アメリカ代表の逸材FWペピがアウグスブルクに完全移籍、MLSで18歳ながら13ゴールの活躍

2022.01.04 21:40 Tue
Getty Images
アウグスブルクは3日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCダラスからアメリカ代表FWリカルド・ペピ(18)を完全移籍で獲得することを発表した。
PR
契約期間は2026年6月30日までとなり、2027年も延長するオプションがついている。
メキシコ人の両親の下、アメリカのテキサスで生まれ育ったペピは、185cmのセンターフォワード。ダラスのアカデミー時代にゴールを量産した生粋のストライカーは、2019年にリザーブチームにあたるノース・テキサスSCにレンタル移籍すると、USLリーグ1(アメリカ3部)でプロデビューを飾り、デビューシーズンに12試合9ゴールの活躍を披露した。

その後、ダラスに復帰してMLSを主戦場に戦うと、今シーズンはここまで31試合13ゴール2アシストの見事な数字を残していた。

ペピは得点王こそ逃したものの、2021シーズンのMLSの最優秀若手選手賞を受賞。さらに、アメリカ男子年間最優秀若手選手賞も初受賞していた。
なお、移籍の詳細は非公開とされている。

PR
関連ニュース

堂安フル出場のフライブルクがアウグスブルクに逆転負け…【ブンデスリーガ】

堂安律の所属するフライブルクは25日、ブンデスリーガ第23節でアウグスブルクと対戦し1-2で敗戦した。堂安はフル出場している。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグのRCランス戦を延長戦の末に勝利しラウンド16へ駒を進めた8位フライブルク(勝ち点29)は、その試合からスタメンを3人変更。堂安は[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 リーグ戦4試合勝利のない15位アウグスブルク(勝ち点23)に対し、開始早々にピンチを迎える。4分、バルガスのパスでボックス左から侵入したイアゴが堂安に寄せられながらもシュートを放つと、これが右ポストを直撃。 ピンチを凌いだフライブルクは18分、ボックス左から侵入したグリフォが切り返した場面でイェンセンに倒されると、主審はPKを宣告。このPKをグリフォがゴール左隅に決めた。 その後はポゼッションで上回るアウグスブルクにやや押し込まれる展開が続いたが、自陣で集中した守りを見せるフライブルクは決定機を作らせず。前半はフライブルクの1点リードで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、フライブルクは62分にホーラーのパスで左サイド深くまで駆け上がったグリフォの折り返しに堂安が飛び込んだが、右足で合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。 追加点が欲しいフライブルクは、66分にグレゴリッチュとギンターを下げてR・サライとマケンゴを投入。しかし、スコアを動かしたのはアウグスブルクだった。 72分、イアゴのパスで左サイド深くまで駆け上がったA・マイアーがクロスを供給。これをゴールを背にしながらもティーツが左足で上手く合わせると、GKアトゥボルの弾いたボールをウドゥオカイがゴールに押し込んだ。 その後、76分に最後の交代でグリフォとロールを下げてヴァイスハウプトとシディリアをピッチに送り出したフライブルクだが、81分に再び失点を許す。右サイドから斜めのドリブルで持ち上がったデミロビッチのパスを受けたエンゲルスがボックス中央左から侵入し、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 逆転を許したフライブルクは、終盤にかけてもなかなかシュートシーンを生み出すには至らず。試合はそのまま1-2でタイムアップ。痛恨の逆転負けを喫したフライブルクはリーグ戦5試合勝利なしとなった。 2024.02.26 05:45 Mon

アウグスブルク、オリンピアコスからMFペップ・ビエルをレンタルで獲得

アウグスブルクは1日、オリンピアコスからスペイン人MFペップ・ビエル(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ラージョ・バジェカーノの下部組織で育ったペップ・ビエルは、スペイン国内の下部リーグクラブを渡り歩き、2017年の夏にサラゴサに加入。 加入初年度はサラゴサBでのプレーが続いたが、翌年にトップチームに昇格すると、セグンダ(スペイン2部)で21試合に出場し6ゴールをマーク。 この活躍が認められ、2019年夏にデンマークの強豪コペンハーゲンへ活躍の場を移すと、2022年夏にオリンピアコスへ完全移籍。ギリシャの強豪クラブでは、これまで公式戦59試合に出場し12ゴール8アシストを記録していた。 なお、アウグスブルクを率いるジェス・トルップ監督とは、コペンハーゲン時代に指導を受けており、2021-22シーズンにはリーグ優勝に貢献した。 アウグスブルクへの移籍が決まったペップ・ビエルは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回の移籍がうまくいったことを嬉しく思う。FCアウクスブルクは野心的でアットホームなクラブだ。僕はここで、コペンハーゲンでの経験を生かして活躍したいとは思っている」 2024.02.02 16:20 Fri

アウグスブルク戦で負傷交代のコマン、左ヒザじん帯断裂で数週間の離脱に…

バイエルンは27日、アウグスブルク戦で負傷したフランス代表FWキングスレー・コマンが数週間の離脱になることを発表した。 コマンは27日に行われたブンデスリーガ第19節のアウグスブルク戦に先発出場。しかし、前半26分に左ヒザを負傷すると、そのままピッチを後にしていた。 試合後には松葉杖姿も目撃され、重傷であると見られていた中、バイエルンを率いるトーマス・トゥヘル監督は、試合後にドイツ『ビルト』のインタビューでコマンの状態について以下のように説明した。 「ヒザの怪我だ。どうなるか最終的な結果はこれからだ。おそらくかなり深刻なケガで、非常に痛い。彼がプレーを続ける可能性はなかった。靭帯をチェックして、それから様子を見ることになる」 そんな中、クラブがケガの状態を発表。今回の発表によれば、コマンは左ヒザの内側じん帯の断裂したと診断されたとのことで、今後数週間は欠場することになるとのことだ。 2024.01.28 07:00 Sun

キミッヒら欠いたバイエルン、代役パブロビッチのトップチーム初弾などで打ち勝ちレバークーゼンにプレッシャー【ブンデスリーガ】

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第19節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で逃げ切った。 前節ブレーメンに不覚を取ったものの、3日前の延期試合ウニオン・ベルリン戦をシャットアウト勝利として首位レバークーゼンとのポイント差を4に戻した2位バイエルン(勝ち点44)は、ウニオン戦で負傷したキミッヒ、ウパメカノ、ライマーが欠場となった中、新戦力のダイアーが初先発となった他、ラファエル・ゲレイロが右サイドバックに入った。 10位アウグスブルク(勝ち点21)に対し、最前線にケイン、2列目に右からサネ、ムシアラ、コマンと並べる[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは守勢の入りを強いられると、5分にPKを献上しかける。 デ・リフトがロングボールの処理で目測を誤ってハンドを犯すと、ぎりぎりボックス外でVARの末、FK判定に覆った。助かったバイエルンだったが、12分にも失点しかける。デミロビッチのヘッドでの落としをボックス左のレジュベツァイにボレーでネットを揺らされたが、オフサイドがあって助かった。 すると23分、CKの流れからルーズボールをパブロビッチが蹴り込んでバイエルンが先制。パブロビッチのトップチーム初ゴールで先手を取ったバイエルンは、前半ラストプレーの追加タイム5分にリードを広げる。アルフォンソ・デイビスがボックス手前左から右足でミドルシュートを決め切った。 バイエルンが2-0として迎えた後半、52分にCKの流れからデミロビッチにヘディングシュートを決められて1点差とされたが、58分に突き放す。 ゴール前のこぼれ球をケインが押し込むと、直後はオフサイド判定が下ったものの、VARでゴールが認められた。 その後はバイエルンが試合をコントロールした中、終盤の81分にはテルがポスト直撃のシュートを浴びせて牽制。追加タイムにPKを決められて1点差に詰め寄られたものの、3-2で逃げ切り。連勝としてレバークーゼンに暫定1ポイント差としている。 2024.01.28 01:38 Sun

ボルシアMG福田師王が1stチーム初出場も? 指揮官「週末のオプションになりうる」

ボルシアMGの監督がU-22日本代表FW福田師王に言及した。 昨冬に神村学園高校からJリーグを経由せず、ボルシアMGのU-19チームに入団した福田。今季からドイツ4部にあたるセカンドチームでプレーし、13試合で5ゴールをマークすると、16日にトップチーム昇格が決まった。 トップチームの練習に参加し始めたばかりだが、21日にホームで行われるブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦で初出場の可能性があるようだ。クラブ公式サイトによると、ジェラルド・セオアネ監督が語っている。 「残念だが、ケガはスポーツにつきもの。(トマシュ・)クヴァンカラのケガは不運だ。シオウ・フクダを引き上げたのはイヴァンドロ・ボルジェス・サンチェスのレンタル移籍とハンネス・ヴォルフの退団によるもの」 「シオウはもう何度か練習しているし、プロセスにも慣れている。だから、週末のオプションになりうる。とはいえ、適応にある程度の時間が必要で、もちろんながら、さらなる成長のステップも踏まないといけない」 2024.01.21 12:50 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly