財政難のバルサを悩ませる条項…クーマン監督解任で約8億円の支払いに

2021.09.20 23:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦での惨敗を受け、にわかに周囲が騒がしくなっているバルセロナのロナルド・クーマン監督だが、とある条項に守られているようだ。

今夏の移籍市場ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがアトレティコ・マドリーへと移籍したバルセロナ。選手の放出以上に話題となったのが、多額の負債だった。

前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ体制下での杜撰な管理も原因とされるバルセロナの負債。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による収入減もその一員だが、それ以上に負債額が驚きだった。

その結果、メッシを手放すことになった上、DFジェラール・ピケやMFセルヒオ・ブスケッツ、DFジョルディ・アルバ、DFセルジ・ロベルトなどキャプテン勢は、サラリー上限に抵触する結果選手登録ができないことを受けて、サラリーの減額に応じる始末。選手たちの協力によってなんとか保たれるという苦しい状況となっている。

そんな中、スタートした今シーズンだったが、14日に行われたCL初戦のバイエルン戦ではホームで0-3と完敗。結果以上に内容が全くなく、大きな非難を集めることとなってしまった。

また、この結果を受けてクーマン監督の手腕にも懐疑的な目を向けられることとなり、ケガなどで選手が大幅に不足していることもありながら、今後の試合の結果次第では解任という話まで出ている状況だ。

しかし、スペイン『Esport3』の情報をもとにスペイン『アス』がクーマン監督とクラブのある条項を報道。契約解除になった場合でも、バルセロナは金銭をクーマン監督に払わなければいけないようだ。

クーマン監督は2020年夏にバルセロナの監督に就任。それまではオランダ代表を率いていたが、バルセロナへ復帰するという条項を盛り込んでいたため、任期の途中で退任し、バルセロナの監督に就任していた。

しかし、その際にクーマン監督は、オランダサッカー連盟(KNVB)に補償金を支払っていたとのこと。クーマン監督の3シーズン目となる2022-23シーズンも継続して指揮ができなかった場合は、バルセロナが600万ユーロ(約7億7000万円)を支払うという契約がなされているという。

これはバルトメウ前会長がクーマン監督と2年契約を結んだ際に盛り込んだ条項とのこと。ジョアン・ラポルタ会長の体制下で契約を解除した場合にも発動してしまうということだ。

『Esport3』によれば、バルセロナはクーマン監督を解雇しても契約更新後に解雇しても、1300〜1400万ユーロ(約16億7000万〜18億円)を支払うことには変わりないという。

ただでさえ財政的に厳しいバルセロナ。思わぬところにも潜んでいた金銭が絡む契約問題だが、このままクーマン体制で結果が出ることが何よりも望ましいということになる。


関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第16節プレビュー】首位マドリーが3位ソシエダと激突! 久保マジョルカはアトレティコ戦

先週末に行われた前節ではセビージャとの上位対決を制したレアル・マドリーが首位キープに成功。また、レアル・ソシエダが敗れたことで、アトレティコ・マドリーが2位に浮上している。 2021年最終月の初戦となる第16節では、強豪チームがUEFAコンペティションのグループステージ最終節を控える中での難しい戦いに挑む。 今節最大の注目カードは3位のソシエダ(勝ち点29)と、首位のレアル・マドリー(勝ち点36)が激突する上位対決。ソシエダは前節、敵地で昇格組エスパニョールと対戦し、0-1の敗戦。開幕節のバルセロナ戦以来となる14試合ぶりの黒星を喫することになった。今節ではその敗戦からのバウンスバックを図る一方、週明けには逆転突破を目指すヨーロッパリーグ(EL)のPSV戦を控えており、前線のメンバー選考など指揮官の采配に注目したい。 対するレアル・マドリーは、セビージャとの接戦をFWヴィニシウスのスーペルゴラッソによって2-1と勝ち切ると、ミッドウィーク開催の第9節延期分ではアスレティック・ビルバオ相手に同じく苦戦を強いられながらも、エースFWベンゼマが挙げた虎の子の1点を守護神クルトワを中心とする守備陣が守り切り、ウノセロの勝利を飾った。これで公式戦7連勝のアンチェロッティ率いるチームは、2位以下に7ポイント差を付けて混戦を抜け出し始めている。 週明けには首位通過が懸かるインテルとのチャンピオンズリーグ(CL)を控えるが、まずは今回の上位対決をきっちり勝ち切りたい。絶好調の両エースに加え、新体制でより攻撃への絡みが目立つMFモドリッチとMFクロースのインテリオールコンビの活躍に期待したい。 その両チームの潰し合いを期待しつつ首位と勝ち点差を縮めたいアトレティコ(勝ち点29)は、MF久保建英を擁する14位のマジョルカ(勝ち点16)と対戦する。前節はカディス相手に前半こそ苦しんだが、FWグリーズマンの1ゴール1アシストの活躍などもあり、最終的に4-1の快勝を収めた。そのリーグ連勝の勢いに乗りたいシメオネ率いるチームだが、来週ミッドウィークには最下位からの逆転突破を目指すCLのポルト戦が控えている。そのため、スロースタートとなったカディス戦の反省を生かし、前半の内に試合を決めるような勢いを持って試合に入りたい。 対するマジョルカは前節、久保が9戦ぶりの戦列復帰を果たしたが、ヘタフェ相手にゴールレスドローに終り、7戦未勝利と苦境が続く。ミッドウィークのコパ・デル・レイ1回戦では2回戦進出を決めたが、4部相手に延長戦の末の勝利とチーム状態は微妙なところだ。格上アトレティコとのアウェイゲームということもあり、守備的な布陣で臨む可能性が高いが、個で局面を打開できる久保のスタートからの起用はあるのか。 アトレティコと同様に最終節でのCLグループステージ突破を目指すバルセロナとセビージャ、ビジャレアルの3チームでは、奇しくも後者の2チームが直接対決に臨む。 今グループステージで最激戦区となったグループGに属するセビージャは、現在3位に位置しており1ポイント差で2位のザルツブルクとの直接対決で逆転突破を目指す。直近のリーグ戦ではレアル・マドリー相手に惜敗も、パフォーマンス自体は上々だ。ビジャレアルとの今回の一戦では流れの中できっちりゴールをこじ開ける勝負強さが求められるところ。 一方、グループFで2位に位置するビジャレアルは1ポイント差で3位のアタランタとの直接対決を週明けに控える。セビージャ同様に直近のリーグ戦ではバルセロナ相手に接戦に持ち込んだものの、決定力不足と守備のミスが響き1-3の敗戦を喫している。今回のセビージャ戦ではFWダンジュマら前線の決定力改善と共に、我慢の時間帯にいかにミスを減らせるかが勝利にカギを握る。 また、グループEで2位に位置するバルセロナは自力突破に向け、敵地でバイエルンを破るという非常に困難なミッションを抱えている。その一戦に万全の状態で臨みたいところだが、トップ4圏外の7位という順位を考えれば、5位のベティスとの上位対決をキッチリものにする必要がある。前節のビジャレアル戦は攻守両面で課題が出たものの、試合終盤の連続ゴールによって今季苦手としていたアウェイゲームで初勝利を挙げられた点はプラス材料だ。ベティスはELですでに突破を決めており、盤石のスカッドで臨んで来るため、前節に続き非常にタフな試合となりそうだ。 《ラ・リーガ第16節》 ▽12/3(金) 《29:00》 グラナダ vs アラベス ▽12/4(土) 《22:00》 セビージャ vs ビジャレアル 《24:15》 バルセロナ vs ベティス 《26:30》 アトレティコ・マドリー vs マジョルカ 《29:00》 レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー ▽12/5(日) 《22:00》 ラージョ vs エスパニョール 《24:15》 エルチェ vs カディス 《26:30》 レバンテ vs オサスナ 《29:00》 セルタ vs バレンシア ▽12/6(月) 《29:00》 ヘタフェ vs アスレティック・ビルバオ 2021.12.03 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWイ・スンウ、水原FCで再起! 地元クラブでKリーグ初挑戦

水原FCは3日、韓国代表FWイ・スンウ(23)の獲得を正式発表した。 マジョルカの韓国代表MFイ・ガンインと並び、韓国の将来を背負って立つ存在として、10代の頃から注目されるイ・スンウ。マジョルカの日本代表MF久保建英と同じくバルセロナのカンテラ出身だが、なかなか才能を輝かし切れずにいる。 ヴェローナでもいまいちに終わると、2019年8月にシント=トロイデン入り。今年2月にシーズンローンでポルティモネンセに移り、今季からシント=トロイデンに戻ったが、ジュピラー・プロ・リーグ3試合でベンチ入りしたのみだった。 そうしたなか、先月23日に契約を解除。新天地として、にわかにJリーグの可能性なども浮上したが、最終的に地元クラブの水原FCで再起を期す決断を下した格好だ。キャリア初の母国でのプレー決定を受け、クラブで意気込みを語った。 「水原FCを通じて初めてKリーグのファンと会えると考えると感慨深い。チームに早く適応して、来季に水原FCが名門クラブとなれるよう最善を尽くす」 2021.12.03 12:59 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサDFユムティティに迷惑ファンが公道で暴挙、無理矢理車を止めてやりたい放題

バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティが無礼なファンの暴挙にあった。 ユムティティは2016年7月にリヨンから加入し、これまで公式戦132試合に出場し2ゴール1アシストを記録。しかし、度重なる負傷が影響し、近年は思ったようなパフォーマンスを発揮できず、給与も高いことからも今夏の放出候補筆頭にあげられていた。 それでも、2023年6月まで契約を残すユムティティは他クラブへの移籍を拒否。財政難に喘ぐクラブからの減俸の要請にも応じず、ファンからの非難が相次いでいる状況だ。 そのユムティティは1日の練習後、車でトレーニング場を後に。しかし、そこに若い男性ファンたちが突撃。男性たちはいきなり車道に飛び出ると、バルセロナのユニフォームを掲げながら「ユムティティ!」と叫び、強引に車を止めさせる。 男性たちは車に無断で触り、写真を撮るなどやりたい放題。ユムティティはクラクションを数回鳴らした後、その場を走り去ろうとするが、少し車を前に進めたところで車から降り、男性たちのもとへと歩み寄った。 悪びれる様子もなく、撮影する男性たちに対し、ユムティティは明らかに苛立ち、「こっちに来いよ。車の代金を払っているのか?なんでガチャガチャするんだよ。リスペクトの意味を知っているのか?」と直接糾弾した。 ユムティティのお叱りに男性たちはシュンとしていたが、終いにはサインを求めるなど反省はなさそう。ユムティティはあきれた様子で車に乗り込み、その場を去っていった。 ユムティティが給料に見合った活躍を出来ていないと捉えるファンもいるかもしれないが、こうした間違ったやり方で思いをぶつけるのは、真のサポーターとは言えないだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】危険…!男性3人が無理矢理ユムティティの車を止めて大暴挙</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/LpHjULQP4z">pic.twitter.com/LpHjULQP4z</a></p>&mdash; FCB World (@forcabarca_ar) <a href="https://twitter.com/forcabarca_ar/status/1466197636185313282?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.03 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレスが“親友”メッシのバロンドールを祝福!素敵なメッセージにネイマールも反応

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのバロンドール受賞を祝福した。 メッシが史上7度目の受賞を果たした今回のバロンドール。11月29日に行われた授賞式でアルゼンチン代表FWにバロンドールを渡す大役を任されたのが、メッシの親友であり、自身もバロンドールの投票で17位に入ったスアレスだった。 舞台上で熱い抱擁をかわしていた2人だが、スアレスは1日に自身のインスタグラムを更新。改めて親友の偉業を祝した。 「君にふさわしい世界最高のプレーヤーに贈られる賞を君に贈ることができて光栄だ。それ以外の言葉は余計だね、友人でもあるレオ・メッシ。君を愛しているし、楽しかった。#バロンドール#自慢話#友情」 2人が真に仲の良いことが伝わるメッセージには、メッシ本人も「ありがとう」と返信。さらに、メッシの妻であるアントネラ・ロクソさんや、バルセロナで2人とともにプレーしたブラジル代表FWネイマール(PSG)ら、多くの関係者も反応している。 <span class="paragraph-title">【写真】スアレスが親友メッシにバロンドールを手渡す感動の瞬間</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW5oVECMRpR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW5oVECMRpR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW5oVECMRpR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.03 05:38 Fri
twitterfacebook
thumb

カバーニが来夏のバルセロナ移籍を希望か?

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が来夏のバルセロナ移籍を希望しているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からフリートランスファーでユナイテッド入りしたカバーニ。加入初年度は徐々に存在感を高めていき、最終的に公式戦39試合の出場で17得点6アシストという数字を残した。 迎えた今シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)の加入や自身のコンディションの問題などもあり、ここまで公式戦8試合1ゴールの数字に留まっており、先発出場はわずかに2試合となっている。 オーレ・グンナー・スールシャール前体制では[3-5-2]へのシステム変更を図ったトッテナム戦で、スタートから共存したC・ロナウドと良い関係性を見せていたが、ラルフ・ラングニック新体制での起用法は不透明な状況だ。 また、来年2月に35歳となることもあり、今シーズン終了までの現行契約を新たに更新する可能性は限りなく低い。 そういった中、『タイムズ』によると、カバーニはユナイテッドとの契約が終了する来夏に、以前から憧れを感じていたバルセロナ行きを希望しているという。 これまでボカ・ジュニアーズや生まれ育った南米への帰還が取り沙汰されるエル・マタドールだが、あと2年はヨーロッパのトップレベルでプレー可能と考えており、新天地候補の一つとしてカタルーニャ行きを希望しているという。 ただ、現時点でバルセロナ行きを焦ってはおらず、ひとまずはラングニック新体制での自身の立ち位置を見極めたい考えのようだ。また、深刻な財政難に喘ぐバルセロナも、カバーニの移籍金と高額なサラリーを支払える余裕はなく、今冬のタイミングで獲得に動く可能性は低いようだ。 2021.12.03 00:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly