負傷離脱の大山啓輔の名前が…J2残留の瀬戸際にいる大宮、山形戦でのエントリー手続き不備を謝罪

2021.11.16 17:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大宮アルディージャは16日、選手のエントリー不備について謝罪した。

大宮は14日に、明治安田生命J2リーグ第39節でモンテディオ山形戦を戦った。

熾烈な残留争いをする中、チームは土壇場の被弾で3連敗中。なんとしても勝利が欲しいアウェイゲームだった。

この試合では、大宮が発表したスターティングメンバーには大山啓輔が入っていたが、その後クラブが石川俊輝に訂正していた。

しかし、Jリーグの公式の登録メンバーでは大山のまま。その大山は10月24日に右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、今季中の復帰が無くなったばかりで、プレーすることは不可能だった。

クラブの発表とJリーグ公式の発表が異なるために、大きな混乱を招いたが、最終的には大山のままとなり、18名の登録が17名に。試合は4試合連続で試合終盤に被弾。勝ち試合を引き分けにしていた。

大宮は、クラブのエントリー手続きに不備があったとし、大事な一戦での稚拙なミスを謝罪した。

「11月14日(日)に行われた、2021明治安田生命J2リーグ第39節・モンテディオ山形戦 [14:00キックオフ@NDソフトスタジアム山形] において、試合エントリーに必要な申請手続きの不備により、メンバー17名で試合を迎えざるを得ない状況となりました」

「また、クラブ公式SNS等とJリーグ公式サイト等の発信内容に相違が生じたことで、ファン・サポーターの皆さまをはじめ、多くの皆さまに多大なるご心配をお掛けし、心よりお詫び申し上げます」

「今回の事案をクラブとして重大に受け止め、今後同様の事案が絶対に発生しないよう、クラブ内でしっかりと再発防止に取り組んでまいります」

「あらためまして、ファン・サポーターの皆さま、パートナー企業の皆さま、日頃よりご支援、ご声援をいただいている全ての関係者の皆さまにお詫び申し上げます」

現在大宮は17位に位置。しかし、降格圏の19位ギラヴァンツ北九州との勝ち点差は「1」という状況。残り3試合で残留を掴めるかの瀬戸際にいる。


関連ニュース
thumb

大宮のクラブスタッフが新型コロナウイルスの陽性判定

大宮アルディージャは21日、クラブスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、18日に発熱の症状があり、病院にてPCR検査を実施。20日に陽性判定を受け、自宅で療養しているとのことだ。 なお、保健所の確認により、クラブ内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.01.21 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮MF三門雄大が昨季の最終節で負傷…左ハムストリング肉離れで全治8週間

大宮アルディージャは20日、MF三門雄大の負傷を発表した。 クラブの発表によると、三門は2021シーズンの明治安田生命J2リーグ最終節のでザスパクサツ群馬戦で負傷していたとのことだ。 三門は左ハムストリング肉離れと診断。全治は8週間とのことだ。 三門は2021シーズンの明治安田J2で37試合に出場し2得点。負傷した群馬戦でもチームの2点目を記録し、チームの残留に貢献していた。 2022.01.20 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮のトップチームスタッフが新型コロナ陽性、無症状でその他選手ら関係者は全員陰性

大宮アルディージャは14日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、11日にチームトレーニングに参加も無症状。12日はオフだったが無症状だった。 しかし、13日に練習前に実施した抗原検査で陽性判定。PCR検査でも陽性判定だったとのことだ。 なお、現在は適切な対策のもとで療養中。保健所の指示のもと濃厚接触者の特定等を進めているとのことだ。また、トップチーム選手およびチーム関係者を対象とした抗原検査、PCR検査を実施し、全員が陰性だったという。 2022.01.14 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

J1復帰へ再出発の大宮、選手1名が新型コロナ陽性…始動日の8日の練習後に発熱とノドの痛み

大宮アルディージャは9日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブによると、7日の抗原検査では陰性だった当該選手は、始動日だった8日の練習後に発熱、ノドの痛みの症状があり、9日にPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 当該選手は現在適切な対策のもとで療養しており、クラブ関係者全員のPCR検査を実施し、保健所の指示のもと濃厚接触者の特定等を進めているとのことだ。 2022.01.09 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮一筋14年のDF渡部大輔が相模原に完全移籍、高木琢也監督と再会「優勝して喜びを分かち合いましょう!」

SC相模原は9日、大宮アルディージャを退団していたDF渡部大輔(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 渡部は大宮の生え抜き選手。ジュニアユース、ユースと育ち、FWとして活躍。2008年にトップチームへ昇格した。 2010年に鈴木淳監督によってサイドバックで起用されると、以降はサイドハーフもやりながらサイドバックに定着。近年はチーム事情で左サイドバックも務めることがあった。 大宮一筋で14シーズンプレー。今シーズンはキャプテンに就任しシーズン序盤こそ出場機会があったが、霜田正浩監督就任後にキャプテンから外れることに。中盤以降はメンバー外になることが多く、J2で12試合の出場に終わった。 J1通算122試合3得点、J2通算90試合4得点、リーグカップでは27試合に出場し1得点を記録していた。 相模原は昨シーズン途中から大宮でも指揮した高木琢也監督が就任。再びの共闘となる。 渡部はクラブを通じてコメントしている。 「SC相模原に関わるすべての皆様。はじめまして、渡部大輔と申します。プレーする機会をくださったクラブ関係者の皆様には大変感謝しております」 「SC相模原という素晴らしいクラブ、そして素晴らしいファンサポーターの方々と共に高みを目指していけることがとても楽しみです」 「J3優勝という目標を強く抱き、自分の力を最大限に発揮出来ればと思っております。どうぞよろしくお願い致します。優勝して喜びを分かち合いましょう!」 2022.01.09 12:09 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly