J2降格の横浜FC、FC東京から中村拓海を完全移籍で獲得!「J1昇格のために自分の力を最大限発揮」

2021.12.29 15:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜FCは29日、FC東京からDF中村拓海(20)の完全移籍加入を発表した。

大分県出身の中村は東福岡高校を卒業後の2019年にFC東京へ入団。約1年半の間は出場機会に恵まれなかったものの、日本代表DF室屋成がクラブを去って以降はスタメンに名を連ねる機会を増やしていた。

そして、3年目となる今季は公式戦29試合に出場して1アシストを記録し、この度横浜FCへの完全移籍が決まった。その中村は両クラブを通じてコメントをしている。

◆横浜FC
「横浜FCのファン、サポーターの皆さん!FC東京から移籍してきました中村拓海です!J1昇格のために自分の力を最大限発揮してがんばります。応援よろしくお願いします!」

◆FC東京
「FC東京のファン・サポーターのみなさん、在籍していた3年間いつも温かい応援ありがとうございました。東京を離れますが日々精進して、どこのチームに居ても応援される選手になれるように頑張ります。 今までありがとうございました。」


関連ニュース
thumb

横浜FC、高橋秀人が6週間の離脱…秋田戦で右足首ねん挫

横浜FCは16日、DF高橋秀人の離脱を報告した。 高橋は8日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第15節のブラウブリッツ秋田戦で負傷。右足首ねん挫により、受傷日から全治6週間の見込みだ。 横浜FC在籍2年目の今季はここまでJ2リーグ8試合に出場している。 2022.05.16 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

トップ3で順位変動、横浜FCは6試合ぶり白星【明治安田J2第16節】

明治安田生命J2リーグ第16節の5試合が15日に各地で行われた。 今節はトップ3の順位が変動。ホームのユアテックスタジアムに金沢を迎えた仙台は大勝を収めた。38分に中島の直接FKが決まり大量得点の口火を切ると、後半立ち上がりの50分には、ボックス手前から遠藤が放ったシュートをこぼれ球をフォギーニョが拾い、ボックス右に持ち込んで追加点を挙げた。 来日初ゴールを決めたフォギーニョはさらに62分、自陣でボールを奪いカウンターの起点を作ると、自らも全速力でゴールへ猛進。最後は遠藤がボックス左から上げたクロスを左足で合わせて2点目を決めた。 その後、CKから1点を返された仙台だったが、81分には途中出場の皆川のゴールが決まり決着。4-1で快勝した。 2連敗中の横浜FCはホームで徳島戦。15分に伊藤のゴールがオフサイドで取り消しとなったが、41分にその伊藤が先制点を挙げる。イサカ・ゼインが右サイドから上げたクロスをニアで小川が触り、後方の伊藤が合わせてネットを揺らした。 後半に入ると立ち上がりに続けてシュートを浴びた横浜FCだが、65分に突き放す。左CKの手塚が左足でクロスを入れると、ガブリエウが左足でダイレクトで合わせて2点目。今季4試合目の出場となったガブリエウの日本での初ゴールが決まった。 後半アディショナルタイムに、徳島はケガ明けの一美にゴールが生まれるも、反撃の時間は残されておらず、横浜FCが逃げ切った。 2位と3位が勝利を収めた一方、首位の新潟は苦戦した。8試合負けなしの中迎えた今節は町田とのアウェイ戦。18分に堀米のクロスから星が決定機を迎えるが、ゴール前でフリーで合わせたシュートは町田GKポープ・ウィリアムのビッグセーブに遭う。 対して、守護神の好プレーで勢いのついた町田は29分、敵陣中央で得たFKで山口が直接ゴールを狙う。およそ35メートル離れた位置だったが、無回転シュートがゴール右上に突き刺さり、ホームチームが先制した。 1点リードで後半を迎えた町田は、その立ち上がりに太田が左サイドからカットインし、ボックス左角からミドルシュート。これはGKに弾かれたが、こぼれ球を鄭大世が押し込んで追加点を挙げた。 2試合連続の複数失点となった新潟は、その後なかなか反撃の狼煙を上げられず、試合は終盤へ。後半アディショナルタイムに途中出場の鈴木が倒されて得たPKを鈴木自ら決めて1点を返すが、時すでに遅し。第7節の千葉戦以来の黒星を喫した。 この結果、首位に立ったのは2連勝を収めた仙台。2位は6試合ぶりの白星を手にした横浜FC。そして3位に新潟という順位になった。 なお、岩手vs山形は、岩手で新型コロナ感染者が続出したことで延期に。代替日は6月15日(水)となっている。 ◆第16節 ▽5/15(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 4</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-1 徳島ヴォルティス ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> ▽5/14(土) ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC V・ファーレン長崎 0-0 大宮アルディージャ 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 ▽6/15(水) 《18:00》 いわてグルージャ盛岡 vs モンテディオ山形 2022.05.15 17:22 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCがトップチーム選手1名の新型コロナ陽性を報告

横浜FCは12日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は11日にJリーグ公式抗原検査を受けたところ、陽性判定に。病院で受けたPCR検査でも陽性判定が下り、医師の指導による適切な対策のもとで療養しているという。 クラブは引き続き感染予防対策を徹底し、活動を続けていくとしている。 2022.05.12 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FC、スタジアムでの大声や野次、選手への侮辱発言に声明…最悪“入場禁止”に

横浜FCは3日、ファン・サポーターへの注意喚起を行った。 クラブの発表によると、コロナ禍での試合運営を行っている中、スタジアムで声を出すことや、選手への侮辱的発言などが見られるとのことだ。 コロナ禍において、現在の運営規則では声出しが禁止。その上で侮辱的発言などをクラブが問題視。声明を発表した。 「当クラブでは「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づき、試合運営を実施しております」 「しかし、直近の数試合におきまして、禁止行為としているスタジアムでの大声や野次に加え、選手への侮辱的な発言、行為が見られます」 「これは、新型コロナウイルス感染のリスクを最大限に防ぎながらJリーグを再開するという内容に反しております。また、何よりも周囲のお客様への迷惑行為であるとともに、チーム・選手を後押しする行為では決してありません」 「今後は、スタジアム内での警備体制及び巡回をより強化するとともに、横浜FCが定める運営管理規定内の禁止事項に抵触し、警備スタッフやクラブスタッフの指示に従っていただけない場合は、直ちにご退場いただくとともに、今後のホームゲームの入場を禁止させていただきます」 「1年でのJ1復帰を成し遂げるためには、クラブ、ファン・サポーターが一丸となり、共にシーズンを戦い抜くことが必要です」 「安心・安全なスタジアムで観戦いただけるよう、当クラブでも努めてまいります。皆さまのご理解・ご協力を何卒宜しくお願いいたします」 2022.05.03 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台が3ゴールで3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ、初連勝大宮は降格圏脱出【明治安田J2第13節】

明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が1日に各地で行われた。 2位と5ポイント差で首位に位置する横浜FCは、アウェイで12位のザスパクサツ群馬と対戦。3試合ぶりの勝利を狙う試合は、24分に長谷川竜也の2試合連続ゴールで先制すると、31分に右CKからのクロスを渡邉千真がヘディングで合わせて追加点。さらに、42分にもイサカ・ゼインの加入後初ゴールで3点目を奪って試合を折り返した。 前半は優勢だった横浜FCだが、後半は群馬のハイプレスに苦しむ展開に。49分に平松宗のゴールで1点を返されると、57分にも平松にゴールを奪われ1点差に。その後も群馬に主導権を握られると、67分に奥村晃司のゴールで同点に追いつかれる。 完全に試合は群馬ペーストなり、シーズン初黒星かと思われたが、その後猛攻を凌ぎ切り、3-3で試合終了。依然、首位&無敗をキープしているものの、3試合連続の引き分けとなった。 また、第10節の首位決戦で敗れたものの、直近の5試合で4勝1敗と好調の3位ベガルタ仙台は、ホームで18位のブラウブリッツ秋田と対戦した。 東北クラブ同士の“東北ダービー“は、攻勢を強めた仙台が10分に富樫敬真のゴールで先制したものの、22分に負傷交代で青木翔太に代わって出場した武颯が27分にゴールを決め、同点に追いつかれる。 試合を1-1で折り返したが、好調を維持する仙台は72分に遠藤康のミドルシュートで勝ち越しに成功。78分に吉野恭平がダメ押しゴールを決め、3-1でタイムアップ。仙台が今季初の3連勝を飾り、首位横浜FCとの差を縮めた。 開幕8試合は負け無しとしていたものの、直近の4試合で1分け3敗と低調の5位東京ヴェルディは、アウェイで7位のファジアーノ岡山と対戦。前半は押し込まれる展開の多かった東京Vは、ゴールレスで試合を折り返した後半もペースをものにすることができずにいると、54分に田中雄大にゴールを許して岡山が先制する。 さらに、直後の58分にはミッチェル・デュークがゴールを決めて岡山がリードを2点に広げると、東京Vは79分にバスケス・バイロンのJリーグ初ゴールで1点を返したものの、2-1で岡山が勝利。今節も勝ち点を積み上げることができず、東京Vは5試合勝ち無し。一方で、岡山が4位まで順位を浮上させた。 開幕以降上位に名を連ねるも、直近5試合勝ち無しの4位FC町田ゼルビアは、ホームで16位の徳島ヴォルティスと対戦。前半は互いにチャンスを作るも決め切れずに試合を折り返すと、後半開始直後に町田がクロスバーを直撃する決定機を逃す。 すると、試合の流れは徳島に傾きはじめ、62分に坪井清志郎がゴール。さらに74分にも新井直人のシュートが町田DFに当たって決まり2点差。そのまま徳島が逃げ切り、0-2で勝利。町田はまたしても勝てなかった。 その他、開幕からの不調が続き降格圏に位置していた21位の大宮アルディージャは、ホーム未勝利の14位ツエーゲン金沢と対戦。大宮は41分にCKの流れから河田篤秀が豪快ボレーを叩き込むが、金沢は後半早々の49分に庄司朋乃也のミドルシュートがディフレクトして入り同点とする。 その後は一進一退の攻防が続く中、大宮は途中出場の中野誠也が同じく途中出場の小島幹敏のクロスをヘッド。これが決勝点となり、大宮が初の連勝で20位に順位を上げて、降格圏を脱した。 ◆明治安田生命J2リーグ第13節 ▽5/1 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 V・ファーレン長崎 ザスパクサツ群馬 3-3 横浜FC FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 ▽4/30 ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 1-1 アルビレックス新潟 2022.05.01 18:23 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly