「動き出しが完璧なんよ」“ワンタッチゴーラー” 古橋亨梧のゴールをファン絶賛「オフザボールの動き」

2021.12.03 20:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは2日、スコティッシュ・プレミアシップ第16節でホームにハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)を迎えた。日本代表FW古橋亨梧のゴールを呼び込む動き出しが称賛を浴びている。古橋が3トップの中央で先発したリーグ3位との上位対決。試合が動いたのは33分だった。

セルティックが相手陣内でボールを回し、MFトム・ロギッチがボックス右端でボールを持つと、右サイドバックのDFアンソニー・ラルストンがオーバーラップ。ロギッチのパスをダイレクトで折り返すと、相手DFの背後を取った古橋がワンタッチでゴールに流し込んだ。

一瞬の動き出しからゴールを奪った古橋。ファンも「まさに古橋ってゴール」、「ワンタッチゴーラー」、「動き出しが完璧なんよ」、「オフザボールの動きがすき」、「入り方素晴らしい」と絶賛だった。

古橋がオフサイドではないかという指摘もあったものの、スコットランドではVARが未導入ということもありゴールは認められると、これが決勝点となり、セルティックはリーグ3連勝を飾った。

古橋はこれで早くも今シーズン14ゴール目。リーグ戦でもトップに並ぶ8ゴール目となったが、その多くがワンタッチでのゴールになっている。

1 2

関連ニュース
thumb

「日本人でもこんなシュート打てるんだ」セルティック旗手の“ほぼ”無回転ミドルに驚愕の声「まさに弾丸!!」

セルティックの日本代表MF旗手怜央が待望の移籍後初ゴールをゴラッソで決めた。 今冬に川崎フロンターレからセルティックへと移籍した旗手は、デビュー戦となったスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチの活躍。現地のファンを沸かせた。 そして、26日の第23節ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)戦にも左のインサイドハーフで先発起用されると、再びその期待に応える。 27分、味方が敵陣でボールを奪うと、こぼれ球を拾った旗手が中央をドリブルで持ち上がり、バイタルエリアで右足一閃。ほぼ無回転の強烈なミドルシュートが相手GKクレイグ・ゴードンを襲い、そのままネットに突き刺さった。 旗手の見事なシュートシーンには、「日本人でもこんなシュート打てるんだ」、「まさに弾丸!!」、「朝からスカっとするゴール!」、「シュートスピードがイブラヒモビッチ」とファンも驚くばかりだった。 旗手は、セルティックの2点目のシーンでも起点となると、90分までプレー。チームの2-1の勝利に大きく貢献。現地メディアの採点でもチーム最高評価を受けるなど、素晴らしい活躍を見せている。 <span class="paragraph-title">【動画】日本人離れした旗手怜央の無回転ミドルを改めてチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHAT. A. STRIKE. <a href="https://twitter.com/CelticFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@CelticFC</a>&#39;s Reo Hatate HIT that <a href="https://t.co/Uf0B6FIVox">pic.twitter.com/Uf0B6FIVox</a></p>&mdash; CBS Sports Golazo (@CBSSportsGolazo) <a href="https://twitter.com/CBSSportsGolazo/status/1486433634022162433?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.27 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉がデビュー戦で9分に早速ゴール!恩師のもとでいきなり活躍

3.リーガ(ドイツ3部)のマクデブルクに所属するMF伊藤達哉が移籍後初ゴールを決めた。 柏レイソルの下部組織出身の伊藤はハンブルガーSVを経て、2019年夏にシント=トロイデン入り。しかし、満足な出場機会を得られておらず、この冬にマクデブルクへのレンタル移籍が決定。ハンブルガーSV時代の恩師であるクリスティアン・ティッツ監督のもとで再起を図る。 伊藤は26日に行われた3.リーガ第23節のデュイスブルク戦に左サイドで早速先発すると、9分に右サイドからの味方の折り返しに合わせ、見事な先制ゴールをマーク。ティッツ監督もサムズアップで喜ぶと、伊藤もベンチを指さしてゴールを喜んだ。 試合は27分にデュイスブルクが退場者を出したことで一方的な展開に。前半のうちに3-0とリードを広げると、伊藤を含む3選手がハーフタイムに交代。試合は5-0でマクデブルクが勝利した。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤達哉のデビュー戦ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gz6rBpCiY5s";var video_start = 1510;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.27 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

デュエルマイスター・遠藤航が“秘密兵器”をカスタマイズ、日の丸入りのW杯予選仕様に

日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)がワールドカップ(W杯)予選に向け、武器を新調したようだ。 1月27日、2月1日に行われるカタール・W杯アジア最終予選のメンバーに選出されている遠藤。吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)を負傷で欠く中、キャプテンにも指名され、チームの中心として大きな期待が寄せられている。 遠藤の魅力と言えば、やはり対人守備の強さだろう。今季のブンデスリーガでもデュエル勝利数で2位を記録しており、日本代表でもネガティブトランジションの反応や球際の強さが際立っている。 パフォーマンスの向上に一役買っているのがマウスピース。機能面のみならず「ファイターらしく見える」と自身も語るなど、トレードマークの1つとなりつつある。 遠藤のマウスピースを手掛けるシュツットガルト在住の歯科医師・宮川順充氏は「今週のW杯予選用スプリント」と題してインスタグラムを更新。今回の最終予選に備えて微調整したマウスピースを公開した。 サムライブルーを基調としたマウスピースには、自らの署名と遠藤のネームを記載。さらには日の丸や試合日も刻まれており、この2試合に懸ける想いが伝わってくる。 現在、W杯予選6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。ホームでの2連勝を飾るためには、遠藤の奮起が欠かせない。 <span class="paragraph-title">【写真】最終予選仕様、日の丸入りの遠藤のマウスピース</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yukimitsu Miyakawa(@dr.ymwataruproject)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.27 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこMF杉田妃和、アメリカ・ポートランドへの移籍が決定「新しい場所で挑戦したい」

ポートランド・ソーンズFCは27日、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンMF杉田妃和(24)を完全移籍で獲得したと発表した。 契約期間は3年間。ビザと国際移籍証明書の取得後、正式契約となる。 杉田は藤枝順心高校から2015年にINAC神戸レオネッサ入り。ボランチや攻撃的MFとしてなでしこリーグでは93試合に出場し、16得点。今季は最前線でも起用されるなど、WEリーグでは9試合1得点という記録を残している。 高校1年時からU-17女子日本代表に招集され、2012年のアゼルバイジャンU-17女子ワールドカップ(W杯)に出場。2014年のコスタリカU-17女子W杯では高倉麻子監督率いるチームでキャプテンを務め、日本を優勝に導くとともに、大会MVPにも選出された。2016年のパプアニューギニア・U-20W杯にも参加し3位。杉田自身はこの大会でもMVPを獲得している。 2018年8月にフル代表デビューを果たし、2019年フランス・女子W杯や2021年の東京オリンピックにも出場。代表では通算27試合に出場し、2得点を挙げている。なお、現在行われている女子アジアカップのメンバーには招集されていない。 アメリカ・NWSLに属するポートランド・ソーンズは、2021年はレギュラーシーズンで1位(プレーオフでは準決勝敗退)、カップ戦でも優勝を達成。メンバーにはカナダ女子代表クリスティン・シンクレアらを擁している。 杉田は両クラブを通じてコメント。これまでとは異なる角度でサッカーを楽しみ追及したいとの思いから、移籍を決断したと語っている。 ◆ポートランド・ソーンズFC 「ポートランドの皆さんこんにちは、妃和です。日本のINAC神戸から来ました。加入できてわくわくしています。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています」 ◆INAC神戸レオネッサ 「シーズンの途中ではありますが、移籍することを決めました」 「この6年間は試合に出ることの難しさからはじまり、年を重ねるごとに色々な課題に取り組むことでサッカーをする自分と向き合うことができました。その中で私が感じたことはサッカーの楽しさを違う角度で追求したいという強い思いでした。プレーすることは常に楽しいですが、勝つこと、戦うこと、真剣になれること、そういった思いを新しい場所で挑戦したいと思い決断しました」 「私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には心から感謝しています。いまの私があるのは、INAC神戸で成長させてもらったからにほかなりません。素晴らしい環境でサッカーができたこと、どんなときでも温かく応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「日頃より応援してくださっている方々には急な報告となってしまいましたが、これからもINAC神戸の応援をよろしくお願いします。それでは、いってきます!!」 <span class="paragraph-title">【動画】移籍に際しての杉田妃和からのメッセージ動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/hina_0_8_2?ref_src=twsrc%5Etfw">@hina_0_8_2</a> can’t wait to meet you, Rose City! <a href="https://twitter.com/hashtag/BAONPDX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BAONPDX</a> <a href="https://t.co/9i3MRHcDJI">pic.twitter.com/9i3MRHcDJI</a></p>&mdash; Portland Thorns FC (@ThornsFC) <a href="https://twitter.com/ThornsFC/status/1486478765530046464?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.27 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

本人も「クール」と絶賛! トゥールーズが日の丸バックのオナイウ阿道“壁紙”を作成

トゥールーズが日本代表FWオナイウ阿道の特別な壁紙を作成。本人も反応している。 横浜F・マリノスから昨夏トゥールーズに加入したオナイウは、ここまで開幕から全試合に出場中。一時は4試合連続ゴールをマークしたが、左ウイングにポジションを移してからは苦戦している。 それでも19日のナンシー戦でリーグ戦13試合ぶりのゴールをマークし、ここまでリーグ戦22試合6ゴール、カップ戦4試合で2ゴール2アシストの数字を残している。 トゥールーズの公式ツイッターは26日、ファン向けにオナイウとオーストラリア代表MFデニス・ジェンローのスマートフォン用壁紙を作成。それぞれの国旗をバックにユニフォームを着た2人がポーズを取る写真を投稿した。 日の丸を背にしたオナイウの壁紙には、本人も「クール」と反応。日本のファンも「シンプルにかっけ〜」とコメントを寄せていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表メンバーからは漏れたオナイウだが、FW大迫勇也の後継者問題もある中、壁紙のように再び日の丸を背負ってほしいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥールーズが作成した日の丸バックのオナイウ阿道特製壁紙</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> !<br><br>Un <a href="https://twitter.com/hashtag/WallpaperWednesday?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WallpaperWednesday</a> international avec <a href="https://twitter.com/adouuuu194507?ref_src=twsrc%5Etfw">@adouuuu194507</a> 2022.01.27 12:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly