メッシが再びの王様超え! キャリア通算得点数を「758」に伸ばしてペレを上回る

2021.12.08 18:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、また1つ王様の記録を超えた。7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節、ホームでのクラブ・ブルージュ戦に先発出場したメッシ。38分には持ち上がってペナルティアーク内から左足でゴール左への完璧なミドルシュートを流し込むと、76分にはPKを沈めてこの日2点目を挙げた。

イギリス『ミラー』などによれば、これでメッシのキャリア通算得点数は「758」に。元ブラジル代表FWペレ氏の公式ゴール数「757」を上回り、歴代最多得点挙げた南米のサッカー選手となったと報じている。
内訳はバルセロナで「672」、アルゼンチン代表で「80」、そして今季から加入したPSGでの「6」ゴールとなっている。

メッシは昨年12月に「1クラブでの公式戦通算得点数」、今年の9月には「南米選手の代表最多得点数」でも、それぞれペレ氏の持つ「643」、「77」を塗り替えていた。

なお、歴代でもマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが持つ「801」ゴールに次ぐ、2位に浮上している。

メッシの最多7度目のバロンドール受賞に異議を唱える者も多かったが、早速結果で示して雑音をかき消すあたりはさすがの役者ぶりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

負傷のムバッペ、CLバイエルン戦1stレグを欠場の可能性…

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、バイエルン戦を欠場する可能性があるという。 1日に行われたリーグ・アン第21節のモンペリエ戦に先発したムバッペ。7分にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが獲得したPKでキッカーを務めたが、蹴り直しを含めて2度のシュートを相手GKに防がれ、絶好の先制機会を逸した。 チームには嫌な流れが漂う中、20分にアクシデント発生。相手のタックルを受けたムバッペが左足のヒザと太ももを痛め、足を引きずりながらピッチを後にすることになった。 フランス『レキップ』によると、この負傷でムバッペは14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のバイエルンとの1stレグ出場に懸念があり、2日に検査を受ける模様。一方、クリストフ・ガルティエ監督は、3-1で勝利した試合後の会見で「キリアンは太ももの裏、ヒザに打撲を負った。今後の様子を見たい」とコメントしている。 今季のCLではグループステージ全6試合に先発し、7ゴール3アシストと圧巻の活躍を残しているムバッペ。ドイツの絶対王者との大一番で欠場となれば、チームにとって大きな痛手となるだろうが、その状態はいかに。 2023.02.02 16:22 Thu
twitterfacebook
thumb

「プロ失格」ツィエク移籍不成立となったPSG、書類不備連続のチェルシーを大非難「最高級のサーカス軍団だ」

モロッコ代表MFハキム・ツィエクの移籍が不成立となった件について、パリ・サンジェルマンがチェルシーへの怒りをあらわにしている。 チェルシー側の書類不備により、移籍完了まで至らなかったツィエクのオペレーション。今冬の移籍市場最終日に駆け込みでPSGがオファーを出したが、チェルシーから送られてきた書類に複数回にわたって不備が見つかり、締め切りに間に合わなかった。 イギリス『サン』の取材に応じたPSG関係者によると、チェルシーは最初、PSGからレンタル移籍に関するメールや電話を無視。最初の連絡から75分後にようやく書類が届いたが、不正確で署名のないものだったという。 何度かのやりとりの末、正しい書類がPSGの元に届いたのは期限から3分後のこと。ツィエクの移籍が登録されたのは締め切り時刻の4分後の11時4分で、フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)の承認を得られなかった。 結局、PSGとツィエクの希望は叶わず大きな失望を味わうことに。PSGはこの一連の混乱を「クラスAサーカス」と表現し、チェルシーへ大きな不満をぶつけている。 「チェルシーのやり方は乱暴で無礼なものだった。それ以外の表現が思いつかない。今、ハキムは嫌われているクラブに戻ることになり、おそらく居場所もないだろう」 「チェルシーは彼のキャリアの6ヶ月を台無しにしてしまった。クラブがこの移籍を軽率に扱ったことは、本当にお粗末な行為だ。チェルシーのやり方には全く失望させられる」 「彼らのようなレベルのクラブとしては受け入れられないことだが、これは現時点での彼らのビジネスのやり方を要約しているようだ」 「これはチェルシーのせいだ、純粋に単純に。プロ失格だ」 2023.02.02 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏のPSG行きが確実視も…インテルのウルトラスはシュクリニアル擁護「彼への恨みはない」

今夏の退団が確実視されるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルについて、インテルのウルトラスは理解を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2017年夏に加入して以降、守備の柱としてチームを支え、2020-21シーズンのスクデット獲得にも多大な貢献を果たしたシュクリニアル。一方で、今夏までとなる契約の延長交渉は破談し、1月の移籍市場で以前より関心を示してきたパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が近づいていた。 しかし、PSGとインテルの間で移籍金に隔たりがあり、結局移籍は実現せず。これにより、シュクリニアルは今夏にインテルをフリーで退団し、PSGへ加入することがほぼ確実となっている。 シーズン終了までインテルでプレーする結果となったシュクリニアルに対しては、ファンから「もうプレーすべきでない」などの声も挙がる中、それに対してクラブのクルヴァ・ノルドは声明を発表。シュクリニアルへの非難は行わないとし、それよりも全力を尽くすチームへのサポートをファンに訴えた。 「シュクリニアルへ恨みはない。クルヴァ・ノルドはシュクリニアルと会談して、彼が退団する理由を聞いた。その結果、我々はインテル退団の決定に対して、いかなる姿勢も示さないと決めた」 「シュクリニアルとの会話は、ダービーの頃に発売される雑誌に掲載される。何が語られたかは、そこで説明する予定だ。そして我々はこれからインテルファンに対して、最高の結果を得るため全員を必要とするチームや、チームに残る選手を尊重するよう呼びかけたい」 2023.02.02 13:26 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエ戦でクラブ最年少ゴール、PSGの16歳新星が喜び語る「もっと決めたい」

パリ・サンジェルマンのU-19フランス代表MFウォーレン・ザイール=エメリが、公式戦初得点の喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 PSGのアカデミー出身であるザイール=エメリは今季からファーストチームへと昇格し、8月に公式戦デビュー。先月15日に行われたリーグ・アン第19節でダブルボランチの一角として公式戦初先発を飾った。 1日に行われた第21節のモンペリエ戦では後半半ばから途中出場。後半アディショナルタイムにモロッコ代表DFアクラフ・ハキミとのワンツーでボックス右に抜け出すと、鋭い右足のシュートをゴール左に突き刺し、これがクラブ最年少記録となる16歳と330日での公式戦初得点となった。 3-1での勝利に大きく貢献したザイール=エメリは試合後のインタビューに応対。さらなる活躍への意欲を語った。 「僕らは一丸となって、本当のチームであることを示したい。全員で努力し、試合に勝ち、3ポイントを獲得するためにベストを尽くさなければならないんだ」 「今日、僕は投入されてから全力でプレーし、仲間たちもベストを尽くしてくれた。勝ち点3を持ち帰ることができて嬉しいよ」 「リーグ・アンで初ゴールを決められてとても幸せだよ。もっともっと得点を決めたいね」 2023.02.02 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

苦しみながらも3試合ぶり白星、PSG指揮官「大事な勝利だった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が、モンペリエ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 1日に行われたリーグ・アン第21節でPSGはモンペリエと対戦。立ち上がり7分に獲得したPKをフランス代表FWキリアン・ムバッペが失敗すると、21分にはそのムバッペが、30分にはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが2人とも負傷退場に追い込まれ、嫌な流れが漂う。 それでも、55分にスペイン代表MFファビアン・ルイスが先制ゴールを奪うと、72分にもアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが追加点を奪取。89分には1点を返されるが、後半アディショナルタイムに生まれたU-19フランス代表MFウォーレン・ザイール=エメリの公式戦初ゴールで再び相手を突き放し、3-1で勝利を収めた。 3試合ぶりの白星を手にして首位を維持したPSG。ガルティエ監督は試合後、苦しみながらも3ポイントを獲得したことを喜んだ。 「試合の立ち上がりは、技術的なミスも少しあり、チームはナーバスになっていたようだった。その後にはムバッペとラモスが負傷でピッチを出なけれならず、少しアンラッキーだった。前半は複雑ではなかったが、とても驚きのある展開になった」 「一方、後半の選手たちは非常に良い反応を示してくれて、試合をコントロールできた。ピッチ上の良いポジションで、攻撃と守備において多くの状況を作り出した」 「勝つことが絶対に必要な中で、今日は大事な勝利だった。この試合では最近のパフォーマンスの悪さに対して、改善を示さなければならなかった」 また、最終盤にクラブ最年少記録となる16歳と330日での公式戦初ゴールを挙げたザイール=エメリに言及。若き“パリの至宝“の活躍を称えた。 「ウォーレンは前節のスタッド・ランス戦で失点に絡んだことで大きく失望していた。将来有望な選手であるにもかかわらず、多くの人が彼を批判していた」 「しかし、あの試合に出場させたことは重要だった。彼は、今日自分の持っているものをすべて発揮してくれた。彼は守備の面だけでなく、技術的なクオリティと攻撃に参加できる能力を持っている。今日はそれを我々に見せてくれた」 2023.02.02 12:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly