不安定なアーセナル…ネビル氏はチームのベテランたちに苦言「本当の意味でのリーダーではない」

2021.12.07 18:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、アーセナルの問題点を指摘した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

アーセナルは今夏の移籍市場で大金を投下し、イングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF冨安健洋、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールらを獲得する大型補強を敢行。3シーズン目を迎えたミケル・アルテタ監督の下で躍進が期待されていた。

しかし、蓋を開けてみるとプレミアリーグ開幕から3連敗。その後は8試合6勝2分けと持ち直したものの、第12節でリバプール相手に0-4の大敗を喫すると、直近ではマンチェスター・ユナイテッドとエバートンに敗れ連敗となっている。

浮き沈みの激しいシーズンを送るアーセナルに対して、ネビル氏は問題点を指摘。若い選手が多いチームにあって、本来チームを引っ張るべきベテラン選手たちがその役割を担えず、リーダーが不在となっていることが要因だと主張した。

「アルテタは不安定だね。良い仕事をしていたかと思うと、その後失敗を重ねてプレッシャーを受けている。彼はこの2つの間を行ったり来たりしていて、その間がない」

「平均年齢の若いチームであることを考えると、オールド・トラフォードやグディソン・パークのような場所でのナイトゲームに対して、1人や2人は経験がない選手もいるだろう」

「私も初めてアンフィールドに行った時のことを覚えているが、観客が盛り上がり、不利な判定もあり大変だった。予想外のことが起こる困難な瞬間を乗り越えるには、経験が必要だ」

「そしてそこには安心感が必要となる。チームの背骨となるような存在が必要なのだ。アーセナルのシニアプレーヤーを見ると、あまりしっかりとしたキャラクターはいない。彼らは本当の意味でのリーダーではないのだろう。だから若い選手が試合中の困難な瞬間を乗り越えられずにいると、他の選手も少しずつ落ち込んでいく」

「これは当然のことだと思う。そこにはたくさんの才能があり、若い選手たちに問題があるのではない。アーセナルのチームとしての問題は、オールド・トラフォードやグディソンで起こる激動の瞬間を乗り越えられる方向性や基準を持っていないことだ。彼らにはそれがない」

また、ネビル氏はエバートン戦でベンチスタートとなったキャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに言及。アルテタ監督との関係を考えても、クラブを退団する可能性はあると予想した。

「この試合の後、オーバメヤンとの問題が出てくると思う。彼はエディ・エンケティアが自分より優先されることを良しとしないだろう。彼は交代で投入されることを嫌がると思う」

「アルテタとオーバメヤンの間には、常にちょっとしたバグがあるね。アルテタは仮にオーバメヤンを売却したお金で他の選手を獲得できるなら、おそらくそうするだろう。そして、オーバメヤンももし移籍ができるようなら、そうするだろうね」


関連ニュース
thumb

アーセナルDFパブロ・マリ、ウディネーゼ移籍決定的に!

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)がウディネーゼに加わるようだ。 2020年1月にフラメンゴからのローン契約で加わり、同年6月に買取オプションが行使されたマリ。だが、出場機会に恵まれないのが実情で、今季もここまで公式戦3試合の出番にとどまり、新戦力のイングランド代表DFベン・ホワイトとDFガブリエウのコンビに後塵を拝している。 そんなマリはブラジルの名門フラメンゴの関心も取り沙汰されたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、南米からの誘いを断り、ヨーロッパでのキャリア続行を決意したという。 そして、マリは今冬のウディネーゼ入りが決まったようだ。先日にレスター・シティと契約を解消した元クロアチア代表DFフィリップ・ベンコビッチ(24)を獲得したウディネーゼだが、アーセナルと今年6月までのレンタルで取引完了。買取オプションはついておらず、今週中にイタリア入りしてメディカルチェックを受ける模様だ。 2022.01.18 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが冨安のバックアップ獲得に動く? 敗れたFAカップで対戦の若手SB

アーセナルがイングランド人DFジェド・スペンス(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 フルアムのアカデミー出身でチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラでプロキャリアをスタートしたスペンスは、184cmの攻撃的な右サイドバック。今シーズンはノッティンガム・フォレストにレンタルで加入し、ここまで公式戦23試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残している。 そのスペンスは先日にアーセナルが0-1の敗戦を喫したFAカップ3回戦で、同クラブのレジェンドであるイアン・ライト氏に激賞される圧巻のパフォーマンスを披露。これがミケル・アルテタ監督の関心を集めたようだ。 そして、アーセナルはジョゼ・モウリーニョ監督がトッテナム時代から獲得に興味を示していたローマ、インテルと競合する形で1000万ポンド(約15億6000万円)前後の値札が付く逸材の争奪戦に参戦する構えのようだ。 ただ、アーセナルが仮に今冬のタイミングで獲得に成功したとしても、スペンスが今シーズン中にアーセナルでプレーする可能性はない。同選手は今シーズンにノッティンガム・フォレストへレンタルする前にミドルズブラでも公式戦に出場しており、“1シーズンに3クラブでプレーできない”というFIFAのルールによって、プレーが認められていない。 とはいえ、ベティスにレンタル移籍中のスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、パフォーマンスの低調さが指摘されるポルトガル代表DFセドリック・スアレスの状況を考えれば、来シーズン以降に向けて日本代表DF冨安健洋のバックアッパーの獲得は必要なところだ。 2022.01.18 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コロナ感染で心臓の問題伝えられたオーバメヤンが状態チェックのためアーセナルに帰還

ガボン代表に招集中のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが、心臓の状態をチェックするため、保有元のアーセナルに帰還することになった。フランス『AFP通信』が報じている。 オーバメヤンは現在、アフリカ・ネーションズカップ参戦のため開催地のカメルーンに滞在中。しかし、大会開幕直前に新型コロナウイルス感染が発覚。その後、一度陰性が確認されてトレーニングに復帰していたが、最新の検査の結果、感染の際の残留物が検出されたため、再びチームから外れることになった。 なお、一部ではオーバメヤンがニースMFマリオ・レミナと共に、心臓の問題が生じているとの報道も出ていたが、その可能性はなく、今回の保有元への早期帰還は、あくまで「さらなる検査」を行うための措置だという。 ガボンのパトリス・ヌヴー監督は17日に行われた公式会見の場で2選手の帰還に関して以下のように説明している。 「ピエール=エメリク(・オーバメヤン)とマリオ(・レミナ)が抱えている医療問題を考慮し、医師、連盟会長、プレーヤーたちの合意のもと、彼らを所属クラブに戻し、そこでケアしてもらうという賢明な決断を下した」 「心臓の問題に関して心配する大きな原因はないが、我々は炎症を引き起こした残留物によってどのようなダメージが与えられるかを適切に分析する立場にはない」 「リスクを冒すことはできないし、心理的にもずっと部屋にこもるのは耐え難くなってきた。だから日曜日に話し合って、彼らを家に帰すことにしたんだ」 アーセナルで規律違反によるキャプテンはく奪、実質トップチーム追放処分を科されているオーバメヤンは、今冬の退団が既定路線と見られていたが、今回の健康上のリスク発覚を受け、残留の可能性が高まっている。 2022.01.17 23:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが物議醸すNLダービー延期に怒りの声明 「申請が承認されたことに非常に驚いている」

トッテナムが16日にホームで開催予定だったプレミアリーグ第22節のアーセナル戦の開催延期を受け、怒りの公式声明を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を申請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその申請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由は、クラブのマネジメントの問題による部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の申請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも申請を受け入れる決断を下した。 この物議を醸す決定を受け、コロナ禍において開催延期を申請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至と見られていた。 そういった中、試合前日のタイミングで急遽延期を強いられたトッテナムは、今回のプレミアリーグの決定に対して怒りの声明を発表した。 「日曜日のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは、残念ながら延期となりましたのでお知らせします」 「これは、アーセナルがプレミアリーグに対して、新型コロナウイルス、既存および最近の負傷、アフリカ・ネーションズカップで国際任務に就いているプレーヤーなどの組み合わせで延期を申請したことを受けたものです」 「我々は、この申請が承認されたことに非常に驚いています」 「我々自身は、コロナウイルス陽性者の人数が多いため試合の日程を変更する必要が生じ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグから敗退となりました。その際、レスターとの対戦を変更するための申請は承認されず、その後レスターの申請により延期されました」 「このガイダンスの本来の意図は、コロナウイルスのケースによって直接影響を受けたプレーヤーの出場機会に対処することであり、その結果、選手層が薄くなり、負傷者と合わせると、クラブがチームを編成できなくなることにあります」 「我々としてはコロナウイルスとは関係のないプレーヤーの可用性に対処することが意図されたとは考えていません」 「そして我々は今、このルールの意図しない結果を目の当たりにしているのかもしれません。このルールの適用について、明確さと一貫性を持たせることが重要です」 「またもや、我々のファンは容認できないほど短時間で計画が中断されるのを目の当たりにしています。また、容認できない廃棄物(フードロス)を出さないため、再び地元のフードバンクに食料を届けることにします。同時に遠方から来られるファンの方々には、本当に申し訳なく思っています」 2022.01.16 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、アーセナル要請受け入れ16日のトッテナムとのNLダービー延期を発表

プレミアリーグは15日、16日に開催予定だった第22節のトッテナムvsアーセナルの開催延期を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を要請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその要請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由はクラブのマネジメントによる部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の要請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも要請を受け入れる決断を下した。 現在、トッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグ敗退に伴い、両クラブは今後ヨーロッパコンペティションの戦いがなく、ミッドウィークに代替日程を組みやすい状況。 だが、コロナ禍において開催延期を要請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至だ。 2022.01.16 00:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly