「このセンス」ベレーザ復帰の元なでしこMF宇津木瑠美がお茶目なポーズを披露、代表復帰を望む声も

2021.09.24 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザの元なでしこジャパンMF宇津木瑠美がお茶目なポーズを披露した。

9日に東京Vベレーザへ11年ぶりの復帰が発表された宇津木。日テレ・ベレーザ(当時)からフランスのモンペリエへと移籍し、その後は海外でのプレーを続けていたため、日本のクラブでのプレーも11年ぶりとなる。

2011年の女子ワールドカップ(W杯)メンバーでもあるユーティリティープレーヤーは、17日にリーグへの追加登録が完了。23日には東京Vベレーザ公式サイトの選手紹介ページが公開されたが、その告知ツイートにおける写真が周囲をざわつかせている。

宇津木は前かがみでソフトな敬礼のように片手を添えるポーズに加え、肩を上げて両手の甲を頬に添えるお茶目な姿も披露した。

はじけた様子の写真には「キャラ笑」、「このセンス」、「純粋に楽しみ」、「代表にも必須」、「瑠美ちゃんかわいすぎる」となどのコメントが。なでしこジャパンFW岩渕真奈菅澤優衣香をはじめ、現役選手やOGからも大きな反響を呼んだ。

12日に開幕を迎えたYogibo WEリーグ。優勝候補の一角と目されていた東京Vベレーザは、現在1分け1敗とまだ勝利がない。

次節は25日にホームでサンフレッチェ広島レジーナと対戦するが、宇津木はチームに今季初白星をもたらすことができるだろうか。



1 2
関連ニュース
thumb

千葉レディースが大澤2発で今季初白星!浦和レディースは広島レジーナに敗れ今季初黒星【WEリーグ第6節】

16日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第6節の3試合が行われた。 4連勝中の三菱重工浦和レッズレディースはサンフレッチェ広島レジーナをホームに迎えた。序盤からセットプレーを含めて猛攻を仕掛けるが、先手を取ったのは広島レジーナ。14分、古巣対戦となる木﨑あおいを起点に斜めのパスがつながり、中嶋淑乃、川島はるなと渡ると、最後はスルーパスを受けた谷口木乃実がペナルティアークから左足のフィニッシュ。初先発の起用に応え、見事なシュートを右隅に沈めた。 ビハインドを負った浦和レディースは25分、裏へ抜け出した菅澤優衣香がループで狙うが、GK木稲瑠那のファインセーブに阻まれる。それでも39分、相手のビルドアップのミスを突き、GK木稲のパスを猶本光がダイレクトで菅澤へ。今度はきっちりとループを沈め、試合を振り出しに戻した。 同点で迎えた後半は浦和レディースがペースを握る。66分には中盤でボールをカットすると、安藤梢が長い距離を持ち運び、ボックス手前から右足のシュート。これは枠の右へ外れた。チャンスを作り出せない広島レジーナは68分に、川島に代わって齋原みず稀を投入。すぐさま、ミドルを放って後半最初のシュートを記録すると、中村伸監督は中嶋を下げて山口千尋を送り出し、勝負に出る。 すると、同点で迎えた後半アディショナルタイムに途中出場選手が結果を残す。広島レジーナは左サイドでスローインを得ると、山口が深い位置で受けて近賀ゆかりへ。近賀の縦パスは相手に当たってディフレクションするも、ボックス手前で齋原が反応。ボールの側面をなめるようなトラップからノーステップで右足を振り抜き、鮮やかなコントロールショットを右隅に沈めた。 これが決勝点となり、猛攻に耐えながらも少ないチャンスを生かした広島レジーナが劇的な勝利。浦和レディースは今季初黒を喫した。 今季初勝利を目指すジェフユナイテッド市原・千葉レディースはアウェイでAC長野パルセイロ・レディースと対戦した。今節は今井裕里奈をボランチに置き、鴨川実歩を一列前で起用した猿澤真治。立ち上がりの3分にはその鴨川の縦パスを田中真理子が落とし、大澤春花がボックス手前から今季初ゴールを沈めて千葉レディースが先制に成功する。17分にも鴨川がボックスに侵入して右足のフィニッシュ。押し気味にゲームを進めた。 [3-4-2-1]のミラーゲームに持ち込んだ長野レディースだったが、攻め手を欠いて後手に回る。流れを変えるべく前半のうちにカードを切ると、投入された直後に泊志穂がすぐさまシュート。さらに、中貝夢のクロスが市瀬千里に当たり、主審はPKの判定を下す。だが、ここは副審からの進言でノーハンドのジャッジに変更された。 事なきを得た千葉レディースはリードを保って後半を迎えると、60分には鴨川がドリブル突破からクロスバー直撃のミドルシュート。迎えた68分にはGKがこぼしたボールを安齋結花がつなぎ、ボックス手前右から大澤が再び沈めて2点差に。終盤の長野レディースの反撃も耐えしのぎ、このままタイプアップ。今季初白星を手にした。 味の素フィールド西が丘では日テレ・東京ヴェルディベレーザとちふれASエルフェン埼玉が激突。今季まだ勝利のないエルフェン埼玉はU-19日本女子代表候補トレーニングキャンプに参加した吉田莉胡がベンチからのスタート。前節の[4-3-3]から[4-4-2]に変更して臨んだ。25分に中村ゆしかのゴールで幸先よく先制点を奪ったが、以降は相手の猛攻を浴びることに。 追い掛ける東京Vベレーザ35分に北村菜々美の今季初得点で追い付くと、2分後にはパスワークで中央を崩して木下桃香が逆転弾を決めた。リードして折り返した後半もホームチームは攻め手を緩めず、左サイドでボールを受けた北村がカットインから2人をかわして右足のシュート。右隅に沈めて2点差とすると、後半のアディショナルタイムにも遠藤純のマイナスのパスから17歳、大山愛笑がミドルを沈めて勝負あり。東京Vベレーザが4-1でエルフェン埼玉を下している。 ◆Yogibo WEリーグ 第6節 ▽10/16(土) 三菱重工浦和レッズレディース 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 サンフレッチェ広島レジーナ</span> AC長野パルセイロ・レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 4</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 ▽10/17(日) INAC神戸レオネッサ vs ノジマステラ神奈川相模原 アルビレックス新潟レディース vs マイナビ仙台レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) 大宮アルディージャVENTUS ◆順位表(10/16 終了時) 勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点) 1.INAC神戸レオネッサ 12(4/4/0/0/+10) 2.三菱重工浦和レッズレディース 12(5/4/0/1/+7) 3.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 10(6/3/1/2/+6) 4.マイナビ仙台レディース 9(5/2/3/0/+5) 5.サンフレッチェ広島レジーナ 7(6/2/1/3/-3) 6.アルビレックス新潟レディース 5(4/1/2/1/-1) 7.ノジマステラ神奈川相模原 5(4/1/2/1/-1) 8.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 5(5/1/2/2/-3) 9.AC長野パルセイロ・レディース 5(6/1/2/3/-4) 10.大宮アルディージャVENTUS 5(5/1/2/2/-5) 11.ちふれASエルフェン埼玉 1(6/0/1/5/-11) 2021.10.16 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

池田新体制のなでしこジャパン候補メンバーが発表! 東京五輪からは9名のみ

日本サッカー協会(JFA)は14日、新体制となったなでしこジャパン候補メンバー23名を発表した。 東京オリンピックまでチームを率いた高倉麻子監督が退任したなでしこジャパン。1日に池田太監督が新たに就任することが決定していた。 新体制となったなでしこジャパンは候補メンバーのトレーニングキャンプを実施。10月18日〜24日まで行われる。 新体制のメンバーには、東京オリンピックに出場したメンバーを中心に、全てWEリーグを戦うチームから招集。東京オリンピックに出場していないメンバーでは、MF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)やMF長野風花(マイナビ仙台レディース)、FW小林里歌子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、DF北川ひかる(アルビレックス新潟レディース)らが招集されている。 なお、トレーニングキャンプの中では、千葉県の八千代高校との対戦が予定されている。 ◆なでしこジャパンメンバー候補23名 ※東京オリンピックメンバー GK 池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)※ 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)※ 田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原) 三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)※ 大賀理紗子(ノジマステラ神奈川相模原) 北川ひかる(アルビレックス新潟レディース) 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)※ 南萌華(三菱重工浦和レッズレディース)※ 高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) MF 中島依美(INAC神戸レオネッサ)※ 猶本光(三菱重工浦和レッズレディース) 成宮唯(INAC神戸レオネッサ) 隅田凜(マイナビ仙台レディース) 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)※ 長野風花(マイナビ仙台レディース) 宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース) FW 菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)※ 田中美南(INAC神戸レオネッサ)※ 上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ) 小林里歌子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 2021.10.14 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

INAC神戸が日テレ・ベレーザとの大一番を制し4連勝! 新規参入の大宮VENTUSは井上綾香がWEリーグ第1号のハット達成で初白星【WEリーグ第5節】

10日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第5節の4試合が行われた。 4連勝を目指すINAC神戸レオネッサvs日テレ・東京ヴェルディベレーザの一戦。なでしこリーグ時代からのライバル同士の“エル・クラシコ”と呼ばれる大一番は、なでしこジャパンのメンバーが多くピッチに立つビッグマッチとなった。 立ち上がりにチャンスを作ったのは日テレ・ベレーザ。11分にボックス手前でFKを獲得すると、木下桃香がゴール左隅を直接狙いシュート。壁で見にくい中、GK山下杏也加が横っ飛びでセーブする。 42分にも日テレ・ベレーザがパスカットした北村菜々美がドリブルで持ち上がりそのままボックス内からシュート。しかし、これもGK山下がセーブする。 ホームのINAC神戸は終了間際にカウンター。浜野まいかが抜け出しボックス右からマイナスのパス。GK田中桃子が飛び出しており、無人のゴールとなったが、ボックス中央で待ち構えた田中美南のシュートはまさかの左ポストを直撃する。 ゴールレスで迎えた後半も日テレ・ベレーザが積極的に攻める展開に。植木理子、菅野奏音が脅かすも、GK山下が立ちはだかる。 INAC神戸も徐々に盛り返していく中76分、成宮唯が右サイドのスペースに抜け出すと、クロスではなくマイナスのパス。これをボックス右で髙瀬愛実がダイレクトシュート。これがそのままゴールに吸い込まれ、INAC神戸が勝利を収めた。 また、WEリーグから新規参入した大宮アルディージャVENTUSは、ホームNACK5スタジアム大宮に同じく新規参入のサンフレッチェ広島レジーナを迎え、4-1と快勝。WEリーグ初白星を記録した。 ここまで勝利がなかった大宮VENTUSは、立ち上がりから攻め立てる。10分に自陣でボールを奪った井上綾香がドリブルで持ち込むと、ボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に決まり、幸先良く先制に成功する。 さらに30分、左サイドからの井上のグラウンダーのクロスに対し、ボックス内で源間葉月がスルー。ボックス中央で有吉佐織が左足で蹴り込み、大宮VENTUSが追加点を奪う。 2点を先行された広島レジーナは38分、バイタルエリアで縦パスを受けた上野真実がターンしスルーパス。これを走り込んだ川島はるながボックス内左でシュート。広島が1点を返すことに成功する。 1点を返された大宮VENTUSであったが、42分に再び追加点。左CKからのクロスがボックス内で混戦に。髙橋美夕紀のシュートはブロックされるが、最後は井上が蹴り込み、3-1で前半を折り返す。 大宮VENTUSの2点リードで迎えた後半は広島レジーナ押し気味に進めていたが70分、仲田歩夢が広大なスペースへと蹴り出すと、反応した井上が落ち着いてGKとの一対一を制してハットトリック達成。これがWEリーグ第1号のハットトリックとなり、大宮VENTUSが4-1で勝利を収めた。 また三菱重工浦和レッズレディースはAC長野パルセイロ・レディースを相手に2-0で勝利。柴田華絵、水谷有希のゴールで開幕4連勝を収めた。 ◆Yogibo WEリーグ 第6節 ▽10/10(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 1</span>-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース 2</span>-0 AC長野パルセイロ・レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャVENTUS 4</span>-1 サンフレッチェ広島レジーナ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ノジマステラ神奈川相模原 1</span>-0 ちふれASエルフェン埼玉 ▽10/9(土) マイナビ仙台レディース 1-1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) アルビレックス新潟レディース ◆順位表(第5節終了時) 勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点) 1.INAC神戸レオネッサ 12(4/4/0/0/+10) 2.三菱重工浦和レッズレディース 12(4/4/0/0/+8) 3.マイナビ仙台レディース 9(5/2/3/0/+5) 4.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 7(5/2/1/2/+3) 5.アルビレックス新潟レディース 5(4/1/2/1/-1) 6.ノジマステラ神奈川相模原 5(4/1/2/1/-1) 7.AC長野パルセイロ・レディース 5(5/1/2/2/-2) 8.大宮アルディージャVENTUS 5(5/1/2/2/-5) 9.サンフレッチェ広島レジーナ 4(5/1/1/3/-4) 10.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2(4/0/2/2/-5) 11.ちふれASエルフェン埼玉 1(5/0/1/4/-8) 2021.10.10 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

5月に長期離脱から復帰の日テレベレーザDF土光真代が再び右ヒザ負傷…内側半月板損傷で全治6カ月

日テレ・東京ヴェルディベレーザは10日、なでしこジャパンDF土光真代の負傷を発表した。 クラブの発表によると、土光は右ヒザ内側半月板損傷と診断。全治は6カ月とのことだ。 土光は2020年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷で長期離脱。全治8カ月と診断されていたが、今年5月に復帰していた。 東京オリンピックには出場ならなかったものの、事前の活動には招集。またWEリーグでは開幕から4試合連続で先発していたが、第4節のジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは前半18分に松田紫野と途中交代していた。 2021.10.10 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

WEリーグ初の“さいたまダービー”は猶本光1G1Aの浦和レディースが4発快勝! INAC神戸と共に無傷の3連勝【WEリーグ第4節】

2日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第4節の5試合が行われた。 NACK5スタジアム大宮では、大宮アルディージャVENTUSvs三菱重工浦和レッズレディースの一戦が行われた。 WEリーグ史上初となる“さいたまダービー”となった一戦。トップチームも大宮アルディージャがJ2に降格した2018年以降はダービーが行われておらず、4年ぶりの開催となった。 試合はアウェイの浦和レディースが先制。5分、右サイドにスルーパスを出すと猶本光がクロスこれをボックスす中央で安藤梢がフリーで難なくヘディングで合わせ、浦和レディースが先制した。 先制を許した大宮VENTUSは11分に源間葉月がミドルシュートを放つが、GK池田咲紀子がキャッチする。試合は浦和レディースが主導権を握る展開に。パスをつないでポゼッションを高め、両サイドのスペースや最終ラインの裏を狙って攻撃を仕掛けていく。 大宮VENTUSはなかなかチームとして守備をハメられず、浦和レディースに何度もゴールに迫られる展開に。しかし、飲水タイム明けからは守りを修正ししっかりと耐えていく時間が続く。 少しずつ大宮VENTUSがゴールに迫る展開となる中、浦和レディースはしっかりと守備対応。遠目からのシュートは打たせるものの、決定機は作らせなかった。 後半を迎えるにあたり、浦和レディースは1人を交代。清家貴子を下げて、ユースから昇格した島田芽依を起用する。するとその浦和レディースが、49分に追加点を奪う。ドリブルで持ち込んだ安藤がボックス内でシュート。DF乗松瑠華がブロックするも、こぼれ球に反応した猶本がボックス内右でダイレクトボレー。これが決まり、浦和レディースがリードを広げる。 リードを広げられた大宮VENTUSだが53分、左サイドを仕掛けた仲田歩夢がそのままボックス内に侵入し自らシュート。しかし、これはGK池田が難なくセーブする。 さらに56分にも大宮VENTUSがチャンス。仲田が左を持ち上がるとスルーパスに反応した井上綾香がボックス内左からクロス。これに対して髙橋美夕紀が飛び込むが、わずかに届かない。 72分には右サイドからの有吉佐織のクロスに対し、途中出場のカトラー・グレイス・エリンが飛び込むが、わずかに頭には合わない。82分にも大宮VENTUSはスルーパスを受けたカトラーがボックス内右からシュート。しかし、これはGK池田がキャッチする。 攻勢をかけていた大宮VENTUSだったが、守備の隙を突かれて失点する。82分、ロングボールの競り合いに抜け出した島田がシュート。これはDF2人でブロックするも、こぼれ球を島田がパス。走り込んだ菅澤優衣香が落ち着いて流し込んで、試合を決定づける3点目を奪った。 さらに浦和レディースは87分、ボックス中央で南萌華からのパスを受けた島田が粘りを見せると、最後は遠藤優ががフリーで蹴り込み、4点目を奪う。 終盤に2失点で意気消沈する大宮VENTUSだったが88分、ロングボールに対してボックス内でカトラーがヘッド。これが決まり、意地の反撃。しかし、そのまま終了し、1-4で浦和レディースが勝利した。 その他、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザは日テレ・ベレーザが0-3で快勝した。 試合は終始、日テレ・ベレーザが主導権を握る。すると43分、右サイドからカットインした木下桃香がボックス手前から左足一閃。これが決まり、日テレ・ベレーザが先制する。 0-1で迎えた後半も日テレ・ベレーザが押し込むと、65分に追加点。清水梨紗の縦パスを受けた植木理子がフェイントで相手をかわし鋭いクロス。これに小林里歌子が合わせて追加点を奪う。 日テレ・ベレーザは93分にも追加点。ボールをキープした三浦成美の浮き球のパスを、途中出場の菅野奏音がボックス内で胸トラップからボレー。そのまま勝利し、0-3で快勝を収めた。 前節は「WE ACTION DAY」により試合がなかったINAC神戸レオネッサは、アウェイでAC長野パルセイロレディースと対戦。3連勝を目指すチームはなかなかゴールが遠い展開となる。 それでも75分、右CKから中島依美がクロス。これを西川彩華がボックス中央でヘディングで合わせ、INAC神戸が先制する。さらに87分には、左サイドを持ち出した阪口萌乃からパスをつなぐと、最後は髙瀬愛実の落としを受けた伊藤美紀がボックス内からシュート。そのまま、0-2で勝利を収めた。 ◆Yogibo WEリーグ 第4節 ▽10/2(土) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> 大宮アルディージャVENTUS 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 三菱重工浦和レッズレディース</span> ちふれASエルフェン埼玉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 マイナビ仙台レディース</span> サンフレッチェ広島レジーナ 1-1 アルビレックス新潟レディース AC長野パルセイロ・レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 INAC神戸レオネッサ</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) ノジマステラ神奈川相模原 ◆順位表 1.INAC神戸レオネッサ 9(3/3/0/0/+9) 2.三菱重工浦和レッズレディース 9(3/3/0/0/+6) 3.マイナビ仙台レディース 8(4/2/2/0/+5) 4.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 7(4/2/1/1/+4) 5.AC長野パルセイロ・レディース 5(4/1/2/1/0) 6.アルビレックス新潟レディース 5(4/1/2/1/-1) 7.サンフレッチェ広島レジーナ 4(4/1/1/2/-1) 8.ノジマステラ神奈川相模原 2(3/0/2/1/-2) 9.大宮アルディージャVENTUS 2(4/0/2/2/-8) 10.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1(3/0/1/2/-4) 11.ちふれASエルフェン埼玉 1(4/0/1/3/-7) 2021.10.02 17:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly