選手にボトルが直撃…アルバニアファンがゴールに怒りスタンドから大量のボトル投げ込む

2021.10.13 21:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ーランド代表の選手たちが、危険な目に遭っていた。

12日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアルバニア代表vsポーランド代表が行われ、ポーランドが0-1で勝利を収めた。

この試合では、拮抗した展開で試合が進んでいく中、77分にカロル・シフィデルスキがネットを揺らし、そのまま逃げ切ってポーランドが勝利を収めていた。

この結果、ポーランドはアルバニアを抜いて2位に浮上。首位のイングランド代表を勝ち点差「3」で追いかけている。

事件が起きたのはその先制ゴール直後だった。シフィデルスキがゴールを決め、そのまま喜びに行くと、アルバニアファンがスタンドから物を投げ込むという暴挙にでる。

スタンドの近くまで行っていたシフィデルスキらは上から投げつけられるボトルが直撃。頭を押さえながら、急いでピチtに戻っていた。

しかし、多くのボトルが投げ込まれた結果、ピッチの一部がボトルだらけに。その結果、20分以上も試合が中断される事態となっていた。

この事態にロベルト・レヴァンドフスキは「ゴールの後、フルボトル(750mlボトル)が飛んできて、ちょっと危険な状態だった。でも戻ってきて試合を終えたよ」とコメントしていた。

選手たちにケガは無かったようだが、投げ込まれたものによってはケガの危険性もあっただけに、アルバニアには何らかの処分が下される可能性があるようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

CSKAvsゼニトのスタンドで火災のような花火、警察・軍まで出動する事態で拘束者は400人以上にも

400人以上のCSKAモスクワサポーターが、試合後に拘束された。ロシア『スポルト・エクスプレス』が伝えている。 28日に行われたロシア・プレミアリーグ第16節で、CSKAモスクワはホームに首位・ゼニトを迎えた。上位に食らいつくためにもライバル相手に負けられない一戦だったが0-2で完敗。この試合でCSKAモスクワの一部サポーターが、スタンド内で大量の花火・発煙筒に火をつけた。 スタンドは火災と見間違えるほどの炎や白煙に包まれ、一時騒然。警察だけでなく軍まで出動する事態となった。帰宅しようとしていたサポーターの多くもスタンドで足止めを食らい、中には5時間以上も会場を離れることができなかったファンも。警官たちはファンがトイレに行き、水を手に入れることさえ禁じていたと、同紙は報じている。 警察は「様々な犯罪のために多くの市民が調査のために内務省の領土部門に連れて行かれた」と述べている。試合中・試合後合わせて408名もの人を拘束し、ワゴンでモスクワの事務所まで連行。中には女性や未成年も交じっていたという。 この事態にCSKAモスクワも以下のような声明を発表した。 「クラブは状況の把握に努めている。我々は法執行機関とファンと連絡を取り合い、起こったことに関与しなかった人々を助けるためにあらゆる努力をする」 「残念ながら、VEBアリーナの歴史の中で、初めてこのような規模の花火が使用された。我々はこれらの違法行為を非難するが、同時に罪のない者が苦しむべきではないと信じている。できるだけ早く状況を解決するために、引き続き法執行機関に連絡し、ファンに無料の法律相談を提供する」 この件に関して翌29日、ロシア内務省より、警察官は行政違反に関する51件の報告書を作成したとの報告が上がった。逮捕者は25人に上り、花火関連の容疑者は14名だったと伝えられている。 <span class="paragraph-title">【動画】燃えるスタンド、軍に連行されるファン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Болельщиков ЦСКА сначала в течение часа не выпускали с трибуны после матча с «Зенитом», а затем начали задерживать на выходе. Дело в том, что фанаты москвичей зажгли несколько десятков файеров на трибунах.<br><br>Матч, проходивший в Москве, завершился победой «Зенита» со счетом 2:0. <a href="https://t.co/1m30q81iVb">pic.twitter.com/1m30q81iVb</a></p>&mdash; РЕН ТВ | Новости (@rentvchannel) <a href="https://twitter.com/rentvchannel/status/1465060506780196872?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Болельщиков ЦСКА сначала в течение часа не выпускали с трибуны после матча с «Зенитом», а затем начали задерживать на выходе <br><br>Вероятная причина — использование пиротехники в концовке игры. <a href="https://t.co/E1OVscWSLj">pic.twitter.com/E1OVscWSLj</a></p>&mdash; Спорт-Экспресс (@sportexpress) <a href="https://twitter.com/sportexpress/status/1465052011657891849?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

変態トラップからパーフェクトフィニッシュ! 元シティのコソボ代表FWが絶妙ループを沈める「今季最優秀ゴール」

EFLリーグ(イングランド3部)で見事ななループシュートが誕生した。 28日に行われたEFLリーグ1第20節、イプスウィッチvsクルー・アレクサンドラの一戦は、開始早々にホームのイプスウィッチが相手のオウンゴールでリードを奪った。その後も多くの決定機を迎えたものの追加点が遠く、ようやく生まれた2点目は想像以上に難易度の高いゴールだった。 コソボ代表MFベルサント・セリナは最終ラインからのロングボールを裏へ抜け出しながら足元へピタリと収めると、ボックス右手前からチップキック。ボールは背走から飛び上がるGKの頭上を越え、美しいアーチを描いて左隅に吸い込まれた。 トラップからシュートまでの一連の流れは完璧と言っても過言ではない。フィニッシュの奇跡も含め「今季最優秀ゴール」というファンの感想にも頷ける。 この日のイプスウィッチはチャンスを作り続けたが、至近距離でのシュートやGKとの一対一など、簡単そうなシュートがことごとく点に結び付かず。その後1点を返されただけに、セリナの技ありゴールは大きな価値のあるものとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】トラップからシュートまで完璧な流れの芸術ループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MI1fHQnVLpk";var video_start = 58;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「これはひどい」試合終了間際の失点で味方GKに乱暴…珍妙レッドカードに「絶対にばかげている」

相手が誰であれ、手をあげることは許されないだろう。 28日に行われたノルウェー1部リーグ、エリテセリエンのクリスチャンスンvsバイキングの一戦は、2-2の同点で迎えた後半のアディショナルタイム3分にアウェイのバイキングがゴールを奪い、勝利に大きく近づいた。 だが、残り数分をしのぎ切ればというところで守備陣間で口論が発生。U-21アイスランド代表GKパトリク・グンナルソンとU-21スロベニア代表DFデイビッド・ブレカロが激しく言い争うと、ブレカロがグンナルソンを突き飛ばして転倒させてしまう。 チームメイトになだめられるも興奮の収まらないブレカロは、主審にレッドカードを提示されて退場処分となった。閲覧者からも「絶対にばかげている」、「これはひどい」、「キーパーの倒れ方もなぁ…」などの声が上がっている。 中には「今年最も奇妙なレッドカード」とコメントするファンもいたが、今シーズンはNIFLプレミアシップ(北アイルランド1部)のグレントランvsコールレーンの一戦やトルコリーグ1部スュペル・リグでも味方に手を出して退場処分を受けるという事案が発生している。 サッカー選手とはいえ1人の人間。フラストレーションが溜まることはあるだろうが、相手であれ味方であれ、暴力行為は許されない。 <span class="paragraph-title">【動画】GKも過剰に反応している?怒ったDFが味方を突き飛ばす</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="no" dir="ltr">Hva er det som skjer med Viking?! Brekalo angriper egen keeper og blir utvist på overtid. Utrolige scener på tampen! <a href="https://t.co/MdyvGQIHfv">pic.twitter.com/MdyvGQIHfv</a></p>&mdash; Eurosport Norge (@EurosportNorge) <a href="https://twitter.com/EurosportNorge/status/1465017283152125955?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

顔が似ている?サンプドリア公式のチョイスに吉田麻也も思わず困惑「なぜ毛利小五郎…」

サンプドリアの英語版公式ツイッターの投稿に日本代表DF吉田麻也も思わず困惑した。 吉田は11月の代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場していたものの、27日に行われた第14節のエラス・ヴェローナ戦ではベンチに戻っていた。 そんな中、サンプドリアの英語版公式ツイッターは、吉田が復帰したことを祝してか、ヴェローナ戦直前に日本代表DFの写真を投稿。吉田が顎に左手を添えながらキメる1枚に「小五郎 毛利」という日本語のコメントとともに紹介した。 『名探偵コナン』に登場する毛利小五郎というまさかのチョイスには、日本のファンからも驚きの声が集まり、「眠りの麻也」「割と似てる(笑)」「毛利小五郎を知ってるとは」「目の覚めるようなプレー期待しています」といったコメントが寄せられていた。 ヴェローナ戦では、DFアレックス・フェラーリがプレー続行不可能となったことで、「小五郎 毛利」こと吉田は35分からスクランブル投入される。投入直後に失点に絡んでしまう場面もあったものの、サンプドリアは後半に3ゴールを奪い逆転勝利を飾った。 試合後、吉田自身もこの投稿を知ったようで、自身のツイッターで「なぜ毛利小五郎…」と爆笑の絵文字を添えて反応している。 <span class="paragraph-title">【動画】確かに似ている?毛利小五郎と吉田麻也を比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/0ek8Ay1Rid">pic.twitter.com/0ek8Ay1Rid</a></p>&mdash; MAYA YOSHIDA (@MayaYoshida3) <a href="https://twitter.com/MayaYoshida3/status/1464946942681784335?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

弘法にも筆の誤り、昨季ラ・リーガMVPオブラクがまさかのキャッチミス「それでも世界最高のキーパー」

アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクがまさかのキャッチミスで失点を喫した。 28日、ラ・リーガ第15節でカディスとアウェイで対戦したアトレティコは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)で惜敗したミラン戦と同じ先発メンバーを起用。[3-5-2]の布陣で臨んだ。 前半こそ0-0で終えたアトレティコだったが、56分のMFトマ・レマルのゴールを皮切りに得点を重ね、3点のリードを奪って終盤を迎えた。だが、勝利を確信して慢心が生じたのか、終了間際の86分にオブラクは失点直結のミスを犯してしまう。 自陣の左からFWアンソニー・ロサーノに強引にクロスまで持ち込まれると、ボールはDFに当たって大きく浮き上がりゴール前へ。比較的緩やかな流れ球に対し、オブラクは両手を伸ばして補球に行った。 だが、ポストが気になったのか軌道を見誤ったのか、落下地点よりも手前でジャンプ。ボールはオブラクの後方へ落ち、ゴールへと吸い込まれた。 昨シーズン、ラ・リーガ最優秀選手に選出されたオブラクによるまさかのエラーにファンも驚きと擁護のコメントを残している。 「誰もが通る道」、「彼がミスをすることはめったにないよ」、「それでも世界最高のキーパー」、「初めてミスしたのを見た」などの声がSNSに寄せられた。 さすがのオブラクもこれには苦笑いを浮かべるしかなかった。ただ、思いがけないミスをしても、チームメイトやファンからの信頼はまったく揺らいでいない様子。オブラクの積み上げてきた功績の大きさを感じさせる。 なお、試合は失点後1分も経たないうちにFWマテウス・クーニャのゴールで再びリードを広げたアトレティコが、4-1で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】昨季ラ・リーガMVP、名手オブラクがまさかの後逸</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.29 21:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly