C大阪が今季加入のMF原川力やFW加藤陸次樹、DF進藤亮佑ら6選手と契約更新

2021.12.27 19:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は27日、6選手との契約更新を発表した。

今回発表されたのは、DF進藤亮佑(25)、MF原川力(28)、DF丸橋祐介(31)、FW中島元彦(22)、FW加藤陸次樹(24)、MF喜田陽(21)の6名となる。

進藤は今シーズン北海道コンサドーレ札幌から加入。明治安田生命J1リーグで9試合に出場し2得点、天皇杯で1試合に出場していた。
原川はサガン鳥栖から今シーズ加入。明治安田生命J1リーグで26試合出場2得点、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で3試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合に出場した。

丸橋はC大阪でトップチームに昇格して13年目。今季は明治安田J1で33試合出場1得点、ルヴァンカップで4試合、天皇杯で3試合に出場。ACLでは6試合に出場し1得点を記録していた。

中島は2018年に昇格し4年目のシーズン。今季は明治安田J 1で12試合2得点。ルヴァンカップで2試合、天皇杯で3試合、ACLで5試合に出場した。

加藤はツエーゲン金沢から今季加入。明治安田J1で35試合出場7得点。ルヴァンカップで5試合出場2得点、天皇杯で4試合出場2得点、ACLで6試合出場2得点を記録した。

喜田は2018年に昇格し4年目のシーズン。今季は明治安田J1で6試合、ルヴァンカップで2試合、天皇杯で4試合、ACLで3試合に出場した。

関連ニュース
thumb

来季J1の新潟がC大阪DF新井直人を完全移籍で獲得、3年ぶりの古巣復帰で今季はレンタル先の徳島で主軸

アルビレックス新潟は2日、セレッソ大阪のDF新井直人(26)が完全移籍で加入したことを発表した。 新井は新潟経営大学から2019年に当時J2の新潟へ加入。開幕戦でスタメンを勝ち取り、ルーキーイヤーから出場試合数を重ねた。 2021年にセレッソ大阪へ完全移籍で加わるも、J1では出場機会に乏しく、今季は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。主軸としてリーグ戦38試合2得点の数字を残した。 3年ぶりに古巣復帰の新井は各クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「再びアルビレックス新潟でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思っています。愛する新潟の街、ビッグスワン、そしてサポーターの皆さんの前で早くプレーがしたいです」 「ここに戻ってくることは、自分としてまだ早いのではないかといろいろと悩みました。それでも寺川(能人)強化部長をはじめ、熱く必要としてくださったアルビレックス新潟というクラブのために、もう一度自分の人生も懸けて勝負したいと思いました」 「そして、このクラブでタイトルが獲りたいです。来シーズン皆さんと再び共に戦えるのを楽しみにしています」 「アイシテルニイガタ!」 ◆セレッソ大阪 「セレッソでプレーする時間は1年という短い時間ではありましたが、選手、スタッフ含め、サポーターの皆さん、応援ありがとうございました」 「セレッソに戻ってもう一度チャレンジしたい気持ちも当然あり、すごく悩みました。試合に中々出られず、やり残したことや悔いも沢山あります。それでもいま必要とされる所でプレーしたいと思い、セレッソを離れることを決断しました。ここに来られたからこそ出会うことができ、共に戦えた選手、スタッフがいます。セレッソと来シーズン戦えることを楽しみにしています。サポーターの皆さんにまたプレーしている姿を見せられるよう頑張っていきます。本当にありがとうございました!」 ◆徳島ヴォルティス 「『徳島を再びJ1に』という強い想いを抱いて戦ってきましたが、それに結果で応えることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「ただ今シーズン、徳島のために向き合い戦ってきたことに対して悔いはありません。だからこそ、1年前に徳島に来る決断をしてからこれまでの間、間違いなく成長することができたと感じています」 「共に戦った選手、スタッフ、そして徳島ヴォルティスに関わるすべての仲間たちは、来シーズン必ずJ1昇格を成し遂げると思います。そのためにサポーターの皆さん、応援をよろしくお願いします。皆さんまたどこかで会いましょう!本当に応援ありがとうございました」 2022.12.02 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、チャウワットが2度目の退団「大きな経験になりました」

セレッソ大阪は1日、MFチャウワット(26)が契約満了でBGパトゥム・ユナイテッドFCに復帰することを発表した。 かつて2018シーズンにC大阪で1年過ごしたチャウワットは、今年6月に再び期限付き移籍で復帰。しかし、一度も出場することなく、クラブを去ることになった。なお、2018年は当時在籍していたU-23で14試合に出場しているが、結局トップチームでの出番は一度もなかった。 「まずセレッソに関わった全てのスタッフに感謝を伝えたいです。そしてファンの皆様いつも応援ありがとうございました。僕にとってセレッソ大阪というチームに入れて本当によかったです。J1リーグで活躍しているトップチームに加入できたのは大きな経験になりました」 「またタイに戻ってからも、この経験を活かせるよう努力し、もっと良い選手になれるよう頑張ります。最後に僕の事を温かく受け入れてくれたチームメイトの皆様、ありがとうございました。僕の将来を心から応援してくれて嬉しかったです。僕はいつまでもこのチームのファンであり、何かあればチームを支えたいと思います」 2022.12.01 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「セレッソ大阪で過ごした日々は僕の宝物」…ブルーノ・メンデスが2度目のC大阪退団

セレッソ大阪は1日、FWブルーノ・メンデス(28)の退団を発表した。 昨季をアビスパ福岡で過ごして、今季にウルグアイのデポルティーボ・マルドナドからのレンタルで2年ぶりのC大阪復帰を果たしたブルーノ・メンデス。一次C大阪時代の2020年に明治安田生命J1リーグでチーム最多の9ゴールを決め、サポーターからも支持されたブラジル人ストライカーだが、今季は32試合に出場した公式戦を通じても5得点にとどまった。 期限付き移籍契約の満了に伴い、退団が決まったブルーノ・メンデスはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「シーズン最後の試合まで支えてくれた全ての皆様、ありがとうございました。チームの力になるプレーをお見せして、勇気を与えようと僕ができるベストを尽くしました。セレッソ大阪で過ごした日々は僕の宝物です。どこにいてもセレッソ大阪を応援しています。支えてくれたファンの皆さん、そしてスタッフの皆さんに感謝しています。ありがとうございました」 2022.12.01 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪FW山田寛人が仙台で再修行! 今季J1で20試合4ゴール

ベガルタ仙台は30日、セレッソ大阪からFW山田寛人(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、C大阪との全公式戦出場不可となる。 山田はC大阪のアカデミー出身で、2016年からの2種登録期間を経て、2018年に正式昇格。FC琉球や仙台での修行を挟みながら、C大阪でポジション奪取を目指した若きアタッカーで、今季の明治安田生命J1リーグでは20試合に出場して4得点といずれもキャリアハイの数字をマークした。 だが、来季からは2020年2月〜同年12月までを過ごした仙台に戻り、成長を図ることに。次こそJ1昇格との思いを胸に補強が続く仙台を通じて、「ファン、サポーターのみなさま、お久しぶりです」と意気込みを語っている。 「再びベガルタ仙台のユニフォームを着て、プレーできることをとてもうれしく思います。2年前はとても不甲斐ない結果で仙台を去ったことが、とても心残りでした。その時の悔しさを晴らすために、このチームが居るべき場所へ戻ることができるように全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 一方、C大阪を通じてはC大阪復帰後の活躍を夢見て、新天地での成長を誓った。 「セレッソ大阪に帰ってきてからの2年間、たくさんのチャンスをもらいましたが、チームの力になれず申し訳ない気持ちでいます。それでも、自分が点を決めたときにサポーターの皆さんが共に喜んでくれたことが本当に嬉しかったです! その機会をもっと増やすために、頑張ってきます! 応援ありがとうございました」 2022.11.30 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪がDFチアゴと契約満了、昨季はACLベストイレブン、今季は名古屋に期限付き移籍

セレッソ大阪は22日、DFチアゴ(32)の契約満了を発表した。 チアゴはブラジル出身で、2021年にブラジルのセアラーからC大阪に加入。圧倒的なヘディングの強さやミドルシュートを武器に、明治安田生命J1リーグで15試合に出場し4得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合で3得点を記録。ベストイレブンにも選出されていた。 しかし、徐々に出番が減り、小菊昭雄監督の下では構想外に。今シーズンは名古屋へと期限付き移籍すると、名古屋ではJ1で14試合、YBCルヴァンカップでは6試合に出場していた。 チアゴは両クラブを通じてコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「日本でプレーをするチャンスを与えてくれて本当にありがとうございました。短い期間でしたが、セレッソ大阪ではいろんなことを学んでサッカー選手として成長することができました。私のことをずっと支えてくれた全てのサポーターの皆様に心から感謝しています」 ◆名古屋グランパス 「全てのグランパスファミリーの皆さま、この1年間本当にありがとうございました」 「私にとって厳しい1年間でしたが、名古屋グランパスのユニフォームを着ることができて光栄に思っています。これからもグランパスの活躍を心から願っています。ずっと応援しています」 2022.11.22 16:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly