J2降格の徳島、背番号10の渡井理己と契約更新 「1年で必ずJ1に」

2022.01.08 18:58 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは8日、MF渡井理己(22)との契約更新を発表した。

静岡出身の渡井は2018年に静岡学園高校から徳島入り。2020シーズンからは背番号を「10」に変更すると、明治安田生命J2リーグ38試合で6得点を記録し、念願のJ1昇格に大きく貢献した。

初のJ1挑戦となった昨シーズンはリーグ戦27試合に出場し、1得点を記録。トップ下のレギュラーとして活躍するも、チームはJ2降格の憂き目に遭った。
在籍5年目を迎える渡井は、J1再昇格への決意を語った。

「今シーズンも徳島でプレーさせてもらうことになりました。昨シーズンはチームとしても個人としても悔しい思いをするシーズンになりました。今年は多くの選手が入れ替わりまた新しいチームになります。選手は変わりますが、チームの向いている方向は一緒です。1年で必ずJ1に戻れるように戦いたいと思います。変わらず1年間アツい素晴らしい応援をよろしくお願いします!」


関連ニュース
thumb

監督交代の相模原が栃木DF面矢行斗を育成型期限付き移籍で獲得「J2昇格という喜びを爆発させたい」

SC相模原は25日、栃木SCのDF面矢行斗(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。栃木との公式戦には出場できない。なお、背番号は「3」を付ける。 面矢は京都サンガF.C.の下部組織から東海大仰星高校に進学。その後、東海大学を経て、2021年に栃木へ入団した。 プロ1年目から明治安田生命J2リーグで21試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場していたが、今シーズンはここまでリーグ戦わずか3試合の出場に終わっていた。 面矢は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「初めまして。栃木SCから育成型期限付き移籍で加入することになりました、面矢行斗(おもやゆくと)です」 「SC相模原ファン・サポーター、チームメイト、スタッフ関係者の皆様と共にピッチの上でJ2昇格という喜びを爆発させたいです。SC相模原のために全力を尽くします。宜しくお願いいたします」 ◆栃木SC 「日頃より栃木SCの応援、誠にありがとうございます。この度、育成型期限付き移籍にてSC相模原でプレーすることになりました。シーズン途中であり、チームは良い状況とは言えない時期にチームの力になることができず申し訳ありません」 「フットボール、心身共に成長した姿を必ず見せられるよう全力で頑張って来ます。今後とも、栃木SCファン・サポーターの皆様の熱い応援を宜しくお願いいたします」 相模原は成績不振から高木琢也監督を解任。薩川了洋監督が就任していた。 2022.05.25 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

山口の選手1名、スタッフ1名が新型コロナ陽性

レノファ山口FCは24日、トップチームの選手1名がスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手はチーム活動に参加。特に症状もなく、24日にJリーグの定期的な抗原定性検査を受けたものの陰性となっていた。 しかし、その後に医療機関でPCR検査を実施。陽性判定を受けたという。 また、スタッフは発熱などはなかったが、24日に抗原定性検査で陽性に。医療機関でのPCR検査でも陽性となった。 なお、濃厚接触疑いの選手やスタッフはいないとのこと。また抗原検査では全員が陰性だったという。 2022.05.24 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】唾吐きのアンデルソン・ロペスは6試合の出場停止+60万円の罰金

Jリーグは24日、最新の出場停止選手情報を更新した。 新たに出場停止となったのは川崎フロンターレのDF谷口彰悟、横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペス、レノファ山口FCのDF渡部博文の3名となった。 谷口は21日に行われたサガン鳥栖戦で1発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」したとのこと。谷口は1試合の出場停止処分となった。 また、アンデルソン・ロペスに関しては、21日のアビスパ福岡戦で、ボールとは関係ないところで相手選手に唾吐き行為を行った。この件で、アンデルソン・ロペスは6試合の出場停止に加え、60万円の罰金処分が課された。 Jリーグは「同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、主審の判断と同様に、同選手が相手競技者の胸付近につばを吐きかけたものであると認定した。上記より、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「選手等に対してつばを吐きかける行為」に該当すると判断、6試合の出場停止および罰金(60万円)処分とする」と発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) 第15節 vs湘南ベルマーレ(5/25) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 今回の停止:6試合停止(1/6) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF渡部博文(レノファ山口FC) 第18節 vsモンテディオ山形(5/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.24 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮FW中野誠也が左足ハムストリング肉離れで全治は6~8週間

大宮アルディージャは23日、FW中野誠也の負傷を発表した。 クラブの発表によると、中野は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節延期分のいわてグルージャ盛岡戦で負傷したとのことだ。 この試合に中野は後半開始から出場。最後までプレーしていた。 中野は、左足ハムストリング肉離れと診断。全治は6~8週間とのことだ。 昨シーズンから大宮でプレーする中野は、今シーズンの明治安田J2で10試合に出場し1得点を記録していた。 2022.05.23 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

声出し応援解禁が進む中で、目立ち始めたガイドラインの強行突破…Jリーグ野々村芳和チェアマン「運営側の管理能力が問われてくる」

23日、JリーグとNPB(日本野球機構)は第55回目の「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催した。 ゴールデンウィーク(GW)が明けて2週間が経過した中、日本国内での感染者は、下げ止まりという地域が多くなり、重症化する感染者も少なくなっている。 一方で、政府は屋外での一定の条件の下、マスクの着用なしという緩和策を提示するなどし、徐々に新たな動きが始まっている。 今回の会議では大阪大学の宮坂昌之教授を招き、改めてワクチン接種に関する情報が共有されたとのこと。副反応のリスク以上に、感染後のリスクが高いことなどが示されたという。 Jリーグの野々村芳和チェアマンは「何回打たなければいけないかというのはこの先不透明ではあると思いますが、副反応による怖さよりもメリットの方が上回るということがある」と語り、ワクチン接種の効果が高いと感じたとコメントした。 一方で、選手の接種には副反応で活動できない期間が生まれるなど課題も。「副反応をどうスケジュールのなかで処理するのか。リーグとしてはオフ期間にみんなでこの日にということにすれば、リスクも下げられるかなと感じて聞いていました」と語り、「年間のスケジュールも含めたワクチンということも考えていきたいと思いました」と、リーグ全体で統一して接種を行うことでの様々なリスク軽減を考えられるとした。 前述のマスクのように、緩和傾向が進んでいる日本。Jリーグも先日、段階的な声出し応援の緩和を実施していくことを発表した。 Jリーグは19日から声出し応援の緩和に関するアンケートを「JリーグID」を用いて実施。1万8000件ほどの回答があるとし、概ね賛成、大賛成が76%、反対という人が20%以下になっていると途中経過を報告した。 声出し応援に関しては、専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)も「かなり綿密な計画を立てられて、声を出して良い地域とダメな地域、マスクの着用率をリアルタイムに見ながら、そしてCO2濃度見ながらやるという計画を立てている」とし、「細やかな綿密なプランニングが立てられているので、そこに注文をつけてということではないですが、段階的という言葉もあったように、どういう結果が出て、どう緩和に続けていけるのか。産総研も含めて見守っていきたい」と、実施した結果を慎重に見極めていきたいとした。 一方で、日常を取り戻しに動いている中でも現在のガイドラインを守れないファン・サポーターも少なからずいる。各会場で問題視される行動が見られる中、野々村チェアマンはあらためて注意喚起をするとともに、ともに歩んで欲しいと訴えた。 「色々なところで同じようなコメントはさせていただいていますが、日本のコロナの政策の中で、自分たちはこの2年半やっているわけで、海外はどうだといってもしょうがない。この中でどう進んでいければ良いかを準備を進めています」 「先日は町田の試合に出向きましたが、町田は『共に情熱を取り戻しましょう』という横断幕も出してもらい、一定数の方には理解をしてもらっていると思います」 「ただ、人の心理をどうコントロールするかはサッカー界だけではなく、世の中の方にも理解してもらう上で、管理することが大事になります」 「クラブが試合を管理しますし、リーグもサポートはしますが、運営側の管理能力が問われてきていて、応援されるクラブの管理能力によってくる部分はあります」 「出口が見えてきている今だからこそ、一緒になってサッカーの情熱を取り戻せるようにしていきたいと思います」 2022.05.23 12:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly