「このセンス」ベレーザ復帰の元なでしこMF宇津木瑠美がお茶目なポーズを披露、代表復帰を望む声も

2021.09.24 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】元なでしこ宇津木瑠美が写真撮影でお茶目なポーズを披露!









1 2

関連ニュース
thumb

宇津木が12年ぶり国内ゴール! 熊谷ではWE初のDOGSOも【WEリーグ第21節】

15日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第21節の3試合が各地で行われた。 味の素フィールド西が丘で行われた日テレ・東京ヴェルディベレーザvsマイナビ仙台レディースは、2-1でベレーザが勝利。宇津木瑠美がなでしこリーグ時代の2010年4月29日以来となる国内リーグでのゴールを決めている。 序盤からボールを保持するベレーザは池尻茉由のロングシュートでひやりとさせられたものの、主導権を握りながら8分に先制点を奪う。山本柚月の左サイド突破から相手を押し込み、二次攻撃を展開すると、藤野あおばの縦パスから追い越した清水梨紗が右サイドの深い位置からクロス。これが左のポストに当たってゴールに吸い込まれた。 リードして迎えた後半だったが、村松智子のバックパスが短くなり、古巣対戦となった宮澤ひなたに同点弾を許してしまう。以降は互いにゴールを奪えぬまま終盤を迎えると、勝負を決めたのは途中出場の元なでしこ戦士だった。 ベレーザは84分、清水の縦パスを受けた藤野がボックス右から右足のフィニッシュ。これはGKに阻まれるも、こぼれ球をいち早く反応した宇津木がすべり込みながら押し込んだ。 これが決勝点となり、ベレーザが2-1で勝利。ホーム最終戦を白星で飾っている。 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われたちふれASエルフェン埼玉vsジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、WEリーグで初となる退場者が出た。 12分にビルドアップのミスから祐村ひかるに先制点を献上した千葉レディースだったが、得意のセットプレーから逆転に成功。16分にはCKの二次攻撃から田中真理子のフリックを市瀬千里、23分には鴨川の完璧なFKクロスから田中真理子が沈めて前半を折り返した。 61分にも右CKからゾーンディフェンスの間に走り込んだ岸川奈津希が頭で合わせてリードを広げると、2分後には背後へ抜け出した千葉玲海菜が岸みのりのファウルを誘発。これが決定的な得点機会の阻止と判断され、岸にはレッドカードが提示された。 これで得たFKを鴨川が直接狙うと、クロスバーに当たった跳ね返りを城和怜奈が頭で押し込み、WEリーグ初ゴールを記録。大量点を奪った千葉レディースが4-1でエルフェン埼玉を退けている。 デンカビッグスワンスタジアムで開催されたアルビレックス新潟レディースvsサンフレッチェ広島レジーナは、両チームのトップスコアラーが本領を発揮。新潟レディースは道上彩花が、広島レジーナは上野真実がそれぞれ2得点を奪い、2-2の引き分けに終わった。 道上はこれでリーグ戦計8得点、上野は計10得点となり、得点ランキングトップに立つ三菱重工浦和レッズレディースの菅澤優衣香の12得点に迫っている。 ▽5月14日(土) AC長野パルセイロ・レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 INAC神戸レオネッサ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽5月15日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2</span>-1 マイナビ仙台レディース アルビレックス新潟レディース 2-2 サンフレッチェ広島レジーナ ちふれASエルフェン埼玉 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) 大宮アルディージャVENTUS 2022.05.15 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

WE女王INACと皇后杯女王の一戦は浦和Lに軍配! 初の国立開催は1万人を超す観衆が集まる【WEリーグ第21節】

14日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第21節の2試合が各地で行われた。 前節快勝でWEリーグ初代女王の座についたINAC神戸レオネッサは、皇后杯チャンピオンの三菱重工浦和レッズレディースと対戦。WEリーグ初の国立競技場での開催となった。 阪口萌乃のミドルシュートで最初の見せ場を作ったINAC神戸は、30分にGKからのビルドアップを起点にチャンスメイク。自陣でポゼッションし、左の西川彩華が裏へ蹴ると、田中美南と南萌華の走り合いに。交錯はありながらもこれを制した田中がボックス内に侵入し、高橋はなをかわして右足を振り抜くが、GK池田咲紀子の手に当たって左ポストに弾かれた。 反撃に出る浦和は34分に塩越柚歩がミドルを見せると、3分後には猶本光の直接FKがクロスバーに当たるなど、徐々にゴールへ迫っていく。すると41分、菅澤優衣香のスルーパスに反応した塩越がボックス右からクロス。一度はブロックされるも、粘って再び最深部から折り返すと、走り込んだ安藤梢が抑えの効いた一撃を沈め、浦和レディースが先手を取った。 いい時間帯にリードを奪った浦和レディースは後半にも塩越がゴール正面の至近距離でチャンスを迎えるが、決め切れない。さらに、72分には遠藤優の突破がボックス右での中島依美のファウルを誘い、PKを獲得する。だが、左を狙った菅澤のキックはGK山下杏也加が読み切った。 その後は互いにゴールを奪えず、1-0のままタイムアップ。WEリーグ最多となる1万1763人を集めた一戦は、浦和レディースがプライドを見せ、5連勝を収めている。 ホーム最終戦となったAC長野パルセイロ・レディースは、ノジマステラ神奈川相模原と対戦。今季限りでの引退を表明しているGK池ヶ谷夏美が9試合ぶりにゴールを守った。 長野レディースは序盤こそ大久保舞のミドルなどでペースをつかんだが、次第に押し込まれ始めると、伊東珠梨のシュートがバーをたたくなどあわやの場面を作られる。流れを変えようとハーフタイムを待たずして動き、41分、こちらも今シーズンでスパイクを脱ぐ八坂芽依を送り出した。 ゴールレスで後半を迎えると、CKのクリアを処理した際に奥津礼菜がハンドを取られ、ノジマステラにPKを献上。57分に杉田亜未にゴールを許し、ビハインドを負った。 それでもその7分後、ハーフウェーライン付近の左タッチライン寄りでFKを得ると、長いボールを放り込み、瀧澤莉央、瀧澤千聖と頭でのフリックが続き、三谷沙也加もヘディングで押し込んで試合を振り出しに戻した。 以降は互いにゴールが奪えずドローで試合終了。長野レディースは連勝が、ノジマステラは連敗が2でストップしている。 ▽5月14日(土) AC長野パルセイロ・レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 INAC神戸レオネッサ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽5月15日(日) 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs マイナビ仙台レディース アルビレックス新潟レディース vs サンフレッチェ広島レジーナ ちふれASエルフェン埼玉 vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) 大宮アルディージャVENTUS 2022.05.14 19:21 Sat
twitterfacebook
thumb

2度目のJ・WE共催となった新潟レディースvsベレーザはゴールレス、広島レジーナは2連勝【WEリーグ第20節】

8日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第20節の3試合が各地で行われた。 アルビレックス新潟レディースは日テレ・東京ヴェルディベレーザをデンカビッグスワンスタジアムに迎えた。この試合は4月23日のベレーザvs千葉レディースに次いで2度目のJ・WE共催となった。 開始直後から攻勢を仕掛けたベレーザは、1分にも満たない時間に植木理子がシュート。5分には藤野あおばが狙う。戦前の予想通り、ポゼッションの時間を高めると、28分には横へ横へと動かして右の深い位置から清水梨紗がクロス。こぼれを藤野が狙うもGK平尾知佳に阻まれた。 後半に入っても主導権を握るのはベレーザ。左ポケット最深部を取っての折り返しから藤野がシュートを放ち、直後には中里優もボックス内から狙う。 だが、新潟レディースも決死の守備を見せてゴールに鍵を掛けると、55分にはようやくチャンスを作り、クロスから滝川結女が立て続けに3本のシュートを放つ。 耐える時間が続くものの、新潟ディフェンス陣は集中を切らさない。藤野のチップキックはGK平尾の頭上を越えたが、なでしこ・WE通算100試合出場の茨木美都葉がゴールカバーに入ってクリアした。 終盤にゴール前で与えてしまったFKなども体を張ったブロックで耐え、最後までゴールを死守。得点こそ奪えなかったが、圧倒的に攻め込まれながらもゴールレスで耐え抜き、勝ち点1を獲得した。 サンフレッチェ広島レジーナはホームでちふれASエルフェン埼玉と対戦。3日前にINAC神戸レオネッサに初めて土を付けた勢いそのままに、この日も躍動感のあるプレーを披露する。 中嶋淑乃、木﨑あおい、谷口木乃実が絡み、トライアングルのパスで左サイドを崩すと、ボックス左を取った中嶋のクロスに上野真実が合わせて17分に先制点を挙げる。 4分後には右サイドからチャンスクリエイト。松原優菜のクロスは手前で引っ掛かるが、セカンドボールに自ら反応すると、左足で思い切りの良い一撃をニアに突き刺した。 80分には左サイドの高い位置でボールを奪い、素早く右へ展開すると、ボックス手前から立花葉が左足のミドルシュート。アメリカでのプレー経験もある立花がWEリーグ初ゴールを右隅に沈めた。 直後には左クロスから再び上野にゴールが生まれ、大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、広島レジーナが連勝を飾っている。 INAC神戸レオネッサはアウェイでノジマステラと対戦。3-0で勝利を収め、WEリーグ初代女王の座についている。 ▽5月7日(土) マイナビ仙台レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 三菱重工浦和レッズレディース</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロレディース 1</span>-0 大宮アルディージャVENTUS ▽5月8日(日) ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 INAC神戸レオネッサ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ 4</span>-0 ちふれASエルフェン埼玉 アルビレックス新潟レディース 0-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ WE ACTION DAY(今節試合なし) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2022.05.08 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

9年前のなでしこリーグ優勝を知るINAC神戸キャプテンの中島依美「もっともっと女子サッカーを盛り上げたい」

2021-22 Yogibo WEリーグの初代女王に輝いたINAC神戸レオネッサのキャプテンMF中島依美が、優勝を喜んだ。 INAC神戸は8日、WEリーグ第20節でノジマステラ神奈川相模原とアウェイで対戦した。 今シーズンからスタートした日本初の女子プロリーグであるWEリーグ。INAC神戸はシーズン途中まで無敗を継続したものの、前節はサンフレッチェ広島レジーナに敗れ初黒星。優勝に足踏みしていた。 今節も勝利すれば優勝が決まる一戦。アウェイのINAC神戸は、8分に田中美南がゴールを奪って先制すると、70分にも田中、72分には成宮唯がゴールを決めて勝負あり。最後までしっかりと守り、0-3で勝利し、初代女王の座についた。 試合後、記者会見に臨んだ中島は、優勝について「9年ぶりの優勝を嬉しく思っています」とコメント。「星川さん(星川敬監督)の下で、素晴らしいサッカーができたことが結果に出ていると思います。残り2試合ありますけど、レオらしいサッカーを見せつけたいと思います」と、優勝決定後も、しっかりとチームとして残りのリーグ戦を戦いたいとした。 無敗を続けていた中で、前節は初黒星。その中でしっかりと優勝を決めた。 中島は足踏みしたことについて「(前節)勝てば優勝でしたが、そこを敗戦して、ゲームでは経験である自分たちが出せることができなかったことが要因でした」と、優勝を知る選手たちがしっかりとパフォーマンスを出せなかったとコメント。ただ、今節に関しては「その中、切り替えて今日を迎えた中で、しっかり勝ちで終わって優勝できたことは良かったと思います」とし、長引かせることなくしっかりと決められたことを喜んだ。 中島は9年前の2013年になでしこリーグを優勝したメンバーの1人。それ以来となるリーグタイトルとなった。 この9年間の女子サッカーの変化については「今プロリーグとなって、難しいですけど、もっともっと女子サッカーを盛り上げたいという気持ちが強いです」とコメント。「日本のサッカーで難しい部分はありますが、私たちが優勝して発信できることはたくさんあると思うので、女子サッカーを盛り上げるためにできることをもっとやっていきたいと思います」とし、優勝するだけでなく、女子サッカー全体を盛り上げるための一端となりたいと語った。 2022.05.08 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

WEリーグ初代女王のINAC神戸、星川敬監督は自身10年ぶり優勝に「今回の優勝の方がはるかに嬉しい」

2021-22 Yogibo WEリーグの初代女王に輝いたINAC神戸レオネッサの星川敬監督が、優勝を喜んだ。 INAC神戸は8日、WEリーグ第20節でノジマステラ神奈川相模原とアウェイで対戦した。 今シーズンからスタートした日本初の女子プロリーグであるWEリーグ。INAC神戸はシーズン途中まで無敗を継続したものの、前節はサンフレッチェ広島レジーナに敗れ初黒星。優勝に足踏みしていた。 今節も勝利すれば優勝が決まる一戦。アウェイのINAC神戸は、8分に田中美南がゴールを奪って先制すると、70分にも田中、72分には成宮唯がゴールを決めて勝負あり。最後までしっかりと守り、0-3で勝利し、初代女王の座についた。 試合後、記者会見に臨んだ星川監督は、しっかりと優勝を果たしたことを喜んだ。 「長いシーズンでしたが優勝という素晴らしい形で終えられたことに嬉しく思っています」 「久々に女子サッカーに戻ってきて、選手たちが半信半疑ながらも信じてくれて、今日まで来れたことは嬉しいですし、前回の優勝よりも今回の優勝の方がはるかに嬉しいです。ホッとしています」 星川氏は、2010年にINAC神戸の監督に就任し、皇后杯やなでしこリーグ連覇など3シーズンで5つのタイトル獲得に貢献した。 その後、チェルシーレディースのコーチを務めると、ポーランドやスロベニアの男子チームでコーチなどを務めると、2021年に復帰していた。 INAC神戸は2013年に優勝したのを最後に、なでしこリーグではタイトルとを獲れず。9年ぶりのリーグ優勝となった。 優勝の前に無敗が途絶えるなど、プレッシャーもあったINAC神戸。星川監督は「やっぱり広島戦は硬かったですし、無敗というプレッシャーは優勝よりもありました」とコメント。また、その負けた直後の今回の試合については「今日は優勝というプレッシャー。レッズさんもしっかり勝ってプレッシャーをかけてきていました」と、次節は直接対決となるだけに、先に優勝を決めたかったとし、「その辺は先週よりも良かったですし、(中島)依美、髙瀬(愛実)、ヤマ(山下杏也加)、田中美南など、優勝している選手の力は大きかったです」と、リーグ優勝経験者がしっかりとチームで機能したことが大きかったとした。 2試合を残しての優勝。ただ、独走したわけではなかったリーグ戦については「選手と僕らの感じでは連勝したり失点がない中というのは、納得いっていないですし、一強で進んでいないというのは良かったと思います」と、ライバルがしっかりいたことは大きかったとコメント。「敗戦や(後半戦初戦の)ちふれ戦の後に、チームの中でも大きな問題を話し合ったり、向き合って来れたことはすごく良かったです」と、チームとして改善して行けたことは良かったとした。 また「それに飲まれる可能性もありましたが、やり切って。今日も(初黒星の)広島戦という難しい試合の後でしたが、ヤバいところから立ち直る力があるので、そこは成長したと感じます」とコメント。悪い結果だった後の試合で、しっかりとバウンスバックできたことを評価した。 2022.05.08 17:52 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly