敵将も2ゴール演出のソン・フンミンを絶賛!「傑出した選手は彼だった」

2021.10.04 19:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのディーン・スミス監督がトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。

アストン・ビラは3日にプレミアリーグ第7節でトッテナムとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。

1失点目はソン・フンミンとMFピエール=エミール・ホイビュルクの連動した守備でボールを奪われると、そのまま2人の連携からゴールを許す結果に。その後後半に同点に追いつくも、71分にソン・フンミンの突破からオウンゴールを許した。

スミス監督は試合を振り返り、後半に巻き返したものの、ソン・フンミンの存在が試合を決めたと語った。

「どちらのチームも主導権を強く握っていない、本当に乱雑なゲームだと思った。おそらく前半にゴールを決められてから、10分間ストレスを感じていたのだろう」

「しかし、そのストレスは、私たちがボールを取り戻し、奪われ、そして取り戻し、再び手放したことが原因だろう。そして、それは少しゲームのようだった」

「後半はボールを素早く動かしてプレーを切り替えることについて話したが、後半は順調にスタートしたと思った」

「オリー(・ワトキンス)の良いシーズン初ゴールで報われたが、残念なことに私から観てゲームは変化し、その日の傑出した選手はソン(・フンミン)だった」

「時に、その選手によってゲームが変わる。彼は彼らのゴールを作り上げた」

「あの時の私たちはおそらく攻撃的すぎた。ゴールを奪い返して同点に戻った後、彼らはすぐに私たちのサイドを破壊してきた。ソン・フンミンはコートニー(・ホース)の逆を突き、クロスを上げた」

「その後、彼らは試合を終わらせて勝利を収めようと考えていた、タフだったが、私たちは同点にするためにすべてを講じた」

「私が言ったように、今日は乱雑で厄介なゲームだった」



1 2

関連ニュース
thumb

ノリッジ戦で負傷交代のレギロンは軽傷 「数日後には戻ってくるよ」

ノリッジ戦で負傷交代したトッテナムのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンだが、大事には至らなかった模様だ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムは5日、ホームで行われたプレミアリーグ第15節のノリッジ戦で3-0の快勝を収めた。開幕以来の3連勝を飾ったチームは、暫定ながら5位に浮上している。 しかし、同試合では試合前の段階から左ハムストリングの違和感を訴えて、テーピングをガチガチに巻いて強行出場していたレギロンが前半20分過ぎにプレー続行不可能となり、22分にMFライアン・セセニョンとの交代でピッチを後にしていた。 負傷箇所を考えれば、数週間単位の離脱の可能性も指摘されるところだが、レギロンは試合後に自身の公式『ツイッター』を通じて今回のケガが軽傷であることを冗談交じりに明かした。 「数日後には戻ってくるよ。だから、僕を(オンラインサッカーゲームの)ファンタジープレミアリーグで売らないでね…」 また、チームを率いるアントニオ・コンテ監督も試合後の公式会見の場で、同選手のケガが重いものではないことを同様に認めている。 「セルヒオ(・レギロン)のケガに少しがっかりしたが、彼と話をした。それが酷いものではないと思っているよ」 また、イタリア人指揮官は先日のヨーロッパ・カンファレンスリーグのムラ戦で前半に2枚のイエローカードをもらい退場となって以来の起用となったセセニョンについても言及。レギロンに代わってのスクランブル起用ながら攻守にアグレッシブなプレーを見せた点を評価している。 「レギロンの交代は残念だったが、試合開始20分過ぎに入ったセセニョンが良い試合をしたことを確認する機会を与えてくれた」 「彼がもっとうまくやれると確信している。大きな力を持ったプレーヤーでクオリティを備えており、フィジカル的にも強い。ただ、彼にはもっと自信を持つ必要がある」 2021.12.06 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが開幕以来の3連勝! ルーカス&サンチェス初弾にソンが2戦連発!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、トッテナムvsノリッジが5日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で快勝した。 現在、6位のトッテナム(勝ち点22)は前節、ブレントフォードに2-0の快勝を収めてリーグ連勝を達成。開幕以来の3連勝を目指す今節は降格圏の19位に沈むノリッジ(勝ち点10)をホームで迎え撃った。 コンテ監督は中2日での連戦に向け、体調不良のエメルソンに代えてタンガンガを右ウイングバックに配置した以外、同じメンバーを採用した。 共に新体制移行後、リーグ無敗を継続する両者の一戦はアウェイチームが先にゴールへ迫る。開始3分、右サイドで深い位置を取ったイダーからの折り返しをボックス中央のプッキがダイレクトでシュートするが、これはGKロリスの好守に遭う。 一方、この直後に古巣初対戦のスキップが中央突破から最初の枠内シュートを放ったトッテナムは、2本目の枠内シュートをゴールに結びつける。10分、バイタルエリア中央でダビンソン・サンチェスから足元にパスを受けたルーカス・モウラが鮮やかなターンからソン・フンミンとパス交換し、前向きな状態でペナルティアーク付近に運んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 ルーカスの今季リーグ戦初ゴールとなる弾丸ミドルシュートで幸先よく先制に成功したトッテナムだが、以降は後方から丁寧にボールを動かすノリッジにボールを握られて反撃を許す展開に。さらに、20分過ぎには試合前からハムストリングに不安を抱えていたと思われるレギロンがプレー続行不可能となり、セセニョンがスクランブル投入される。 前半半ばを過ぎてコンテ監督から守備面の修正が入ったか、前線からの圧力を強めて相手のプレーにようやく制限をかけられるようになったホームチームは、試合の主導権を掌握。3トップの連携やセセニョンの縦への仕掛けを軸に、カウンターからチャンスを作り出していく。 29分にはボックス中央でソン・フンミンからの折り返しに反応したケインのワンタッチシュート、39分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが前に飛び出したGKクルルのポジションを確認してミドルループでゴールに迫ったが、いずれも枠に飛ばすことができず。試合は1-0のスコアで折り返した。 後半もボールを握られる形となったトッテナムは、背後を積極的に狙うイダーの対応にやや苦戦。59分にはボックス内でのプッキのシュートをゴール前のイダーに触られてあわやというピンチを招くが、これは枠の左に外れる。 展開を考えれば、早い時間帯に2点目を奪って試合を決めたいトッテナムは62分にタンガンガを下げてドハーティを右のウイングバックに投入。この交代で左偏重の攻撃のバランスを修正する。 65分にはペナルティアーク付近でパスを受けたケインがバランスを崩しながらも左足の鋭いグラウンダーシュートを枠の右下隅へ飛ばすが、これはGKクルルのビッグセーブに遭う。だが、このプレーで得た右CKの場面でキッカーのソン・フンミンが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでベン・デイビスが頭で触ったボールが中央の相手DFに当たってこぼれると、これをサンチェスが冷静に右足で蹴り込んでルーカスに続く今季リーグ戦初ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは気落ちするノリッジを相手に畳みかける攻めを見せていく。ホイビュルクやケインが相手GKクルルを脅かすシュートを見せると、決定的な3点目を奪い切る。 77分、右サイド深くでドハーティが鋭角にマイナスへ折り返したボールをベン・デイビスが回収。スキップとのワンツーでそのままボックス内へ侵入したベン・デイビスが中央のソン・フンミンへ繋ぐと、右への持ち出しでDFを外した韓国代表が右足のシュートをゴール左隅へ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 その後、殊勲のルーカスを下げてベルフワインを最後のカードとして切ったトッテナムは、試合終盤にかけてアウェイチームの攻勢に晒されたが、相手の決定力不足にも助けられてこのまま3-0で試合をクローズ。 下位に沈むノリッジ相手に完勝のトッテナムが開幕以来のリーグ3連勝を飾り、暫定5位に浮上している。 2021.12.06 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアで未だ1ゴールも…コンテ監督はケインを信頼「彼のためにチャンスを作りたい」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、リーグでいまだ1ゴールのイングランド代表FWハリー・ケインへの信頼を強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏にマンチェスター・シティへの移籍が大きく取り沙汰されたケイン。一時は退団が既定路線とも思われたが、クラブ首脳陣との話し合いの結果、残留を決断した。 そうした騒動を終え、シーズンに臨んだケインだったが、今季はここまでプレミアリーグ12試合に出場し、挙げた得点はわずか1ゴールのみ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では5試合に出場し6得点を挙げているものの、本調子でないことは確かだ。 しかし、コンテ監督はそんなチームのエースへの信頼を強調。得点以外での貢献に注目した。 「まず、ハリーは我々が勝てば、自分が得点しなくても幸せだと思っている。なぜなら、チームこそ我々にとってもハリーにとっても第一に考えているものだからだ」 「得点のチャンスを得ることは重要であり、我々はこの点で大きく進歩している。ハリーはこれからきっとたくさんのゴールを決めてくれると思う」 「我々が対戦するすべてのチームに対して、ブレントフォード戦と同様に彼は良いパフォーマンスを見せてくれるだろう。彼のプレーにはとても満足している」 「ストライカーが得点したいということはわかっている。我々は彼のために得点のチャンスを多く作りたい。このような状況を作るにあたって、我々は正しい道を歩んでいると思う」 2021.12.04 18:34 Sat
twitterfacebook
thumb

「今夜は深夜まで楽しむ」リーグ戦連勝のトッテナム、コンテ監督は選手を称える「良い勝利だった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、ブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2日、プレミアリーグ第14節でブレントフォードをホームに迎えたトッテナム。試合は12分にオウンゴールで先制すると、65分にはソン・フンミンが追加点。2-0で勝利を収めた。 直近のバーンリー戦が、豪雪の影響で試合直前に中止となり、試合間隔が空いたトッテナム。昇格組ながら、力強いプレーをしてくるブレントフォードに対してしっかりと勝利を収められたことに、コンテ監督は選手たちのパフォーマンスを称賛した。 「選手のみんなにおめでとうと言いたい。とても危険なチームに対して、良い勝利だった。よく組織され、セットプレーとスローインがとても強く、何かが起こる可能性があった」 「相手は屈強で背が高いが、守備的にも注意をはらえていたので満足している。良かった。ウーゴ(・ロリス)はこのような状況下でも、素晴らしい個性を見せた」 「我々は常に重要な3ポイントを獲得し、クリーンシートで仕上げることを強く望んでいる中、良い結果を残した。最終結果を良くするチャンスを逃したが、チャンスを作ることが重要であり、パフォーマンスと対戦相手のボックス内での危険性を改善するつもりだ」 この勝利により、マンチェスター・ユナイテッドに敗れたアーセナルとの勝ち点差が1となったトッテナム。トップ4を争う上で重要な勝ち点を獲得したが、この先もしっかりと積み上げる必要があるとした。 「多くのポジティブな点があるが、私が言ったように今夜は深夜まで楽しむ。ただ、深夜を過ぎれば、1秒でも早く、我々にとって重要な試合である日曜日(ノリッジ戦)を考えなければいけない」 「勝ち点3を得るために頑張らなければならない。2日前に対戦したチームとのタフな試合に向け、休息と準備をしなければいけない」 2021.12.03 12:07 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがソンの高速カウンター弾などでブレントフォード撃破! ムラ戦の屈辱晴らすリーグ連勝に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、トッテナムvsブレントフォードが2日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。   前々節のリーズ戦を逆転勝利で飾り、コンテ体制初のリーグ戦勝利を飾った7位のトッテナム(勝ち点19)。しかし、ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは格下ムラに屈辱の敗戦を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図るチームだったが、前節のバーンリー戦は大雪の影響で開催延期に。そして、12位のブレントフォード(勝ち点16)をホームに迎えた一戦で仕切り直しの勝利を目指した。コンテ監督はリーズ戦からタンガンガ、ウィンスクに代えてダビンソン・サンチェス、スキップを起用した以外同じメンバーを継続した。   立ち上がりから押し込む入りを見せたトッテナムは、開始6分にいきなり決定機を創出。ロングカウンターから中央でボールを運んだケインがボックス右に走り込むルーカス・モウラにラストパスを通すと、ルーカスが鋭い右足のシュートを枠に飛ばしたが、ここはGKフェルナンデスのワンハンドセーブに遭う。   それでも、サイドを起点に狙いを持った攻撃を続けるホームチームは12分、左CKの場面でショートコーナーから左サイド深くでソン・フンミンが上げたクロスにベン・デイビスが競ると、これが相手MFカノスのオウンゴールを誘った。   幸先よく先制に成功したトッテナムは、前に出てきた相手にボールを持たせながら狙いを持ったプレスでうまく中盤に守備の網をかけてボールを奪い、ケインを起点にカウンターを繰り出していく。前半半ば過ぎの36分には相手のスローインからボールを奪ってカウンターを繰り出すと、ボックス手前に持ち込んだソン・フンミンが強烈な左足のミドルシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれる。   その後もレギロンやルーカスの抜け出しから2点目に迫ったトッテナムだが、相手守備の最後の粘りに遭いゴールを奪い切るまでには至らず。それでも、概ね試合をコントロールした形で試合を折り返した。   後半も集中した入りを見せたトッテナムは続けて決定機を作り出していく。まずは50分、スキップが縦への持ち運びから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスを通す。だが、ケインはGKとの一対一でシュートを相手の身体に当ててしまう。さらに、直後のセットプレーの波状攻撃からケイン、ベン・デイビスの連続ヘディングシュート、54分にはケインのお膳立てからボックス左のホイビュルクにシュートチャンスも、ここも決め切れない。   時間の経過と共にブレントフォードがリスクを冒して前に出始め、トッテナムは少し受けに回る時間帯が続く。しかし、相手得意のロングスローにこそ手を焼くものの、流れの中では決定機を許さず。   すると、65分には前半から狙っていたカウンターの形から見事なゴールが生まれる。ダビンソン・サンチェスのクリアボールをハーフウェイライン付近のソン・フンミンがケインに短く落とすと、ケインは左サイドのスペースに走り込むレギロンへ絶妙なスルーパスを通す。そのままボックス付近まで運んだレギロンからの正確なグラウンダーのクロスを、ゴール前にドフリーで走り込んだソン・フンミンが右足ワンタッチで難なく流し込んだ。   この追加点によって余裕を持った試合運びが可能となったトッテナムは、攻撃的なカードを切ってきたアウェイチームの反撃を意識してか、77分にはルーカスを下げてウィンクス、83分にはエメルソンを下げてタンガンガと守備的な交代策で逃げ切り態勢に入る。   その後、トニーをターゲットとする相手のパワープレー気味の攻撃を身体を張った守備で撥ね返し続けたトッテナムがクリーンシートで試合を締めくくり、ムラ戦の失態を払しょくすると共にリーグ戦連勝を飾った。 2021.12.03 06:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly