8戦全勝でW杯出場決定のデンマーク、主将ケアーも喜び隠さず 「チームはさらにハングリーに」

2021.10.13 10:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属するデンマーク代表DFシモン・ケアーがカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場決定を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。

デンマークは12日に行われたW杯欧州予選グループF第8節でオーストリア代表と対戦した。ここまで予選全勝のチームは前半にMFミッケル・ダムスゴーアが負傷交代したこともあり、なかなか得点を奪えない時間が続いたが、53分にDFヨアキム・メーレのゴールで先制に成功。その後はここまで予選無失点の守備が相手の反撃を許さず、1-0で勝利した。

この結果、デンマークは予選8試合で27得点無失点という圧倒的な成績によってグループ首位が確定。早くもW杯本大会の出場権を獲得した試合後、デンマーク『Kanal 5』のインタビューに応じたキャプテンのケアーはチームが今夏開催のユーロ2020でベスト4を達成したことに引き続き結果を出したことを喜び、全員の貢献による成果だと胸を張った。

「僕たちは、すでに長い道のりを歩んできたと思う。それでも、このチームはさらにハングリーになっている」

「僕らは信じられないほど健全な仲間と共にこのメンタリティを築き上げ、常に向上心を持ち続けている。チームに所属する選手は互いに最高のものを共有しているんだ。それを僕たちが元々持つクオリティに加えたことで、より遠くへ行くことができる」

関連ニュース
thumb

Y・ポウルセンが左足内転筋負傷でデンマーク代表を離脱、全治は6週間

ライプツィヒは11日、デンマーク代表に合流中だったFWユスフ・ポウルセンが左足内転筋を痛めたことを発表した。離脱期間は6週間とのことだ。 Y・ポウルセンは10日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23第3節クロアチア代表戦で83分から出場も、負傷して90分に交代していた。 デンマークは13日にUNL第4節でオーストリア代表と対戦するが、Y・ポウルセンは欠場することになった、 そればかりでなく7月11日から始動するライプツィヒのプレシーズン合流にも支障が出る状況となってしまった。 2022.06.11 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

後半出場でUNL初勝利に貢献 コバチッチ「落ち着いてプレーできた」

クロアチア代表MFマテオ・コバチッチが試合を振り返り、次戦への自信を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。 10日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-2023リーグA・グループ1の第3戦でデンマーク代表と対戦したクロアチア。前半はデンマークに主導権を握られていたものの、後半開始からMFルカ・モドリッチとコバチッチを投入して試合の流れを引き寄せ、69分にCKからMFマリオ・パシャリッチが先制点を奪い、1-0の勝利を収めた。 後半開始から出場してクロアチアのUNL2022-2023初勝利に貢献したコバチッチは試合後、後半は優位に試合を進めることができたとし、次節のフランス代表戦でも冷静さが必要になると語った。 「難しい試合だった。デンマークは直近の2試合やユーロ2020でも見せてくれたように、良いチームだということを僕らは知っていたんだ。前半は少し苦労したよ。けど、後半は僕らが主導権を握ることができた。さらに、幸運なことにゴールを奪うこともできたから、その分僕らは冷静に試合を進めることができたよ」 「後半は良いスピリットを見せられたと思うよ。ボールを支配してプレッシャーの中でも落ち着いてプレーできたのは、フランス戦でも必要になってくるはずだ」 2022.06.11 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

惜敗のデンマーク、エリクセンが敗因に言及 「モドリッチとコバチッチが入って…」

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが試合を振り返り、敗戦の要因を語った。『UEFA.com』が伝えている。 10日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-2023リーグA・グループ1の第3戦でクロアチア代表と対戦したデンマーク。前半にデンマークが攻勢を強めたが、ゴールレスで折り返すと、69分にCKからMFマリオ・パシャリッチにゴールを許し、0-1の敗戦を喫した。 フル出場したエリクセンは試合後、後半からクロアチアがMFルカ・モドリッチとMFマテオ・コバチッチを投入したことで難しくなったと語った。 「僕らはとてもハードに戦ったし、タフな試合だった。前半と後半で試合の展開は全く異なっていたと思う。前半は僕らがボールを持つ時間が多く、同時に多くのチャンスも作り出していたんだ。だけど、ラストパスをミスしてしまい、試合はそこからオープンな展開になってしまった。後半からルカ・モドリッチとマテオ・コバチッチが入ったことでクロアチアのポゼッションが変わり、僕らはボールを奪うためのインテンシティが欠けていたんだ」 また、エリクセンは13日に迫るオーストリア代表戦に向けて意気込みを語った。 「月曜日にまた勝ち点3を取って終わることができれば、それは大きな意味を成す。4試合で勝ち点を9まで伸ばせれば大きな自信につながるんだ」 2022.06.11 11:06 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチアが初勝利、連勝スタートのデンマークに競り勝つ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第3節、デンマーク代表vsクロアチア代表が10日に行われ、0-1でクロアチアが勝利した。 2連勝スタートのデンマークと、1分け1敗スタートのクロアチアによる一戦。 ホームチームのデンマークが良い入りを見せた中、まずは11分、ボックス左に侵入したメーレが際どいシュートを浴びせて牽制する。 その後もモドリッチをベンチスタートとしたクロアチア相手に主導権を握るデンマークは、41分にボックス手前右からライナーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKリヴァコビッチのセーブに阻まれ、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 迎えた後半、モドリッチとコバチッチを投入したクロアチアが盛り返す流れとなる中、63分にはモドリッチのコントロールシュートでオンターゲットを記録。 すると69分、CKの流れからルーズボールをゴール前のパシャリッチが蹴り込んでクロアチアが先制した。 終盤にかけてはデンマークの攻勢が強まった中、87分にはグレゴリッチュがネットを揺らすもわずかにオフサイドでクロアチアが逃げ切り。今大会初勝利としている。 2022.06.11 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ラーセンの芸術弾でオーストリアを下したデンマークが2連勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ1第2節、オーストリア代表vsデンマーク代表が6日に行われ、1-2でアウェイのデンマークが勝利した。 ランゲニック新監督の初陣となったクロアチア代表との初戦を3発快勝したオーストリアは、その試合の先発からライマーとシュラーガー以外の9人を変更。カライジッチやリュビチッチ、ダビド・アラバらが先発で起用された。 一方、初戦で王者フランス代表から逆転勝利を飾ったデンマークは、その試合から先発を4人変更。ドルベリやスコフ・オルセン、デラネイ、ヴァスに代えてユスフ・ポウルセン、ブラースヴァイト、ラスムス・クリステンセン、イェンセンが先発に名を連ねた。 停電による遅延によって1時間30分遅れでの開催となった試合は、一進一退の展開が続く中、オーストリアが先に決定機を創出する。16分、アラバのロングパスを右サイドのスペースで受けたバウムガルトナーがクロスを供給。これにカライジッチが飛び込んだが、わずかに届かなかった。 対するデンマークは27分、ホイビュルクのパスを受けたR・クリステンセンがボックス右横まで持ち上がりクロスを供給すると、フリードルにディフレクトしたボールをボックス中央に走りこんだホイビュルクが右足で流し込んだ。 先制したデンマークは33分にも、ボックス左から侵入したY・ポウルセンが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKペンツが左手一本ではじき出した。 1点を追うオーストリアは43分、右CKからアラバが直接ゴールを狙ったが、これは素早く反応したGKシュマイケルが両手ではじき出し、前半は0-1で終了した。 迎えた後半、オーストリアはカライジッチ、バウムガルトナー、リュビチッチを下げてグレゴリッチュ、アルナウトビッチ、ザビッツァーを投入する3枚替えを敢行。 後半立ち上がりからやや劣勢の展開が続いたデンマークは、52分にY・ポウルセン、ブラースヴァイト、ヴェステルゴーアを下げてダムスゴーア、スコフ・オルセン、コーネリウスを投入。すると58分、エリクセンのパスでDFの裏に抜け出したスコフ・オルセンが、GKとの一対一を迎えたが、ボックス左から放ったシュートはゴール右に逸れた。 その後は膠着状態が続く中、オーストリアは68分にバックパスを受けたGKシュマイケルに猛烈なプレスを仕掛けたグレゴリッチュがパスカットに成功すると、ボックス左で落としを受けたアルナウトビッチの折り返しを、最後はシュラーガーがゴールに流し込んだ。 試合はここからややオープンな展開となると、デンマークは70分にバイタルエリアでボールを受けたエリクセンがロングシュート。無回転気味の強烈なシュートはGKペンツがわずかに触り、左ポストを叩く。 対するオーストリアは74分、ダンソのロングパスからボックス内に侵入したアルナウトビッチが飛び出したGKをかわしシュートを放ったが、こちらも左ポストに嫌われた。 一進一退の見ごたえのある攻防が繰り広げられる中、再びスコアを動かしたのはでデンマーク。84分、左サイドでパスを受けたストリガー・ラーセンがボックス左手前まで切り込み右足一閃。狙いすましたシュートがゴール右に吸い込まれた。 終盤にかけてはオーストリアが猛攻を仕掛けたが、最後まで同点ゴールは奪えず。スコフ・オルセンのゴールで逃げ切ったデンマークが2連勝を飾った。 2022.06.07 07:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly