韓国代表FWソン・フンミンが歴代1位に! 代表通算30ゴール目を記録「誇りに思っている」

2021.11.17 21:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、自身の代表30ゴールを祝った。

韓国代表は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でイラク代表と対戦した。

この試合も左ウイングで先発出場したソン・フンミンは、1ゴールを記録。最終予選3ゴール目を決め、チームも3-0の勝利に貢献していた。

これにより4勝2分けとなった韓国は、グループ2位をキープしている。

この試合で1ゴールを決めたソン・フンミンは、韓国代表として96試合目で30ゴールを達成。29ゴールで並び、モナコやアーセナルでもプレー経験のあるFCソウルFWパク・チュヨンを抜いて歴代単独トップとなった。

韓国代表の歴史に名を刻んだソン・フンミンは、自身のインスタグラムで喜びのコメントを綴った。

「今年最後の試合で大勝をおさめ、僕はこのチームのキャプテンとして誇りに思っている!」

「国のために30ゴール目を決めることができて、とても嬉しい」

100試合出場も間近に迫るソン・フンミン。代表ゴールは



1 2

関連ニュース
thumb

韓国代表メンバー発表! ソン・フンミン不在でJリーグからは2名招集《カタールW杯アジア最終予選》

韓国サッカー協会(KFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた代表メンバーを発表した。 現在4勝2分け無敗でグループAで2位につけている韓国代表。昨年11月に行われた最終予選2試合では、UAE代表とイラク代表相手に2連勝を収めた。 今回は27日にレバノン代表、2月1日にシリア代表と対戦を控えるが、エースのソン・フンミン(トッテナム)やファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)はケガのため招集できず。一方で元ガンバ大阪のファン・ウィジョが3カ月半ぶりに招集されている。 Jリーグからは、柏レイソルのキム・スンギュ、2022年からガンバ大阪に加わったクォン・ギョンウォンが選ばれている。 ◆韓国代表メンバー26名 GK ク・ソンユン(金泉尚武) キム・スンギュ(柏レイソル/日本) ソン・ボムクン(全北現代モータース) チョ・ヒョヌ(蔚山現代) DF カン・サンウ(浦項スティーラース) イ・ヨン(全北現代モータース) キム・ジンス(全北現代モータース) パク・ジス(金泉尚武FC) キム・ヨングォン(蔚山現代) キム・テファン(蔚山現代) ホン・チョル(大邱FC) クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪/日本) キム・ミンジェ(フェネルバフチェ/トルコ) MF キム・ジンギュ(釜山アイパーク) ソン・ミンキュ(全北現代モータース) ペク・スンホ(全北現代モータース) イ・ドンギョン(蔚山現代) イ・ドンジュン(蔚山現代) クォン・チャンフン(金泉尚武FC) チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール) ファン・インボム(ルビン・カザン/ロシア) イ・ジェソン(マインツ/ドイツ) チョン・ウヨン(フライブルク/ドイツ) FW キム・ガンヒ(水原三星ブルーウィングス) チョ・ギュソン(金泉尚武) ファン・ウィジョ(ボルドー/フランス) 2022.01.22 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「愛らしい」ソン・フンミンに手を振ってもらい、大喜びする少女の動画が大反響! 再生数は450万回を突破

憧れの選手に手を振り返してもらえたならば、ファンは嬉しいものだろう。4歳のデリラ・ソープちゃんも例外ではなかった。 12月22日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準々決勝、トッテナムvsウェストハムを観戦しに、スタジアムへと足を運んだソープちゃん。お気に入りの選手は韓国代表FWソン・フンミンだ。 試合前、スタンドの前方でウォーミングアップを見ていると、ついに憧れの選手が目の前までやってきた。懸命に名前を呼び、手を振るソープちゃん。それに気が付くと、ソン・フンミンは小さく手を振り返した。 スターから反応に驚きと喜びを隠し切れないソープちゃんは、お母さんの方を二度見。心温まる一幕にファンからも「とてもかわいい」、「愛らしい」、「よくやったソン」、「朝これを何度も見ました」など声が届けられた。 試合もトッテナムが2-1で勝利し、以降のリーグ戦も2勝1分け。ソープちゃんは嬉しい年末年始を過ごしていることだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ソン・フンミンに手を振り返してもらい、大喜びのソープちゃん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s the little things <br><br>(via <a href="https://twitter.com/demieethorpe?ref_src=twsrc%5Etfw">@demieethorpe</a>) <a href="https://t.co/S1eCGbD0C9">pic.twitter.com/S1eCGbD0C9</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1477361820306489347?ref_src=twsrc%5Etfw">January 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.03 20:28 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国の英雄パク・チソンが古巣QPRに指導者として復帰!

韓国代表のレジェンドがイングランドで指導者キャリアをスタートした。 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のQPRは19日、パク・チソン氏のコーチとしての帰還を発表。同氏は今後、B級ライセンスの一環としてU-16カテゴリーを指導しながら、テクニカルディレクターを務めるクリス・ラムジー氏からノウハウを学ぶという。 パク・チソン氏は京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)やPSV、マンチェスター・ユナイテッドを渡り歩き、2012〜2014年までQPRでプレー。2013年から古巣PSVに戻り、翌年に現役を引退すると、今年1月に全北現代モータースのアドバイザーに就任した。 つい最近、元コートジボワール代表MFのヤヤ・トゥーレ氏も教えを乞うたラムジー氏から指導者教習を受けるパク・チソン氏は「クリスのようなトップチームを携わる人物がユース全体にも関わるのは通常、ありえないこと。本当に素晴らしいことさ」と語った。 また、「クリスのフットボールに対する熱意に驚かされた。とりわけユースレベルに対する熱意がね。クリスは経験豊富で、人の話をよく聞く。意見を耳に入れ、選手に影響を与えるにはどうしたら良いかを考える。だから、指導者としての評判が良いのさ」と続けた。 2021.12.21 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

首位イラン&2位韓国が共に3発快勝! UAEが3位に浮上《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第6節が16日に行われた。 ここまで3勝2分けの無敗でグループ2位に位置する韓国代表(勝ち点11)は、敵地で4位のイラク代表(勝ち点4)と対戦し、3-0で快勝した。 前節のレバノン代表戦をファン・ヒチャンのPKによるゴールで競り勝った韓国は、この試合に向けて柏レイソルに在籍するGKキム・スンギュやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、ソン・フンミンら主力を起用。最前線にはチョ・ゲスンが入った。 立ち上がりから優勢に試合を運ぶ韓国は、サイドを起点に相手を揺さぶりながらソン・フンミンらが枠内へシュートを飛ばしていくが、決定機まであと一歩という状況が続く。 それでも、前半半ば過ぎの33分には左サイドのファン・ヒチャンの中への持ち出しから右へボールを展開すると、深い位置を取ったイ・ヨンが浮き球のクロスを供給。これをボックス左に走り込んだキム・ジンスが体勢を崩しながらもワンタッチで折り返すと、ボックス右でフリーのイ・ジェソンが冷静にゴールネットへ流し込んだ。 1点リードで試合を折り返した韓国は後半もボールの主導権を握って試合をコントロール。だが、なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く。だが、後半半ば過ぎにチョ・ゲスンがボックス内で倒されてPKを獲得。ここでエースのソン・フンミンがキッカーを務める。一度目のPKをきっちり決めたが、味方が先にボックス内に侵入したとの判定で蹴り直しとなるが、2度目のPKもきっちり決めた。 さらに、直後の79分にはカウンターから右サイドのソン・フンミンが鮮やかな仕掛けで長い距離を持ち上がり、ボックス付近で左を並走するファン・ヒチャンへラストパス。ここでファン・ヒチャンは冷静なシュートフェイントから内でフリーのチョン・ウヨンに短く落とすと、チョン・ウヨンの強烈な右足のシュートがゴール左隅へ決まった。 その後、イラクの反撃を無失点で凌ぎ切った韓国が3-0の快勝で連勝を飾っている。 また、4勝1分けで首位に立つイラン代表(勝ち点13)は、敵地で最下位のシリア代表(勝ち点2)と対戦し、3-0で勝利した。 立ち上がりから押し気味に試合を運ぶイランは、早い時間帯の先制点とはならなかったものの、前半半ばから終盤にかけて畳みかける攻めを見せる。 まずは33分、ロングカウンターからアミリの浮き球のフィードに抜け出したアズムンが巧みなファーストタッチでボールを収めてそのままボックス内まで運ぶと、冷静にGKとの一対一を制す。続く42分には左CKの流れから相手のボックス内でのハンドによって得たPKをキッカーのハジサフィが冷静に決めた。 2点リードを得て臨んだ後半はゲームコントロールを優先しつつ、点を取るために前へ出てきたシリアに対してカウンターから3点目を目指す展開に。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたものの、試合終了間際の89分にはカウンターから左サイドを見事な個人技でこじ開けたゴリザデが試合を決定づける3点目を奪った。この結果、敵地で快勝のイランが首位キープに成功している。 なお、3位のレバノン(勝ち点5)と5位のUAE代表(勝ち点3)は、試合終盤のマブフートのPK弾によってUAEが1-0で勝利を収めた。 イラク代表 0-3 韓国代表 【韓国】 イ・ジェソン(33分) ソン・フンミン(75分[PK]) チョン・ウヨン(79分) シリア代表 0-3 イラン代表 【イラン】 アズムン(33分) ハジサフィ(42分[PK]) ゴリザデ(89分) レバノン代表 0-1 UAE代表 【UAE】 マブフート(85分[PK]) 2021.11.17 02:59 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWが南野拓実のライバルになる可能性? リバプール&シティが注目

ウォルバーハンプトンに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(25)の評価が急上昇しているようだ。 今夏RBライプツィヒからレンタル移籍でウォルバーハンプトンへと加入したファン・ヒチャン。初のプレミアリーグ挑戦となったが、ここまで8試合に出場し4ゴールを記録するなど、いきなり結果を残している。 RBライプツィヒでは、公式戦29試合で3ゴール4アシスト。ブンデスリーガでは20試合でノーゴールに終わるなど、ドイツでは輝かなかったが、プレミアでは持ち味を発揮。ウォルバーハンプトンは、来年1月にも完全移籍での獲得を目論んでいるとされている。 しかし、そのファン・ヒチャンに対してはビッグクラブも注目。イギリス『ミラー』によると、リバプールとマンチェスター・シティが関心を示しているようだ。 持ち味の馬力あるプレーはFWとしてだけでなくウイングや中盤でも発揮され、そのパフォーマンスが大きな注目を集める要因となったようだ。 リバプールは、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノ、ジオゴ・ジョタと磐石の4名の攻撃陣が控えているが、カバーできる人員であり、競争をもたらせられると関心を寄せているとのこと。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も同様のようだ。 一方で、ウォルバーハンプトンは買い取りオプションが契約についており、来夏ではなくシーズン途中にも前倒しで完全移籍させようとしているようだ。 ファン・ヒチャンといえば、かつてはザルツブルクに在籍し、リバプールに所属する日本代表MF南野拓実と共に攻撃陣を牽引していた。仮にリバプールに来るとなれば、再びチームメイトになるが、南野にとっても競争が激化することとなる。 一時は今冬の放出も噂された南野だが、このところは中盤で途中出場する機会を得ており、ユルゲン・クロップ監督も高く評価していることは間違いない。冬にライバルが到着するかどうか。ファン・ヒチャンの動向にも注目が集まる。 2021.11.15 13:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly