何故かメッシにフォーデンのユニフォームを頼んだシティファン、拡散されて本人の目にも届く

2021.11.25 19:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
何事もやってみる価値はあるものだ。マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦に訪れたファンの行動が話題となっている。あの手この手で目当ての選手からユニフォームをもらおうと苦心するサポーターは多い。24日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節シティvsPSGの一戦でも、この試合を観戦に訪れたある若いサポーターがこれまでにない大胆なメッセージボードを掲げる姿が目撃された。

シティのファンと思われるブロンドの少年は、イングランド代表MFフィル・フォーデンのユニフォームが欲しかったようだ。ただ、メッセージはフォーデンに直接充てたものではなく、PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに宛てられたもののようだ。

「メッシ! ぼくのためにフォーデンのシャツを手に入れられないかい?」

世界的なスターであるメッシ本人のシャツを所望するのではなく、フォーデンのシャツをメッシに頼むという異例の行動をとったシティのファン。しかも、この時はユニフォームを手に入れることはできなかったが、後日フォーデン本人からリアクションがくるいう嬉しいサプライズにまで発展した。

目当ての選手本人ではなく、しかもアウェイチームの選手にホーム選手のシャツを頼むという稀有な行動をとった少年。今後はどのような形でユニフォームをねだるファンが現れるのだろうか。

なお、試合は後半早々にFWキリアン・ムバッペのゴールでPSGが先手を取ったが、直後に投入されたFWガブリエウ・ジェズスが1ゴール1アシストの活躍を見せ、シティが逆転勝ち。他会場の結果を含め、シティが首位通過となり、敗れたPSGも2位通過が決定している。

1 2

関連ニュース
thumb

負傷のウォーカーがW杯欠場の可能性…指揮官が説明「離脱期間はまだわからない」

マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーに大舞台に立てない可能性があるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ウォーカーは2日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。しかし、前半終了間際に負傷し、途中交代でピッチを後にしていた。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のコペンハーゲン戦も負傷欠場となった中、ジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後にウォーカーについて言及。期間は不明だが、しばらくの間欠場すると説明した。 「腹部に症状があり、しばらくチームを離れる。期間はわからないし、これ以上何も言えない。医師と話をする必要がある。カルヴァン(・フィリップス)のように復帰できるといいのだが」 「選手にとってワールドカップがどれだけ重要かは分かっているが、正直なところ、今は分からない」 11月末にカタール・ワールドカップ(W杯)も控える中での負傷離脱。32歳の右サイドバックは自身3度目となる世界の大舞台に立てるだろうか。 2022.10.06 16:56 Thu
twitterfacebook
thumb

相手GKも思わず「人間じゃない…」ゴール量産のハーランドに敵も味方も脱帽

マンチェスター・シティでゴールを量産するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。その活躍に敵味方問わず唖然としている模様だ。 今夏のシティ加入から驚異的なペースで得点を重ねるハーランド。プレミアリーグでは初挑戦にもかかわらず8試合で14ゴールを挙げ、ホームでの3試合連続ハットトリックという同リーグ史上初の偉業成し遂げた。 そして、その活躍は欧州でも。5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のコペンハーゲン戦に先発出場したハーランドは、7分に右サイドを持ち上がったDFジョアン・カンセロの折り返しを右足で合わせて、先制点を奪取。 さらに32分には、セットプレーの流れからこぼれ球を押し込んで2点目を記録。先日のマンチェスター・ダービーでのハットトリックに続く鮮烈な活躍を残し、ハーフタイムに交代でピッチを退いた。 試合は5-0で勝利となった中、試合後のインタビューに臨んだMFジャック・グリーリッシュも規格外のハーランドの活躍に驚きを隠せない様子。相手GKも思わず「人間じゃない」と呟いていたようだ。 「正直信じられない。僕もこんなことは人生で初めてだよ。ただただ笑うしかなかったね。どうしてあんな活躍ができるんだろう」 「彼はいつもゴールを奪える場所にいる。一緒にプレーするには楽しいよ。相手のGKも1点目が決まった時、『人間じゃない!』と口にしていたよ。僕もそう思う」 「彼はとても謙虚で、周りからも一目置かれている存在だ。彼が僕らを栄光へと導いてくれることを願っているよ」 これで今季公式戦12試合の出場で19得点としたハーランド。22歳の末恐ろしいストライカーは今後どこまで飛躍するのだろうか。 2022.10.06 15:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「結果以上のパフォーマンス」5発快勝でCL3連勝のグアルディオラ監督が選手たちを称賛

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、コペンハーゲン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、シティはチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でコペンハーゲンをホームに迎えた。 CLではセビージャ、ドルトムントと連勝中のシティ。先週末にはマンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーで6-3と大勝して迎えた試合となった。 試合はホームのシティが圧倒。7分にアーリング・ハーランドがネットを揺らすと32分にもハーランドがゴール。39分にはオウンゴールで追加点を奪い、前半で3点のリードを得る。 ダービーから2試合で5点を決めたハーランドは前半でお役御免。それでも後半には55分にリヤド・マフレズがPKで得点すると、76分にはフリアン・アルバレスがダメ押しゴール。5-0で快勝を収めた。 試合後グアルディオラ監督はコペンハーゲン戦についてコメント。選手たちが見せた素晴らしいパフォーマンスを称え、クラブが見せている成功だと称賛の言葉を並べた。 「今夜、このクラブがここ数年成功を収めてきた理由がわかる」 「ユナイテッド戦の後、我々は謙虚に相手をリスペクトした。これがこのゲームの秘密だ」 「これは仕事に対する姿勢だ。昨日は20分ほどトレーニングしたが、全員が集中し、注意を払っていた」 「これが今シーズンも、その前のシーズンも、3日ごとに異なる選手がそこにいる理由だ」 「これは我々が獲得できる最大のタイトルだ。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、全てを超えて、これが最高だ」 「我々は本当に良いプレーをした。結果以上のパフォーマンスは素晴らしかった」 2022.10.06 09:52 Thu
twitterfacebook
thumb

大量5ゴールでコペンハーゲンに圧勝のシティが3連勝!《CL》

マンチェスター・シティは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でコペンハーゲンとホームで対戦し5-0で圧勝した。 CL2連勝でグループG首位に立つシティは、3日前に行われた宿敵マンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”を6-3と快勝。公式戦4連勝と好調を維持するシティは、その試合から先発を5人変更。デ・ブライネやフォーデン、アケらに代えてマフレズ、アルバレス、負傷明けのラポルテらを先発で起用した。 今大会初勝利を狙うデンマーク王者のコペンハーゲンに対し、立ち上がり攻勢に出るシティは7分、右サイドを持ち上がったカンセロの折り返しをボックス中央のハーランドがダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さった。 幸先良く先制したシティは、12分にもグリーリッシュのパスでゴールエリア左横に抜け出したベルナルド・シウバが決定機を迎えたが、シュートは左ポストを直撃。 さらに19分には、マフレズのマイナスの折り返しからボックス手前でのギュンドアンがシュート。23分には左クロスのこぼれ球をボックス中央で拾ったハーランドにチャンスが訪れたが、共に相手GKの好セーブに阻まれた。 その後もコペンハーゲンを圧倒するシティは、32分にセットプレーの流れから追加点を奪う。右CKのクリアボールをボックス左手前のセルヒオ・ゴメスがボレーシュートで合わせると、GKグラバラの弾いたボールを最後はハーランドがゴールに押し込んだ。 完全に主導権を握ったシティは39分にも、ボックス左まで侵入したグリーリッシュの落としをボックス左手前で受けたセルヒオ・ゴメスがシュート。相手DFにディフレクトしたボールは、ゴール前のクホチョラバに当たるとそのままゴールに吸い込まれた。 迎えた後半、3点をリードするシティはハーランドを下げてパーマーを投入。すると55分、右クロスの競り合いでラポルテがスタメニックに倒され、PKを獲得。このPKをマフレズが確実に決め、後半立ち上がりに4点目を奪取。 大量リードのシティは、57分にカンセロを下げてルイス、66分にベルナルド・シウバを下げてウィルソン=エズブランドと若手を投入。その後は膠着状態が続いたが、76分、ドリブルで持ち上がったグリーリッシュのパスをボックス右で受けたマフレズが縦への仕掛けから折り返しを供給すると、最後はゴール前のアルバレスが流し込んだ。 終始危なげない戦いを続けたシティは、大量5ゴールを記録してCL3連勝を飾った。 2022.10.06 05:54 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨンで不遇のアワール… インテル&アトレティコが来夏のフリー獲得を画策

リヨンの元フランス代表MFフセム・アワール(24)に、アトレティコ・マドリーなどが関心を寄せているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 アワールは今夏、国外へのステップアップを熱望し、アーセナルやユベントスなどを筆頭とした複数クラブからの関心が伝えられた。だが、クラブ間交渉が合意に至ることはなく、最終的にリヨン残留となっていた。 そんな中迎えた今季は、退団の希望した影響もあってか、ほとんど出場機会を与えてもらえず。途中出場から33分間プレーしたリーグ・アン開幕節以降は一度もピッチに立てておらず、契約満了となる今季終了後の退団が確実だという。 フランス屈指の実力者をフリーで獲得できるチャンスとあって、来夏は争奪戦が濃厚。先日のマンチェスター・シティとのリンクに続き、アトレティコとインテルの2クラブも選手側と連絡を取り始めたとのこと。また、以前から移籍先候補として名前が挙がっているセビージャとレアル・ベティスからの関心も続いているようだ。 2022.10.05 21:47 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly