ドルトムント、逸材FWアデイェミの代理人と接触

2021.10.27 22:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントがレッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)の代理人と接触していたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。『シュポルト・ビルト』によると、来夏のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの流出が有力視されているドルトムントは、後釜探しに動いており、快足と左利き、決定力と近いプロフィールを持つ19歳のドイツ代表FWを有力な後釜候補の一人に設定しているという。

そういった中、先日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヴォルフスブルク戦では、ドルトムントのライセンス選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏がスタジアムでスカウト活動を行い、同選手の関係者であるトーマス・ソロモン氏と話し合いの場を設けていたようだ。

ドイツの次代を担う逸材FWに関しては、バイエルン、RBライプツィヒ、リバプールといったビッグクラブがこぞって関心を示している。とりわけ、過去にアカデミーに所属していたという伝手もあるバイエルンが獲得レースをリードしているとの報道もある。

ただ、ブンデスリーガでのプレーを希望するアデイェミは、ドルトムントのプレースタイルに惹かれ、より出場機会を得られる可能性が高いこともあり、加入の可能性は十分にありそうだ。

関連ニュース
thumb

ハーランド2戦連発のドルトムント、ホッフェンハイムとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第20節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 前節フライブルクとの上位対決をムニエとハーランドのドッペルパックで5発圧勝として首位バイエルンとの6ポイント差を維持した2位ドルトムント(勝ち点40)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまった。そのドルトムントは負傷のムニエが欠場となり、右サイドバックにはヴォルフが入った。 4位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ハーランド、ロイス、マレンの3トップで臨んだドルトムントは6分に先制する。ベリンガムとのワンツーでボックス左に侵入したマレンがクロスを送り、最後はハーランドが蹴り込んだ。 リードしたドルトムントは23分にピンチ。CKの流れからクリス・リチャーズのヘディングシュートがバーを叩いた。 ハーフタイムにかけても追加点に迫るような好機を作れずにいたドルトムントは追加タイム1分に追いつかれる。ベブの右クロスからクラマリッチにボレーシュートを蹴り込まれた。 1-1で迎えた後半、56分に2枚替えを行ったドルトムントが58分に勝ち越す。マレンのスルーパスに抜け出したロイスがGKとの一対一を制した。 さらに66分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス左で縦に仕掛けたマレンのクロスがラウムのオウンゴールを誘った。 77分にラターにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、3-2で逃げ切り。3連勝としてバイエルンにプレッシャーをかけている。 2022.01.23 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、ドルトムントからFWクナウフを1年半のレンタルで獲得

フランクフルトは20日、ドルトムントからU-21ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(20)を2023年6月30日までの18カ月ローンで獲得したことを発表した。 ハノーファーの下部組織から2016年にドルトムントのユースに加入したクナウフは、年代別チームの主力として活躍した後、2020年12月のチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦でトップチームデビューを飾った。 左ウイングを主戦場にスピードと突破力に優れるアタッカーは、3部に所属するドルトムントⅡで定期的にプレー機会を得ながら、ここまでトップチームでも16試合に出場していた。しかし、更なるトップレベルでの出場機会を求めてフランクフルトに移籍することになった。 なお、フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「アンスガーはそのスピードとゲームへの理解力で、我々のチームに非常によく適合しており、ここで成長に向けた次のステップを踏み出したいと思っている。彼は広いレーンですぐに我々を助けることができるはずだ」と、若武者への期待を口にしている。 2022.01.21 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3回戦で2部チームに敗れた王者ドルトムント…指揮官も落胆露わに「あるべき形でスタートできなかった」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは18日に行われたDFBポカール3回戦で、2部のザンクト・パウリと対戦した。格下相手に試合開始早々に失点したチームは、その後もなかなか得点を奪えない時間帯が続くと、40分にもオウンゴールで追加点を奪われる苦しい展開に。後半に入り、FWアーリング・ハーランドがPKを決めて1点を返したが、その後は相手チームの守りを崩せず1-2で敗れた。 昨季のDFBポカール王者が3回戦で敗退したことに対して、試合後のインタビューに応じたローゼ監督も落胆を隠せず。チームは試合に正しい姿勢で臨めていなかったと敗因を語った。 「このカップ戦の夜に、我々は本来あるべき形でスタートすることができなかった。開始15分で何度も問題を起こしてしまい、その後すぐにまた失点した。こういうときは、難しくなるものだ」 「前半の同点ゴールを狙うプレー方法は少し軽率だったね。0-2とされた後になって、いくつかの調整を行った。とはいえ重要なのは、王者である我々が、ザンクト・パウリとのアウェイマッチでどのようなスタートを切ってしまったかということだ。我々は試合の意味について、正しく理解していなかった」 2022.01.19 11:06 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季王者ドルトムント、2部首位のザンクト・パウリの前に敗退《DFBポカール》

DFBポカール3回戦の4試合が18日に行われ、ドルトムントはザンクト・パウリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 2部で首位に立つザンクト・パウリに対し、[4-3-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からロイス、ハーランド、T・アザールと並べた。 そのドルトムントは開始4分に失点すると、その後は押し込む展開としたものの好機を作ることができない。 すると40分、先制点を許した形と同じように自陣左サイドを崩されてクロスを送られると、ヴィツェルのクリアボールがそのまま自陣ゴールに向かい、前半を2点ビハインドで終えた。 それでも迎えた後半、56分にPKを獲得する。フンメルスが敵陣でボールを奪った流れからハーランドのヒールパスを受けたボックス左のフンメルスがクロスを送ると、相手DFのハンドを誘った。 このPKをハーランドが決めたドルトムントだったが。終盤にかけてはザンクト・パウリの集中した守備の前に好機を作れず1-2で敗戦。昨季王者ドルトムントが3回戦敗退となっている。 またボーフムはマインツとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は84分から出場している。その他、ケルンvsハンブルガーSVは1-2でHSVが、1860ミュンヘンvsカールスルーエは0-1でカールスルーエが勝利している 2022.01.19 06:54 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly