岡山が米子北MF佐野航大の加入内定を発表! 町田MF佐野海舟の弟

2021.10.13 12:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は13日、米子北高校に在学するMF佐野航大(18)の来季加入内定を発表した。

FC町田ゼルビアでプレーするMF佐野海舟を兄に持つ佐野は岡山県出身の中盤。今夏の全国高校総体で米子北の背番号「10」として、準優勝に導き、大会優秀選手にも輝いた。

地元クラブである岡山でのプロキャリアスタートを受け、クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。

「来季からファジアーノ岡山に加入することになりました佐野航大です。プロサッカー選手になるという小さい頃からの夢を、地元である岡山で叶えることができ、大変嬉しく思います。子どもたちに笑顔と夢を与えられるような選手になれるよう、大変な世の中ではありますが、感謝の気持ちを忘れずに努力していきます。よろしくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

岡山が5選手と契約満了…クラブ一筋12年のGK椎名一馬やDF田中裕介ら

ファジアーノ岡山は26日、5選手との契約満了を発表した。 今回契約満了が発表されたのは、GK椎名一馬(35)、DF田中裕介(35)、FW山本大貴(30)、FWブレネー・マルロス(27)、DF増谷幸祐(28)となる。 椎名は、流通経済大付属柏高校から流通経済大学へと進学し、2009年にファジアーノ岡山へと入団。2度にわたりファジアーノ岡山ネクストへと期限付き移籍するが、クラブ一筋でプレーを続けた。 しかし、出場機会は2014年のJ2で3試合のみとなっている。 田中は、 横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(オーストラリア)、セレッソ大阪でプレーした後、2019年に岡山に加入。岡山ではJ2で66試合に出場し1得点を記録していた。 山本は、ベガルタ仙台、松本山雅FCでプレーした後、2019年に期限付き移籍で松本に加入。2020年からは完全移籍で加わった。岡山では、J2で78試合に出場し10得点を記録した。 ブレネー・マルロスはバンクコク・ユナイテッドから今シーズン加入。J2で2試合に出場したが得点はなかった。 増谷はFC琉球から2019年に期限付き移籍で加入し、2020年からは完全移籍で加入。岡山ではJ2で15試合の出場に終わっていた。 2021.11.26 13:48 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が有馬賢二監督の今季限りでの退任を発表「来季、ともに戦えないことは非常に残念です」

ファジアーノ岡山は24日、有馬賢二監督(48)の今季限りでの退任を発表した。 有馬監督はFC東京で指導を始めると、2014年にY.S.C.C横浜で監督に就任。その後、ナショナルトレセンコーチやU-15日本代表、U-17日本代表の監督を経て、2019年から岡山で指揮を執っている。 就任1年目はJ2で9位、2年目の2020年は17位で終わると、今シーズンも現在10位に位置している。 有馬監督はクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山を支えてくださる皆さま。結果に繋がらない時も、いつも我慢強く応援してくださり、ありがとうございます。選手も常に前向きに、タフに一つになって戦い、成長しています」 「来季、ともに戦えないことは非常に残念ですが、今シーズン残り2試合、選手・チームスタッフとクラブスタッフとともに全力で勝利を目指して戦います。引き続き、応援の程、よろしくお願いします」 なお、後任監督は決定次第発表されるとのことだ。 2021.11.24 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが10月3戦3G1Aで月間MVPに輝く! 「この流れで最後まで」

Jリーグは12日、10月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーからヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、ファジアーノ岡山のFW上門知樹、藤枝MYFCのFW岩渕良太がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 J1リーグで佳境の3位争いで一歩リードする神戸。10月の3試合を2勝1分け無敗で切り抜けたチームのなかで、イニエスタはその全試合に先発して、3得点1アシストと活躍した。受賞に際して、喜びの思いとともに、決意を新たにしている。 「このMVPはチームに貢献することができた証なので喜んでいます。でも、何よりも10月はチームが一つになって素晴らしい戦いができたと思います。この流れで最後まで戦い抜きたいです」 また、J2リーグからの選出となる上門は10月の5試合で2勝3分け無敗と好調なチームとともに、個人としても4得点と躍動。J3リーグからノミネートされた岩渕は5試合で4得点1アシストのインパクトを残した。 2021.11.12 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が早稲田大学MF田中雄大の来季加入を発表「まさに「夢」を与えていただきました」

ファジアーノ岡山は8日、早稲田大学のMF田中雄大(21)の来季加入内定を発表した。 田中は神奈川県出身で、桐光学園高校から早稲田大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では14試合で4ゴールを記録していた。 「2022シーズンよりファジアーノ岡山に加入することになりました、早稲田大学の田中雄大です。幼稚園の時からサッカーを始め、いつの日からか夢に描いていたプロの世界に入ることができ、とても嬉しく感じます」 「大学生活では、怪我に悩まされ約半分の期間をリハビリに費やしました。様々な現実と向き合い、プロサッカー選手になる意味とはどういうことなのか、そもそもプロサッカー選手になるという夢を諦めようと思うことも多くありました。その中で、私自身初めてプロチームからオファーをいただいたクラブがファジアーノ岡山でした。まさに「夢」を与えていただきました」 「ファジアーノ岡山は、「子どもたちに夢を!」という明確な理念を掲げているクラブであり、また練習参加をした際に、地元の多くの方々に温かく応援され「一緒に育む気持ち」に支えられていることを感じました。私もその一員となり、夢や地域に貢献できる存在になりたいと思います」 「そして、私はサッカー小僧です。「お前はサッカー小僧だ」と早稲田大学の外池監督に言われ続けました。「サッカー小僧」とは、闘うことや挑むことを厭わずボールを奪い、ゴールを目指していく姿勢であり、それが私の最大の強みです。プロの舞台でもずっと「サッカー小僧」であり続けます」 「ファジアーノ岡山を応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆さま、これからよろしくお願いします!」 「そして、今まで自分を支え続けてくれた家族、友人、チームメイト、指導者の方々、私に関わっていただいた全ての方々にこの場を借りて感謝申し上げます」 2021.11.08 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山が喜山康平と齊藤和樹の負傷離脱を報告

ファジアーノ岡山は26日、喜山康平と齊藤和樹の負傷離脱を発表した。 喜山は24日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節の水戸ホーリーホック戦に先発したが、62分に交代。左下腿部肉離れで全治3〜5週間の見込みだ。一方の齊藤は25日のトレーニングマッチで左大腿部肉離れのケガを負い、全治まで6〜8週間を要するという。 今季はここまで喜山が34試合に出場して2得点、齊藤が19試合に出場していた。 2021.10.26 16:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly