ソン・フンミン封じ、未だドリブル突破を許さない冨安健洋がNLDに「チームパフォーマンスは最高」

2021.09.27 08:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】冨安健洋が初ダービー、守護神・ラムズデールと熱い抱擁






1 2

関連ニュース
thumb

アルテタ監督も歓迎! ヴェンゲル氏のアーセナル復帰説に「彼がいてくれたら嬉しい」

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、アーセン・ヴェンゲル氏(72)の復帰を歓迎しているようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 言わずと知れたアーセナルのレジェンドであるヴェンゲル氏。1996年10月から約22年間チームを率いて、2003-04シーズンの無敗優勝をはじめとする3度のプレミアリーグ制覇や7度のFAカップ優勝などを成し遂げ一時代を築いた。 そのなかで数多くの選手が指導を受けてきたが、アルテタ監督もその1人。2011-12シーズンから現役引退までの5年間をヴェンゲル氏の下でプレーし、現在は自身がチームを率いる立場になっている。 そのアルテタ監督は、サポーターも待ち望んでいる恩師のロンドン帰還について言及。役割や立ち位置については明言しなかったものの、「クラブにとって大きな助けになる」とレジェンドの復帰を歓迎した。 「映画(Arsene Wenger: Invincible)を観に行ったとき彼に会って話をしたが、とても有意義な時間だった、できれば彼には側にいてほしい」 「彼がアーセナルにいれば、自身が望むような環境の中でとても素晴らしい時間を過ごすことができると思う。クラブの誰もが、彼の成し遂げたことに尊敬と称賛の思いを持っているよ」 「(ヴェンゲル氏の役割については)今はまだ言えないが、個人的にもっと近くにいてほしいと思っていることは確かだ。そうすれば、私にとってもクラブにとっても大きな助けになると思う」 「物事には時間がかかるので、彼には復帰のタイミングを決めてもらう必要がある。私個人として、そして皆を代表して言えるのは、彼がクラブにいてくれたら嬉しいということだ」 2021.11.25 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルがルーマニアの新星アタッカーに関心

アーセナルがルーマニアの新星アタッカーの獲得に興味を示しているようだ。ルーマニア『PLAYSPORT』が報じている。 今夏の移籍市場では最優先事項だった守備陣に大きなテコ入れを図ったアーセナル。 その補強効果が徐々に出てきて、プレミアリーグ5位に順位を上げてきたミケル・アルテタ率いるチームは、今冬の移籍市場で前線の補強を準備している。 ここまではフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)、レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)という2人のストライカーなどの名前が挙がっている。 そういった中、新たな補強候補として浮上しているのが、ルーマニアのFCSBに所属するU-21ルーマニア代表FWヤニス・ストイカ(18)。 FCSBでプロキャリアをスタートしたストイカは、幾つかのクラブへの短期レンタルを経て今シーズンからFCSBのトップチームに定着。ここまで公式戦14試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残している。 右ウイングを主戦場に逆サイドやセンターフォワードでもプレー可能な右利きのアタッカーは、爆発的な加速力を生かしたドリブル突破が最大の特長。さらに、まだまだ粗削りもフィニッシュの多彩やセンスを感じさせ、ルーマニア国内では将来を嘱望されるワンダーキッドの一人だ。 現時点でアーセナルはあくまで興味の段階で、決して即戦力とはみなしていないが、将来への投資という部分でストイカを注視していることは間違いないようだ。 2021.11.25 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャカ、契約満了後の古巣復帰を示唆「ボルシアMGが必要としてくれれば」

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(29)が、将来的な古巣復帰を示唆している。イギリス『ミラー』が伝えている。 2016年夏にアーセナルに加入し、今季で6シーズン目を迎えているジャカ。通算225試合に出場しているが、今季はケガの影響でここまで5試合のみの出場となっている。 今夏にはジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマ行きが有力視されていたが、交渉はまとまらず結局残留に。その間に2024年までの契約延長に合意したというジャカは、契約満了後の古巣ボルシアMG復帰の可能性を強めている。 「僕は決してお金のためにボルシアMGからアーセナルに来たわけではない。イングランドでプレーするのが夢だったんだ」 「契約を延長したばかりで、2年半も残っている。その時僕は32歳だけど、もしマックス・エベール(ボルシアMGのスポーツ・ディレクター)が復帰を望んでくれるなら、ドアは開かれるだろう」 2021.11.24 19:49 Wed
twitterfacebook
thumb

10年前、ドルトムント時代の香川のCL初ゴールに再脚光! アシストはレヴァンドフスキという懐かしい顔ぶれ

ギリシャのPAOKテッサロニキに所属する元日本代表MF香川真司が10年前に挙げたゴールが再び脚光を浴びている。 2009年にセレッソ大阪でJ2得点王に輝き、チームをJ1昇格に導いた香川は、翌年の夏に当時ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたスヴェン・ミスリンタート(現:シュツットガルトSD)に見いだされ、初の海外挑戦を決断。ユルゲン・クロップ監督(現:リバプール監督)の元、ドルトムントではトップ下で存在感を示し、2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)にも出場した。 2011年11月23日に行われたCLグループステージ第5節、アウェイでのアーセナル戦。FWロビン・ファン・ペルシに2ゴールを許し、0-2とドルトムントの2点ビハインドで迎えた後半のアディショナルタイムに香川は見せ場を作る。 アーセナルのビルドアップに対してプレッシャーを掛けたドルトムントは、左の高い位置でボールを奪い、素早く中へ折り返す。FWロベルト・レヴァンドフスキが収めてマイナスのパスを送ると、これに反応したのが香川。左足で流し込んでネットを揺らし、記念すべきCL初ゴールを記録した。 アシストをしたレヴァンドフスキのほか、ベンチには現:名古屋グランパスのGKランゲラックも控えており、懐かしい顔ぶれがそろっている。香川はこれまでドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドなどでCLを戦い、日本人トップとなる4得点を挙げている。 PAOKではくすぶっている香川だが、復活を遂げる日はやってくるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】10年前、ドルトムント時代の香川のCL初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ちょうど年前、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%9F%E5%8F%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#香川真司</a> がチャンピオンズリーグ初ゴール!<a href="https://twitter.com/S_Kagawa0317?ref_src=twsrc%5Etfw">@S_Kagawa0317</a> | <a href="https://twitter.com/BVBjpn?ref_src=twsrc%5Etfw">@BVBjpn</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/lU4LK4e9uY">pic.twitter.com/lU4LK4e9uY</a></p>&mdash; UEFAチャンピオンズリーグ (@UCLJapan) <a href="https://twitter.com/UCLJapan/status/1463069814750998536?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.24 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「もちろん応援してるのはアーセナル」岩渕真奈がSNSの投稿を謝罪…ファンは擁護「説明する必要なんかない」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が謝罪した。 今シーズンからアーセナルでプレーする岩渕。リーグ戦などですでに結果を出し、チームの一員として活躍している。 そのアーセナルには、日本代表DF冨安健洋も所属。チームを牽引する2人の日本人にファンも大きな反応を見せていた。 そんな中20日、アーセナルがプレミアリーグでリバプールと対戦。冨安とMF南野拓実の日本代表対決にも注目が集まると、南野は交代直後に今シーズンのプレミアリーグ初ゴールを記録。さらに、これがアンフィールドでの初ゴールとなった。 日本では南野のゴールが大きく喜ばれた中、岩渕もこの試合を観戦していた様子。しかし、同じ日本人として南野のゴールを喜ぶ投稿をツイッターにしていたが、アーセナルファンから大きな批判を受ける事態となっていた。 同じ日本人という観点はありながらも、ライバルクラブの選手のゴールを喜び、さらに4-0で負けた相手ということも重なったために起きた事態。岩渕はツイッターの投稿を削除し謝罪。応援しているのはアーセナルだとした。 「ツイート消したのでもう一度。誤解を生んでたらごめんなさい」 「もちろん応援してるのはアーセナルです。同じ日本人として南野くんも応援してるってだけで軽率でした…」 これには現地ファンからも、「説明する必要なんかない」「謝罪はいらない」「理解するよ」という温かい声も寄せられていた他、なでしこジャパンで同僚だった丸山桂里奈さんも「まな、大丈夫?」と心配していた。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実がアンフィールドで初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a> 今季リーグ戦初ゴール<br>加入後、本拠地アンフィールド初得点<br><br><br>プレミアリーグ第12節<br>ヴァプール×アーセナル<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し&ハイライト配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/frkLc3wQXx">pic.twitter.com/frkLc3wQXx</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1462250814681010179?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【SNS】岩渕真奈が批判を受けて謝罪ツイート</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ツイート消したのでもう一度。<br>誤解を生んでたらごめんなさい。<br>もちろん応援してるのはアーセナルです同じ日本人として南野くんも応援してるってだけで軽率でした…<br><br>Dear Gunners<br>I apologize for tweet which I had… I am always supporting Arsenal !!!!</p>&mdash; Mana Iwabuchi 岩渕真奈 (@buchi_mana) <a href="https://twitter.com/buchi_mana/status/1462143685181779976?ref_src=twsrc%5Etfw">November 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.23 13:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly