三笘薫がポスト直撃シュートも…森岡亮太との日本人対決で4発快勝、5連勝で首位快走《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.11.07 13:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズvsシャルルロワの一戦が行われ、4-0でサン=ジロワーズが勝利を収めた。

サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫は3試合連続先発出場で87分までプレー。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場を果たした。

首位のサン=ジロワーズはリーグ戦4連勝中と絶好調。シャルルロワも3連勝中と好調の両チームの対戦となった。

[3-5-2]の左ウイングバックとして起用されている三笘は、この試合でも粘り強い守備を見せる。好調のサン=ジロワーズは選手たちのプレーも思い切りがよく、24分には敵陣でボールを奪ったカスパー・ニールセンが遠目からミドルシュートを放つなど積極的なプレーを見せる。

シャルルロワも攻勢に出ると、25分には相手のクリアボールをボックス手前で森岡がダイレクトボレー。しかし、これは枠を大きく外す。

すると29分、ハーフウェイライン付近の敵陣で三笘とダミアン・マルクがワンツー。マルクのスルーパスにテディ・テウマが抜け出すと、ボックス左からグラウンダーのクロス。これをダンテ・ヴァンゼイルがスルーすると、最後は走り込んだデニス・ウンダブがボレーで叩き込み、サン=ジロワーズが先制する。

さらに34分には右サイドで縦パスを送ると、バルト・ニューコープが受けようとするが、ニールセンがスペースに出てきたために中へとコースを変える。するとニールセンのパスを受けたニューコープがフリーでボックス内右からシュートこれが決まり、サン=ジロワーズが連続ゴールでリードを広げる。

リードを2点に広げ勢いが止まらないサン=ジロワーズは39分、左CKからショートコーナーとするとテウマがクロス。これをボックス内でヘッドで合わせるも右ポストに嫌われ相手GKが触ると、こぼれ球をウンダブ押し込みゴール。VARの介入があったものの、認められ、3-0で前半を終えた。

後半に入り三笘も積極的に攻撃参加。54分には浮き球のパスを受けるとドリブルで持ち込み、ボックス内左からファーサイドを狙ってシュート。丁寧にシュートする得意の形だったが、シュートは右ポストに嫌われてしまう。

60分にも三笘はパスを受けると、ドリブルで持ち込みワンツーで抜け出そうとするが、相手に対応されてしまい決定機を作れない。

それでも78分、ボールを持ち出そうとした三笘が左のテウマを使うと、アーリークロスが相手オウンゴールを誘発。サン=ジロワーズは4点を奪い、そのまま勝利。5連勝を収めた。

サン=ジロワーズ 4-0 シャルルロワ
【サン=ジロワーズ】
デニス・ウンダブ(前29、前39)
バルト・ニューコープ(前34)
オウンゴール(後33)



1 2

関連ニュース
thumb

【EL第3節まとめ】日本人所属3クラブを含む4クラブが3連勝! ローマ勢は苦難の一節に

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 前半戦ラストとなる第3節ではフライブルク、レアル・ソシエダ、レアル・ベティス、ユニオン・サン=ジロワーズと日本人選手所属3クラブを含む4クラブが3連勝を達成した。 その中でグループCのベティスは、難攻不落のオリンピコで優勝候補にも挙がるローマに会心の2-1の逆転勝利を収めた。また、今大会初出場のサン=ジロワーズはDF町田浩樹が引き続き負傷欠場となったが、今大会で経験豊富なブラガを相手に敵地で劇的な2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが試合内容には大きな差があったものの、いずれも格下相手に勝ち切って2勝目を手にしている。 一方、前節の1-5の大敗からのバウンスバックを図ったラツィオは、後半終盤に退場者を出した格下のシュトゥルム・グラーツ相手に攻撃面で精彩を欠いて消化不良のゴールレスドローに。この結果、ローマと同様にグループ3位に甘んじている。 7選手が参戦している日本人選手では、DF冨安健洋とMF久保建英、MF堂安律が先発出場。FW南野拓実、MF原口元気が途中出場となった。 ◆グループA チューリヒ(スイス) 1-5 PSV(オランダ) アーセナル(イングランド) 3-0 ボデ/グリムト(ノルウェー) ◆グループB フェネルバフチェ(トルコ) 2-0 AEKラルナカ(キプロス) スタッド・レンヌ(フランス) 2-1 ディナモ・キーウ(ウクライナ) ◆グループC ヘルシンキ(フィンランド) 1-1 ルドゴレツ(ブルガリア) ローマ(イタリア) 1-2 レアル・ベティス(スペイン) ◆グループD マルメ(スウェーデン) 0-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ブラガ(ポルトガル) 1-2 ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) ◆グループE オモニア(キプロス) 2-3 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シェリフ(モルドバ) 0-2 レアル・ソシエダ(スペイン) ◆グループF ミッティラン(デンマーク) 2-2 フェイエノールト(オランダ) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 0-0 ラツィオ(イタリア) ◆グループG フライブルク(ドイツ) 2-0 ナント(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) 0-3 カラバフ(アゼルバイジャン) ◆グループH モナコ(フランス) 3-1 トラブゾンスポル(トルコ) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 4-1 フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 2022.10.07 06:39 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安先発のフライブルクが3連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンが初勝利を飾る【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第3節では、久保、冨安、堂安が先発、南野、原口が途中出場した。 2連勝でグループGで首位に立つフライブルクは、ホームでナントと対戦し2-0で勝利した。堂安が右MFで先発出場し、83分までプレーしている。 フライブルクはゴールレスで迎えた後半開始早々にスコアを動かす。48分、チェレのパスでボックス右に駆け上がった堂安が対応したチリベジャからボールを奪い中央に折り返すと、ボックス中央のチェレがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 先制したフライブルクは、72分にも自陣でのロングスローからカウンターを仕掛けると、ギュンターのパスをボックス手前で受けたグリフォがボックス左まで侵入しシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 83分にグリフォ、チェレ、堂安を下げたフライブルクが、危なげなく時計を進めて2-0のまま試合をクローズ。フライブルクが3連勝でグループG首位をキープしている。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽10/6 アーセナル 3-0 ボデ/グリムト ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽10/6 シェリフ 0-2 ソシエダ ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽10/6 フライブルク 2-0 ナント ◆83分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽10/6 モナコ 3-1 トラブゾンスポル ◆73分からプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/6 マルメ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆84分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽10/6 ブラガ 1-2 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽10/6 ヘルシンキ 1-1 ルドゴレツ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.10.07 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕から欠場のサン=ジロワーズDF町田浩樹が日本でリハビリ!10月中旬復帰か

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズがDF町田浩樹の現況を明かした。 町田は今年1月に鹿島アントラーズからサン=ジロワーズへと買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入。途中からセンターバックの定位置を奪取し、上位4チームで争うプレーオフ1では出場停止の1試合を除く5試合に出場するなど信頼を掴んでいた。 今シーズンもベルギーでプレーしている町田だが、開幕戦から臀部の負傷で欠場が続くと、1試合にベンチ入りしたのみでプレーから遠ざかっている。 サン=ジロワーズは26日にクラブのSNSを更新。「コウキは現在、日本で怪我の早期回復に努めており、10月中旬の復帰が見込まれています」と現状を報告。東京都北区にあるハイパフォーマンススポーツセンター前での町田の姿を投稿した。 町田自身もこの投稿を引用する形でインスタグラムのストーリーズを更新。「応援ありがとうございます!みんなに会いたいです」としている。 <span class="paragraph-title">【写真】元気そう!日本にいる町田浩樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci9uJkOr5OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci9uJkOr5OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci9uJkOr5OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Royale Union Saint-Gilloise(@rusg.brussels)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.27 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安先発のフライブルクが2連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンは連敗…【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が15日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第2節では、堂安が先発、久保、原口が途中出場した。 敵地でオリンピアコスと対戦したフライブルクは5分、右サイドで獲得したFKからグリフォがクロスを供給すると、ニアで合わせたホフラーのヘディンシュートがゴール左隅に決まった。 幸先良く先制したフライブルクは、25分にもグリフォのロングパスをチェレがボックス左で収めると、相手DF2人の間を抜くチップキックでラストパス。これをゴール前で受けたグレゴリッチュが難なくゴールに流し込んだ。 後半も主導権を握るフライブルクは53分、右CKの二次攻撃から中盤右サイドでボールを受けたグリフォがボックス内へロングパスを供給。これをボックス左のギンターが頭で折り返すと、ゴール前で受けたグレゴリッチュが飛び出したGKを冷静にかわしてシュートを突き刺した。 その後、フライブルクは69分に堂安を下げてペテルゼンを投入。終盤にかけても危なげない試合運びを見せ、3-0で完勝した。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽延期 アーセナル vs PSV ★久保建英[ソシエダ] ▽9/15 ソシエダ 2-1 オモニア ◆61分からプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/15 オリンピアコス 0-3 フライブルク ◆69分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽9/15 モナコ 0-1 フェレンツヴァーロシュ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/15 ブラガ 1-0 ウニオン・ベルリン ◆67分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/15 サン=ジロワーズ 3-2 マルメ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/15 ローマ 3-0 ヘルシンキ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.16 06:02 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安の決勝点でフライブルクが白星発進!冨安、久保らも勝利に貢献【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が8日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第1節では、冨安や久保、堂安、南野、原口が先発出場となった。 ホームでカラバフと対戦したフライブルクは4分、左CKの競り合いの際にギンターがバイラモフと激しく接触し倒れると、VARの末にPKを獲得。このPKをグリフォがゴール左隅に決め、幸先良く先制した。 さらにフライブルクは15分、右サイドでパスを受けた堂安がドリブルでカットイン。そのままボックス内に入ると、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後、39分にヴェショビッチの強烈なミドルシュートで1点を返されたフライブルクは、後半にも何度か危ない場面を作られたが、堂安のゴールで逃げ切り2-1で勝利した。 一方、南野が2試合ぶりの先発となったモナコは、アウェイでツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。前半から膠着状態が続く中、モナコは67分に南野やベン・イェデルらを下げてディアタやエンボロを投入。 すると74分、ディアタの右クロスに反応したゴロビンがボックス内でスルニッチに倒されPKを獲得。このPKをエンボロがゴール左に決めると、これが決勝点となり、モナコが1-0で勝利した。 また、原口に所属するウニオン・ベルリンと町田の所属するサン=ジロワーズによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は39分にライネンが挙げたゴールで逃げ切ったサン=ジロワーズが1-0で勝利した。原口は60分までプレー、町田はベンチ外となった。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽9/8 チューリッヒ 1-2 アーセナル ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽9/8 マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ソシエダ ◆79分までプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/8 フライブルク 2-1 カラバフ ◆93分までプレー、15分にゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽9/8 ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-1 モナコ ◆57分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆60分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/8 ヘルシンキ 0-2 ベティス ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.09 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly