名古屋がFW榎本大輝と契約満了、昨季は愛媛へ期限付き移籍「自分としても悔いが残ります」

2022.01.09 11:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは9日、FW榎本大輝(25)の契約満了を発表した。

榎本は中央学院高校から東海学園大学へと進学。2018年に名古屋で特別指定選手として登録された。

特別指定選手時代にJ1で2試合、リーグカップで1試合に出場しデビュー。正式入団となった2019年もJ1で2試合、リーグカップで6試合に出場していた。

2020年は徳島ヴォルティスへと期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグで3試合に出場。2021年は愛媛FCへと期限付き移籍し、明治安田J2で19試合に出場し1得点を記録していた。

榎本は名古屋を通じてコメントしている。

「名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせていただいて本当に感謝しています。グランパスファミリー皆さまの前でもっとプレーする姿をお見せしたかったのですが、それも叶わなくなり、自分としても悔いが残ります」

「自分は2021シーズンをもって名古屋を離れることとなりましたが、また豊田スタジアムやパロマ瑞穂スタジアムでプレーできる日を夢見てサッカーを続けていきます。ありがとうございました!」

また、1年間を過ごした愛媛を通じてもコメント。J2復帰を願った。

「1年間という短い間でしたが、お世話になりました。自分のプロキャリアで一番試合に絡ませてもらったシーズンでありましたが、J3降格という結果となってしまい申し訳なく思います」

「自分は愛媛FCを離れますが、1シーズンでのJ2復帰を心から願っております。1年間本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

元日本代表FWも思わず唸る! 名古屋FW相馬勇紀の地を這う劇的ミドル決勝弾が注目の的

名古屋グランパスのMF相馬勇紀が見事なミドルシュートでチームを劇的な勝利へと導いた。 前節セレッソ大阪を下してリーグ戦7試合ぶりの勝利を手にした名古屋は21日、明治安田生命J1リーグ第14節で清水エスパルスとのアウェイゲームに臨んだ。 2トップを起点にして相手を押し込み、22分には酒井宣福のヘディングで先制するも、後半は一転。ホームチームの圧力を受ける恰好となり、72分に追い付かれてしまった。 名古屋はその後も守勢に回り、引き分けも御の字と思われ始めた後半のアディショナルタイムに相馬が大きな仕事をやってのけた。 94分、左サイドを起点にして中盤の相馬へボールが渡ると、前を向いた相馬は前方へスペースがあること確認してドリブルを開始する。相手も寄せてこず、ノンプレッシャーの状態でゴール正面やや左から右足を強振すると、低く鋭いミドルシュートは左のポストに当たってゴールへ吸い込まれた。 ドローも頭をよぎるシチュエーションでの劇的な一撃。中継で解説を務めた元日本代表FW佐藤寿人氏も「おぉぉぉ!」と唸るほどだった。 相馬の地を這うミドルシュートが決勝点となり、このまま名古屋が2-1で勝利。今季初の連勝を飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの勝ち越し弾!! 相馬の地を這うミドルシュート(4:38~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vbpo6dlntZM";var video_start = 278;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.22 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

土壇場で相馬勇紀のミドル弾が炸裂!名古屋が清水破り今季初の連勝【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルスvs名古屋グランパスがIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイの名古屋が1-2で勝利を収めた。 前節は京都サンガを相手にゴールレスドローに終わった16位の清水。待望の今季ホーム初勝利を目指すなかで、今節も同じ11人がスタメンに名を連ねた。 対する名古屋は前節、セレッソ大阪を1-0で下し、7試合ぶりとなる3ポイントを獲得。今季初の連勝を狙う一戦では、吉田豊が6試合ぶりの先発となった。 立ち上がりの3分、ファーストシュートを放ったのはホームの清水。宮本の縦パスを受けた鈴木が前を向き、敵陣中央の遠い位置から左足を振り抜くも、相手GKに弾かれる。 対する名古屋も7分、ボックス右手前から森下がクロスを上げ、ファーサイドで収めた吉田がマイナス方向に折り返す。このパスをボックス手前中央で受けた仙頭が、シュートフェイクで相手を一人かわし、右足でシュートを放ったが、相手DFに至近距離でブロックされた。 両チームがゴールに迫る中、先手を取ったのは名古屋だった。22分、吉田からのパスを敵陣左サイド浅い位置で受けたマテウスが、相手DFの股を抜いてドリブル突破。深くまで侵入しクロスを上げると、ニアサイドで待っていた酒井がヘディングシュートでゴールネットを揺らした。 酒井の今シーズン初ゴールで先制に成功したアウェイチームはさらにセットプレーからチャンス。39分、右CKの場面でキッカーのマテウスがボックス手前中央に柔らかい弾道のボールを送ると、走り込んできた稲垣がダイレクトで左足を振り抜いたが、強烈なシュートは相手GKに阻まれた。 1点ビハインドで試合を折り返した清水だったが、後半立ち上がりにチャンスを得る。50分に獲得した左CKの場面でキッカーは西澤。ボックス中央へ蹴り込まれた滞空時間の長いボールに立田が頭で合わせるも、惜しくも枠の上に外れた。 後半に入って押し込まれている印象の名古屋は70分、中谷の縦パスを受けた石田が素晴らしいファーストタッチで前を向き、ドリブルでボックス右手前まで運んでから右足のシュート。しかし、これは枠の左に外れる。 後半から勢いを強めたホームチームは71分についに同点に追いつく。自陣からのスルーパスで敵陣右サイド深くに抜け出したカルリーニョス・ジュニオが右足で低い弾道のクロスを供給。ゴール前で飛び込んだチアゴ・サンタナが頭で合わせると、ゴール左に決まった。 試合を振り出しに戻した清水は80分にもシュートシーンを作る。片山が敵陣右サイド深い位置から上げたクロスがゴール前で混戦を生み、このこぼれ球に反応した鈴木が左足のシュートを放ったが、惜しくも枠の上へ。 その後も攻勢を強めるホームチームに対して、守りを固めるアウェイチームという構図のまま試合は進行。だが、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイムに試合を動したのは名古屋だった。 敵陣中央で相馬がボールを受けると、ドリブルで持ち上がり、ボックス手前中央から右足を一閃。鋭いミドルシュートは左ポストに当たってゴールネットを揺らし、土壇場での決勝点となった。 後半から途中出場した相馬の今シーズン初ゴールで勝ち越した名古屋は、そのまま試合終了まで守り切り1-2で勝利。今季初の連勝を収めた。 清水エスパルス 1-2 名古屋グランパス 【清水】 チアゴ・サンタナ(後27) 【名古屋】 酒井宣福(前22) 相馬勇紀(後49) 2022.05.21 17:32 Sat
twitterfacebook
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が徳島を下して2位突破! 清水は首位通過決定済みの広島に勝利し今季ホーム初白星【ルヴァンカップ・グループB最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループBでは、広島と名古屋が突破した。 すでに広島の首位突破が決まり、残り一枠を3チームで争う構図のグループB。勝てば自力突破となる2位の名古屋は、4位徳島とのアウェイ戦に臨んだ。 試合は10分、名古屋は左CKの場面で阿部がアウトスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ吉田温紀がヘディングシュート。高い打点から叩きつけられたボールがゴールに吸い込まれた。 前半終了間際には、稲垣が相手のボックスの手前でボールを奪取し、右から左へ展開。これに阿部が左足で合わせてゴール右下にシュートを突き刺した。 2点リードで試合を折り返した名古屋は、後半立ち上がりには甲田の強烈なシュートがクロスバーに直撃。その直後にも立て続けにチャンスを迎えるが、3点目には至らない。 一方、徳島は60分にゴール前のこぼれ球を浜下がシュートに繋げるも、精度を欠いて枠の外。最後までネットを揺らせないまま、試合は名古屋が勝利し、広島に続く2位でのプレーオフ進出を決めた。 もう一方の清水vs広島では、ホームの清水が34分に岸本の移籍後初ゴールで先制。左CKのシーンで神谷がニアで触れたボールを頭で押し込んだ。 対する広島は、後半立ち上がりにルーキーの棚田のシュートでゴールに迫ると、迎えた61分、バイタルエリアでの連携から永井に今大会2ゴール目が決まり同点に。 しかし、終盤の83分に清水が滝のゴールで勝ち越し。最終順位は3位でグループステージ敗退となったものの、今季のホーム初ゴールを挙げた。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島(12pt/+8) 2:名古屋グランパス(10pt/2) 3:清水エスパルス(8pt/-2) 4:徳島ヴォルティス(4pt/-8) 2022.05.18 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋、仙頭がキム・ジンヒョンの牙城を崩し7試合ぶりの勝利! C大阪は交代策で流れ掴むも無得点【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が14日に 豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が逃げ切った。 名古屋は3試合連続で先制中だが白星が遠く、現在6戦勝利なしと不振にあえいでいる。前節の横浜F・マリノスで判定に苦言を呈した長谷川監督は、スタメンの変更を吉田豊から相馬の1人にとどめた。 対するC大阪は、前節はジュビロ磐田戦で毎熊が起用に応える2ゴールを挙げ、3試合ぶりの3ポイントを獲得した。終盤の接触により、脳震とうや肩の負傷の影響が心配されたGKキム・ジンヒョンも先発に名を連ねた。 試合は早々に名古屋が先手を取った。中盤、ハーフウェーライン付近で森下のスローインを受けたマテウス・カストロが前を向くと、仙頭が一気に加速してスルーパスを引き出す。中央を抜け出してボックス内まで持ち運び、GKとの一対一を落ち着いて制した。 C大阪は一定のラインからプレッシングを掛けるが、効果があるとは言い難い。縦はコンパクトだが横に若干のスペースがあり、ポゼッション力を備えた名古屋はファーストプレスをいなせば中盤やサイドのスペースを使うことができた。 対照的に名古屋はボールを失った直後の守備強度が高く、奪えなかった場合でもセットアップするには十分な圧に。リードも加味してプレスとブロックを使い分け、C大阪はボールを保持しても、構えた名古屋の守備に手を焼くことに。その中で29分、山中の横パスを受けて清武がゴール正面からフリーで狙うも、GKランゲラックの手中に収まった。 名古屋は33分、左サイドでのパス交換から酒井が深い位置を取ると、グラウンダーのクロスにマテウスがすべり込みながら合わせてネットを揺らすも、酒井のタイミングがオフサイドと判定された。 攻撃の糸口がつかめぬまま前半を終えたC大阪はハーフタイムにアダム・タガートと北野を投入し、清武をトップ下からボランチへ落とすと、これが奏功。前半とは打って変わって攻撃にテンポが出始める。 後半開始直後には縦パス2本で裏を取り、ジェアン・パトリッキのクロスがGKを抜け、空いたゴール前へ。走り込んだアダム・タガートのもとへ到達するが、GKランゲラックが指先で若干触れていたために、歩幅と合わず打ち切れなかった。 攻勢を強めるC大阪は、直後にも敵陣中央から毎熊が左足のミドルを放ち、さらには中央の狭いエリアを割ってタガートがシュート。松田も積極的なフィニッシュを見せた。 守勢に回った名古屋も、復帰後初出場となった石田が見せ場を作る。65分、森下の縦パス1本で裏を取り、右の深い位置まで運んで折り返すと、マテイ・ヨニッチのクリアがマテウスに当たってゴールの中へ。ただ、ここもオフサイドディレイにより、ゴールは認められなかった。 とはいえ、以降もC大阪が主導権を握って攻め込み続け、名古屋は耐える時間が長くなる。劣勢のホームチームはボールを持った際にはリードを生かしてのらりくらりと時間を使い、個の突破でけん制する。90分、右サイドを突破した相馬の折り返しをボックス右で稲垣が収めてラストパスを石田がフリーで狙うも、強烈なシュートはバーの上を越えた。 最終盤には交代カードも駆使して時計の針を進め、C大阪の猛攻をシャットアウト。序盤の先制点を守り抜き、名古屋が7試合ぶりの勝利を手にした。 名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪 【名古屋】 仙頭啓矢(前6) 2022.05.14 16:09 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly