ハリウッド女優から移籍の誘い!? メキシコの至宝MFエドソン・アルバレスが今夏の出来事を明かす「彼女は僕に電話をかけた」

2021.10.23 20:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するメキシコ代表MFエドソン・アルバレス(23)だが、思わぬ誘いを今夏受けていたことを明かした。2019年7月にメキシコの名門であるクラブ・アメリカからアヤックスへと加入したアルバレス。これまで公式戦73試合に出場し6ゴール2アシストを記録。2020-21シーズンはエールディビジとKNVBカップの2冠達成に大きく貢献していた。

23歳ながら、すでにメキシコ代表として50試合に出場し2ゴールを記録しているアルバレス。今夏の移籍市場ではリーグ・アンのスタッド・レンヌからオファーをもらっていたが、最終的には残留を決めていた。

しかし、そのスタッド・レンヌからのオファーの際、思わぬ誘いがあったという。

アルバレスとの契約を結びたかったスタッド・レンヌは、メキシコ出身のハリウッド女優のサルマ・ハエックさんを交渉の場に連れ出したとのこと。アルバレスがオランダ『テレグラーフ』で明かした。

「有名なメキシコの同胞として、彼女は僕に電話をかけてきて、フランスに来るように僕を説得しようとした。もちろん僕は驚いたし、嬉しいことだった。でも、アヤックスを選ぶことは僕にとって確かであり、僕はそれを彼女に説明した」

「彼女はハリウッド映画ののおかげで、世界中でも素晴らしく有名な女優であり、大スターだ。僕は彼女をとても高く評価している」

「彼女はメキシコ人として、今の自分の地位を目指して戦ってきた人の一例だ」

実は、ハエックさんは、スタッド・レンヌのオーナーであるフランソワ・アンリ・ピノー氏の妻。同胞であるアルバレスの説得として、一肌脱いだものの、不発に終わってしまったようだ。

ハエックさんは、アントニオ・バンデラスが主演の映画『デスペラード』のヒロイン役に抜擢され大ヒット。今秋公開のマーベル超大作『エターナルズ』にも出演。リーダーであるエイジャックを演じることでも話題となっている。

1 2

関連ニュース
thumb

元神戸のフェルマーレンが現役引退を表明…ベルギー代表のコーチに

ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)が現役引退を表明した。 フェルマーレンはアカデミーから過ごすアヤックスでプロデビュー後、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。ケガも多かったが、バルセロナでは4度のラ・リーガ優勝を経験して、チャンピオンズリーグ(CL)も制した。 2019年7月からはヴィッセル神戸に電撃加入して、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献。昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了による退団が決定した。 神戸を去ってのこれからが注目され、母国復帰の噂も取り沙汰されたフェルマーレンだが、21日に自身のインスタグラムで神戸での2シーズン半を最後にスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。 「プロフットボールから退く決断をしました。フットボール界で最も素晴らしいクラブでプレーでき、非常に幸運でした。そのことを非常に感謝しています。キャリアを通じて、みなさんのサポートに感謝します」 そう綴った名手はまた、今後についても触れ、自身も通算85キャップ(2ゴール)を記録したベルギー代表でコーチに転身する旨を明らかに。コーチとしてカタール・ワールドカップ(W杯)優勝を目指すようだ。 「ベルギー代表のアシスタントコーチになるのを発表できるのを非常に誇りに思うと同時に、感謝しています。 私の人生におけるこの新しいステップと新しい挑戦を楽しみにしています」 2022.01.22 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。 その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。 一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。 なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。 ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。 卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。 2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

タグリアフィコに再び脚光、バルセロナやナポリが関心か

アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)の人気が再び高まっている。 2018年1月に母国のインデペンディエンテからアヤックスに加入し、屈指の左サイドバックとして名を挙げたタグリアフィコ。2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグの準決勝進出に大きく貢献し、同時にアルゼンチン代表でも不動の地位を築いていた。 長らくビッグクラブから関心が伝えられていたタグリアフィコだったが、2020年12月に2023年6月までの新契約を結んだことで一旦沈静化。しかし、ここに来て再び29歳の左サイドバックに興味を持つクラブが増え始めているようだ。 中でもバルセロナやチェルシー、ナポリといったところが有力なクラブだが、アストン・ビラやマルセイユも目を光らせている模様。特に強い関心を示しているナポリやマルセイユは、買い取りオプション付きのレンタルを検討しているようだ。 なお、今季はDFダレイ・ブリントにポジションを奪われ、出場機会を減らしているタグリアフィコの獲得を狙うクラブに対して、アヤックスは700万ユーロ(約9億円)の移籍金を要求していると言われている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

デビュー戦で負傷の前田直輝が左足下腿骨折で数カ月の離脱に…初の欧州挑戦はほろ苦い結果に

ユトレヒトは18日、日本人MF前田直輝が左足下腿の骨折で数カ月の離脱になることを発表した。 今冬に名古屋グランパスからユトレヒトへレンタルで加入した前田は、16日に行われたエールディビジ第19節のアヤックス戦に先発デビュー。しかし8分、ルーズボールを奪い合った際にスライディングで対応したリサンドロ・マルティネスと交錯すると、このプレーで左足を負傷。その後の検査で、前述の診断結果が下された。 なお、クラブは離脱期間について数カ月と伝えたが、オランダメディアは全治4カ月の重傷と報じている。 デビュー戦で長期離脱となった前田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「中盤でのデュエルで負傷退場することとなってしまった。僕はスタジアムからすぐにユトレヒトの大学病院に向かい検査を受けた結果、下腿の骨折が確認された。さらにAMC(アムステルダム・メディカルセンター)の外部専門医による検査では手術が必要と診断されました。今後は数カ月のリハビリが待っている。つまり、ユトレヒトでの初戦が僕にとって最後の試合になってしまった」 「ヨーロッパでプレーすることは僕にとって大きな夢で、ユトレヒトがチャンスを与えてくれて、その夢を叶えることができた。デビュー戦はユトレヒトに来たときから噂になっていたアヤックスとのホーム戦ということで、とても楽しみにしていました。残念ながらすぐにケガをしてしまい、その夢が壊れました。ただ、僕は夢をあきらめるつもりはありません」 「名古屋グランパス、ユトレヒトと治療方針について話し合い、これからは治療に専念します」 2022.01.19 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ダビド・ネレスがシャフタール移籍 ! アヤックスが移籍金最大20.8億円で合意発表

アヤックスは14日、元ブラジル代表FWダビド・ネレス(24)のシャフタール・ドネツク移籍でクラブ間合意に達したと正式発表した。 移籍金額は1200万ユーロ(約15億6000万円)。それにプラスしてボーナス400万ユーロ(約5億2000万円)も盛り込まれ、最大で1600万ユーロ(約20億8000万円)の取引となるという。ネレスの現行契約は2023年夏までだった。 サンパウロ時代に“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックス入りしたネレス。2017–18シーズンから2年連続で公式戦二桁ゴール、二桁アシストをマークしたが、以降は負傷離脱も経験して、キャリアが暗転した。 今季はここまで公式戦22試合に出場しているが、エールディビジとチャンピオンズリーグで5度の先発のみ。同胞FWアントニー、オランダ代表FWステーフェン・ベルフハイスらとのポジション争いで劣勢を強いられている状況だった。 そうしたなか、チームの構想から外れつつあるネレスは事前の報道でもシャフタール行き間近との報道が浮上。アヤックスはネレスを放出して、トッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)を狙っているといわれている。 2022.01.14 19:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly