W杯予選敗退決定のボスニア・H、状態が戻らないジェコが一足先にインテルへ帰還

2021.11.14 23:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟(NSBiH)は14日、FWエディン・ジェコが負傷離脱することを発表した。

ジェコは、ミラノ・ダービーで負傷。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に招集を受けていたが、13日に行われたフィンランド代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選を欠場していた。

16日にはウクライナ代表との試合が控えている中、メディカルスタッフはジェコが100%回復する見込みがないと判断。さらに、カタールW杯へ出場するチャンスを逸したため、ウクライナ代表戦を戦う必要がないとし、ミラノへと帰還することになったと発表した。

ジェコは残り1試合を戦うチームメイトに対してコメントしている。

「我々全員が、この敗北、フィンランドに負けるということはとても難しかった。敗北からより早く学び、将来同じ過ちを繰り返さないために、何かを学んだことを願っている」

「努力し続けなければいけないし、能力を信じなければいけない。そして、そうすれば良い結果を残せると確信している」

ジェコはインテルへと戻り、リハビリをするとのこと。深刻なケガではないため、インターナショナル・マッチウィーク後に行われるナポリ戦の復帰を目指すことになるようだ。


関連ニュース
thumb

記憶に残るオシム監督とA3選手権/六川亨の日本サッカーの歩み

日本代表の元監督であるイビチャ・オシム氏が5月1日、80歳の生涯に幕を閉じた。92年のハンス・オフト氏から始まった日本代表の外国人監督のなかで、病に倒れて短命に終わったが、これほど強烈なインパクトと名言の数々を残した監督はオシム氏が最初で最後だろう。 もしも彼が南アW杯を率いていたらどんな戦い方をして、どんな成績を残したのか。きっと胸躍るサッカーを披露したのではないかと思うと残念でならない。 オシム氏が注目を集めたのはジェフユナイテッド市原・千葉の監督に就任し、「ライオンに追われたウサギが逃げ出すときに、肉離れしますか? 準備が足らないのです」とのコメントだろう。 2006年に日本代表の監督に就任した際にも、「日本代表の“日本化"」を宣言した。 具体的には「近い将来、身長の高い選手を見つけることは難しいと思うが、日本はほかのチームにはないものを持っている」として、敏捷性を指摘した。その上で「走るスピード、展開のスピード」を求めた。 またある時は「日本人は間違いなく身体の大きさが欠けている。闘いに耐えられるだけの重さが欠けているのだ。60キロの選手が90キロの選手とぶつかったら、1対1で負けるのは当然である。それを補っていくにはどうしたらよいのか。まずできることは走ることである」と、走ることの重要性と1対1のボディコンタクトを避ける利点を説明した。 それが端的に表われたのが、06年のA3チャンピオンズカップだった。これは日本、韓国、中国のリーグ優勝チームとカップ優勝チームかリーグの準優勝チームの4チームによるカップ戦で、03年から07年まで開催された。 06年は日本で開催され、リーグ優勝のG大阪とナビスコ杯(現ルヴァン杯)優勝のジェフユナイテッド千葉が出場した。すでにオシム氏は代表監督に就任していてチームを離れていたが、千葉は蔚山現代戦で3-2の勝利を収めただけでなく、走力でも蔚山を圧倒。後半の千葉のカウンターに、蔚山の選手は疲労困憊で追いつけないシーンを見た衝撃は今でも忘れられない(優勝は蔚山)。 「フィジカルの韓国、テクニックの日本」というイメージが強かったが、スタミナとスピードでも千葉は蔚山を圧倒したのだった。後にも先にも韓国のチームがスタミナ負けしたシーンはこのときの千葉しか印象にない。まさに「試合中に走り過ぎて死ぬことはありません」を実践した千葉の選手たちだった。 そしてこのA3チャンピオンズカップには後日談もある。オシム監督は初陣となるトリニダード・トバゴ戦の招集メンバーを13人しか発表しなかった。というのも、代表の試合とA3チャンピオンズカップ、さらに鹿島とFC東京の海外遠征が重なったため呼びたい選手を呼べなかったからだ。 「(チームは)全体で20人くらいになるが、13人でも試合はできる。もう少し早く監督になっていれば、この試合は断っていた。(代表の)強化にもクラブ(の海外遠征)にも口出しできない。A3も同じで3つの日程が重なっている。該当チームほど代表候補が多く、代表とクラブの試合がバッティングしたから今回のメンバーになった。今後はこのようなことのないよう、お願いしたい」 いまでは考えられないが、クラブの日程と代表の日程のすりあわせが当時は行われていなかった。そのことに対し、オシム監督は、はっきりと“ダメ出し"をしたのだった。 ほかにも在任期間は1年間とちょっとだったものの、数々のコメントとエピソードには事欠かない。日本代表の監督として、いつまでも“記憶に残る"名監督だったことは間違いないだろう。改めて、心よりご冥福をお祈りします。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.02 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表監督のオシム氏の訃報に森保一監督「オシムさんが日本サッカー界にいた証を残し続けたい」、田嶋会長らも追悼

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、反町康治技術委員長、日本代表の森保一監督が、元日本代表監督のイビチャ・オシム氏の訃報にコメントした。 1日、オシム氏は自宅のあるオーストリアのグラーツで急逝。81歳の誕生日を5日に控える中、息を引き取った。 ユーゴスラビア代表監督や、パルチザン・ベオグラード、パナシナイコス、シュトゥルム・グラーツで指揮を執ったオシム氏は、2003年に千葉の監督に就任。千葉でタイトルを獲得するなど実績を残すと、2006年途中に日本代表監督へと就任した。 2007年に脳梗塞で倒れ、監督を退任することとなったが、日本サッカーへ及ぼした影響は多大なるものがあった。 田嶋氏はオシム監督時代のJFA専務理事、反町氏は2008年の北京オリンピック世代の監督となり、オシム氏の下で日本代表のコーチを務めていた。 そのオシム氏の訃報を受け、3名はJFAを通じてコメントしている。 ◆田嶋幸三会長 「昨晩、オシムさんが亡くなられたとの連絡を受けた。オシムさんには多くの思い出が残っている。ユーゴスラビア代表を率いた1990年のFIFAワールドカップ、ジェフユナイテッド市原・千葉などの監督として素晴らしいチームを作り上げていた。選手たちを掌握する力が素晴らしく、考えて、判断するトレーニングを徹底することによって確実に選手を成長させてくれた」 「日本代表チームの監督に就任してからも多くの選手たちを成長に導いていた。名監督とは、まさにオシムさんのような人だと思う」 「2007年11月16日に倒れられた後、歩けるように、話せるように回復されたのは奇跡的だったかもしれないが、志半ばで監督交代をお伝えしなければならず、オシムさんの無念さを思うと本当につらく、その時のことは忘れることができない」 「監督として成功を収められたグラーツで過ごされていたことを聞いていた。ユーゴスラビア紛争や病などで波乱万丈な人生を送られたかもしれないが、それゆえに説得力のある言葉によってわれわれに影響を与えてくれた。安らかな眠りにつかれますようお祈りします。そして、ありがとうございました」 ◆反町康治 技術委員長 「「お父さん」と呼んでいたまさに日本サッカー界のお父さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りします」 「Jリーグの監督として対峙した時にソリッドな守備とアイデア豊富で常に数的優位を作る流動性のある攻撃を併せ持ったジェフユナイテッド千葉は私にはとても衝撃的でした。また、2005年のJリーグオールスターサッカーで私がEASTチームの監督、オシムさんがコーチで一緒に仕事をさせていただいたのも良い思い出です」 「そして2006年から就任された日本代表監督のオシムさんに、コーチとしてチームに加わった私はよく怒られながら指導したのを思い出します。彼にとって妥協という文字はありませんでした。今でも1番影響を受けた指導者であることは間違いありません」 「一昨年、SAMURAI BLUEがオーストリアのグラーツでパナマとメキシコと親善試合をした際には、近くにいらっしゃるにもかかわらず新型コロナ感染症拡大防止のためにお会いできず、また日本代表のサッカーを見てもらうことができなかったのがとても悔いに残っています。安らかにお休みください「お父さん」」 ◆森保一 日本代表監督 「突然の訃報にふれ、深い悲しみと大きな喪失感を感じています」 「一緒のチームで仕事をする機会はありませんでしたが、オシムさんのサッカーに向けられた情熱、そしてサッカー哲学に大きな刺激をいつも受けていました」 「「日本サッカーの日本化」ということを提言いただき、とても勇気づけられたこと、今もその言葉を胸に日々サッカーと向き合っています」 「私も日本代表監督として、オシムさんが遺してくれたものをしっかりと受け継ぎ、そして未来へと繋ぐことでオシムさんが日本サッカー界にいた証を残し続けたいと思います」 「今までありがとうございました。安らかにお休みください」 2022.05.02 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

“オシム失言”の川淵三郎元会長が当時を回想しオシム氏の急逝を偲ぶ「日本サッカーにとって大きな名誉」

Jリーグの初代チェアマンであり、日本サッカー協会(JFA)の元会長で、現在は相談役でもある川淵三郎氏が、元日本代表監督のイビチャ・オシム氏の訃報にコメントした。 1日、オシム氏は自宅のあるオーストリアのグラーツで急逝。81歳の誕生日を5日に控える中、息を引き取った。 ユーゴスラビア代表監督や、パルチザン・ベオグラード、パナシナイコス、シュトゥルム・グラーツで指揮を執ったオシム氏は、2003年に千葉の監督に就任。千葉でタイトルを獲得するなど実績を残すと、2006年途中に日本代表監督へと就任した。 2007年に脳梗塞で倒れ、監督を退任することとなったが、日本サッカーへ及ぼした影響は多大なるものがあった。 オシム氏が日本代表監督に就任した際のJFAの会長であった川淵氏は、今回の訃報に際してコメント。当時を思い出しながら、深い縁を語った。 「オシム元日本代表監督の訃報に接し、心から哀悼の意を表します。オシムさんとの最初の思い出は、大阪の長居陸上競技場で行われた東京オリンピック5・6位決定戦「大阪トーナメント」。相手のユーゴスラビアに長身ですらっとしていて、非常にうまいセンターフォワードの選手がいたのを印象深く覚えていて、後になってオシムさんだったということを知った。素晴らしい選手だったから印象に残っているということはあるけれど、その人が42年後に日本代表を指揮したということは、やはり縁があったのかと思う」 「最も思い出深いのは、僕の“オシム失言”とオシムさんが脳梗塞で倒れた時。大きな期待を受けて出場したFIFAワールドカップドイツでグループステージ敗退となり、とにもかくにも日本のファンに謝りたいと思って記者会見に臨んだ僕は、質疑応答に入ったところでうっかり「オシム」と口にしてしまい、大きな非難を浴びた。その失言によって代表監督を引き受けてくれなくなるかもしれないと心配したが、オシムさんは「会長がそんなことでいちいち謝ることはない」ととがめることもせず、引き受けてくれた。常に僕の立場を慮ってくれる人だった」 「2007年11月にオシムさんが倒れたという一報を聞いた時は本当にショックで、毎日祈るような気持ちだった。ドクターらの献身的な働きによって何とか一命をとりとめ、ようやく面会できることになり病院に伺うと、リハビリが終わろうとしているところだった。その時の僕への第一声は「こんなに(リハビリで)痛めつけられて『ありがとう』と言わなきゃいけないのは承服できない」。その時のいたずらっぽい笑顔が忘れられない」 「チームに対して献身的なプレーをする選手を重用し、含蓄ある言葉でチームに大切なことを教えてくれた。ジェフユナイテッド千葉に「オシムイズム」を浸透させ、多くの日本代表を送り出す強いチームに成長させた。Jリーグ各クラブにとって「オシムイズム」をもう一度、思い起こす時なのではないだろうか。オシムさんの教えをもう一度思い出し、強い日本サッカーをつくってほしいと思う」 「イビチャ・オシムという偉大なる人物にジェフユナイテッド千葉、そして日本代表を指揮してもらえたことは日本サッカーにとって大きな名誉だと思う。心から哀悼の意を表します」 2022.05.02 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

5日後には誕生日…古巣の会長がオシム氏の死を悼む「最も偉大な人物の1人」「サッカーをはるかに超えた影響力を持つ」

1日に急逝した元日本代表監督のイビチャ・オシム氏。かつて指揮を執ったシュトゥルム・グラーツが急逝を伝えた。 現在のボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで生まれたオシム氏は、現役時代はユーゴスラビアやフランスでプレー。ユーゴスラビア代表としても活躍した。 引退後は指導者の道を歩み、古巣のジェリェズニチャルでコーチとして指導者の道をスタート。その後は、ファーストチームの監督や、ユーゴスラビア代表監督にも就任した。 1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)ではユーゴスラビア代表を率いてベスト8に進出。ドラガン・ストイコビッチやデヤン・サビチェビッチら有望な選手を抱えていた。 しかし、その後にユーゴスラビアが分裂。ギリシャのパナシナイコスやオーストリアのシュトゥルム・グラーツの監督を務めると、その後はジェフユナイテッド市原の監督に就任。その後、日本代表を指揮したものの、脳梗塞で倒れ、その後は指揮を執っていなかった。 オシム氏は5月6日に81歳の誕生日を迎えるところ。クラブも今年のお祝いを考えていたところ、急逝が伝えられたという。 シュトゥルム・グラーツのクリスティアン・ヤウク会長が、オシム氏の死を偲んだ。 「世紀の監督が、ちょうどクラブの創設日に亡くなった。イビチャ・オシムは偉大な監督であるだけでなく、私が出会うことができた最も偉大な人物の1人である」 「彼は我々のクラブの最大のアイコンであり、一緒に過ごした多くの時間を決して忘れることはないだろう」 「彼はサッカーをはるかに超えた影響力を持ち、その言葉は永遠に我々の心に響くことでしょう」 「シュトゥルムのファミリーは、我々の中に生きていた最も重要な人物の1人を失いました」 「奥様、お子様、ご家族の皆様に、深くお悔やみ申し上げます。安らかにお眠りください」 2022.05.02 05:28 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が80歳で急逝…1日の朝にオーストリアで息を引き取る

かつて日本代表の監督も務めたイビチャ・オシム氏が、1日に急逝した。80歳だった。ボスニア・ヘルツェゴビナ『klix』など、複数メディアが伝えている。 現在のボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで生まれたオシム氏は、現役時代はユーゴスラビアやフランスでプレー。ユーゴスラビア代表としても活躍した。 引退後は指導者の道を歩み、古巣のジェリェズニチャルでコーチとして指導者の道をスタート。その後は、ファーストチームの監督や、ユーゴスラビア代表監督にも就任した。 1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)ではユーゴスラビア代表を率いてベスト8に進出。ドラガン・ストイコビッチやデヤン・サビチェビッチら有望な選手を抱えていた。 しかし、その後にユーゴスラビアが分裂。ギリシャのパナシナイコスやオーストリアのシュトゥルム・グラーツの監督などを務める。 すると2003年、ジェフユナイテッド市原の監督に就任。Jリーグで指揮を執とると、2005年にはナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)で優勝。2006年に日本代表監督に就任した。 2010年の南アフリカW杯を目指すチームを率いたが、2007年11月に自宅にて脳梗塞で倒れ入院。危篤状態となったが、一命を取り留めるも、岡田武史氏にバトンを引き継ぎ、監督業はその後は行わなくなった。 報道によれば、オシム氏は1日の午前10時ごろにオーストリアのグラーツで息を引き取ったという。 2022.05.01 23:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly