セビージャがクンデ後釜としてフランクフルトDFに関心か

2021.11.13 23:34 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャがフランス代表DFジュール・クンデ(23)の後釜候補として、フランクフルトのフランス人DFエヴァン・エンディカ(22)に興味を示しているようだ。『GET FOOTBALL NEWS FRANCE』が伝えている。

セビージャは今夏の移籍市場でクンデ慰留に成功したものの、依然としてチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーといったメガクラブから関心を集めており、今冬あるいは来夏の流出は濃厚と見られている。

そのため、スポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏を中心にクラブは逸材センターバックの後釜探しに奔走している。
そういった中、ブンデスリーガの移籍市場に精通するジャーナリストのファブリス・ホーキンズ氏は、セビージャがターゲットの一人としてエンディカに関心を示していると主張している。

2018年に母国のオセールからフランクフルトに加入したエンディカは、192cmの左利きのセンターバック。ここまでは3バックの左や左サイドバックを主戦場に公式戦108試合に出場している。

攻守両面で未だ粗削りもアスリート能力が非常に高く、全盛期のフランス代表DFサミュエル・ユムティティを彷彿とさせるプレースタイルの持ち主だ。


関連ニュース
thumb

ウェストハム、W杯でモロッコ代表FWエン=ネシリを注視? セビージャは売却躊躇せず

ウェストハムが、セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 エン=ネシリはマラガの下部組織出身で、レガネスを経て2020年1月にセビージャへ加入。今季はラ・リーガ10試合0得点と不調だが、モロッコ代表では主力を担い、カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のクロアチア代表戦でも先発出場していた。 ウェストハムは今夏にエン=ネシリへの関心を寄せるも、オファーを出すには至らず。それでも、スペイン『Estadio Deportivo』によると、現在もリストアップしており、W杯でのプレーぶりを注視している段階だという。 一方、セビージャは放出に前向き。エン=ネシリのパフォーマンスに納得していないと考えられる上、苦しい財政状況が続いているため、2025年6月まで契約を残す控えストライカーの売却には躊躇する理由がないとされている。 2022.11.24 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。 今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。 パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。 2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

母国復帰を待ち焦がれるL・アルベルト、セビージャ行きが再燃

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、セビージャ移籍の可能性が再燃しているようだ。 ルイス・アルベルトは2016年夏にリバプールからラツィオへ移籍。2018-19シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献したほか、翌季はセリエAで驚異の16アシストを叩き出すなど、近年のラツィオを代表する選手の1人となっている。 一方、かねてより母国スペインへの復帰希望を公言しており、今夏はプロデビュー時の古巣セビージャへの移籍を希望。その影響もあってか、今季はチーム内で序列が下がり、ベンチスタートが増えている状況だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ラ・リーガで降格圏の18位に低迷するセビージャは、以前にも増してルイス・アルベルトの獲得に熱心。来冬に向けて本腰を入れているという。 ただ、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が設定した2000万ユーロ(約29億円)という条件を飲み込むことが困難と目されており、粘り強く交渉に臨む必要があるとされている。 2022.11.15 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、パプ・ゴメスが試合中に退席…クラブは冬の売却を検討か

セビージャが、アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)の売却先を探しているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。 昨年1月にアタランタから加入したパプ・ゴメス。前政権のフレン・ロペテギ監督の下では概ね主力として扱われ、昨季まで1年半で公式戦63試合に出場した。 今季も10試合の先発出場を含む17試合に出場しており、出番は少なくない。しかし、わずか2アシストと活躍しているとは言い難く、さらに最近の行動がチームやファンに不信感を抱かせているという。 それは9日に行われた直近のソシエダ戦でのこと。ベンチ外だったパプ・ゴメスは、後半が始まってまもなく、チームが負けている状況でサンチェス・ピスファンを後にしたという。 この行動と低調なパフォーマンスから、クラブは冬の移籍市場での売却を検討。また、本人もうだつが上がらない状況からの脱却を考えているようだ。 なお、ホルヘ・サンパオリ監督によれば、ソシエダ戦は筋肉疲労の問題で休ませたとのことだが、この試合ではマルコス・アクーニャとゴンサロ・モンティエルも欠場。同様に筋肉疲労が理由とされているが、彼らはカタール・ワールドカップに向けたアルゼンチン代表に選ばれる見込みの3人。 サンパオリ監督も元アルゼンチン代表指揮官で同胞ということもあり、チームやファンの間では特別扱いしているのではと邪推し、不信感が高まっている状況だと伝えられている。 2022.11.11 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

9人のセビージャに辛勝のソシエダがリーグ戦4試合ぶりの白星!ケガ人の影響で久保は10分からプレー《ラ・リーガ》

久保建英の所属するレアル・ソシエダは9日、ラ・リーガ第14節でセビージャと対戦し2-1で勝利した。久保は10分からプレーしている。 リーグ戦3試合勝利のない7位ソシエダ(勝ち点23)が、リーグ戦4試合未勝利で17位に沈むセビージャのホームに乗り込んだ一戦。前節3試合ぶりにベンチ入りを果たした久保は、この試合もベンチスタートとなった。 ソシエダは立ち上がりの9分にカルロス・フェルナンデスが左もも裏を痛めるアクシデントに見舞われると、そのまま歩いてピッチを後に。久保が2トップの一角で緊急出場した。 一進一退の展開が続く中、ソシエダは20分にバイタルエリアでボールを受けたメリーノのラストパスに反応したセルロートがボックス内に侵入。飛び出したGKボノに間合いを詰められるも、冷静にチップキックでゴールネットへ流し込んだ。 先制したソシエダは27分、自陣でのボール奪取からカウンターを狙ったブライス・メンデスがラキティッチに後ろから踏まれる形で倒されると、最初はイエローカードが提示されたが、オンフィールドレビューの末にレッドカードに。 数的不利となったセビージャは、34分にも中盤のルーズボールに反応したブライス・メンデスの左ふくらはぎ付近をタンギ・ニアンズがスパイクしてしまうと、オンフィールドレビューの末にレッドカードを受けて退場となった。 9人となったセビージャに対し、ソシエダは36分にチャンス。メリーノのスルーパスに反応したブライス・メンデスがボックス右から冷静にゴールネットを揺らした。 2点を追う展開となったセビージャだが、一瞬の隙をつき1点を返す。44分、ラメラのサイドチェンジをアレックス・テレスが左サイドで受けると、早いタイミングでゴール前にクロスを供給。相手DFの前に上手く抜け出したラファ・ミルがヘディングシュートをゴール右へ流し込んだ。 後半は立ち上がりから数的優位のソシエダがボールを支配するが、自陣ボックス中央を固めるセビージャの守備を攻略できず、61分に久保の折り返しをニアで受けたシルバに決定機が訪れたが、シュートはGKボノの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ソシエダは80分にロングカウンターからセルロートのパスを受けたマリンがボックス内まで持ち上がりシュートを放ったが、これもGKボノの好守に防がれた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。9人相手に後半で追加点を奪えなかったソシエダだが、前半のリードで逃げ切り、リーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 2022.11.10 05:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly