図太い神経!B・フェルナンデスのPK失敗後に、相手サポへ踊りを見せるマルティネス「エミ、愛してる」

2021.09.27 22:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、PK後に例のアクションを行った。

アストン・ビラは25日、プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドとオールド・トラッフォードで対戦した。序盤こそ後ろに重い状況が続いたが、次第に挽回。一進一退の攻防を見せ、試合終盤の88分にコートニー・ホースが先制点を挙げた。

このまま逃げ切りたいアウェイチームだったが、直後にユナイテッドにPKを献上。守護神マルティネスはクリスティアーノ・ロナウドがキッカーを務めると思ったのか、背番号「7」に向かって「かかってこいよ!」と自信たっぷりに叫んだ。

だが、実際にキッカーを務めたのはブルーノ・フェルナンデス。しかも、大きく枠を外し、ボールはゴール裏に陣取るユナイテッドサポーターへ向かって一直線。すると、マルティネスはサポーターの方を向き、あのダンスを披露した。

コパ・アメリカ2021のコロンビア代表戦でもPKストップの際に見せていたこのダンス。ファンからも「ダンス可愛いすぎ」、「ゴールパフォーマンスみたい」、「エミ、愛してる」といった声が寄せられた。

実際にセーブせずとも、失敗したならばマルティネスの勝ちだ。難を逃れたアストン・ビラはこのまま逃げ切り、リーグ戦3勝目を手にしている。



1 2
関連ニュース
thumb

古巣対戦のマルティネス、今でも当時の待遇を批判「求めている試合を保証してくれなかった」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣との対戦を前に退団時の心境を語った。イギリス『メトロ』が伝えている。 2020年9月にアーセナルからアストン・ビラへ移籍したマルティネス。アーセナルではカップ戦の出場がメインとなっており、2019-20シーズンは公式戦23試合に出場したものの、プレミアリーグへの出場はGKベルント・レノがケガで欠場した9試合のみとなっていた。 その後、アストン・ビラへ移籍したマルティネスは、加入前の1試合を除いて20-21シーズンの全リーグ戦にフル出場。今季もここまでリーグ戦7試合に出場し、守護神としてゴールマウスを守っている。 そのマルティネスが古巣との一戦を前に在籍時の待遇を批判。退団の決め手や、当時の苦悩について語った。 「僕が最高潮に達していた時でさえ、彼らは僕を起用するにふさわしくないと判断していたんだ。彼らは僕が求めている試合を保証してくれなかったから、起用してくれないのであれば移籍しようと考えていたよ」 「10年後にクラブを去ろうと考えていたけど、それはとても難しいことだった。家族は、僕がアーセナルであれだけのレベルに達していたのにも関わらずなぜ退団するのか理解してくれなかった。けど、それは自分で決めたことだし、自分でもこの決断を誇りに思っているよ」 「賭けではあったけど、いつまでも快適な場所にとどまっていては人生で何事も達成できないと信じているんだ。だから、僕はステップアップすると決めたんだよ」 一方、アーセナルのミケル・アルテタ監督も試合前の会見でマルティネスについて言及。売却の決め手を語り、在籍時の活躍に称賛を送った。 「我々は、可能な限り最善の意思を持ち、クラブの利益を考えて売却を決断した。しかしそれだけでなく、エミは非常に強力な選手であり、クラブに在籍していた時間はすべて称賛に値する。彼のキャリアには様々な時期があったことを忘れてはならない。そして、私のもとで重要な試合に出場するようになり、非常に良い結果を出してくれた」 「彼の野心、信念、そして自分のキャリアをどこへ持っていきたいかは我々と異なっていて、彼は長い時間我慢していたので、彼にとっては緊急事態だった。彼は素晴らしいキーパーだよ。私は彼と共にプレーし、彼を管理していた。だから今は彼のために喜んでいるよ」 2021.10.22 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ビラ攻略に自信有りのアルテタ「勝つために何をすればいいかわかっている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、アストン・ビラ攻略に自信をのぞかせている。クラブ公式サイトが伝えた。 22日にプレミアリーグ第9節のアストン・ビラ戦が控えるアーセナル。前節のクリスタル・パレス戦は一度逆転を許しながらも、後半アディショナルタイムにFWアレクサンドル・ラカゼットの起死回生のゴールで同点に。リーグ戦5試合無敗とした。 次なる相手は、アーセナルがリーグ戦3連敗中のアストン・ビラ。アルテタ監督はクリスタル・パレス戦を振り返りつつ、難敵相手に対する勝ち方を理解していると豪語。それでも難しい試合は避けられないと覚悟を決めている。 「我々はホームで戦う。彼らに勝つためにどのような試合をすればいいかわかっているし、我々はそれだけに集中している」 「(クリスタル・パレス戦の)最初の20分間のように[4-3-3]でプレーすれば試合に勝てるが、その後の20分間のようなプレーをしてしまうとうまくいかない。なぜなら、それはトランジションゲームであり、そのフォーメーションでプレーする際に肝となる役割をこなす選手がいないからだ」 「最後の20分間のプレーはこれまであまりやってこなかったことだが、我々のやりたいことができた。柔軟に対応していかなければならないね。選手の強みを生かしたプレーや、ボールを持っていない選手の状況についても考えなくてはならない」 「ビラ戦は試練だ。我々はここ最近彼らから良い結果を得られておらず、我々に対していかに難しい相手かを示してきた。ここ数シーズンはチーム力を向上させており、補強にも熱心だ。今回もまた難しい試合になることは確かだろう」 2021.10.22 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

敵将も2ゴール演出のソン・フンミンを絶賛!「傑出した選手は彼だった」

アストン・ビラのディーン・スミス監督がトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 アストン・ビラは3日にプレミアリーグ第7節でトッテナムとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。 1失点目はソン・フンミンとMFピエール=エミール・ホイビュルクの連動した守備でボールを奪われると、そのまま2人の連携からゴールを許す結果に。その後後半に同点に追いつくも、71分にソン・フンミンの突破からオウンゴールを許した。 スミス監督は試合を振り返り、後半に巻き返したものの、ソン・フンミンの存在が試合を決めたと語った。 「どちらのチームも主導権を強く握っていない、本当に乱雑なゲームだと思った。おそらく前半にゴールを決められてから、10分間ストレスを感じていたのだろう」 「しかし、そのストレスは、私たちがボールを取り戻し、奪われ、そして取り戻し、再び手放したことが原因だろう。そして、それは少しゲームのようだった」 「後半はボールを素早く動かしてプレーを切り替えることについて話したが、後半は順調にスタートしたと思った」 「オリー(・ワトキンス)の良いシーズン初ゴールで報われたが、残念なことに私から観てゲームは変化し、その日の傑出した選手はソン(・フンミン)だった」 「時に、その選手によってゲームが変わる。彼は彼らのゴールを作り上げた」 「あの時の私たちはおそらく攻撃的すぎた。ゴールを奪い返して同点に戻った後、彼らはすぐに私たちのサイドを破壊してきた。ソン・フンミンはコートニー(・ホース)の逆を突き、クロスを上げた」 「その後、彼らは試合を終わらせて勝利を収めようと考えていた、タフだったが、私たちは同点にするためにすべてを講じた」 「私が言ったように、今日は乱雑で厄介なゲームだった」 <span class="paragraph-title">【動画】スピードが段違い!2点目はソン・フンミンの突破から</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ICVsAFTEjv4" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.04 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ソンが2ゴール演出のスパーズが難敵ビラ撃破! 今季初の複数得点でリーグ連敗を「3」でストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第7節、トッテナムvsアストン・ビラが3日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。   前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに1-3で完敗し、開幕3連勝からの3試合連続の3失点での3連敗となった11位のトッテナム。リーグ戦での連敗ストップを期して臨んだ今節は直近にマンチェスター・ユナイテッドを敵地で破った8位のビラをホームで迎え撃った。   途中出場のケインのハットトリックの活躍などで5-1の快勝を飾ったヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のムラ戦からはロメロ、レギロン、スキップを除く先発8人を変更。前線はケインの1トップに、2列目は右からルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンが並んだ。   立ち上がりから果敢にハイプレスを仕掛けるアウェイチームの強度の高い守備を前に難しい入りを強いられるトッテナム。なかなかビルドアップが機能せず、ケインやソン・フンミンを狙ったロングボールで局面の打開を図るが、相手の屈強な守備陣に撥ね返される場面が目立つ。   それでも、15分を過ぎた辺りからボール保持率を高めたトッテナムはエンドンベレ、ルーカスのドリブルで相手の守備をずらしながらケインやソン・フンミンに良い形でボールが入り始める。23分にはハーフウェイライン付近でのクイックリスタートから、ケインがGKマルティネスの前目の位置取りを見てロングシュートを枠に飛ばすが、これはマルティネスにはじき出される。   だが、攻守両面で躍動感を見せ始めたホームチームは自分たちの流れの中でゴールをこじ開ける。27分、ハーフウェイライン付近でのソン・フンミンとホイビュルクの連動したボール奪取からカウンターを発動。ボックス手前右でタメを作った韓国代表FWからペナルティアーク付近でラストパスを受けたホイビュルクが、狙いすました右足のグラウンダーシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺した。   ホイビュルクの今季初ゴールでリーグ戦では4試合ぶりとなる先制点を挙げたトッテナム。その後はビラのロングボールとセットプレーの合わせ技の攻撃を前に押し込まれる状況が続くが、ロメロの相手2トップへのタイトな潰しやホイビュルク、スキップの中盤のフィルター役2枚が相手のお株を奪う強度の高い守備で応対。前半のビラの攻撃を枠内シュート0に封じ込めた。   迎えた後半は再び押し込まれる入りとなるが、立ち上がりのピンチはスキップのオーバーヘッドクリアと、ターゲットの決定的なシュートをDFロメロが身体を張ったブロックで凌ぐ。   ここから反撃に出るホームチームは52分、左サイドを崩して上げたクロスがファーに流れたところをボックス右に走り込んだエメルソンが右足のダイレクトシュート。さらに、このこぼれ球を拾ったエメルソンがゴールライン際で折り返したボールを、ファーのソン・フンミンが右足ボレーで合わすが、枠を捉え切れない。   一連の波状攻撃で勢いづくトッテナムは60分、ダイアーのロングフィードに抜け出したソン・フンミンがそのままゴール左まで持ち込んでニア下を狙った左足のシュートを放つが、ここはGKマルティネスの好守に遭う。さらに、このプレーで得た左CKの二次攻撃から右サイドで仕掛けたエンドンベレがそのまま内へ切り込んで左足のカットインシュートを放つが、これもマルティネスの守備範囲。   すると、なかなか2点目を決め切れないトッテナムは一瞬の隙を突かれて同点に追いつかれる。67分、自陣でのルーズボールの競り合いからワトキンス、ラムジー、イングスと繋がれて左サイドのターゲットに展開される。そして、ターゲットからのピンポイントのグラウンダークロスを斜めのランニングでニアに飛び込んできたワトキンスにワンタッチで流し込まれた。   この失点により反発力が試されるトッテナムだが、メンタル面のタフさを見せる。71分、左サイドでレギロンからのスルーパスに反応したソン・フンミンが、ボックス手前でDFホースを見事な切り返しで振り切ってゴール左に侵入。高速のグラウンダークロスを入れると、ゴール前に走り込んだルーカスがワンタッチで押し込み、瞬く間に勝ち越しゴールとした。なお、このゴールは最終的にルーカスと競ったDFターゲットのオウンゴールとなった。   再びリードを手にしたトッテナムは、エンドンベレを下げてロ・チェルソを1枚目のカードとして投入。対するビラはDFを削ってブエンディアやベルトラン・トラオレと攻撃的な交代カードを切っていく。   相手のパワープレーの脅威を考えると、3点目を奪って試合を決めたいトッテナムは、投入直後のロ・チェルソを起点に再三の決定機が訪れる。だが、ボックス内でのロ・チェルソ、ケインの連続決定機はDFミングスの決死のゴールカバー、GKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。   それでも、連敗ストップへ気概を見せるホームチームは、最後まで集中したパフォーマンスでビラの反撃を凌ぎ切り、2-1のスコアで試合をクローズ。今季初の複数得点で難敵ビラを退けたトッテナムが、リーグ戦の連敗を「3」でストップし、良い形でインターナショナルブレイクに入ることになった。 2021.10.03 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

「非常に多くの苦しみを味わってきたスタジアムだが…」 ビラ指揮官が12年ぶりのOT攻略を喜ぶ

アストン・ビラのディーン・スミス監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 25日に行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んだビラは30本近くシュートを許したが、粘りの守りで最後のところで踏ん張り続け、88分に右CKのチャンスからこぼれ球をイングランド人DFコートニー・ホースが押し込み、先制。それが決勝点となり、今季初の連勝で勝ち点を「10」に伸ばした。 先制直後にホースのハンドでPKチャンスを献上したものの、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが外すという運にも恵まれ、大きな1勝を掴み取ったビラ。データ集計会社『Opta』によると、ビラがオールド・トラッフォードで勝利したのは2009年12月以来だという。スミス監督は試合後、妥当な結果だと振り返った。 「知っての通り、このスタジアムはビラファンも非常に多くの苦しみを味わう場所だが、ここ数年はもうちょっとのところまで迫った試合もあったと思う。周囲もそう思っていたはずだ。この試合での勝利を“大金星だ”とも言うだろうが、私からしたら、それ以上に見事なパフォーマンスぶりだった」 「勝利に値したと思う。大きなチャンスもあった。(クリスティアーノ・)ロナウド、(ポール・)ポグバ、フェルナンデス、(メイソン・)グリーンウッドを前線4枚を相手にアグレッシブに戦ったのだ。信念を持っても挑めたね」 「(今夏にマンチェスター・シティに移籍した)ジャック(・グリーリッシュ)がいなくなってしまったが、良い補強ができたと感じている。パフォーマンスレベルもそれなりだ。淡白なスタートを切ったが、それには理由があったのだ」 2021.09.26 11:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly