しかし、これは相手GKのファインセーブに遭い、ゴールとはならない。 追加点を狙うアウェイチームは32分、カウンターの流れからボールを持ち上がったマテウスがボックス左にスルーパス。抜け出した柿谷が1対1の局面を迎えたが、相手GKの股間を狙ったシュートはGKに処理された。 前半はあまりチャンスを作れなかった柏だが、試合を折り返した47分には惜しいシーンを作る。右サイドの浅い位置から大南が右足のクロスを入れると、ボックス内は混戦に。最後はこぼれ球を拾った武藤が後方に落とし、マテウス・サヴィオが右足のダイレクトシュートを放つが、枠の左に逸れた。 さらに勢いを強めたいホームチームは61分に武藤に代えて細谷を投入。チームのトップスコアラーをピッチに送り出し、同点弾を狙う。 後半以降は相手にペースを握られていた名古屋だが、72分に縦に速い攻撃から決定機。相馬が長い距離を持ち運び、ボックス手前中央のマテウス・カストロに繋ぐ。マテウス・カストロが素早く右にはたくと、抜け出した石田がボックス右から右足のシュート。しかし、これは相手DFの決死のブロックに遭う。 81分には柏にこの試合最大のチャンスが到来。右サイドでのパス交換からマテウス・サヴィオがボックス右にスルーパスを送り、抜け出した細谷が相手DFに身体を当てられながら右足を振り抜いたが、シュートは枠の左に外れた。 その後は名古屋が集中した守備を見せ、必死に食らいつくホームチームにチャンスを作らせず。0-1のまま試合終了を迎え、5試合ぶりの勝利を収めた。一方の柏は今季初の3連敗となった。 柏レイソル 0-1 名古屋グランパス 【名古屋】 マテウス・カストロ(前4) 2022.07.06 21:17 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転に次ぐ逆転の鹿島とC大阪の上位戦、エヴェラウドのスーパーゴールで3-3のドロー【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節の1試合が6日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズvsセレッソ大阪は3-3のドローに終わった。 主砲の上田が海外挑戦で旅立ってしまったものの、首位の横浜F・マリノスを3ポイント差で追いかける2位の鹿島と、川崎フロンターレ相手のシーズンダブルで勢いづき、トップ集団を追走する5位のC大阪。ルヴァンカップも合わせて、今季4度目の対戦となった。 ともに2連勝がかかる上位戦。前線に入る山田の相棒にアダム・タガートをチョイスしたC大阪がじっくりとビルドアップに時間をかけて突破口を探り、中盤にディエゴ・ピトゥカが復帰の鹿島もボールを奪ったら、そこを中継地として攻撃を繰り出していく。 閉まった展開で進むが、意外な形でスコアが動く。35分、タガートがボックス中央に差しかかるところで縦パスを右足で落として前を向こうとすると、キム・ミンテが反応。だが、左足でのバックパスがGKクォン・スンテの左を抜け、そのままゴールインした。 ここまで山田の右足ミドルしかフィニッシュシーンがなかったC大阪が先制したが、鹿島も前半アディショナルタイム1分に敵陣左で獲得したFKから、ボックス左で繋ぎ直して和泉が左足クロス。ファーのアルトゥール・カイキが今季6ゴール目をヘッドで決め、追いつく。 追いつかれたC大阪は後半から加藤を送り込み、シュート数が乏しい攻撃のテコ入れを図るが、鹿島が敵陣右でのボール奪取から逆転。52分、ボックス左の大外で広瀬の右足クロスに反応した鈴木が胸トラップからの左足一閃で今季7ゴール目を豪快に決めてみせる。 頼れる男の一発でひっくり返した鹿島だが、C大阪も食い下がる。70分、自陣ハーフウェイライン手前から鈴木が右足ダイレクトで前線にスルーパスを出すと、加藤がそのまま背後に。途中出場の安西や相手GKの寄せにも動じず、左足で今季3ゴール目を記録した。 そのC大阪は66分に3選手を一挙に投入した鹿島がさらに前がかるなか、さらに交代を的中させ、77分のカウンターから逆転。57分から出場のジェアン・パトリッキが70分からピッチに入った上門を追い越してボックス左にボールを引き出すと、左足でネットを揺らす。 パトリッキの2戦連発弾で再びリードしたC大阪だが、鹿島も89分、66分からピッチに入ったエヴェラウドが鈴木の頭で落としたボールに反応。ボックス左で高く浮いたボールを右足オーバーヘッドに持ち込むと、相手GKの頭上を越えてそのままゴール右に吸い込まれた。 2試合連続ゴールとなるエヴェラウドのスーパーな一撃で振り出しに戻した鹿島だが、再びの勝ち越しとならず、今節を制した首位の横浜FMと5ポイント差に。C大阪は勝ち点を「31」に伸ばして今節を落とした4位のサンフレッチェ広島との差を「2」に縮めている。 鹿島アントラーズ 3-3 セレッソ大阪 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(前45+1) 鈴木優磨(後7) エヴェラウド(後44) 【C大阪】 OG(前35) 加藤陸次樹(後25) ジェアン・パトリッキ(後32) 2022.07.06 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

漫画『シュート!』・久保嘉晴の「伝説の11人抜き」を小野伸二が完全再現!「そんなにドリブルするようなスタイルではありませんが」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二がサッカー漫画『シュート!』の名シーンである「伝説の11人抜き」を再現した。 『シュート!』は、週刊少年マガジンで連載されていた人気サッカー漫画。田仲俊彦を主人公に掛川高校サッカー部が全国制覇を目指していく物語だ。その中で主人公の田仲が憧れていたのが、一学年上の久保嘉晴。掛川北高校戦で見せた「伝説の11人抜き」は記憶に残る名シーンだ。 そして今回、原作にも登場したことがある小野が、新作アニメの放送に合わせてモーション・キャプチャーで再現した。 幾つものマーカーを体につけた小野は、軽快な動きを披露。自身のインスタグラムでもその様子を投稿すると、「サッカー漫画『シュート』のアニメ版で、あの久保嘉晴の伝説の11人抜きをモーション・キャプチャーで再現させて貰いました」と報告し、「まぁそんなにドリブルするようなスタイルではありませんが」と笑っている。 小野も「是非アニメをご覧下さい」とした『シュート!』の新作『シュート!Goal to the Future』は7月から放送中。『蒼き伝説シュート!』以来、約28年ぶりの新作テレビアニメとなり、元掛川高校のキャプテンでありイタリア名門チームでも活躍した“世界の闘将”神谷篤司が、今は弱体化した掛川高校に通いサッカー部と距離を置こうとする辻秀人と出会うところから物語が始まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二が久保嘉晴「伝説の11人抜き」を完全再現!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">小野伸二 / shinji ono(@shinjiono7)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.06 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMが優勝へ邁進! 好調広島を3ゴールで退け6連勝!【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が6日に日産スタジアムで行われ、3-0で横浜FMが勝利した。 首位の横浜FMと4位につける広島による上位戦。横浜FMは前節、クラブ創設30周年の清水エスパルスを国立競技場で蹴散らし、リーグ戦5連勝を達成した。対する広島も、前節はジュビロ磐田に快勝し、延期分のG大阪戦の敗戦を払拭。リーグ戦ここ6試合で5勝を挙げている。 好調同士、先にチャンスを作ったのは横浜FMだった。2分、味方のスルーパスで西村が右サイドへ抜け出し、グラウンダーのクロスからエウベルがシュートへ。しっかり崩し切った攻撃だったが、ここはDFのブロックに遭った。 序盤は中盤の支配力、相手の3バックの背後を突く攻撃でホームチームが主導権を握る展開に。7分にはエウベルが右サイドから入れたクロスを荒木がクリアし切れず、あわやオウンゴールかという場面となるなど、トリコロールのワンサイドゲームが続いていく。 対する広島の初シュートは12分の満田。塩谷の縦パスを受けてボックス手前からミドルシュートを試みたが左に外れていった。19分にはCKからの波状攻撃で今度は森島がミドルシュート。チャンスだったがこちらも左へ。 その後も満田の積極的なプレーで流れを引き戻そうとする広島は、23分にCKを獲得。左から光田がクロスを入れると、ファーサイドで東がフリーに。走り込んで右足で合わせたが、当て損なったシュートは外側のネットを叩いた。 徐々に五分五分の様相となっていた中、31分に試合が動いた。中盤の競り合いを制した横浜FMは、右サイドに張っていた水沼に展開。ボックス右から丁寧なクロスを上げると左でで待ち構えていた小池の強烈なヘディングシュートがGK大迫の手を弾いてネットを揺らした。 先制を許したリーグ最少失点の広島。その直後に東のクロスからベン・カリファのシュートシーンが訪れるが、ここは威力がなくGKの正面に。44分には最大の決定機。ボックス左へオーバーラップした佐々木の折り返しをニアでベン・カリファが合わせるが、左ポストに当ててしまった。 試合は横浜FMの1点リードで後半へ。柏を下げて藤井を投入した広島は47分、味方のパスから満田がボックス左に侵入し早速チャンス到来。前半終了間際にポストに嫌われたベン・カリファが再び合わせるが、今度は惜しくも左へ。その後も藤井や東のシュートが相手GKを脅かした広島だが、痛恨の2失点目を喫してしまう。 58分、ハーフウェイライン付近で局面をひっくり返した横浜FMは、左サイドに開いていた途中出場の宮市に展開。カットインから見事なパスがボックス右の水沼に渡ると、ワンタッチで中に落として同じく途中出場の小池龍太がシュート。これは当たり損なったものの、ゴール前に詰めていた西村が押し込んだ。 この直後に広島はジュニオール・サントスと柴崎を投入。反撃といきたいところだったが、67分に野津田が足をつってしまい続行不可能に。核の一人を失ってしまった中、72分に満田と柴崎が立て続けにシュートを浴びせるも、どちらもGKに阻まれる。また、ジュニオール・サントスが何度か好機を迎えるも、判断力と決定力に欠け、得点に結びつけることができない。 その後は両チームとも疲労が明白となる中、後半アディショナルタイムに途中出場の2人が勝負を決める。91分、横浜FMがやや押し込まれていた状況で相手の最終ラインの裏へスルーパスが入り、快足を生かした仲川が右サイドを突破。ゴール前に折り返すと、最後は逆サイドから走り込んだ宮市が豪快に蹴り込んで3点目を挙げた。 広島も最後まで点を取りにいったが完封負け。横浜FMが3-0で快勝し、リーグ戦6連勝を収めた。 横浜F・マリノス 3-0 サンフレッチェ広島 【横浜FM】 小池裕太(前31) 西村拓真(後13) 宮市亮(後46) 2022.07.06 21:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly