新体制のバルサに痛手…DFエリック・ガルシア、MFニコラス・ゴンサレスが負傷で代表を辞退

2021.11.08 10:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは7日、スペイン代表DFエリック・ガルシア、U-21スペイン代表MFニコラス・ゴンサレスの負傷を発表した。

エリック・ガルシアに関しては、右足のふくらはぎの筋肉に過負荷が認められ、スペイン代表を辞退するとのこと。6日に行われたラ・リーガ第13節のセルタ戦では、前半のみで交代していた。

また、ニコラス・ゴンサレスは、左太ももの内転筋を痛めているとのこと。U-21スペイン代表を辞退するという。ニコラス・ゴンサレスも、セルタ戦で先発したが59分に途中交代していた。
新たに指揮官に就任するチャビ・エルナンデス監督は、9日からトレーニングを指揮する予定。FWアンス・ファティも負傷しており、出だしからつまづくこととなってしまった。

関連ニュース
thumb

スポルティングがベジェリンを獲得! 今季終了までの契約に

スポルティングCPは31日、バルセロナから元スペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 スポルティングでは、右ウイングバックの主力を務めていたスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)のトッテナム行きが決定的に。これを受け、クラブは後釜の確保に動いていた。 当初はブライトンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)が有力な候補に挙がっていたが、ここにきて残留が濃厚となっている。 そして、新たな代役候補の中からリスボンの名門は、バルセロナで思うように出場機会を得られずにいた元スペイン代表DFの獲得に成功した。 長らくアーセナルの右サイドを支えてきたベジェリンは昨夏、近年の出場機会減に伴い、右サイドバックの補強が必要となった古巣バルセロナに、大幅な減俸を呑む形で11年ぶりの帰還を果たした。 ただ、今季ここまでは負傷者や一部主力の登録の問題でライバル不在だった序盤こそ出場機会を得たものの、以降は思うように出番を得ることができず。ここまで公式戦7試合の出場にとどまっている。とりわけ、昨年10月半ば以降はリーグ戦で一度も出場機会がなかった。 2023.02.01 07:47 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、昨夏加入のトルコ新星エムレ・デミルがフェネルバフチェに完全移籍…

バルセロナは31日、U-19トルコ代表MFエムレ・デミル(19)がフェネルバフチェに完全移籍したことを発表した。 今回の移籍はフリートランスファーとなるが、バルセロナは将来のリセール時の20%を受け取ることになる。 昨夏、200万ユーロ(約2億8000万円)+アドオンの条件でカイセリスポルからバルセロナに加入したデミル。今季ここまではリザーブチームにあたるバルセロナ・アトレティックでプレーしたが、リーグ戦2試合の途中出場と思うような活躍を見せられずにいた。 そして、バルセロナ獲得時に大きな期待を集めたものの、その才能の片りんを披露することなく母国で出直しを図ることになった。 カイセリスポルの下部組織出身のデミルは、175cmの左利きの攻撃的MF。2019年1月にクラブ史上最年少となる15歳と7日でトップチームデビューを飾ると、公式戦34試合に出場し、4ゴール2アシストを記録。また、トルコの世代別代表でも常に主力を担っていた。 2023.02.01 04:12 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、アムラバト狙うバルセロナからのオファーを拒否

フィオレンティーナはモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)の獲得を狙うバルセロナからのオファーを拒否したようだ。移籍市場に精通するジャーナリスト『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 同氏によればバルセロナは1月30日に移籍金3600万ユーロ(約50億7000万円)、アドオン400万ユーロ(約5億6000万円)の買い取りオプション付きレンタルのオファーを提示したようだが、フィオレンティーナに拒否されたとのことだ。 アムラバトは先のカタールW杯では全7試合にフル出場し、モロッコ代表の4位躍進に大きく貢献していた。 2023.01.31 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサがU-19スペイン代表DFバジェと2025年まで契約延長、ピケがオーナーのFCアンドラへレンタル移籍

バルセロナは31日、バルセロナ・アトレティックに所属するU-19スペイン代表DFアレックス・バジェ(18)との契約延長を発表した。新契約は2025年6月30日までとなる。 また、同時にセグンダ・ディビシオンのFCアンドラへのレンタル移籍も発表。2023年6月30日までのレンタルとなり、買い取りオプションは付いていない。 バジェは2014-15シーズンにカンテラに加入。順調に昇格を続け、左サイドバックとしてポジションを確立していったという。 今シーズンからバルセロナ・アトレティックに昇格。プリメーラ・フェデラシオン(スペイン3部)で19試合に出場し1アシストを記録。また、チャンピオンズリーグではグループステージの最終節でベンチ入りを果たしていた。 2023.01.31 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

裁判所がバルサの訴えを認める、スペイン代表MFガビが無事に登録されることに

バルセロナは31日、スペイン代表MFガビ(18)がラ・リーガに選手登録されることを発表した。 ガビはバルセロナのカンテラ育ち。18歳ながらすでにバルセロナで75試合に出場し3ゴール11アシストを記録。また、ルイス・エンリケ元監督に見初められ、スペイン代表デビューを果たすと、17試合に出場し3ゴールを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)でもチームを支える活躍を見せると、バルセロナは今冬にファーストチームの選手として登録しようと動いた。 しかし、慢性的な財政難を抱え、サラリーキャップに抵触するという理由でガビの登録をラ・リーガは拒否していた。 バルセロナ側は全ての要件を満たしたと判断したにも関わらず、ラ・リーガに拒否されたことで裁判所へと訴えていたという。 裁判所は、ラ・リーガの支配的な立場を認め、バルセロナの主張は正当性があると判決。冬の移籍ウインドーが閉じる前に選手登録ができないということは選手がフリーになることを意味し、とても深刻で回復不可能な損害をバルセロナに与えると判断したという。 すでに裁判所からの命令がラ・リーガに通達されており、バルセロナはガビがファーストチームの選手として登録されているとのことだ。 2023.01.31 21:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly