「皆さんの友情にあっぱれ」引退する酒本憲幸のホーム最終戦に柿谷曜一朗や乾貴士らセレッソ大阪に関わる面々が集結「ほんまに19年間お疲れさまでした!!」

2021.12.02 11:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪で共に戦った面々が、先輩のホーム最終戦を訪問した。

11月28日、明治安田生命J3リーグ第29節の鹿児島ユナイテッドFCvsAC長野パルセイロの一戦が行われた。

鹿児島でプレーするMF酒本憲幸(37)が今シーズン限りで現役引退を表明。この試合がホームラストマッチとなったが、かつての仲間たちが勢揃いした。

鹿児島の白波スタジアムで行われた一戦。C大阪のMF乾貴士が自身のインスタグラムを更新し、仲間が集合した写真を掲載。今はチームも違う豪華な面々が揃った。

写真には、乾の他、C大阪のDF丸橋祐介、GK松井謙弥の他、名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗、川崎フロンターレのGK丹野研太らが写っており、みんな酒本の顔がプリントされたお揃いのTシャツを着用していた。

乾は写真とともに「みんなでシャケさんのホーム最終戦に行ってきました!!」と報告。「シャケさんにはセレッソに移籍した時からずっとお世話になってた大好きな先輩!引退はほんまに寂しいし、辛いけど、最後まで走ってる姿を見てほんまに凄かったし、鹿児島の選手からもファンからも愛されてるシャケさんを見てかっこよかった。俺もシャケさんみたいに最後まで走り切って、頑張ります!!ほんまに19年間お疲れさまでした!!」とメッセージを寄せている。

この投稿には「皆さんの友情にあっぱれ」、「サプライズゲストありがとうございました」、「豪華メンバーが揃って嬉しくなりました」、「素敵な写真」と豪華な写真にファンが反応した。



1 2

関連ニュース
thumb

鹿児島退団の岩崎知瑳、九州リーグのジェイリースFCに加入

鹿児島ユナイテッドFCは16日、GK岩崎知瑳(27)が九州サッカーリーグのジェイリースFCに加わると発表した。 岩崎は東福岡高校、福岡大学を経て、2017年に鹿児島入り。2019年から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に期限付き移籍して、2020年から鹿児島に復帰した。 だが、鹿児島では出番に恵まれず、昨季も出場なし。昨年12月に契約満了による退団が決定していた。 2022.01.16 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島、ブラジル人DFフォゲッチとの契約満了を発表 「また皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております」

鹿児島ユナイテッドFCは14日、ブラジル人DFフォゲッチ (25)との契約が満了したことを発表した。 フォゲッチことカブラル・コスタ・ウェリントンは母国ブラジルの名門サンパウロ出身であり、3つの国内クラブを経て、2020年に鹿児島へ加入。加入シーズンは4月に左太ももを負傷したこともあり、明治安田生命J3リーグで9試合の出場にとどまった。 今シーズンはJ3リーグ開幕から7試合連続で出場を果たすと、中盤以降は主軸に定着。公式戦22試合に出場して2ゴール3アシストの成績を残したが、チームは目標としていたJ2昇格を逃していた。 契約満了による退団に際して、フォゲッチはクラブを通じてコメントしている。 「鹿児島のファン、サポーターの皆さん、こんにちは! 契約満了となりクラブに別れを告げる事になりました。今まで愛情を持って受け入れてくれて、愛してくれて、いつも応援してくれた皆さんに本当に感謝しています」 「そしてまた皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております。鹿児島で会った全ての皆さんが大好きです。ありがとうございました!」 2022.01.14 15:49 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島DF濱口功聖が九州Lのヴェロスクロノス都農へ期限付き移籍「たくさんの人が僕にとって大きな力に」

鹿児島ユナイテッドFCは13日、DF濱口功聖(23)が九州リーグのヴェロスクロノス都農へ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、濱口は鹿児島との公式戦には出場できない。 濱口は福岡県出身で、アビスパ福岡の下部組織育ち。U-15、U-18と昇格すると鹿屋体育大学へと進学。2020年には鹿児島の特別指定選手となり、2021年に入団した。 プロ1年目となった2021シーズンはリーグ戦での出番はなかったものの、天皇杯で1試合に出場していた。 濱口はクラブを通じてコメントしている。 「ヴェロスクロノス都農に期限付き移籍をさせてもらうことになりました。昨シーズンは、試合に出場することができず、とても辛く苦しいシーズンでした」 「それでもユニフォームやグッズを買ってくださったり、声をかけて応援してると言ってくださったりと、たくさんの人が僕にとって大きな力となっていました。本当にありがとうございます」 「大きく成長した姿でまた皆さんとお会いできるように都農で頑張ってきます。ありがとうございました」 2022.01.13 12:49 Thu
twitterfacebook
thumb

J3鹿児島がキャプテン砂森と契約更新「もう一度僕らはJ2の舞台に行かなければ…」

鹿児島ユナイテッドFCは10日、DF砂森和也(31)の契約更新を発表した。 ジェフユナイテッド千葉のアカデミー出身である砂森は順天堂大学を経て、2013年に日本フットボールリーグ(JFL)のHonda FCに入団。2016年からはカマタマーレ讃岐でプロとしてのキャリアをスタートしたが、出場機会に恵まれず、2018年にアスルクラロ沼津へと移籍した。 2019年からは鹿児島でプレーし、ここまで3シーズンで公式戦94試合に出場し、3得点を記録。主将に就任した昨季は明治安田生命J3リーグで20試合に出場し、1得点を挙げた。 在籍4年目を迎える砂森は、念願のJ2昇格に向けて意気込みを語った。 「鹿児島ユナイテッドFCの関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、報告が遅くなりましたが4年目のシーズンお世話になります。昨シーズンの結果もそうですが、2019シーズンの悔しさを一回も忘れた事は無いしもう一度僕らはJ2の舞台に行かなければいけないと思っています。鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆様と一枚岩になることが大事だと思うので長いシーズンになりますが、みんなで苦楽をともにしながら進んでいきましょう!」 2022.01.10 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島、おこしやす京都ACへ育成型期限付き移籍中のMF石津快の復帰を発表

鹿児島ユナイテッドFCは10日、MF石津快(19)の復帰を発表した。 石津は茨城県出身で、鹿島アントラーズの下部組織出身。ジュニアユース、ユースと昇格し、2021年に鹿児島へと入団した。 プロ1年目の2021シーズンは鹿児島ではリーグ戦の出番がなかったものの、天皇杯では2試合に出場しプロ初ゴールとなる1得点を記録。しかし、8月におこしやす京都ACへと育成型期限付き移籍した。 関西サッカーリーグ1部では2試合に出場していた。 石津はクラブを通じてコメントしている。 「あけましておめでとうございます。この度、鹿児島ユナイテッドに復帰することになりました。去年は思い描いていたシーズンにはならなかったですが、その悔しさを今年は思う存分ぶつけたいと思います」 「チームの目標達成の力になるのはもちろんですが、さらに自分自身もっと成長していかないといけないと思っています。昨シーズンから成長した姿を今年はより多くの方々に白波スタジアムで観てもらいたいと思います」 「どんな時も常に一緒に戦ってください。そして、強いチームを一緒に作っていきましょう!」 2022.01.10 12:19 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly