監督業引退のザッケローニ氏、古巣ユベントスのサッリ前監督とピルロ新監督を語る

2020.09.17 17:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が『TUTTO mercato WEB』のインタビューで古巣ユベントスについて答えている。2010年から4年間、日本代表を率いてアジアカップ優勝やブラジル・ワールドカップ出場に導いたザッケローニ氏。その後は北京国安やUAEの監督を務め、今年7月に監督業からの引退を宣言した。

インタビューでは日本代表監督就任直前に率いていたユベントスの話題に。トリノの監督を最後に3年のブランクを経て、2009-10シーズンの途中に就任。4カ月という短期契約を全うした。

現在はセリエA9連覇という圧倒的強さでイタリア王者に君臨するユベントスだが、昨シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で予想以上の苦戦を強いられた。ザッケローニ氏は同胞の指揮官が苦難があったことに理解しつつ、適切なタイミングではなかったとの見解をを示した。

「監督というのは適切なタイミングで適切なクラブに来る必要がある。彼は指揮官云々ではなく、ただ勝利が当たり前のチームに行った。私は、サッリが最善の選択ではなかったように思う。彼はベストなサポートを受けられなかった。だから妥協するしかなかったのだ。監督が妥協すれば、クリスティアーノ・ロナウドのような選手に頼るしかなくなってしまう」

また、新シーズンから新たにユベントスを指揮することになったアンドレア・ピルロ新監督にも言及。クラブ哲学を基に、ヨーロッパを制覇するための人選であると推測した。

「彼らは他のチームよりも優れており、世論の尊敬を勝ち取りたいと願っている。特にヨーロッパの舞台でさらなる高みを目指すことは最重要課題となっている。そのために監督を変えた」

「我々には重要な哲学がある。それが外国人指揮官を呼ばない理由だ。そして今回はクラブOBに白羽の矢が立った。ユベントスは選手と意見を交換し、それに基づく意思決定をしているのだ」

また、イタリアでの監督復帰の可能性を問われた同氏は、「イタリアでのキャリアは終わったと思っている。アジアで10年もやっているうちに、イタリア人が持っているような熱意を失ってしまったんだ」と答えている。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドは陰性にならずも自己隔離措置は終了か? 試合への復帰は?

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自己隔離を終えるようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 C・ロナウドは、ポルトガル代表の活動中であった13日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示していた。 その後、イタリアへ戻る際にプロトコル違反があったとして調査を受ける可能性があるC・ロナウド。そのまま自己隔離措置が取られているが、症状はこれまで出ていない。 一方で、PCR検査ではまだ陰性反応を示しておらず、18日間の隔離がなされていても試合に出場することは不可能となっている。 しかし、『トゥットスポルト』によれば、ウイルス量が少ない無症状の人は、他人への感染リスクが低いとされており、プロトコルでは21日で自己隔離を終えることが可能となっている。 また、C・ロナウドは火曜日(11月3日)にもトレーニングに戻る可能性があるとのことだ。 なお、ユベントスは11月1日にセリエAでスペツィアと、4日にはチャンピオンズリーグ(CL)でフェレンツヴァローシュと対戦。セリエAでは試合の48時間前、CLでは24時間前に陰性の判定を受ける必要がある。果たして、試合への復帰はいつになるだろうか。 2020.10.30 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベと前指揮官サッリ、契約解消へ 新天地はフィオレンティーナ?

ユベントスとマウリツィオ・サッリ氏(61)が契約解消に近づいているようだ。 昨夏に2022年夏までの契約でユベントスの監督に就任したサッリ。最低条件であるセリエAを制して9連覇こそ達成したが、クラブが切望するチャンピオンズリーグ(CL)でベスト16止まりとなり、敗退翌日に解任された。 その後、アンドレア・ピルロ監督を招へいしたユベントスだが、袂を分かったサッリ氏とはまだ契約を残したまま。しかし、イタリア『スカイ』によると、両者の交渉は進み、30日にも契約解消で完全合意に至る見込みだという。 サッリ氏はユベントスとの契約を解消できれば、国内外を問わず、新天地で指揮可能となる。 なお、『フットボール・イタリア』によると、サッリ氏の行き先はフィオレンティーナになるとみられる。 2020.10.30 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

苦戦続く新生ユベントス、主将キエッリーニが練習復帰

ユベントスは29日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニがトレーニングに復帰したことを発表した。 キエッリーニは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節ディナモ・キエフ戦で先発するも、19分に交代。筋肉に損傷はなかったものの、25日のセリエA第5節ヴェローナ戦、28日のCL第2節バルセロナ戦を欠場していた。 セリエAで2勝2分け、CLで1勝1敗スタートと、ピルロ新監督体制下で思うような試合を見せられていない中、主将の復帰は悪い流れを断ち切るキッカケになるかもしれない。 なお、ユベントスは31日にセリエA第6節スペツィア戦を控える。 2020.10.30 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが投稿で炎上、メッシとの対決お預けでPCR検査に不満

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのSNSでの発言が物議を醸しているようだ。 C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、27日の検査でも三度陽性となっていた。 <div id="cws_ad">◆お預けとなったメッシvsC・ロナウド CL決勝T最後の対戦の結末は?<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4ejNUSmNDUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスは28日にチャンピオンズリーグ(CL)グループG第2節でバルセロナと対戦。C・ロナウドにとってはレアル・マドリーに在籍時にしのぎを削ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの2年半ぶりの対決となるはずだったが、欠場を余儀なくされていた。 自宅で隔離生活を送るC・ロナウドは、自身のインスタグラム(Cristiano)を更新。「気分は良く健康だ。頑張れユベントス」と投稿し、自身を欠くチームへのエールを送っていたが、問題となったのは、その後のコメントだ。C・ロナウドは試合を欠場することへの不満からか、「PCR検査なんてでたらめだ」と付け足していた。 すでに追加部分のコメントは削除されているものの、SNS上では投稿時の画面をスクリーンショットした画像が多く出回っている。 体が元気なのにもかかわらず、ピッチに立つことができない不満はよくわかるものの、今回のC・ロナウドの言動はやや軽率だったかもしれない。 C・ロナウドを欠いたユベントスはバルセロナに0-2で敗戦。両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。 2020.10.29 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣凱旋のピャニッチ「今夜はバルサの方が値した」 ユーベにエールも

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが元戦友たちとの再会を喜び、チームの勝利に満足感を示した。 バルセロナは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でユベントスと対戦。2-0の白星で飾り、グループ2連勝を達成した。 グループG初戦を白星スタートで飾ったチーム同士の一戦を制したバルセロナ。今夏にユベントスから加入したピャニッチもフル出場で古巣撃破に貢献した。 ピャニッチは試合後、イタリア『Mediaset』で「ここに戻って、多くの友人と会えて嬉しいよ」とコメント。古巣撃破で手にした自信を今後の戦いに繋げたいと語った。 「素晴らしい相手との複雑でタフな試合だったが、勝利に値するものだった。前に進む自信に繋がるよ。この勝利を糧にしないとね。強いチーム同士の一戦だったが、今夜はバルサの方がユーベよりも勝利に値した。ピッチのあらゆるエリアでプレーして、もっとゴールを決められたかもだが、満足している」 また、アンドレア・ピルロ新体制の古巣ユベントスにも言及。ここ公式戦2試合で白星から遠ざかるチーム状況にあるユベントスにエールを送っている。 「ユーベにはベストを尽くしてほしい。今季もスクデットを獲得できるよう願っているよ。ユベントスには重要な存在になるであろう才能ある選手がたくさんいるんだからね」 2020.10.29 12:50 Thu
twitterfacebook