東京V下部組織育ちの日大MF大森渚生が栃木加入内定! 「全身全霊をかけて闘います」

2021.10.15 11:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは15日、日本大学に在学するMF大森渚生(22)の2022シーズン加入内定を発表した。

今季からFC東京のトップチームに昇格したDF大森理生を弟に持つ大森は東京ヴェルディ下部組織出身。今年3月のデンソーチャレンジカップでは関東C・北信越選抜にも選出された。

大森は栃木入りを受け、クラブの公式サイトを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。

「2022シーズンより栃木SCに加入させていただくことになりました、日本大学サッカー部の大森渚生です」

「プロサッカー選手としてのキャリアを栃木SCの一員としてスタートさせて頂けることを大変嬉しく思います。関わってくださった方々にこの場をお借りして感謝申し上げます」

「栃木SCの“常に前に進み続ける”アグレッシブで魅力的なサッカーを体現する中で、自身の武器である左足を最大限活かし、勝利に貢献出来るよう日々精進します」

「私は根っからの負けず嫌いなので、全ての局面で勝負にこだわり、栃木SCに関わる皆様と共に多くの勝利の喜びを分かち合えるよう全身全霊をかけて闘います。ファン・サポーターの皆様、応援の程よろしくお願い致します」


関連ニュース
thumb

福島DF宇佐美宏和が現役引退を発表…J1からJ3まで経験「関わったすべての方に感謝しかありません」

福島ユナイテッドFCは26日、DF宇佐美宏和(34)の現役引退を発表した。 大阪府出身の宇佐美は、セレッソ大阪のU-12、U-15、U-18と過ごし、関西大学を経て2010年に栃木SCへと入団した。 2013年には湘南ベルマーレへと完全移籍、2015年にはモンテディオ山形へと完全移籍すると、2018年から福島でプレーした。 福島では4シーズンにわたりJ3でプレーし、67試合に出場し1得点を記録。通算ではJ1で24試合出場、J2で102試合出場4得点、J3で67試合1得点を記録。天皇杯では8試合に出場し1得点だった。 宇佐美はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもちまして引退することを決断しました。栃木SC、湘南ベルマーレ、モンテディオ山形、福島ユナイテッドFC、関わったすべての方に感謝しかありません」 「12年間本当に怪我が多く苦しい時期が多かったですが周りにも恵まれ、どんな時でも声をかけてくれたサポーターの方々のおかげでここまでやることが出来ました。本当にありがとうございました」 「これからはまた新たなステージで頑張って行きたいと思います。残り2試合最後まで闘い、一つでも上を目指しチーム全員で福島のサッカーをやり抜きたいと思います」 2021.11.26 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝DF那須川将大が現役引退「6つの土地での出会いが私にとって何よりの宝物」

藤枝MYFCは25日、DF那須川将大(34)の現役引退を発表した。 那須川は北海道出身で、青森山田高校から中京大学へと進学。2009年に東京ヴェルディへと入団した。 ルーキーながらJ2で23試合に出場。左サイドバックとしてレギュラーポジションを掴んだが、2年目はクラブの財政難の影響で栃木SCへと期限付き移籍し14試合に出場しプロ初ゴールを記録。2011年に完全移籍すると27試合に出場し3得点を記録した。 2012年には徳島ヴォルティスへ完全移籍。その後、松本山雅FC、大分トリニータを経て、2019年に松本へと復帰。2019年7月から藤枝でプレーしていた。 通算成績はJ1で22試合出場、J2で151試合8得点、J3で39試合出場、リーグカップで12試合出場、天皇杯で9試合1得点を記録した。 那須川はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました。小学生の時サッカーを始め、富岸ジュニアキッカーズ、緑陽中学校、青森山田高校、中京大学と、それぞれの場所で素晴らしい指導者やチームメイトに出会い、プロの道に進む事が出来ました」 「東京ヴェルディ、栃木SC、徳島ヴォルティス、松本山雅FC、大分トリニータ、藤枝MYFCの6チームで13年間プレーしてきました。どこの土地に住んでも必ず優しく親切な方との出会いがあり、本当にたくさんの方々に応援、サポートしていただきました。6つの土地での出会いが私にとって何よりの宝物です」 「これまで現役を続ける事が出来たのも皆様のおかげです。私に関わってくださった全ての方々に心から感謝しております。本当にありがとうございました」 「これからも今までの感謝の気持ちを胸に、また新たな目標に向かって成長し続けていきたいと思います。今シーズンも残り2試合となりました。最後まで全力でプレーします!」 2021.11.25 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐が地元出身のMF高木和正の現役引退を発表「この19年間は辛いことの方が多かった」

カマタマーレ讃岐は22日、MF高木和正(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 高木は香川県さぬき市出身。香川西高校から2003年にサンフレッチェ広島へと入団。2005年にはモンテディオ山形へと期限付き移籍。2006年からFC岐阜でプレーした。 岐阜ではJリーグ昇格へと貢献。2009年にクラブの財政難により退団すると、2010年には栃木SCへと完全移籍。2014年から讃岐でプレーした。 通算成績はJ1で2試合、J2で379試合29得点、J3で50試合2得点を記録。今シーズンは明治安田生命J3リーグで16試合に出場していた。 高木はクラブを通うじてコメントしている。 「今シーズンをもちまして、現役を引退することを決断しました。9歳でサッカーを始め、たくさんの仲間と出会い、素晴らしい指導者のおかげでプロサッカー選手になることができました!ありがとうございました」 「高校卒業してプロサッカー選手になって19年間、ここまで続けられるとは思っていませんでした。楽しいこと、嬉しいこと、苦しいこと、辛いこと、たくさんの感情がある中で、この19年間は辛いことの方が多かったと思います」 「サンフレッチェ広島、モンテディオ山形ではプロの厳しさや自分の考えの甘さを教えていただきました。チームの力にまったくなれず、なにもできなかった3年間でした」 「プロ3年目に戦力外になり、当時地域リーグだったFC岐阜から声をかけてもらい、もう一度サッカーをするチャンスをいただきました」 「そこから仲間たちと一つになり、JFL・Jリーグと昇格することができました。あの時、FC岐阜に声をかけてもらってなかったら今の自分はなかったと思います。本当に感謝してます」 「栃木SCでは、4年間副キャプテンをさせていただき、人としてもとても成長できた4年間でした!」 「そして、30歳の時に地元のカマタマーレ讃岐に帰ってきて、8年間プレーさせていただきました。入替え戦、残留争い、J3降格と結果が出せず、応援してくださってるファン・サポーターの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「どんな時もチームのために力になって下さったスポンサーの皆様、企業の皆様、ファン・サポーターの皆様、地域の皆様、カマタマーレ讃岐を支えていただき、ありがとうございます!」 「そしてこの19年間、サンフレッチェ広島、モンテディオ山形、FC岐阜、栃木SC、カマタマーレ讃岐で関わったすべての皆様、本当にありがとうございました」 「僕にとってこの19年間で、たくさんの経験をさせてもらい、とても楽しい最高のサッカー人生でした!」 「今後については未定ですが、これからは地元のために自分の経験したことを伝えていけたらと思っています。次のステージも自分らしく全力で頑張りたいと思ってます!」 「本当にたくさんの応援ありがとうございました!」 2021.11.22 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

勝利の長崎が磐田の今節戦わずしての昇格決定を阻止! 残留かけた関門海峡ダービーは北九州に軍配【明治安田J2第39節】

明治安田生命J2リーグ第39節の4試合が13日に各地で行われた。 昇格圏2位京都サンガF.C.との勝ち点差を縮めるためにも勝利を積み上げたい3位のV・ファーレン長崎はホームで残留争いの渦中にある15位の栃木SCと対戦した。引き分け以下に終わると、首位ジュビロ磐田の昇格が決まる長崎だが、開始早々の4分に先制する。敵陣右の中央でFKを得ると、ウェリントン・ハットが鋭いクロス。すると、ゴール前での混戦が生まれ、栃木の守備陣が身体を張ってゴールを守るものの、最後は江川が流し込んだ。 これで勢いのついた長崎は11分にボックス内でウェリントン・ハットが倒されてPKを獲得。一度はGKオビ・パウエル・オビンナが凌いだものの、蹴る前にラインから離れていたとしてやり直しの判定になり、2度目のPKのこぼれ球をキッカーのウェリントン・ハットが押し込んで、追加点を奪った。2点をリードして試合を折り返すと、64分に米田がボックス内で倒されて獲得したPKを途中出場の都倉がゴール左下隅に決めて3-0とし、その後ゴールを割らせることなく完封勝利。これにより、長崎が暫定的に京都との勝ち点差を「4」まで詰め、逆転昇格に望みを繋いだ。 降格圏に沈む21位のギラヴァンツ北九州はアウェイの維新みらいふスタジアムで降格争いから抜けつつある14位のレノファ山口と対戦。関門海峡ダービーとなる一戦は互いにチャンスを作りながらも無得点のまま折り返すと、後半はやや押され気味だった北九州が76分に均衡を破る。右サイドでのプレッシングから西村が自陣でボールを奪うと、前線でこのボールを受けた高橋が左を駆け上がってきた椿に繋ぐ。すると、その高橋がさらに左から椿を追い越してボックス内左で再度ボールを受け、ダイレクトでゴール左上に突き刺して先制。これが決勝点となり、関門海峡ダービーは北九州に軍配が上がった。 こちらも残留争いを強いられる20位の愛媛FCはアウェイのデンカビッグスワンスタジアムで7位のアルビレックス新潟と対戦。生き残るためには勝ち点3を積み上げたい愛媛だったが、31分にCKの混戦からロメロ・フランクにゴールを許すと、前半のうちに反撃に出るもそのまま試合を折り返す。後半はGK岡本を中心にゴールを守り、攻撃面ではカウンターから決定機を作りつつもゴールは生まれず、90+1分にPKを決められて万事休す。他会場で北九州が勝利したことにより、暫定的に21位に沈む結果となった。 ◆第39節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-0 栃木SC FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ▽11/14(日) 《13:00》 SC相模原 vs ファジアーノ岡山 《13:05》 ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC 《14:00》 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック vs ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 京都サンガF.C. vs ブラウブリッツ秋田 2021.11.13 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木が今季関東1部で11ゴールの駒澤大学FW宮崎鴻の来季加入内定を発表、前橋育英の選手権初優勝メンバーの1人

栃木SCは8日、駒澤大学のFW宮崎鴻(22)の来季加入内定を発表した。 宮崎は、東京都出身で三菱養和SCで育ち前橋育英高校へと進学。その後、駒澤大学へと進学した。 2017年度の全国高校サッカー選手権大会で初優勝した前橋育英高校の優勝メンバーの1人。決勝では後半から出場していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では、ここまで19試合に出場し得点ランキング4位タイの11得点を記録。アシストも5記録している。 宮崎はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2022シーズンから栃木SCに加入することになりました、駒澤大学体育会サッカー部の宮崎鴻です」 「まずはじめに、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを栃木SCの一員としてスタートさせて頂けることを大変嬉しく思っております。今までにお世話になった先生方や共に戦った仲間、ここまで育ててくれた両親、そして私がプロサッカーの世界に挑戦するチャンスを与えていただいた栃木SCに、この場をお借りして最大限の感謝を申し上げます」 「栃木SCの「前に進み続けるアグレッシブなサッカー」を体現する中で、自身の武器である前線でのパワフルなプレーを活かし勝利に貢献できるように、ファン・サポーターの皆様に認めて頂けるように日々全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 2021.11.08 10:12 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly