アグエロがシティの歴史に名を刻んだ瞬間、プレミア初優勝を決めた93:20の熱狂

2021.12.16 19:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日に行われた会見で不整脈を理由に33歳で現役を引退することを発表したバルセロナのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ。キャリアを通じて400ゴール以上を決めてきたストライカーが最も多くのゴールを決めたのが、10年間に渡ってプレーしたマンチェスター・シティ時代だ。

2011年夏にアトレティコ・マドリーから加入したアグエロは、デビュー戦となったスウォンジー・シティ戦で2ゴール1アシストの圧巻の活躍を披露。以降は絶対的なエースとして公式戦384試合に出場し、クラブ歴代最多となる257ゴールを記録。4度のプレミアリーグ制覇を含む、通算13個のトロフィー獲得の立役者となり、個人としても2014-15シーズンに自身唯一のリーグ得点王を獲得した。

その257ゴールの中で最も重要だったと言っても過言ではないのが、2011-12シーズンのプレミアリーグ最終節のQPR戦での決勝ゴールだ。

試合前の時点で、マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点84で並んでいたシティだが、残留争いに身を置いていたQPR相手にまさかの苦戦。90分を終えた段階で1点ビハインドの展開となる。

しかし、最後まで諦めないシティはアディショナルタイム2分にMFダビド・シルバの右CKをFWエディン・ジェコが頭で叩き込み、2-2の同点に追いつく。

優勝まであと1点が必要な状況だったが、残り時間もほんとんどないという状況。シティが最後の猛攻を仕掛けると、下がってボールを受けたアグエロがFWマリオ・バロテッリへと縦パス。バロテッリは潰されながらもアグエロへリターンを返すと、そのままボックス右に抜け出したアグエロがニアサイドに右足のシュートを突き刺し、勝ち越しゴールが決まった。

現地実況の「アグエロォォォォォォォ」の絶叫でお馴染みのこのゴール。時計の針は93:20を指しており、その直後にはタイムアップのホイッスルが鳴り、劇的過ぎるプレミアリーグ初優勝となった。

シティ退団時には、このタイトルが最も重要だったと語ったアグエロ。引退会見でも触れていたゴールは、キャリアを通じても思い出深いものとなっているようで、急速に発展を遂げたシティの歴史に名を刻む瞬間だった。

1 2

関連ニュース
thumb

ペップ「ハーランドに太刀打ちできる同世代の選手なんて誰もいない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを特別視した。 シティ入りして間もないが、驚異的なゴールパターンと決定力をもってして怪物ぶりを振り撒くハーランド。公式戦では11試合で17ゴールを決めており、プレミアリーグに限れば8試合で早くも3度のハットトリックをやってのけ、計14ゴールをマークしている。 短期間で新たな環境、戦術に合わせ、そこに自分の色をしっかりと付け足せる能力も特筆されるべき22歳だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督も同世代の選手で括っても、あらゆる面で超越した存在だと感じているようだ。 イギリス『デイリー・メール』が5日にコペンハーゲンをホームに迎え撃ってのチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節に先立っての会見にて、語られたグアルディオラ監督のコメントを伝えている。 「あの年齢では彼に太刀打ちできる選手なんて誰もいない。数字が物語っている。ロッカールームでも、ピッチ上でも、スタッツに表れない部分を見ても、彼がここにいてくれて良かったと感じるよ」 「周囲が素晴らしければ、自然に打ち解けられていくもの。彼は若い選手やスタッフに対して、うまくいっていると、たくさんのジェスチャーでみんなを励ます。単なる点取り屋じゃない。教養もある」 2022.10.05 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはライバルでもリスペクト…ダービー前にシティのクレストを踏まず見事に回避したことが話題

相手にもリスペクトを。サッカーをプレーする上で、この精神を忘れてはいけないと良く言われる。 2日、プレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドが対戦。今シーズン最初のマンチェスター・ダービーが行われた。 しかし、試合は前半からシティが圧倒。ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、イングランド代表FWフィル・フォーデンが揃ってハットトリックの活躍。ユナイテッドも反撃を見せたものの、6-3でシティが大勝していた。 この試合でもう1つ話題となったのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが起用されなかったこと。ベンチスタートとなった中、試合の大勢が決まっていたこともあり、「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった」とエリク・テン・ハグ監督が試合後に起用しなかった理由を明かしていた。 試合に出ても出なくても話題になるC・ロナウドだが、試合前にも話題になる行動を取っていた。 今回はエディハド・スタジアムに乗り込んだユナイテッド。チームバスが到着し、スタジアムに選手たちが入っていくのだが、入り口を入ってすぐの床にはシティのクレストがプリントされている。 C・ロナウドも颯爽とスタジアムに入ろうとする中、ナチュラルにクレストを回避。相手に敬意を示し、踏まないように通り過ぎていったのだ。 チームのクレストを踏まないようにする行為は他の選手も行ってきているが、気にしない選手も多い中でC・ロナウドは当然のように行い、相手のものも踏まないようにしている。全ての相手に対し、リスペクトの気持ちがあるということだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド、ダービー前にシティのクレストを踏まないように回避</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ハーランド、圧巻のパフォーマンスもメッシが上? ペップ「メッシは全て一人でやってのけてしまう」

マンチェスター・シティで大暴れするノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は、かのリオネル・メッシには及ばないと考えているようだ。 今夏のシティ加入から早くもゴールを量産しているハーランド。プレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で移籍後初ハットトリックを達成すると、続く第5節のノッティンガム・フィレスト戦では前半だけで3得点。そして、直近のマンチェスター・ダービーでも圧巻のゴールショーを披露し、リーグ前わずか8試合で3度目のハットトリックを記録した。 形容し難いパフォーマンスでプレミアリーグを席巻する22歳。グアルディオラ監督も脱帽の活躍だが、史上最高のフットボーラーと名高いメッシのレベルには達していないと感じているようだ。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 「違いは…そうだね、アーリングは仲間の助けを必要とするのに対し、メッシにはそれを一人でこなす能力がある」 このコメントには賛否あるようだが、互いに歴史に名を残すスコアラーであることには間違いない。ハーランドはプレミアリーグ史上初めてホームで3試合連続ハットトリックを達成したが、まだまだ多くのレコード破りが期待できそうだ。 2022.10.04 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがサカの契約延長に週給3300万円のオファーか、シティやリバプールが興味

アーセナルがイングランド代表FWブカヨ・サカ(21)に対して、長期契約を結ぶつもりがあるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 サカはアーセナルのアカデミー出身で、2019年7月にファーストチームに昇格した。 これまでファーストチームでは公式戦140試合で24ゴール33アシストを記録。今シーズンも公式戦9試合で1ゴール4アシストを記録している。 イングランド代表としてもプレーし、20試合で4ゴールを記録しているサカ。アーセナルとしては自前の選手と考えても、長期間チームに滞在してもらいたいと考えている。 しかし、高く評価される才能には、マンチェスター・シティやリバプールが興味を持っている状況だ。 サカはアーセナルと2024年までの契約を結んでいるが、チームとの契約延長は結んでいない。ミケル・アルテタ監督も高く評価しており、長期契約を結ぶことに自信を持っている状況だ。 アーセナルの最優先事項はサカとの契約延長に早く同意すること。シティは高給を用意し、トロフィー獲得も高いが、アーセナルは今シーズンはここまで首位を走っており、プレミアリーグで良い戦いができる可能性は高い。 そのアーセナルも、週給20万ポンド(約3300万円)のオファーをサカに出しているとされている。 チームとしての結果を求め、トロフィーの獲得という点では移籍も考える可能性はある。一方で、自身が育ったクラブをプレミアリーグのトップに戻し、チャンピオンズリーグ(CL)に戻ってプレーするという情熱と願望は持っており、オプションとしてCLに出場できなかった場合に退団を認めるオプションを付けることになる可能性もあるという。 いずれにしても、サカがチームを去りたいという考えはないものの、全ては結果次第。アーセナルとしては、好条件だけでなく、チームとして結果を残すことが大事となりそうだ。 2022.10.04 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

シティの至宝フォーデン、契約延長で基本合意済みか

マンチェスター・シティがイングランド代表MFフィル・フォーデン(22)と契約延長に至る見通しのようだ。 シティアカデミー育ちのフォーデン。ジョゼップ・グアルディオラ監督に能力を買われてから、トップチームで早くも通算180試合の出場数を誇り、順調なまでの成長曲線を描く。 先のプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦では宿敵相手にハットトリック。11月に迫るカタール・ワールドカップ(W杯)のイングランド代表入りも確実視される。 そんな22歳は2024年までの現行契約を巡り、以前から延長の動きが噂に。移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者の続報によると、交渉が先進中だという。 シティやフォーデン、そして選手の代理人は先月9月の段階で新たに5年契約の締結で基本合意。肖像権に関する最終的な詳細を残すが、すぐに締結できるよう交渉継続中の模様だ。 2022.10.04 08:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly