久保建英、自身インスタで負傷離脱を報告…10月の代表不参加も示唆

2021.09.24 08:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカの日本代表MF久保建英が23日、自身のインスタグラムを通じてチームからの離脱を報告したした。

久保は22日に敵地で行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦でも先発。保有元のレアル・マドリーを相手にしたパフォーマンスが注目されたが、前半のみのプレーでピッチを後にして、マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにした。

そして、久保は現時点でクラブから負傷に関する発表がないなか、自身のSNSで「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました」と当面の戦線離脱を説明すると、こう続けた。

「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました。とても重要な時期にチームと代表の力になれないことはとても悔しいですが、今度はピッチ外から応援をしたいと思います。そして1日でも早く復帰をしてチームの力になれる様に今自分にできることを頑張ります」

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合を戦う10月の代表活動に参加できない見込みも示唆した久保は2年ぶりに復帰したマジョルカでラ・リーガ開幕戦から全試合に出場して、そのうちの5試合に先発。ゴール、アシストともにないものの、攻撃陣の軸として光るプレーを披露していた。



1 2

関連ニュース
thumb

「眠れずに酷い日を…」ライバルに6失点大敗後に息を吹き返し、見事残留遂げたマジョルカ・アギーレ監督も安堵「二重の喜びがある」

マジョルカのハビエル・アギーレ監督が、最終節での残留決定を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 22日、ラ・リーガ最終節が行われた。日本代表MF久保建英の所属するマジョルカは、最終節まで残留争い中。他会場の結果にもよるものの、勝利しなければ降格する可能性がある状況だった。 久保はベンチスタートとなった試合は、前半から攻勢に出るマジョルカに対し、オサスナも反撃するという状況に。一進一退の攻防の中、ゴールレスで前半を終える。 我慢の展開ながらも無失点で乗り切ったマジョルカは、47分にヴェダド・ムリキとのワンツーでアンヘル・ロドリゲスがゴールを決めて先制。その後は押し込まれる時間もあった中、83分にクレマン・グルニエが追加点。久保には出番が訪れなかったが、0-2で勝利し16位でシーズンを終えた。 勝利していなければ降格となっていたマジョルカ。2連勝での残留決定に、アギーレ監督は喜びを露わにした。 「前半は少しクレイジーで緊張もあった。後半はよりバランスが取れていて、ゴールは明らかな助けとなった」 「走らされてばかりいて、暗い感じが漂っていた。しかし、幸いにも0-0で持ち堪え、後半はより良い感じになった」 「ロッカールームでは緊張感が残っていた。グラナダに2-6で敗れた後、我々は2部に1フィート半ぐらい過ごしていた。だからチームはショックを受け、うちのめされていた。彼らは3日間、眠れずに酷い日を過ごした」 また、降格を免れたことについてはチームにとっても非常に大きかったと語る。 「2部に行くと、チームの半分が去るか、フリーになる。1部では、2年後に新たなプレシーズンを計画するための、自分たちの基礎を確立できる」 「予算は同じか、それ以上になるだろう。クラブにとっては重要なことだった」 そして、チームを支えたファンにも言及。劇的な勝利を収めた、前節のラージョ・バジェカーノ戦での振る舞いを含め、感謝を述べた。 「みんながそこにいた。彼らがラージョに対してピッチを埋め尽くし、今日も来てくれたので、惜しみない感謝がある」 「彼らのことを考えると、二重の喜びがある。みんな来てくれたし、良い歓迎を見せてくれた」 なお、残留を決めたアギーレ監督は、来シーズンについても言及。「予備的な合意はしている。もちろん、私は続けていきたい」と、続投の意思を示した。 <span class="paragraph-title">【動画】マジョルカが熾烈な残留争いを勝ち切る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-jS5E-YAWP8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 09:23 Mon
twitterfacebook
thumb

マジョルカが2連勝で残留決定!ホーム最終戦でゴールレスに終わったグラナダが4季ぶりの2部降格…《ラ・リーガ》

久保建英の所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ最終節でオサスナと対戦し、2-0で勝利した。久保はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節のラージョ戦で4試合ぶりの白星を飾り、残留圏へ浮上した17位マジョルカ(勝ち点36)が、10位オサスナ(勝ち点47)のホームに乗り込んだ一戦。勝てば自力残留となる大一番で久保は、3試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、マジョルカは26分に相手選手と接触したライージョが左腕を踏みつけられ、ピッチにうずくまるアクシデントが発生。治療のため試合が数分間中断されると、ライージョは無事プレーに復帰した。 するとマジョルカは36分、バイタルエリア中央右でアントニオ・サンチェスが倒されてFKを獲得からセビージャが直接ゴールを脅かすと、枠をとらえたシュートは相手GKのセーブに弾かれた。 ハーフタイムにかけてはホームのオサスナが攻勢に出る。すると41分、ブラシャナツのパスでボックス左に抜け出したブディミルがチャンスを迎えたが、左足のシュートはゴール右に逸れた。 ゴールレスで迎えた後半は開始早々にスコアが動く。マジョルカは47分、右サイドから中へ切り込んだマフェオのパスをペナルティアーク内のアンヘルがワンタッチではたくと、ムリキとのワンツーでゴール前に抜け出しシュートをゴールへ流し込んだ。 先制したマジョルカは、60分にピンチを迎える。ボックス左横でボールを受けたブラシャナツのクロスをニアのブディミルがヒールシュートで狙ったが、これはゴール右に逸れて難を逃れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。するとマジョルカは83分、GKマノロ・レイナが自陣FKからロングフィードを送ると、バイタルエリア左のムリキが頭でつないだボールを拾ったダニ・ロドリゲスがボックス左深くから侵入しクロス供給。これをアブドンが頭で合わせると、シュートは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をグルニエが押し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。2連勝で16位に浮上したマジョルカが文句なしの残留を決めた。 一方、同時刻開催の16位グラナダ(勝ち点37)は、ホームでエスパニョールとゴールレスドロー、18位のカディス(勝ち点36)はアウェイでアラベスに1-0で勝利した。この結果、カディスが17位に浮上し、18位に転落したグラナダが4シーズンぶりのセグンダ(スペイン2部)降格となった。 2022.05.23 05:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ最終節プレビュー】降格1枠巡る残留争い決着へ! 久保建英の17位マジョルカはオサスナ戦

先週末に行われた第37節の結果、セビージャのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得、レバンテに続くアラベスの降格、レアル・ソシエダのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が決定した。 そして、今シーズンのラ・リーガを締めくくる最終節は、降格残り1枠、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権争いを中心に3日間の変則日程での開催となる。 その中で最注目はMF久保建英を擁する17位のマジョルカ(勝ち点36)、18位のカディス(勝ち点36)、16位のグラナダ(勝ち点37)の3チームによる残留争いだ。 前節を降格圏の18位で迎えたマジョルカだったが、ホーム最終戦となったラージョ戦を、後半アディショナルタイムのFWアブドンの劇的ゴールによって、2-1のスコアで勝ち切り残留圏内の17位に浮上。自力で残留を決められる最終節では9位のオサスナ(勝ち点47)とのアウェイゲームに臨む。 当該成績ではグラナダに劣り、カディスを上回っているため、残留の条件は勝ち点3獲得か、カディスと同条件の戦績で終える必要がある。なお、マジョルカとカディスが引き分け、グラナダが敗れた場合、3チームが勝ち点37で並ぶことになるが、当該チーム間の対戦の勝ち点合計ではグラナダ(勝ち点8)、マジョルカ(勝ち点4)、カディス(勝ち点2)という順番になっており、その場合も残留を決められる。 対戦相手のオサスナは直近5試合未勝利ということもあり、ホーム最終戦での6戦ぶりの白星奪取に向けモチベーションは高く、堅守を軸とするそのスタイルはマジョルカが勝ち点3を目指す上で戦い辛いところだ。 ラージョ戦でも途中出場となった久保に関しては、現実主義のアギーレ監督が他会場の動向を見ながら試合を進めていく可能性が高く、その守備力を考えれば、スタートからの起用の可能性は低く、ここ数試合と同様に点が必要な場面での途中投入の可能性が高そうだ。今回の一戦に限っては久保を投入せざるを得ない状況は避けたいところだが、出番が訪れた際にはチームを残留に導く大きな仕事を期待したい。 そのマジョルカと残留を争うカディスは、前節でレバンテに敗れ降格が決定した最下位のアラベス(勝ち点31)とのアウェイゲームに臨む。前節は主力温存のレアル・マドリー相手に1-1のドローに持ち込んだが、FWネグレドのPK失敗を含め決定力不足、試合最終盤の微妙な判定も響いて降格圏に転落となった。ただ、この最終節で勝利できれば、上位2チームの取りこぼしは十分に考えられるだけに自分たちの戦いに集中したい。 残留の可能性は最も高いグラナダだが、下位2チームの結果如何で悲劇を味わう可能性もあり、13位のエスパニョール(勝ち点41)をホームで迎え撃つ一戦では勝利が必要だ。前節はわずかながらトップ4フィニッシュの可能性を残していたベティスに0-2で敗れたものの、それ以前は2連勝を飾っており調子自体は悪くない。ホームアドバンテージを生かしてサポーターと共に残留決定の歓喜を分かち合いたい。 また、残留争いほどの盛り上がりはないものの、7位のビジャレアル(勝ち点56)、8位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点55)によるECL出場権争いにも注目集まる。 自力でECL出場権獲得を決められるビジャレアルは、2位を確定させているバルセロナ(勝ち点73)と敵地カンプ・ノウで対戦。ホーム最終戦というモチベーションはあるものの、一部主力温存の可能性もあるホームチームに対して、リバプールとの2ndレグで見せたようなアグレッシブな戦いを期待したい。 一方、逆転での7位フィニッシュを狙うアスレティックは、ホームで4位のセビージャ(勝ち点67)と対戦する。対戦相手のセビージャは3位フィニッシュの可能性、一部でロペテギ監督のラストマッチとも報じられる中、モチベーション高く臨んでくるはずだが、サン・マメスの熱狂的な雰囲気に後押しされるMFムニアイン、FWイニャキ・ウィリアムズらの躍動で堅守攻略といきたい。 最後に、28日にリバプールとのCL決勝を控える今季ラ・リーガ王者のレアル・マドリー(勝ち点85)は、フライデーナイトに行われる5位のベティス(勝ち点64)とのホームゲームで今季を締めくくる。 CLファイナルに向けた最後の調整の場となるこの一戦に向けてはDFアラバを除き、全主力が主力が招集されており、アンチェロッティ監督もベストメンバーを起用する可能性が高そうだ。自身初のピチーチ獲得決定的なFWベンゼマはトリプレーテで30ゴール、FWヴィニシウスは同じくトリプレーテで20ゴールの大台到達となるため、強豪ベティスにもアグレッシブな仕掛けを期待したい。また、契約延長の可能性はあるものの、現時点では契約満了濃厚なDFマルセロにも出番がありそうだ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/20(金) 《28:00》 ラージョ vs レバンテ レアル・マドリー vs ベティス ▽5/21(土) 《24:30》 バレンシア vs セルタ ▽5/22(日) 《24:30》 エルチェ vs ヘタフェ 《27:00》 オサスナ vs マジョルカ アラベス vs カディス グラナダ vs エスパニョール 《29:00》 バルセロナ vs ビジャレアル レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 2022.05.20 19:03 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英途中出場のマジョルカ、奇跡の降格圏脱出にアギーレ監督「選手交代が功を奏した」

マジョルカのハビエル・アギーレ監督が、ラージョ・バジェカーノ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 15日、ラ・リーガ第37節が行われ、マジョルカはホーム最終戦でラージョを迎えた。 降格圏に転落したマジョルカは残り2試合での逆転勝利が必要な状況。日本代表MF久保建英はベンチスタートとなった。 重要な一戦の中、13分にヴェダト・ムリキのゴールで先制。幸先良いスタートを切るも、60分に同点に追いつかれてしまう。 勝ち点1では足りないマジョルカは64分に久保、84分にイ・ガンインを入れ、攻撃にシフト。それでもゴールが遠かったが、アディショナルタイム2分にアブドン・ブラッツが値千金のゴール。土壇場で勝ち越し、2-1で勝利を収めた。 見事に降格圏を脱したマジョルカ。アギーレ監督は、しっかりと耐えたこと、そして選手交代で流れを掴んだと語った。 「感動的な瞬間を経験している。後半、ラージョは我々を自陣に追い込み、とても攻めてきて、先行きは暗く見えた」 「しかし、選手交代が功を奏し、得点することができた。ファンも喜んでいる」 「タフでエモーショナルな試合になることはわかっていた」 残り1節となり、降格圏のカディスとは勝ち点で並んでいる状況。16位のグラナダとは勝ち点差「1」、エルチェ、ヘタフェも勝ち点差「3」という混戦状況だ。 しかし、アギーレ監督は高い嬢の結果を気にすることなく、自分たちでやり切るだけだと語った。 「私は14シーズンもやってきているが、他の結果に目を向けるということは芸がないことだ。自分たちのことは自分たちでやり、最後は結果を見たいと思う」 また、決勝ゴールを決めたアブドンについても言及。下部組織出身選手の決定的な仕事を喜んだ。 「ホームで育った選手で、色を感じて生きており、プロフェッショナルで、献身的でもある」 「それは、彼が仲間であることを示しており、彼はそれに値する」 マジョルカは最終節で9位のオサスナと対戦。降格圏のカディスは最下位のアラベス、グラナダは13位のエスパニョール、エルチェとヘタフェは直接対決となる。 <span class="paragraph-title">【動画】マジョルカが奇跡の勝ち越しゴールで降格圏脱出!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_96TwIR0EK4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のマジョルカが劇的AT弾でラージョを下し残留圏内の17位に浮上!《ラ・リーガ》

久保建英の所属するマジョルカは15日、ラ・リーガ第37節でラージョ・バジェカーノと対戦し2-1で勝利した。久保は64分からプレーしている。 リーグ戦3試合勝利のない18位マジョルカ(勝ち点33)が、12位ラージョ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。残留に向けて勝利が必須のホームゲームで久保は、2試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたマジョルカは13分、左サイドを持ち上がったハウメ・コスタのクロスをファーサイドのムリキがドンピシャヘッドでゴール左へ突き刺した。 その後は一進一退の展開が続いたが、マジョルカは37分にアンヘルのスルーパスでDFの裏に抜け出したライージョの折り返しからムリキに決定機が訪れたが、シュートはマラシュのブロックに阻まれた。 迎えた後半、マジョルカは立ち上がりにセットプレーからピンチを迎える。50分、アルバロ・ガルシアの左CKを中央のファルカオがヘディングシュートで合わせたが、叩きつけたシュートはGKマノロ・レイナがファインセーブ。 しかし60分、再びセットプレーを獲得したラージョが試合を振り出しに戻す。アルバロ・ガルシアの右CKゴール前に走りこんだパテ・シスが頭でゴールネットを揺らした。 追いつかれたマジョルカは、64分にハウメ・コスタとアントニオ・サンチェスを下げて久保とダニ・ロドリゲスを投入し流れを変えにいくと、85分にペナルティーアーク左手前でパスを受けた久保がカットインから右足を振り抜いたが、シュートは枠の上に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、92分にドラマが生まれる。ダニ・ロドリゲスのサイドチェンジをボックス右横で受けたマフェオがカットインからクロスを供給すると、ファーサイドのアブドンがワントラップから左足でゴールネットを揺らし、マジョルカが勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となりマジョルカが劇的勝利。4試合ぶりの白星を飾ったマジョルカは、当該成績でカディスを上回り残留圏内の17位に浮上している。 2022.05.16 04:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly