カンナバーロ監督が広州FCを退団…「恒大集団」の経営破綻の影響で契約解消

2021.09.28 23:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
広州FC(元広州恒大)は28日、ファビオ・カンナバーロ監督(48)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

かつては中国のみならずアジアサッカー界を席巻していた広州FCだが、経営権を保有する中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻によって、クラブ存続の危機に瀕している。

中国『捜狐(sohu.com)』によると、選手へ支払われる給与に関しては、9月分が10月に支払うことが発表されたが、苦しい財政状況を考えるとそれもかなわないとのこと。チームの運転資金を「恒大集団」に回すことになるようだ。

その中、クラブは指揮を執るカンナバーロ監督(48)に対し、退団を求める交渉をスタート。現在リーグ戦が中断されている中、ヨーロッパに滞在していた同監督は中国に戻る予定だったが、クラブからの通達を受けて中国へ戻るのをやめたという。

クラブの財政難を理解するカンナバーロ監督は、2023年まで契約を残していた中、最大で1億2000万元(約20億5000万円)の給与をもらう予定だったが、残りの契約を破棄し、クラブを助けることを選んだようだ。

カンナバーロ監督は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として指揮官に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再任していた。

広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。

関連ニュース
thumb

広州FCがカンナバーロ監督との契約終了へ…「恒大集団」の経営破綻が大きく影響、20億円の給与を放棄か

中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻が大きな話題となり、中国経済へ与える影響の大きさが連日報道されている。 その「恒大集団」が保有し、かつては中国のみならずアジアサッカー界を席巻していた広州FC(元広州恒大)だが、財政状況がクラブへ与える影響が非常に大きくなっている。 中国『捜狐(sohu.com)』によると、選手へ支払われる給与に関しては、9月分が10月に支払うことが発表されたが、苦しい財政状況を考えるとそれもかなわないとのこと。チームの運転資金を「恒大集団」に回すことになるようだ。 その中、指揮を執る元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ監督(48)に対し、広州FCが退団を求める交渉をスタートしたとのこと。現在リーグ戦は中断されている中、ヨーロッパに滞在していたカンナバーロ監督は中国に戻る予定だったが、クラブからの通達を受けて中国へ戻るのをやめたという。 カンナバーロ監督もクラブの財政難を理解しており、この要請を受け入れるとされている。2023年まで契約を残していたカンナバーロ監督は、最大で1億2000万元(約20億5000万円)の給与をもらう予定だったが、残りの契約を破棄し、クラブを助けることを選ぶようだ。 まだ交渉段階ということもありクラブから公式発表はなされていないものの、契約は正式に終了するとされており、新監督はかつてセルティックにも所属し、2010年から広州FCでプレーする中国代表MFチェン・チー(41)が務めることになると見られている。 カンナバーロ監督は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として監督に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再び監督に就任していた。 広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。 2021.09.24 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アジアNo.1にもなった広州FC、中国の大手不動産会社「恒大集団」の破綻で崩壊の可能性

中国サッカー界を牽引してきた広州FCだが、クラブ崩壊の危機に陥っている。 広州恒大として知られていたが、今シーズンから中国サッカー協会の規定により企業名をチーム名に入れられないことから名称を広州FCに変更していた。 その親会社は、中国最大手の不動産開発会社である「恒大集団」。2010年にチームを傘下に入れ、広州恒大として活動していた。 かつては“爆買い”として世界中に名を知らしめた中国スーパーリーグ。その中でもトップを走っていたチームは、ヨーロッパで活躍していた選手たちを補強。パラグアイ代表FWルーカス・バリオスやイタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ、FWアルベルト・ジラルディーノ、ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスなどを順次獲得していた。 また、指導者にも世界的な選手を連れてきており、ユベントスやイタリア代表を率いたマルチェロ・リッピ氏や元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏、元ブラジル代表監督であるルイス・フェリペ・スコラーリ氏らを招へい。買収した翌年の2011年から7連覇を含む中国スーパーリーグを8度制覇。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年に優勝するなど、アジアでもトップクラブに成り上がっていった。 レアル・マドリーやミラン、バイエルンなどとも提携するなど、ビッグクラブへと近づいていっていた広州FCだが、親会社である「恒大集団」が経営破綻に近づいているという。 創業者の許家印氏が、一代で大企業へと成長させた「恒大集団」。2010年以降は不動産以外にも電気自動車やインターネット業界へも進出。現在の年商は7000億元(約12兆円)を超えている。 2020年の売上高も7232億元(約12兆3000億円)、利益は314億元(約5300億円)とされているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が不動産業界を直撃。不動産価格が下がったことを受け、金融における流動性リスクが起こったため、破綻に追い込まれてしまった。 中国『Sup China』の報道によれば、今年の初めの時点で負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にものぼっているとのこと。中国政府へと救済を求めており、広東省はクラブの10〜15%の株式を引き継ぐことを目指しており、国営企業がクラブの残りの部分を買収することになるという。 一時期のようなビッグネームはチームに所属していないが、帰化をして中国代表としてプレーするFWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニングらは所属。しかし、チームは高給の選手を放出し、資金調達に動くとのこと。また、賃金が未払いとなっていることから、多くの選手が中国から離れようと考えているとのことだ。 中国では、2020シーズンの中国スーパーリーグ王者である江蘇FC(かつての江蘇蘇寧)が破綻し、チームを解散。江蘇FCも“爆買い”で鳴らしたクラブだったが、インテルのオーナーでもある蘇寧電器グループの経営も不振となっていた。 この先どのような形になるのかは現時点では不明。しかし、中国サッカー界のみならず、中国の産業界にも厳しい時代が舞い込んでいるようだ。 2021.09.21 13:02 Tue
twitterfacebook
thumb

広州退団のパウリーニョ、新天地はサウジアラビアに!

サウジアラビアのアル・アハリは22日、元ブラジル代表MFパウリーニョ(32)を獲得したと発表した。契約期間は3年となる。 コリンチャンスやトッテナムなどでプレーしたパウリーニョは、2015年に広州恒大(現・広州FC)に移籍。2年間を過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナへ完全移籍するも、翌年の夏にレンタル移籍で広州FCに復帰していた。 さらに、2019年1月には買取オプションが行使され、2度目となる完全移籍を果たすと、その後は2シーズンに渡ってプレー。しかし、昨季終了後に母国に帰国すると、新型コロナウイルスの影響で中国への再入国が叶わなかったことから、先月20日に双方合意の上で契約を解除していた。 4年半を過ごした広州FCでは、公式戦172試合に出場し74ゴール29アシストを記録。3度の中国スーパーリーグ制覇に加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、中国FAカップ優勝など8つのタイトル獲得に貢献していた。 加入が決まったアル・アハリは、サウジ・プロフェッショナルリーグで3度の優勝を誇る強豪。しかし、昨季は8位と低迷したことから、パウリーニョにはチームの立て直しというミッションが科せられることとなりそうだ。 2021.07.23 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪が加藤&松本の2ゴールなど5発快勝! GS突破に王手《ACL2021》

セレッソ大阪は6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループJ第5節で広州FC(中国)とタイのブリーラム・スタジアムで対戦し、5-0で勝利した。 前節のスタメンから西尾以外の10人を変更したC大阪。[4-4-2]のフォーメーションを採用し、GKにダン・バン・ラム、最終ラインは右から喜田、西尾、瀬古、小池が並び、2列目には右から松田力、松本、藤田、高木、最前線には山田と加藤が起用された。 立ち上がりからC大阪が試合の主導権を握る。センターバックとボランチの4人でボールを回しつつ、左サイドバックの小池を高い位置に進出させ、そちらのサイドから相手ゴールへと迫って行く。広州FCのビルドアップに対しては中盤でマンツーマン気味にマークをして、局所の1対1で選手の質の差を利用してボールを狩り取っていた。 そして開始9分に早速この試合初めての決定機を迎える。高木のクロスに逆サイドの松田力がペナルティエリア内で頭で合わせるも、ボールはクロスバー直撃。惜しくも先制点とはならなかった。 その後も左サイドから攻撃の起点を作るC大阪。小池、藤田、高木の3人によるコンビネーションでの崩しや、シンプルな高木の裏抜けなど多彩な攻撃パターンで広州FCのゴールへと向かっていく。30分には、相手陣内で藤田がインターセプトに成功してショートカウンターを仕掛ける。最後は松田力がペナルティエリア内で余裕を持ってシュートを打つもボールはゴール上へ。 決定機を決められない時間が続いたC大阪だが、33分に待望の先制点を奪う。右サイドを縦に突破した松田力がクロスを上げると、ペナルティエリア中央で待っていたのは加藤。難しい態勢でのシュートだったが、バウンドに上手くタイミングを合わせてゴールネットを揺らした。 1-0で試合を折り返した50分、相手のロングパスにGKダン・バン・ラムが飛び出してクリアしようとするも、処理したボールが相手に渡ってしまう。幸いにもシュートは枠の左に大きく外れたが、後半開始早々ヒヤリとする場面に。 しかしその3分後、カウンターから追加点を奪うことに成功。左サイドのタッチライン際にいた高木をサイドバックの小池が追い越し、ペナルティエリア左でボールをもらってマイナスのクロスを松本に送ると、ゴール右隅に豪快に蹴り込んだ。 余裕を持った試合運びを見せるC大阪は、67分にCKから3点目を決める。小池の正確なキックに後半から投入されたチアゴがドンピシャでヘディングすると、ボールはGKジャン・ジアンジの届かないところに突き刺さった。 そして、リードを3点に広げてから5分と経たないうちに勢いを止めることなく4点目を奪う。相手のクリアボールを藤田が拾い、松田力につなぐと裏へ抜け出した松本に絶妙なスルーパス。ペナルティエリア左で受けた松本は冷静に流し込み、自身2点目を決めた。 試合終盤になると、両チームの選手に疲労が蓄積されて互いのゴールを行き来するような展開に。82分にはC大阪が自陣からカウンターを仕掛けようとしたところを奪われ、逆にピンチを招いてしまう。右サイドからドリブルで侵入を許し、ペナルティエリア中央でシュートを打たれるが、ゴール右に外れて事なきを得た。 しかし後半アディショナルタイム2分には、最終ライン裏に抜け出した加藤がGKジャン・ジアンジをかわしてリードを5点に広げる。松本に続いてこちらも1試合2得点となった。 後半に危険なシーンがいくつかあったC大阪だが、結果的には5-0の快勝。次節のキッチー戦で引き分け以上でグループステージ突破が確定するが、同日6日に行われるポートFCvsキッチーでキッチーが負けた場合は、1試合を残してC大阪の決勝トーナメント進出が決まる。 セレッソ大阪 5-0 広州FC 【セレッソ大阪】 加藤陸次樹(前33) 松本泰志(後8) チアゴ(後22) 松本泰志(後27) 加藤陸次樹(後47) 2021.07.06 21:34 Tue
twitterfacebook
thumb

CKから2発!保持率約70%と圧倒しつつC大阪が好発進《ACL2021》

セレッソ大阪は24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021グループJ第1節で広州FCと対戦し、2-0で勝利した。 新型コロナウイルスの影響で中立地のタイとウズベキスタンでの集中開催となった今シーズンのACL。タイのブリーラム・スタジアムで昨季の中国スーパーリーグ2位の広州FCと相まみえるC大阪は、最前線にアダム・タガートを据えた[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右から坂元、清武、高木が並び、2ボランチには原川と奥埜、最終ラインは右から松田陸、チアゴ、瀬古、丸橋、GKは守護神キム・ジンヒョンが起用された。 一方、元ブラジル代表MFパウリーニョとFWタリスカが今季退団した広州FCは、リーグ戦に集中するために今回の試合はユースの選手を中心とした構成に。スターティングメンバーとベンチ入りした選手の平均年齢はおよそ19歳となった。 立ち上がりからボールを握ったのはC大阪。フィールドプレーヤー全員が相手陣地に侵入し、サイドバックも高い位置に上がったため、最終ラインは瀬古とチアゴの二人のみという状態が続いた。 サイドからアダム・タガートへのクロスを連発するもなかなか決まらないC大阪だったが、15分に先制。原川の蹴ったCKに奥埜がニアサイドで合わせて、ゴール左に決めた。 幸先よくスタートを切ったC大阪は、その後も手を緩めることなく試合を支配。ピッチを広く使ってボールを回しつつ、奪われると素早くプレッシングをかけてカウンターの芽を摘んでいく。 対する広州FCは前線からハイプレスを仕掛ける様子はなく、ハーフラインより後ろに引いた[4-1-4-1]の陣形でプレッシングを開始。C大阪のセンターバックやサイドバックへの圧力はほとんどなく、桜軍団はいとも簡単にサイドからボールを前進できていた。 しかし、中盤の選手へのマークが特別タイトではないにもかかわらず、C大阪の攻撃ルートは簡単に攻略できる相手守備ブロックの外側からがほとんど。サイドから1トップのアダム・タガートへボールを送り続けるも、良い位置と態勢でシュートを打たせてもらえず、追加点が決まることなく試合は後半へ。 後半に入ると、広州FCも積極的にボールを保持するようになる。後半から[4-1-4-1]のアンカーに入ったグアンリアンがセンターバックの間に降りて、C大阪の[4-4-2]の2トップに対して数的有利を作りつつ前進する。 一方のC大阪は60分、クロスのターゲットとしてプレーしていたアダム・タガートを下げて、大久保を投入。相手のセンターバックの背後を狙うだけでなく、2列目に下がってボールを引き出して中盤の選手とのコンビネーションで点を取りに行く姿勢を見せた。 そして、待望の追加点が再びCKから生まれる。69分、原川の蹴ったボールをファーサイドでチアゴが合わせてリードを広げることに成功した。 その後は広州FCにボールを持たせる局面もうまく使い分けるC大阪。2トップが外に誘導し、カウンターの機会を伺う構図に。一方でボールを保持した際にはサイドハーフが内側に絞り、ボランチと大久保もパスワークに絡んで流動的な攻撃で広州FCのゴールに迫っていく。 最後まで試合を支配したC大阪だが、流れの中から得点は奪えず。しかし、ボール支配率約70%と圧倒しつつクリーンシートで試合を終え、幸先の良い発進となった。 広州FC 0-2 セレッソ大阪 【セレッソ大阪】 奥埜博亮(前15) チアゴ(後24) 2021.06.24 21:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly