「チャンスに対するゴールのパーセンテージを…」首位通過のユベントス、アッレグリ監督は勝利も決定力の低さに言及

2021.12.09 09:57 Thu
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、マルメ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
ユベントスは8日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH最終節でマルメと対戦した。
すでにグループステージ突破が決まっているユベントス。チェルシーとの首位通過を争う中での最終戦となった。

主力選手を温存して臨んだユベントスは18分にモイゼ・ケアンが先制ゴールを記録。終始押し込む試合となったが、ゴールはこの1つに終わり、1-0で勝利。それでも、チェルシーがゼニトと引き分けに終わったことで首位通過を決めた。

アッレグリ監督は試合後にパフォーマンスについて言及。前半は良かったものの、後半はもっとチャンスを生かすべきだったとした。
「今日は結果、そしてグループ1位になることの両方にとって良い夜だった。特に前半は良い試合をした。しかし、後半は生み出したチャンスをより有効に活用すべきだった」

「我々はより多くのゴールを決めることを試みており、ゴール前でよりシニカルにならなければならない」

「できるだけ早く、試合のロックを解除しようとし、対戦相手を高く攻めることを目的としてピッチに立った。試合開始時の選手の態度は好感が持てる」

「しかし、先ほども言ったように、作ったゴールのチャンスに対して、ゴールのパーセンテージを改善する必要がある」

CLでは順調に結果を残している一方で、リーグ戦では5位とまだ出遅れている状況。週末のヴェネツィア戦に向けて、気持ちを切り替える必要があるとした。

「土曜日にはヴェネツィアとの難しい試合が待ち受けており、すぐにトレンドを逆転させることが重要になる。また、メンタル的な側面では、整然とした余裕のある試合をすることが重要だ」

PR
関連ニュース

マルキジオが代理人業に転身、マネージメント会社を設立

元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキジオ氏(38)が代理人業に転身し、マネージメント会社を設立したようだ。イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ユベントスで長らく活躍し、2018年にゼニトで現役を引退したマルキジオ氏。引退後は自身の半生を記した本の出版や、『コリエレ・デッラ・セーラ』のコラムニストとして論評するなど、執筆活動を行っていた。 将来的な古巣ユベントスのフロント入りが期待される中、この度、代理人業を務めるアレッサンドロ・トッチ氏と共に『チルクム』というマネージメント会社を設立したとのこと。 既にバイエルンやインテルの若手有望株の選手を顧客にしているようだ。また、ニューカッスルのドイツ人GKロリス・カリウス(30)の代理人も務めており、セリエAのクラブへの売り込みを行っているという。 ニューカッスルでは第3GKで出場機会のないカリウスだが、マルキジオの売り込みでセリエAへの移籍が実現されるのか注目される。 2024.03.01 23:00 Fri

ポグバの後釜探すユベントス、依然としてコープマイネルスが最有力か…ファーガソンらも選択肢に

ユベントスが夏の補強準備を進めている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 フランス代表MFポール・ポグバとイタリア代表MFニコロ・ファジョーリを不祥事で失うアクシデントに見舞われたものの、セリエAで2位と奮闘しているユベントス。ヨーロッパへの返り咲きが視野に入る中、ドーピング検査で陽性反応が出て、欠場が続くポグバは4年間の出場停止が決定してしまった。 来シーズンに向けて中盤補強を確実にしたいユベントスは、1月の移籍市場でも注目していたアタランタのオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)を依然として獲得リストの最上位に掲げている模様。獲得には移籍金5000万〜5500万ユーロ(約81億4000万〜89億6000万円)に加え、ボーナスも必要と推測されている。 場合によって資金捻出の必要があるユベントスはレンタル先のフロジノーネで評価を高めるU-20アルゼンチン代表の逸材MFマティアス・スーレ(20)の放出もありえるとのこと。本人はヨーロッパ残留を望んでいるようだが、1月にはサウジアラビアのアル・イテハドから3000万ユーロ(約48億9000万円)のオファーが届いていた。 また、コープマイネルスに次いで、ボローニャのスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)も獲得候補に。移籍金はおよそ2500万ユーロ(約40億7000万円)という評価で、ユベントス首脳陣はすでに選手の代理人と接触し、最新情報を得ているという。 ファーガソンに関しては、コープマイネルスの2番手としてだけでなく、6月に契約満了を迎えるフランス代表MFアドリアン・ラビオ(28)の後釜候補としても検討。ラビオが退団する場合、コープマイネルスとファーガソンの両獲りに動く可能性もあるようだ。 その他、アタランタの元U-20ブラジル代表MFエデルソン(24)や、シャフタール・ドネツクのウクライナ代表MFヘオルヒー・スダコフ(21)、ウディネーゼのセルビア代表MFラザール・サマルジッチ(22)、トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)なども選択肢に。今後の活躍次第では、サウサンプトンからレンタルしているU-23アルゼンチン代表MFカルロス・アルカラス(21)の買い取りもありえるようだが、4950万ユーロ(約80億6000万円)と高額なことから、値下げ交渉が必須とみられている。 2024.03.01 19:55 Fri

【セリエA第27節プレビュー】ラツィオvsミラン、ナポリvsユーベのCL出場権争い

前節はミランとアタランタの上位対決が行われ、ミランが優勢としながらもPKによる被弾で引き分け決着となった。そしてインテルが水曜に行われた延期分のアタランタ戦を4-0と快勝して2位ユベントスとの勝ち点差を12に広げている。迎える第27節、8位ラツィオ(勝ち点40)vs3位ミラン(勝ち点53)、9位ナポリ(勝ち点40)vs2位ユベントス(勝ち点57)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い直接対決が行われる。 まずは金曜開催のラツィオvsミラン。ラツィオは前節、フィオレンティーナに1-2で逆転負け。守勢の展開ながらハーフタイム間際に先制に成功したが、後半に2失点し力尽きた。そのラツィオは翌火曜にバイエルンとのCLを控えるため、ミラン戦だけに集中しきれない状況だが、来季のCL出場権獲得のためにも負けられない一戦となる。 対するミランは前節アタランタに優勢のドロー。勝ち切りたい試合内容だったが、引き分けに終わってしまった。そのミランは翌木曜にヨーロッパリーグでスラビア・プラハとの初戦を控えるが、こちらはラツィオ戦に戦力を傾けてくる可能性が高い。3位の座を堅守し、ラツィオを蹴落としたい。 続いて日曜開催のナポリvsユベントス。ナポリは前節カリアリ相手にラストプレー被弾を浴びて低調ドロー。しかし水曜に行われた延期分のサッスオーロ戦ではFWオシムヘンがトリプレッタ、FWクワラツヘリアがドッピエッタと両主軸が大暴れした。昨季のナポリを思わせるような躍動感溢れるプレーでカルツォーナ体制初勝利を飾った中、ユベントス相手にも攻撃が通用するか、真価が問われる。 対するユベントスは前節、フロジノーネ相手にDFルガーニのラストプレー弾で劇的勝利。苦しい状況が続いていたが、5戦ぶりの勝利を手にして悪い流れを断ち切った。中盤の主軸であるMFラビオとMFマッケニーが負傷欠場するのは痛いが、新戦力のMFアルカラスは能力の高さを早くも示しておりスタメン起用でどれだけできるのか注目される。また、ここ7戦で9発と絶好調を維持するヴラホビッチにも引き続き期待が懸かる。 4戦連続4ゴールと無双状態の首位インテル(勝ち点69)は、月曜に12位ジェノア(勝ち点33)と対戦。インテルは前節レッチェ戦をターンオーバーしつう快勝し、水曜に行われたアタランタ戦を主力を投入して4-0と圧勝した。もはや止められる相手が居ない状況の中、5戦連続4ゴールを達成できるかに注目だ。 前節トリノ戦ではDFスモーリングが復帰し、デ・ロッシ体制では初となる3バックでスタートした6位ローマ(勝ち点44)は、11位モンツァ(勝ち点36)と対戦。トリノ戦ではFWディバラのトリプレッタで勝利したローマ。デ・ロッシ体制となって良い流れが続く中、曲者モンツァも退けて5位にまで与えられることが濃厚なCL圏内浮上となるか。 ◆セリエA第27節 ▽3/1(金) 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽3/2(土) 《23:00》 ウディネーゼvsサレルニターナ 《26:00》 モンツァvsローマ 《28:45》 トリノvsフィオレンティーナ ▽3/3(日) 《20:30》 ヴェローナvsサッスオーロ 《23:00》 フロジノーネvsレッチェ エンポリvsカリアリ 《26:00》 アタランタvsボローニャ 《28:45》 ナポリvsユベントス ▽3/4(月) 《28:45》 インテルvsジェノア 2024.03.01 18:00 Fri

「心が張り裂けそう」ドーピング違反で4年間の出場停止処分が下ったポグバが真っ向から否定「故意に摂取したことはない」「控訴するつもりだ」

ユベントスの元フランス代表MFポール・ポグバが、自身に下された出場停止処分に対し真っ向から反論した。 29日、イタリア・アンチドーピング裁決機関(TNA)は反ドーピング裁判所の要請を受け入れ、ポグバの資格剥奪を4年間に決定したことを発表した。 ポグバは、2023年8月20日に行われたセリエA開幕節のウディネーゼ戦で実施されたドーピング検査で陽性反応。 検査では筋肉量の発達に関与する非内因性起源のテストステロン代謝物がポグバから確認されたという。なお、Bサンプルでも陽性反応を示しており、処分は間違いないと見られていた。 そんな中、最も重いと予想されていた4年間の出場停止処分を受けたポグバは自身のインスタグラムを更新。今回の決定に対し反論し、自身が禁止薬物を摂取するようなことはしたことがないとコメント。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えるとした。 「僕は本日、イタリア・アンチドーピング裁決機関(TNA)の決定について知らされたが、その判決は間違っていると信じている」 「僕がプロ選手としてのキャリアの中で築いてきた全てが僕から奪われてしまい、悲しく、ショックを受け、心が張り裂けそうだ」 「法的規制から解放されれば全容が明らかになるだろうが、僕はTNAの規制に抵触するサプリメントを故意に摂取したことはない」 「プロのアスリートとして、僕は禁止薬物を使用して自分のパフォーマンスを向上させるようなことは決してしていないし、これまでプレーしたどのチームでも、あるいは対戦したどのチームでも、仲間のアスリートやサポーターを見下したり、騙したりしたことはない」 「本日発表された決定を受け、僕はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴するつもりだ」 2つのサンプルがどちらも陽性反応を示してしまっているポグバ。故意ではなくとも、何らかの経路で摂取してしまったのであれば、出場停止の処分自体は取り消されない可能性が高く、良くても期間の短縮というところが予想されている。 <span class="paragraph-title">【写真】4年間の出場停止処分を受けたポグバが反論</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C37xmQwPUHL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C37xmQwPUHL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C37xmQwPUHL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.29 23:19 Thu

ドーピング違反のポグバ、4年間の出場停止処分…キャリアも終了か

ユベントスの元フランス代表MFポール・ポグバに対し、4年間の出場停止処分が下されることが決定した。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、イタリア・アンチドーピング裁決機関(TNA)は反ドーピング裁判所の要請を受け入れ、ポグバの資格剥奪を4年間に決定したという。 ポグバは2023年8月20日に行われたセリエA開幕節のウディネーゼ戦で実施されたドーピング検査で陽性反応を示していた。 検査では筋肉量の発達に関与する非内因性起源のテストステロン代謝物がポグバから確認されたという。なお、Bサンプルでも陽性反応を示しており、処分は間違いないと見られていた。 現在30歳のポグバ。およそ2週間後に31歳のバースデーを迎えるが、4年間の出場停止となれば復帰する際には35歳に。ユベントスでのキャリアはもちろんのこと、サッカー選手としてのキャリアも終わるものと予想されている。 ポグバは、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスでプロキャリアを過ごし、フランス代表としても91試合で11ゴールを記録。ワールドカップやセリエAなど多くのタイトルを獲得していた。 2024.02.29 21:10 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly