シティ期待のCBハーウッド=ベリスがストークへレンタル、今季はアンデルレヒトで19試合に出場

2022.01.12 10:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストーク・シティは11日、マンチェスター・シティのU-21イングランド代表DFテイラー・ハーウッド=ベリス(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。シーズン終了までのレンタル移籍とのことだ。

ハーウッド=ベリスは、シティのアカデミー出身。2021年2月からはブラックバーンへとレンタル移籍すると、今シーズンは元キャプテンのヴァンサン・コンパニ監督が率いるアンデルレヒトへとレンタル移籍していた。

センターバックを主戦場とするハーウッド=ベリスは、ジュピラー・プロ・リーグで16試合に出場し2アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグの予選でも3試合に出場していた。

ベルギーでの半年間の武者修行を終えたハーウッド=ベリスは、U-23に所属していながらシティのファーストチームでデビュー。これまで8試合に出場しており、2020年1月のFAカップ・ホートベイル戦では初ゴールも記録していた。

ストークは現在チャンピオンシップ(イングランド2部)で暫定ながら8位に位置。プレミアリーグ昇格も狙える位置におり、今冬の移籍市場で最初にシティのDFを手にすることとなった。


関連ニュース
thumb

チェルシーMFベイカーがストークに完全移籍! アカデミー時代から17年過ごしたブルーズに別れ

チェルシーは15日、イングランド人MFルイス・ベイカー(26)のストーク・シティへの完全移籍を発表した。ベイカーはストークと2024年6月30日までの2年半契約にサインしている。 9歳でルートン・タウンからチェルシーのアカデミーに加入したベイカーは、2014年1月にトップチームデビュー。だが、以降はトップチームでは出場機会を得られず、リーズ・ユナイテッドやミドルズブラなどの国内クラブ、フィテッセやデュッセルドルフ、トラブゾンスポルといった国外へのレンタル移籍を繰り返していた。 トラブゾンスポルからレンタルバックした今シーズンはリザーブチームを主戦場としてきたが、今月8日に行われたFAカップ3回戦のチェスターフィールド戦では途中出場で8年ぶり通算2試合目となるトップチームでのプレー機会を得ていた。 だが、その久々のトップチームでの出場からわずか1週間後に17年を過ごしたブルーズを離れ、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストークへ完全移籍することになった。 2022.01.16 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークのレジェンド、元イングランド代表DFショークロスが34歳で現役引退…指導者転身へ

元イングランド代表DFライアン・ショークロス(34)が現役引退を発表した。インテル・マイアミは11日、同選手の引退の申し入れを受け入れ、契約を解消したことを明かした。 これまでマンチェスター・ユナイテッド、ロイヤル・アントワープ、ストーク・シティ、インテル・マイアミで16年のプロキャリアを過ごしてきたショークロスだが、ケガを理由にスパイクを脱ぐ決断をした。 「インテル・マイアミ、ストーク・シティ、マンチェスター・ユナイテッドといったトップチームに所属し、16年間の選手生活を楽しむことができたけど、プロフットボーラーとしての引退を発表したいと思う」 「ケガのために選手生活から退くことになったけど、フットボールへの情熱は変わらないよ。コーチングライセンスを取得した後は、指導者としてのキャリアを歩んでいきたいと考えているよ」 「クリス・ヘンダーソン(CEO)、フィル・ネビル(監督)、そしてインテル・マイアミに関わるすべてのスタッフとファンのみんなに対して、ここに来る機会を与えてくれたことを感謝したいと思う。このような素晴らしいプロジェクトに参加でき、本当に楽しい経験ができたと思っているよ」 「また、いつでも応援してくれたストーク・シティのファンにも感謝したい。そして、最後になるけど、僕の人生の支えとなってくれた妻と子供たちに感謝したい」 「コーチングのキャリアを追求する中で、次に何が起こるか本当に楽しみだ」 ユナイテッドのアカデミー出身のショークロスは半年間のレンタル加入を経て、2008年1月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたストークに完全移籍。 191cmの屈強な体躯を生かした対人戦に特長を持つ屈強なセンターバックは、その加入初年度にプレミアリーグ昇格に貢献すると、2017-18シーズンを19位で終えて降格するまで10シーズン連続でプレミアリーグに残留してきたポッターズのディフェンスリーダーに君臨。公式戦453試合25ゴールという数字を残した。 ただ、2019年以降はケガの影響などもあり、大幅に出場機会を減らすと、2021年2月にユナイテッドのレジェンドであるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務め、同じくユナイテッドOBのフィル・ネビル氏が監督を務めるインテル・マイアミに加入していた。 そのMLSクラブでは今シーズンのリーグ戦12試合に出場したが、8月に背中のケガを負って以降は欠場が続いていた。 また、2010年に初招集されたイングランド代表では2012年11月に行われたスウェーデン代表との国際親善試合でデビューを飾ったが、その試合がスリーライオンズでの唯一の試合となった。 2022.01.12 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

元リバプールのチャーリー・アダムが木に激突し逮捕…飲酒運転疑惑も

かつてはリバプールやストーク・シティでプレーした元スコットランド代表MFチャーリー・アダムが、飲酒運転で事故を起こしていたようだ。イギリス『サン』が報じた。 現在はスコティッシュ・プレミアシップのダンディーFCでプレーしているアダム。事件は13日の午前4時25分に起きたとのことだ。 『サン』によると、道路脇にある木に何かが衝突し、えぐられていることが確認されたとのこと。アダムの車が激突したとされ、逮捕されたとのことだ。なお、飲酒運転の疑惑もかけられている。 地元住民によると「車はいつもその道を行ったり来たりしているので、あまり気にしていなかった。でも翌朝、木に大きな損傷が見られているのに気がついた。誰もケガしていないことを望んだ」とコメント。事故が起きていたことにすぐ気がついたという。 スコットランド警察によれば「2021年12月13日の午前4時25分頃、ダンディーのダンディー・ロード・ウェストで36歳の男性が逮捕。道路交通法違反で起訴されました」とされている。 ダンディFCもこの件を把握しているとされ、「この事件は承知していますが、これ以上のコメントはありません」と詳細を述べるつもりはないとした。 ダンディーFCやレンジャーズの下部組織で育ったアダムは、レンジャーズでプロデビューすると、ロス・カウンティ、セント・ミレン、ブラックプールへのレンタル移籍を経験。2011年7月にリバプールへと加入した。 リバプールでは公式戦37試合で2ゴール10アシストを記録。1年の在籍で終わり、その後ストーク・シティでレギュラーとしてプレー。レディングを経て、2020年9月から古巣のダンディーFCでプレーしていた。 <span class="paragraph-title">【写真】アダムの車が激突した木はがっつりえぐられている…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">EXCLUSIVE: Dundee captain Charlie Adam arrested on suspicion of drink-driving after car allegedly hit tree<br> <a href="https://t.co/4Zcb9Sag5c">https://t.co/4Zcb9Sag5c</a> <a href="https://t.co/no2f1PAi17">pic.twitter.com/no2f1PAi17</a></p>&mdash; The Sun Football ⚽ (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1470665221433970692?ref_src=twsrc%5Etfw">December 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.14 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

時に選手よりもアツく!英2部でスローインのボールを巡って両軍の監督コーチ3人が一発退場「何が起こった!?」

15日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第7節のストーク・シティvsバーンズリーの一戦は、両チームの選手よりも監督とコーチが目立つこととなった。 ストークの本拠地であるブリタニア・スタジアムで行われた一戦は、1-1の同点のまま試合終盤を迎えると、85分にストークのMFトニー・スミスが一発退場となり、一気に騒がしくなる。 そして迎えた後半アディショナルタイム、ストークボールのスローインとなると、そのボールを巡って両軍スタッフたちの小競り合いが起こる。 ストークのアシスタントコーチであるディーン・ホールデン氏とバーンズリーのマルクス・ショップ監督の間にボールが転がると、ショップ監督が先にボールに触る。しかし、これがスロワーの選手にパスをしようとしたホールデン氏の邪魔をする格好に。ホールデン氏は目の前のショップ監督を突き飛ばした。 これにバーンズリーのジョセフ・ラウマン氏らが激怒。ホールデン氏に詰め寄ると、そこからは両軍の選手たちも巻き込む乱闘へと発展した。 イギリス『ミラー』によると、この乱闘でストークのホールデン氏と同じくコーチのロリー・デラップ氏、そしてバーンズリーのラウマン氏の計3人にレッドカードが提示されたという。 イギリス『スカイ・スポーツ』も「何が起こったんだ」とこの試合を伝えており、中々お目にかかれない両軍の衝突だった。 <span class="paragraph-title">【動画】監督とコーチの3人が一斉に一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/WtiCaEEAjKk?start=107" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.09.17 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

AZが元オランダ代表DFマルティンス・インディをストークから完全移籍で獲得

AZは5日、ストーク・シティから元オランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 フェイエノールトの下部組織出身のマルティンス・インディは、2012年1月にファーストチームへ昇格。2014年7月にポルトへと完全移籍すると、ストーク・シティへのレンタル移籍を経て、2017年7月に完全移籍。2020-21シーズンはAZへとレンタル移籍で加入していた。 AZでは2020-21シーズンのエールディビジで27試合に出場し1ゴール1アシスト。ヨーロッパリーグでも5ゴール1アシストを記録していた。 マルティンス・インディは完全移籍について「AZは僕にあったクラブだと思う。プレースタイルやプロジェクトの進め方にとても魅力を感じている」とコメントした。 また「AZではオランダのトップでプレーでき、その上でヨーロッパの大会にも出られる。クラブのプロジェクトを信じているし、自分にはまだ与えられるものがあると思っている。昨シーズンはそれ以上を味わったよ」と語り、AZでのキャリアを楽しんでいるようだ。 2021.07.06 12:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly