アトレティコ、守護神オブラクとの契約延長交渉開始へ

2021.12.02 23:59 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーとスロベニア代表GKヤン・オブラク(28)が新契約に向けた交渉を開始するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

2014年にベンフィカから加入して以降、公式戦322試合の出場で通算165回のクリーンシートを記録するなど、ディエゴ・シメオネ監督率いるロヒ・ブランコスの絶対的守護神に君臨するオブラク。

昨シーズンはリーグ年間MVPとなる圧巻の活躍を見せ、悲願のラ・リーガ制覇の立役者の一人となり、通算5度目のサモラ賞(リーグ最優秀GK)も受賞していた。

ただ、2019年に結んだ現行契約は2023年までとなっており、1億2000万ユーロ(約153億円)に設定されている契約解除金が引き抜きを狙うクラブへの抑止力となっているものの、クラブとしては契約延長に向けた動きが必要となっている。

『マルカ』によると、オブラクの代理人を務めるミハ・ムラカル氏は今後数週間以内にマドリードを訪問し、アトレティコと契約延長に向けた話し合いの場を持つ予定だという。

シメオネ監督を含めアトレティコの首脳陣は当然ながら守護神の残留を求めているが、タフなネゴシエーターとして知られるムラカル氏との交渉は一筋縄ではいかない模様だ。

タイトルから遠ざかっていた2019年の交渉時に比べてクラブの状況は良好と言えるが、依然としてプレミアリーグのメガクラブから関心を寄せられていることもあり、金銭面においてシビアな駆け引きが行われるはずだ。


関連ニュース
thumb

アトレティコ、今夏の補強は最小限に! SDが明言「大型契約の波は終わった」

アトレティコ・マドリーでスポーツ・ディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏が、今夏の移籍市場では大型投資を行わないことを明言した。 今シーズンのアトレティコは、ラ・リーガでは4位以内を確定させ、10年連続となるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したものの、そのCLではベスト16、コパ・デル・レイではベスト8と、2シーズンぶりの無冠が決定している。 また、攻撃を支えたFWルイス・スアレスの退団が公となり、MFエクトル・エレーラも今夏にMLSのヒューストン・ダイナモへ旅立つ。加えて2024年までのレンタル契約を結んでいるFWアントワーヌ・グリーズマンも今夏にバルセロナにレンタルバックする可能性も報じられるなど、タイトルに向けて主力級の選手の獲得は必要だと思われる。 ところが、イタリア『カルチョメルカート』の取材に応じたアンドレア・ベルタ氏は、今夏の補強は最小限にとどめる意向であることを明らかに。既存のチームが将来性に富んだ実力のあるチームだと自信を示した。 「大型契約の波は終わった。我々にとって重要なことは、将来性のある選手で構成された、価値のあるこのチームを継続することだ。とりあえず市場が開くのを待とう」 ここ数年で、1億2600万ユーロを投資したFWジョアン・フェリックスをはじめ、7200万ユーロのMFトマ・レマル、6000万ユーロのFWジエゴ・コスタなど、超大型補強を敢行してきたアトレティコ。昨夏もMFロドリゴ・デ・パウル(3500万ユーロ)やFWマテウス・クーニャ(2600万ユーロ)を獲得したが、今年は静かな夏となりそうだ。 2022.05.17 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン屈指の守備的MFブバカル・カマラ、アトレティコ移籍か

アトレティコ・マドリーが、マルセイユのフランス人MFブバカル・カマラ(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『Todofichajes』が報じている。 カマラはマルセイユの下部組織出身で、2016年12月に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのソショー戦でプロデビューを果たした。トップチームに定着したのは2018-19シーズンからだが、高い身体能力を生かしたボール奪取能力や守備範囲の広さ、展開力の高さから、すでにリーグ・アン屈指の守備的MFとして評価を高めている。 センターバックでもプレーできるユーティリティ性が魅力な同選手。以前からビッグクラブから関心が向けられ、一時はマンチェスター・ユナイテッドも目を光らせているという情報も。また、最近ではアストン・ビラも注目していた中、その争奪戦をアトレティコが制する見込みのようだ。 『Todofichajes』は、すでに口頭での合意に達したと報道。カマラは今夏で契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 2022.05.17 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団決定のFWスアレス、インテルが獲得に名乗り

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団することが明らかになったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)に関して、インテルが獲得に動き出したようだ。 スアレスは2020年9月にバルセロナからアトレティコへと完全移籍。2シーズンを過ごした。 これまでアトレティコでは、公式戦82試合で34ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し11ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で7試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから退団の噂があったスアレスだが、ホーム最終節を前にクラブが公式に退団を発表。今夏にフリーで移籍することとなった。 スペイン『Fichajes』によると、攻撃陣を強化したいインテルは、今夏の移籍市場でスアレスの情報を集めているという。 シモーネ・インザーギ監督も経験豊富なストライカーをフリーで迎えることはプラスと考えており、歓迎しているとされている。 一方で、アストン・ビラ、セビージャ、そしてインテル・マイアミなど、多くのクラブがスアレスに興味を持っているとされ、獲得レースは簡単にはいかないとも見られている。 2022.05.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督、退団のスアレスに「強い感謝の気持ち」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が退団選手に感謝を述べた。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコ・マドリーは15日、ラ・リーガ第37節でセビージャと対戦。29分に左CKのチャンスからDFホセ・ヒメネスがヘディングシュートを決めて先制するも、85分に追いつかれ、1-1のまま終了を迎えた。 また、ホーム最終戦となったこの試合のハーフタイムには去就不透明となっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの退団が正式にアナウンス。バルセロナから加入し、昨年のリーグ制覇に大きく貢献したストライカーはすでにヒューストン・ダイナモへの今夏移籍が決まっていたメキシコ代表MFエクトル・エレーラとともに試合終了後のセレモニーで別れの挨拶を行った。 シメオネ監督も試合後、クラブの功労者である両選手について言及。スアレスに向けてはアトレティコでプレーした歴戦のストライカーの名前を挙げながら、その功績を讃えた。 「エクトルは思うようなプレーができなかったにもかかわらず、常にリスペクトの気持ちを忘れずに、向上心を持ち続けてきた」 「スアレスについても、感謝している。彼は試合に出続けるため、自分の競争力を示すためにここへやってきた。そして、彼は我々を助け、我々も彼を助けた。彼の力強さや、決定的なプレーがリーグ優勝をもたらしたのだ」 「今シーズンは思うように出番を得られなかったが、チームのトップスコアラーであり続けている。非凡なプレイヤー、そしてそれ以上に彼という人物に向けて強い感謝の気持ちを持っているし、成功を祈っている。自分が特別だと勘違いしている選手は多いが、彼は正真正銘のクラックだ」 「過去に我々は年齢がネックとなっていた(ダビド・)ビジャを獲得した。彼は素晴らしいシーズンを送って、ああいったタイプの選手が持つリーダーシップを我々に与えてくれた。だから、我々はチャンピオンになれたのだと思う」 「そして、同じくバルセロナからルイスがやってきて、チャンピオンになった。(ジエゴ・)コスタがそうであったように、力強いストライカーは、チームを勝利に導くことができる」 2022.05.16 11:04 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがアトレティコに追いつきCL出場権獲得《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが15日に行われ、1-1で引き分けた。 前節、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した3位アトレティコ(勝ち点67)と、引き分け以上でCL出場権獲得となる4位セビージャ(勝ち点66)の上位対決。 試合は6分、敵陣高い位置でボールを奪った流れからスアレスが決定的なシュートに持ち込んだアトレティコは、続く8分にはFKからヘイニウドが際どいヘディングシュートを放った。 ホームチームが良い入りを見せた中、徐々に押し込む展開を増やしていったセビージャは24分、エン=ネシリがボックス内に侵入して決定的なシュートを浴びせる。 しかし31分、アトレティコがセットプレーから先制した。カラスコの左CKからヒメネスのヘディングシュートが決まった。先制後はアトレティコが試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、ヘスス・ナバスとコロナを投入したセビージャだったが、アトレティコが引き続き主導権を握っていく。 56分にはラファ・ミルを投入したものの、やはりアトレティコがペースを握ると68分にはデ・パウルのミドルシュートでゴールに迫った。 攻めあぐねるセビージャは80分、CKの流れからエン=ネシリのヘディングシュートはわずかに枠を捉えきれず。このまま逃げ切られるかと思われたが、85分に追いついた。CKの流れからオリベル・トーレスの右クロスをエン=ネシリが今度はヘディングシュートを決めきった。 このまま1-1でタイムアップ。引き分けに持ち込んだセビージャが最終節を前にCL出場権を獲得している。 2022.05.16 04:31 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly