ヘルタとのダービーを制したウニオン・ベルリンが4試合ぶりの白星を飾る!原口は攻守に貢献《ブンデスリーガ》

2021.11.21 04:59 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは20日、ブンデスリーガ第12節でヘルタ・ベルリンと対戦し2-0で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は82分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ外となっている。

リーグ戦3試合勝利のない8位ウニオン(勝ち点17)が、3試合ぶりの勝利を目指すヘルタをホームに迎えた一戦。先日まで日本代表に招集されていた原口は、[3-5-2]のインサイドMFで6試合連続のスタメン出場となった。

ウニオンは立ち上がりの8分、左サイドでボールを受けたジーベルマンがロングパスがM・ダルダイのクリアミスを誘うと、これに反応したアウォニーが冷静にGKとの一対一を制した。

先制したウニオンは、30分にも左CKの流れたボールをボックス右角のトリメルがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。

リードを広げたウニオンは、前半終了間際にピンチを迎える。46分、左クロスを飛び出したGKルセがパンチングするも、セカンドボールをペカリークがヘディングシュート。これはゴールカバーに戻ったクノッヘが掻き出すが、ゴールラインを越えており、ゴールが認められた。

1点差で前半終了かと思われたが、VARによる検証の結果、ゴール直前のピョンテクの抜け出しがオフサイドと判定され、ゴールは取り消し。ウニオンが2点リードで前半を終えた。

後半は立ち上がりから一進一退の攻防に。そんな中、ウニオンは58分に原口のラストパスからボックス左手前のクルーゼが強烈なダイレクトシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。

さらに62分には、クルーゼのパスを受けた原口がボックス右から侵入すると、カットインから左足を振り抜いたが、シュートは相手DFのブロックの弾かれた。

試合を締めにかかるウニオンは、82分に原口とアウォニーを下げてエツナリとベッカーを投入。終盤には発煙筒が投げ込まれるアクデントに見舞われたが、危なげなく試合をクローズしたウニオンが4試合ぶりの白星を飾った。


関連ニュース
thumb

クルーゼのドッペルパックでボルシアMGを下したウニオンが公式戦3連勝!《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは22日、ブンデスリーガ第20節でボルシアMGと対戦し2-1で勝利た。ウニオンのMF原口元気は88分からプレー、遠藤渓太はベンチ外となっている。 公式戦5試合負けなし中の5位ウニオン(勝ち点31)が、12位に沈むボルシアMG(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。3日前に行われたDFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンを下したウニオンはその試合からスタメンを5人変更。原口はベンチスタート、遠藤はベンチ外となっている。 3日前のDFBポカール3回戦でブンデス2部のハノーファーに完敗したボルシアMGに対し、やや押し気味に試合を進めていたウニオンは18分に最初の決定機を創出。右CKからボグルサマーがニアでフリックしたボールがザカリアの左手に当たると、VARのレビューの結果、ハンドと判定されウニオンがPKを獲得。これをクルーゼが冷静にゴール左隅に決めた。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、ウニオンは40分に失点する。エンボロのスルーパスから右サイドを抜け出したJ・ホフマンがマイナスへの折り返しを供給すると、ボックス手前で受けたコネがコントロールショットをゴール右に突き刺した。 1-1で折り返した試合は、ボールポゼッションで上回るボルシアMGが主導権を握る。劣勢の続くウニオンは、70分にボグルサマーとベッカーを下げてベーレンスとエツナリを投入。 しかし、先に決定機を演出したのはボルシアMGだった。77分、エンボロとのワンツーでボックス右深くまで侵入したギンターがすべり込みながらシュート。さらにGKレノウの弾いたボールにネッツが詰めたが、これは枠の上に外れた。 ピンチを凌いだウニオンは84分、右クロスのクリアをボックス手前で拾ったジーベルマンが絶妙なタイミングでスルーパスを供給すると、ボックス左に抜け出したクルーゼのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 勝ち越しに成功したウニオンは、88分にクルーゼとジーベルマンを下げて原口とオチプカ投入で試合を締めにかかる。 結局、試合はクルーゼのドッペルパックでウニオンが勝利し公式戦3連勝。一方、敗れたボルシアMGは公式戦3連敗となった。 2022.01.23 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービーを制したウニオン・ベルリンが8強入り! 室屋欠場のハノーファーはボルシアMGから金星《DFBポカール》

ウニオン・ベルリンは19日、DFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンと対戦し3-2で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は63分からプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 2回戦で3部所属のヴァルトホーフ・マンハイムを下したウニオン・ベルリンが、ヘルタ・ベルリンの本拠地に乗り込んだダービーマッチ。直近のリーグ戦で出番のなかった原口と遠藤は、この試合もベンチスタートとなった。 試合はウニオンが積極的な入りを見せると11分、味方のロングパスで左サイドを抜け出したクルーゼのクロスをボグルサマーが技ありボレーでゴールに流し込んだ。 一進一退の展開が続く中、ウニオンは32分にエツナリのパスで右サイドを抜け出したボグルサマーがボックス右横からクロスを入れると、これがボックス内のシュタルクの手に当たりPKを獲得。しかし、VARによる検証の結果、ボグルサマーのオフサイドを取られ、PKは取り消された。 1点を追うヘルタは、前半終了間際に決定機。46分、ミッテルシュタットのスルーパスでボックス左に抜け出したベルフォディルの折り返しからセルダーがゴールネットを揺らしたが、これはベルフォディルのけ出しがオフサイドと判定され、ゴールは取り消し。ウニオンが1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ウニオンは開始早々に追加点を奪う。50分、ロングボールを最前線でクルーゼが頭でつなぐと、これを拾ったエツナリがボックス右深くまで侵攻し高速クロスを入れると、ブロックに戻ったシュタルクのオウンゴールを誘発した。 リードを広げたウニオンは、54分にR・ケディラのオウンゴールで1点を返されたが、直後の55分にオチプカの左FKからクノッヘがゴールネットを揺らし、再び2点差とした。 その後、ウニオンは63分をエツナリを下げて原口を投入。試合終了間際にヘルタに1点を返されたウニオンだったが、逃げ切りに成功し準々決勝進出を決めた。 また、日本代表DF室屋成の所属するハノーファーvsボルシアMGは、ベイアーの2ゴールなど3点を奪ったハノーファーが3-0で完勝している。なお、室屋はケガのためベンチ入りしなかった。 ◆DFBポカール3回戦 結果 ▽1/19(水) ハノーファー(2部) 3-0 ボルシアMG ライプツィヒ 2-0 ハンザ・ロストック(2部) ホッフェンハイム 1-4 フライブルク ヘルタ・ベルリン 2-3 ウニオン・ベルリン ▽1/18(火) ザンクト・パウリ(2部) 2-1 ドルトムント 1860ミュンヘン(3部) 0-1 カールスルーエ(2部) ボーフム 3-1 マインツ ケルン 1-1(PK:3-4) ハンブルガーSV(2部) 2022.01.20 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のウニオン・ベルリンが好調ホッフェンハイムに逆転勝利!《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは15日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムと対戦し2-1で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は79分からプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦3試合負けなしの7位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)が、7試合負けなしと好調の3位ホッフェンハイム(勝ち点31)をホームに迎えた。ウニオン・ベルリンの原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ホッフェンハイムが先に決定機を迎える。11分、セットプレーの二次攻撃から右サイドでボールを拾ったベブが縦への仕掛けからクロスを供給すると、クリス・リチャーズの折り返しを最後はポッシュがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKルセのファインセーブに阻まれた。 先制の好機を逃したホッフェンハイムだったが、16分に再びチャンスを迎える。自陣からのロングパスを受けたベブがクノッヘとうまく入れ替わると、ボックス右深くまで切り込みクロス。これがブロックに入ったアクポグマに当たると、そのままゴールに吸い込まれた。 先制を許したウニオン・ベルリンは、すぐに反撃に出る。すると直後の17分にプロメルがホッフェンハイムゴールに迫ると、22分にはクルーゼのパスで左サイドを抜け出したオチプカのクロスをボグルサマーが頭で叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、先に決定機を作ったのはアウェイチーム。52分、ラウムのループパスでボックス左に抜け出したクラマリッチがシュートを放ったが、これは枠の上に外れた。 膠着状態が続く中、ウニオン・ベルリンは65分にエツナリを下げてベッカーを投入。すると71分、相手CKのこぼれ球からロングカウンターを仕掛けるとのオチプカの左クロスにベッカーがダイビングヘッドで合わせたが、これはわずかに枠の右にそれた。 さらに73分には、GKルセからのロングフィードをクルーゼがつなぐと、ボックス左から侵入したベッカーの折り返しをボックス内まで上がったクルーゼがシュート。これは相手DFに当たりクロスバーを叩いたが、こぼれ球をプロメルがダイビングヘッドで流し込んだ。 逆転に成功したウニオン・ベルリンは、79分にボグルサマーとハインツを下げて原口とイェッケルを投入。その後、ホッフェンハイムの反撃を受けたが、集中した守りでこれを凌ぎ試合終了。 プロメルの2戦連続弾で逆転したウニオン・ベルリンが好調ホッフェンハイムから貴重な勝ち点3を獲得した。 2022.01.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがウニオンの主力CBフリードリヒを獲得!

ボルシアMGは11日、ウニオン・ベルリンからドイツ人DFマーヴィン・フリードリヒ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年半となる。 ボルシアMGでスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エバール氏は、「ここ数年ベルリンで素晴らしい道を歩み、リーグで最高のドイツ人DFの1人に成長したマーヴィン・フリードリヒをボルシアのバックラインに連れてくることに成功したことを非常に嬉しく思う」と、リーグ屈指のセンターバック獲得に満足感を示している。 シャルケの下部組織出身のフリードリヒは2014–15シーズンにトップチームデビュー。その後、アウグスブルクを経て2017年に当時ブンデスリーガ2部に所属していたウニオンへ加入した。 翌2018-19シーズンに主力として1部昇格に貢献した192cmの屈強なセンターバックは、昨シーズンはリーグ戦全試合に出場すると共に得意のセットプレーから5ゴールを挙げる活躍をみせ、クラブ史上初となるUEFAコンペティション出場(ヨーロッパ・カンファレンスリーグ)をもたらしていた。 なお、ボルシアMGでは長年に渡ってバックラインの主力を担ってきたドイツ代表DFマティアス・ギンターが今季限りで満了する契約を更新しないことを発表。フリードリヒはそのギンターの後釜という位置付けとなる。 2022.01.12 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウニオンのポーランド代表DFプハチがトラブゾンスポルへレンタル移籍

ウニオン・ベルリンは10日、ポーランド代表DFティモテウシュ・プハチ(22)がトルコのトラブゾンスポルにレンタル移籍したことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 プハチは2017年1月に移籍した母国のレフ・ポズナンでプロデビュー。当初は国内クラブへのレンタル移籍を繰り返したが、2019年夏に復帰すると、レギュラーに定着。2シーズンで公式戦81試合に出場し7ゴールを記録した。 この活躍が認められ、2021年の夏に移籍金250万ユーロ(約3億2600万円)でウニオン・ベルリンに加入。しかしウニオンでは、DFニコ・ジーベルマン、DFバスティアン・オチプカとのポジション争いに敗れ、ヨーロッパ・カンファレンス・リーグ7試合の出場にとどまっていた。 なお、現在スュペル・リグ(トルコ1部)で首位に立っているトラブゾンスポルには、スロバキア代表MFマレク・ハムシクやコートジボワール代表FWジェルビーニョらが在籍している。 2022.01.11 00:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly