パンツ一丁のC・ロナウドが登場、メッシも思わず吹いたバロンドール授賞式の演出が波紋「一体なぜ?」

2021.11.30 22:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは欠席した。

今年のバロンドールは、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最多7度目の受賞という形で決着。2位にはリーグ戦41ゴールのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)、3位にはチャンピオンズリーグ(CL)とユーロ2020を制したイタリア代表MFジョルジーニョ(チェルシー)が入った。

C・ロナウドは、4位のフランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)、5位のフランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)に)に次いで6位という結果に。11年ぶりに4位以下となっていた。

そんな中、授賞式では、C・ロナウドの怒りを買ってしまいそうなワンシーンが。式中、プレゼンターを務めていた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏とC・ロナウドがボクサーパンツ一丁になって雑誌の表紙を飾った時の写真が登場したのだ。

ドログバ氏本人は「なぜ?」と困惑し、授賞式に出席していたメッシやレヴァンドフスキらは、大画面に映し出された画像に思わず笑いをこぼしていた。

演出とはいえ、失礼に取られる可能性があるこのシーン。SNS上のファンからも「リスペクトに欠ける」、「一体なぜ?」、「有り得ない」といった反応が寄せられている。



1 2

関連ニュース
thumb

「人権侵害」を受けたカタールW杯に向けた移民労働者は3万人、560億円の補償を求める

今年11月に開幕を迎えるカタール・ワールドカップ(W杯)。予てから労働問題が大きく取り沙汰されている中、国際サッカー連盟(FIFA)が新たな要求を受けたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 過酷な労働環境の中で、スタジアム建設やインフラ整備などの作業が行われていたとされるカタール。国際連合との協議資格をもつ非政府組織(NGO)の「アムネスティ」は、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長に向けて書面を送り、補償基金の設立を要求したという。 会長に送られた手紙には、「全ての労働者が補償されるまで、トーナメントを本当に祝えない」と書かれていたようだ。 カタールでは、7つのスタジアム建設、新たな空港や地下鉄、道路の建設に最大で3万人の移民労働者が従事したという。 「アムネスティ」は他の人権団体やファングループとともに、死亡した労働者や負傷した労働者だけでなく、仕事を確保するために労働者によって搾取された者、賃金の支払いを余儀なくされた労働者の支援のため、FIFAへ基金設立を訴えたようだ。 今回提案された基金の金額は、4億4000万ドル(約563億円)とのこと。これはW杯の賞金の基金と同額になるという。 「アムネスティ」のイギリス最高経営責任者(CEO)であるサチャ・デシュムク氏は、今回の件を訴えた。 「何千人もの移民労働者が搾取され、多くの人がこのW杯を実現可能にするために悲劇的に亡くなった」 「そのため、FAとガレス・サウスゲイトと選手たちが、この革新的な計画を支持し、長く苦しんでいる労働者の家族に切望されている補償の確保を願っている」 「カタールW杯の建設ブーム中に命を落とした労働者を生き返らせたり、現代の奴隷制に相当する状況に置かれた人々の尊厳を回復することはできないが、FIFAの労働者への基金は重要な動きとなる」 一方で、FIFAもこの提案を評価しているとのこと。大会組織委員会と協力し、労働者に報酬を与える方法を検討しているという。 「例えば、採用日償還制度を通じて、FIFAワールドカップとそれ以外の労働者は、2021年12月時点で合計2260万ドル(約29億円)の支払いを受けている。さらに570万ドル(約7億3000万円)が請負業者によって約束されている」 互いの主張があるものの、労働者に対して賃金を払わないということはない様子。ただ、「人権侵害」という目に見えない被害への補償は難しい問題となりそうだ。 2022.05.19 21:13 Thu
twitterfacebook
thumb

国籍偽装疑いのエクアドルは最悪W杯出場権剥奪へ、FIFAが懲戒手続きをスタートと声明

国際サッカー連盟(FIFA)は11日、不正が疑われているエクアドル代表選手についての調査を行うことを発表した。 この件は、チリサッカー連盟(FFC)が声を上げたことに発するもの。エクアドル代表のDFバイロン・カスティージョ(23)が、エクアドル代表選手の資格がないと訴えたものだ。 カスティージョは主軸選手としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の8試合に出場。チームのW杯出場に大きく貢献していた。 しかし、カスティージョは虚偽の出生証明書、虚偽の年齢を使っているとFFCが指摘。国籍を偽っているという異議申し立てをし、エクアドルのW杯出場権剥奪を求めていた。 FIFAは、この件に対して初めて反応。チリの訴えに関して、「FIFAはこの件に関連する懲戒手続きを開始するという決定を下した。エクアドルサッカー連盟、ペルーサッカー連盟には、自らの立場をFIFA懲戒委員会に提出することを求めている」と声明を発表した。 チリは、カスティージョがコロンビア出身であるという証拠を掴んでおり、無資格のまま予選を戦っていたのであれば、エクアドル代表のW杯出場権は剥奪される可能性がある。 なお、カスティージョが出場した全8試合の勝ち点を対戦相手に全て振り分けた場合、5位のペルー、6位のコロンビア、7位のチリの順位でチリが4位になり、出場権を獲得できる可能性が生まれる。 FIFAが正式に調査を行うことになるが、果たしてどのような結論が出るのだろうか。注目が集まる。 2022.05.12 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

世界中で人気のサッカーゲーム『FIFA』シリーズが終了…『EA』が2023年7月に新ゲーム誕生を発表

世界中で人気を誇るサッカービデオゲームの『FIFA』シリーズだが、新作の開発はもう行われないこととなった。『Electronic Arts(EA)』が発表した。 1994年に1作目である「FIFA インターナショナルサッカー」が発売されてからおよそ30年が経過しようとしている中、新たな一歩を踏み出すこととなる。 『EA』は声明で「2023年7月、新時代が始まる - EA SPORTSが送る過去最高に拡張されたFIFA体験 そののちに」とし、『FIFA』シリーズからの別れを発表。ファンへの感謝の気持ちを発表した。 「すべてのフットボールファンに贈る」 「世界最大のフットボールエンターテインメントプラットフォーム - EA SPORTS™ FIFAを築き上げる手助けをしてくださった、1.5億人以上のファンの皆さんを抱えるこの素晴らしいコミュニティにまずは、ありがとう、と言わせてください」 「インタラクティブフットボールのジャンル定義に30年近く携わり、私たちはいま、新しい時代を迎えようとしています」 国際サッカー連盟(FIFA)の公式ライセンスを持ち、プレミアリーグやラ・リーガ、ブンデスリーガなど多くのパートナーとともに作り上げられてきた『FIFA』シリーズだが、イギリス『BBC』によればFIFAとのライセンスのコストが、パートナーシップを破棄する決定がなされた理由の1つだという。 2023年7月からは、「EA Sports FC」というブランドで新たなゲームを開発していくとのこと。「来年、EA SPORTS FCはEA SPORTSが贈る未来のフットボールとなります。スポーツ界300以上に渡るライセンスパートナーとともに、全世界のフットボールファンに代わって、世界のフットボール体験を更なる高みへと進めてまいります」と、意気込みを声明で述べている。 今年の秋に発売される予定の『FIFA 23』が最後の『FIFA』シリーズになる見込み。一方で、FIFAが今後の『FIFA』シリーズを作っていくことになる。 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は声明で「FIFAの名を冠した唯一の本物、本物のゲームは、ゲームプレーヤーとサッカーファンにとって最高のものになると断言できる」とし、「不変なものはFIFAのなであり、それは永遠に残り、最高であり続けるだろう」と、新作に強い意気込みを述べている。 人気を博したゲームが今後どのように変わっていくのか。そして、FIFAが作るゲームはどうなるのか。注目が集まる。 2022.05.11 22:49 Wed
twitterfacebook
thumb

不当解雇で1億2800万円を要求…ナイジェリア代表元監督がFIFAに訴え

ナイジェリア代表の元監督であるゲルノト・ロール氏(68)が、不当解雇を訴え、国際サッカー連盟(FIFA)の手を借りようとしているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 現役時代にバイエルンやボルドーで活躍したドイツ人指揮官のロール監督は、古巣ボルドーやニース、ヤング・ボーイズといったクラブを率いた後、2010年以降はガボン代表や、ニジェール代表、ブルキナファソ代表とアフリカの代表チームの指揮官を歴任。そして、2016年からナイジェリア代表を率いていた。 ナイジェリア代表では通算64試合を指揮し、35勝16分け13敗の戦績。在任期間には2018年ロシア・ワールドカップ本大会出場に導き、2019年のアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)での3位フィニッシュに貢献していた一方で、近年は結果が出ず、2021年12月に解任されていた。 2022年1月から行われたAFCONの直前で解雇されたロール氏。一方で、ナイジェリアサッカー協会(NFF)は契約が残っていた2022年12月までの給与を支払うことには同意していたが、追加の損害賠償を求める訴えをFIFAに行ったようだ。 この件についてNFFの幹部が『BBC』にコメントしている。 「ロール氏だけが、すでにFIFAに提訴されている件についてメディアで話している」 「その問題は我々の法務部門によって処理されており、我々は公式声明を出す前に今週または来週の評決を待っている」 なお、ロール氏は100万ドル(約1億2800万円)の損害賠償を求めているようだ。 2022.04.21 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

サッカー界最大の汚職事件、元FIFA会長&元UEFA会長の裁判が6月に実施

かつて汚職事件により失脚した、ゼップ・ブラッター氏とミシェル・プラティニ氏の裁判の日付が決定した。イギリス『BBC』が報じた。 FIFA(国際サッカー連盟)の元会長であるブラッター氏とUEFA(欧州サッカー連盟)の元会長であるプラティニ氏だが、2011年にブラッター氏からプラティニ氏へ200万スイスフラン()の違法な譲渡があったとされている。 2015年9月に発覚した汚職スキャンダルの“FIFAゲート”の当事者として、ブラッター氏は2015年12月にFIFAの倫理委員会から8年間の追放処分を受けていた。また、この処分には2010年南アフリカ大会と2014年ブラジル大会と2つのワールドカップ(W杯)における多額のボーナス支払いも問題視されている。 一方のプラティニ氏は、金銭の受け取りの他、1998年から2002年の間にブラッター氏の不正行為を幇助したとされている。 起訴されている両名だが、不正行為については完全否定。しかし、その裁判が6月8日から22日の間に行われることが決定した。 両名は詐欺、横領、不誠実な経営管理、及び文書の偽造で起訴されている。 2022.04.13 12:34 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly