小川慶治朗加入のウェスタン・シドニーが元レアル・マドリー所属のスペイン人GKを獲得

2021.10.19 00:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは18日、トルコのアンカラスポルからスペイン人GKトマス・メヒアス(32)を獲得した。

メヒアスはレアル・マドリーの下部組織出身で、2011年5月にジョゼ・モウリーニョ監督のもとでトップチームデビューするも、その後は出場機会を得られず、2014年にミドルズブラへ移籍。

しかし、ミドルズブラでも守護神定着とはいかず、ラージョ・バジェカーノやルーマニアのディナモ・ブカレストを渡り歩き、2021年1月にトルコ2部のアンカラスポルに加入。アンカラスポルではリーグ戦17試合で先発出場するなど正守護神を務めていたが、昨季限りで契約満了となっており、フリーの状態が続いていた。

オーストラリアへ活躍の場を移したメヒアスは、公式サイトで「ミドルズブラで一緒にプレーしたリース・ウィリアムズと話をしたところ、チームや街について素晴らしいことを言ってくれたので、あまり深く考えずに、新しいチャレンジをすることにしたんだ」と、移籍の経緯を語った。

かつて小野伸二田中裕介、髙萩洋次郎楠神順平ら日本人が在籍したウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、15日に横浜FCからMF小川慶治朗を獲得しており、11月に始まる新シーズンへ着々と準備を進めている。


関連ニュース
thumb

「ケイジロウと覚えられるように」オーストラリア移籍の小川慶治朗が意気込み、監督は「優れたキャリアがある」と期待

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)への移籍が決定したFW小川慶治朗(29)が、新天地での挑戦に意気込みを語っている。 15日、WSWは横浜FCから小川を期限付き移籍で獲得することを発表。Aリーグの新シーズン開幕前に実力者の補強に成功した。 ヴィッセル神戸の下部組織で育った小川は、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経て、今シーズンから横浜FCに加入。明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップでは3試合に出場していた。 チームが残留争い真っ只中での移籍となった小川。しかし、海外でプレーすることは自身の夢だったとコメントしたが、オーストラリアでの意気込みをWSWを通じて語っている。 「ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは素晴らしいチームであり、日本だけでなくアジアでも有名なクラブです。このチームの一員になりたいです」 「17歳でプロサッカー選手になりました。初めて外国のクラブでプレーすることを本当に楽しみにしています」 「僕はワンダラーズを勝利に導く決意を持って来ました。チームとともに、リーグ戦で勝つために最善を尽くします」 「サポーターがケイジロウという名前を覚えられるように、チームのために戦います! サポートありがとうございます!」 J1通算225試合30得点、J2通算39試合16得点、リーグカップ通算42試合出場と、300試合以上の経験がある小川。神戸時代にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、3試合に出場していた。 WSWのカール・ロビンソン監督も経験豊富な小川への期待を口にしている。 「ケイジロウは、アタッキングサードで多様性と多くの経験を持っており、ワイドなポジションやFWとしてプレーする能力を持っている」 「彼はダイナミックで、10年近くアジアのサッカーのトップでプレーしてきた優れたキャリアがある」 2021-22シーズンのAリーグは11月に開幕予定。日本人選手は小川以外にも、ウェスタン・ユナイテッドにDF今井智基、パース・グローリーにDF太田宏介が所属。また、セントラルコースト・マリナーズには日本とイギリスのハーフであるMFサイ・ゴダードが所属している。 2021.10.15 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

残留争い中の横浜FC、MF小川慶治朗がオーストラリアのウェスタン・シドニーへ期限付き移籍「海外でのプレーはずっと夢」

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは15日、横浜FCのMF小川慶治朗(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCによれば、レンタル期間は2021年10月16日~2022年6月30日までとなるとのことだ。 小川は神戸の下部組織出身で、2010年に2種登録。2011年にトップチーム昇格を果たす。その後神戸でプレーを続けるも、2018年7月からは湘南ベルマーレへ半年間期限付き移籍を経験。2019年からは復帰していたが、2021年1月に横浜FCへの完全移籍が発表されていた。 横浜FCでは、明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップでは3試合に出場していた。 チームが残留争いに巻き込まれている中での移籍決断となった小川は、横浜FCを通じてコメントしている。 「この度、ウェスタンシドニーワンダラーズFCに期限付き移籍することになりました!海外でプレーすることはプロサッカー選手になる前からずっと夢でした」 「まず、今シーズンはチームも個人も思い描いていたような成績は残せていなくてもどかしい思いをしていました。終盤にきてチームも好調になってきており、残留に向けてチームは更に団結していますし、奇跡の残留ができると信じています!そのような中、チームを離れるのは本当に難しい決断でした」 「しかし、僕の夢を理解し移籍の背中を押して下さったクラブを始め、監督、フロントスタッフには心から感謝しています!」 「サポーターの皆様には、なかなか勝てない中でもいつも最高の後押しをしてもらいすごく感謝しています!残留を信じ、最後まで諦めずに横浜FCのサポートをよろしくお願いします!覚悟を持って、異国の地で必ず成長してきます!」 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、かつて小野伸二や田中裕介、髙萩洋次郎、楠神順平ら日本人が在籍したこともあるクラブ。2014年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝を果たしたこともある。 2021.10.15 12:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「とても礼儀正しいファウル」引っ張られた選手との一瞬の“和解”に脚光

過去には元日本代表MF小野伸二やMF髙萩洋次郎といった日本人選手も所属したAリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズの選手の1つのファウルに注目が集まっている。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは10日、Aリーグ第6節でメルボルン・ビクトリーとホームで対戦。 0-0で前半を折り返すと、50分、自陣からのロングフィードが左サイドのFWサイモン・コックスに渡るも、ややトラップが大きくなり、苦し紛れのパスは相手DFストーム・ルーの体に当たってしまう。 ルーズボールをルーが拾うと、コックスがプレッシャーをかける。上手く体を入れるルーに対し、コックスがその右手を引っ張ると、そこで主審がプレーを止める。 コックスのプレッシャーの苛立っていたルーだが、2人の右手は意図せず“握手”するような形に。ルーは笑顔を見せ、コックスと一瞬で“和解”していた。 Aリーグの公式ツイッターがこのシーンを「これまでで最も素晴らしいファウル?」と投稿すると、『B/R Football』も「このファウルはとても礼儀正しい」と稀有な光景を伝えている。 なお、試合は後半に2ゴールを挙げたウェスタン・シドニー・ワンダラーズが2-0で勝利。2月からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに復帰した、元清水エスパルスのオーストラリア代表FWミッチェル・デュークは招集外となっている。 <div id="cws_ad">◆意図せぬ握手で和解<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Is this the nicest foul ever? <a href="https://twitter.com/hashtag/ALeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ALeague</a> <a href="https://t.co/XSgsQihYKv">pic.twitter.com/XSgsQihYKv</a></p>&mdash; A-League (@ALeague) <a href="https://twitter.com/ALeague/status/1361937172866228226?ref_src=twsrc%5Etfw">February 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.20 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

元清水のデューク、サウジ挑戦から半年で母国凱旋…古巣ウェスタン・シドニー・ワンダラーズに復帰

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは1日、サウジアラビアのアル・タアーウンからオーストラリア代表FWミッチェル・デューク(30)のレンタル加入を発表した。契約期間は2020-21シーズン終了までとなる。 オーストラリア代表通算5試合2得点のデュークはセントラルコースト・マリナーズ、ブラックタウン・シティを経て、2015年2月に清水エスパルス入り。2018年限りで清水を退団後、2019年からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加わると、昨年8月からサウジアラビア1部のアル・タアーウンに活躍の場を移したが、公式戦13試合の出場で無得点だった。 わずか半年でサウジアラビアを去り、前所属時に主将としてオーストラリア・Aリーグ26試合14得点を記録するなど、キャリアのなかでも良い思い出が残るウェスタン・シドニー・ワンダラーズ復帰が決定したデューク。クラブの公式サイトを通じて、喜びの心境と抱負を語った。 「戻る機会を与えてくれたクラブ首脳陣にすごく感謝したい。ワンダラーズは僕のファミリーだ。クラブや街にとって、大事なシーズンになる。レッド&ブラックのシャツを再び着れるのをとても誇らしく思う」 2021.02.02 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元オーストラリア代表MFトロイージがウェスタン・シドニーに加入

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、元オーストラリア代表MFジェームズ・トロイージ(32)の獲得を発表した。 トロイージは、ニューカッスルでキャリアをスタート。2012年8月にユベントスとアタランタが共同保有。その後、メルボルン・ビクトリー、ズルテ・ワレヘムでプレーすると、サウジアラビアのアル・イテハドや中国の遼寧宏運でプレー。2016年7月にメルボルン・ビクトリーへ復帰していた。 メルボルン・ビクトリーではMF本田圭佑(ボタフォゴ)ともプレー。2019年10月にアデレード・ユナイテッドへと移籍するが、今回ウェスタン・シドニーに加入することとなった。 Aリーグでは通算111試合に出場し27ゴール23アシストを記録。昨シーズンは13試合で1ゴール3アシストを記録していた。 また、オーストラリア代表としても37試合に出場し5ゴールを記録している。 また、セントラルコースト・マリナーズのスコットランド人DFジギー・ゴードン(27)の獲得も発表していた。 2020.12.17 13:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly