「密かに狙ってもいた」記念すべきWEリーグ第1号のINAC神戸FW髙瀬愛実「世界基準で、ハイレベルな試合を」

2021.09.17 22:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が12日に開幕。女子サッカーにおける新たな一歩が踏み出された。

歴史的な開幕戦は、INAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSの一戦に。なでしこリーグでも優勝経験のあるINAC神戸と新チームとしてWEリーグに参戦した大宮の試合で生まれれた記念すべき1stゴールは、INAC神戸のFW髙瀬愛実だった。

デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、その歴史的なゴールを決めた髙瀬にインタビュー。ゴールを振り返ると共に、大きな歴史的一歩を語った。
■女子サッカー選手が選択肢のひとつに

歴史的なオープニングゲームが行われたのはINAC神戸の本拠地であるノエビアスタジアム神戸。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による緊急事態宣言が発出された影響で、観客数にも上限が。それでも、4,123人のファン、サポーターが集まった。

開幕セレモニーでは、WEリーグの岡島喜久子チェアが、「世界一の女子サッカーと世界一の女性コミュニティーの実現に向けて、そして多様な生き方と夢が生まれる社会を目指し、みんなが主人公になるステージとなります」と宣言した中、試合がスタートした。

髙瀬は、2011年に世界一となったなでしこジャパンのメンバー。その後の世界大会でなでしこジャパンは結果を出せていないが、再び世界一になるためにはWEリーグの存在が重要だと語った。

「日本が再び世界一を取るために、WEリーグは常に世界基準で戦うリーグにしなければいけないと考えています。もちろん選手個々の目標や志は違いますが、日本サッカーの底上げとWEリーグを盛り上げるという意味でも、フィジカル・テクニック・メンタルなど色々な要素で常に世界基準で、ハイレベルな試合をお見せしていきたいと思います」

また、WEリーグ名のWEに当たるWOMEN EMPOWERMENT(女性の権利拡大)については、「私自身、ありがたいことに好きなサッカーをずっとやってこられたので、正直男女格差を感じたり、考えたりすることはありませんでした。ただ子どもの頃に、『女の子はプロサッカー選手にはなれないよ』と言われたのはショックでした。今後、夢を描いた子どもたちが、『男の子しかなれない』、『女の子しかなれない』といった言葉を聞くことがなくなればいいなと思います。女子サッカー選手が仕事の選択肢の1つになったことは、その一歩でもあると思います」とこのリーグの開幕が1つの新たな道に繋がることを期待した。

■誇りに思われるリーグに

そのWEリーグの開幕節は、全国各地で5試合が行われた。髙瀬はファンにとって価値あるものにしなければいけないと、責任感も語った。

「将来、スタジアムでWEリーグの開幕戦を観てくださった方が、『開幕戦観に行ったんだよ!』と自慢したくなったり、WEリーグのスタートに携わってくださった方たちが、それを今よりもっと誇りに思ってもらえるように、私たちはWEリーグを価値のあるものにしなくてはならないと思います」

「どれくらい先のことかは分かりませんが、スポーツの歴史を振り返った時に、必ずWEリーグの開幕が流れるような。私たちはそのために、今できることを考えて少しずつでも進んでいくしかないと思います」

その髙瀬がWEリーグとしての開幕ゴールを決めたのは試合開始4分だった。「密かに狙ってもいたので、WEリーグのファーストゴールを決められたのはうれしかったです。ただ試合が終わって、写真撮影などをする中で、『自分で良かったのかな?』とも思いました。少し不安な気持ちになりましたが、色々な人に、『おめでとう!』、『嬉しいよ!』と祝福してもらって、改めて取れて良かったと思えました。ヒュンメルのスパイクで取れたのもめちゃくちゃ嬉しいです」と初ゴールを振り返った。

また、INAC神戸では髙瀬に加え、17歳で初出場となった浜野まいかも2ゴールの活躍。出場はなかったものの、なでしこジャパンに名を連ねる田中美南も控えており、チーム内競争は激しくなっている。

「私自身、まずは開幕戦に出ることを目標に取り組んできました。常にベストな状態を見せつつ、レベルアップをしていくこと、結果を残すことをしていかなければ、試合に出続けることは難しいなと感じています。チームとして優勝するためにも。個人として試合に出続けるためにも、1試合1試合に集中して結果を残していきたいと思います」

まだまだ始まったばかりだが、髙瀬が目指すのはWEリーグの初代チャンピオン。そのINAC神戸は第2節は「WE ACTION DAY」として、試合ではなく理念推進活動の実施日に。INAC神戸は、「INACファミリー六甲アイランドクリーンアップ大作戦」として六甲アイランド全域の清掃活動を行う。

これもWEリーグの新たな姿。髙瀬のゴールは9月26日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦を楽しみにしたい。

関連ニュース
thumb

成宮唯の恩返し弾が決勝点、I神戸が千葉L下し2位確定!得点女王狙う田中美南は不発…《WEリーグ》

Yogibo WEリーグ第21節、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースvsINAC神戸レオネッサがフクダ電子アリーナで行われ、0-1でアウェイのI神戸が勝利を収めた。 前日に三菱重工浦和レッズレディースの優勝が決定した今季のWEリーグだが、2位や中位争い、そして得点女王争いにも注目が集まっている。勝てば2位が確定するI神戸は、得点ランキング2位タイに付ける田中美南が10分に左足のミドルを放つなど、積極的な姿勢を見せた。 対する6位千葉Lも、今季最終戦とあっていつも以上に気持ちのこもったプレーを発揮。逆転でのオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)メンバー入りを目指す千葉玲海菜が、林香奈絵のフィードに反応し、左ポケットを取って強烈な一撃を放つ。 試合が動いたのは43分、I神戸は右のハイサイドから守屋都弥がDF2枚の間を通す絶妙なクロスを送ると、走り込んだ成宮唯が蹴り込んで先制点。前回対戦に続く恩返し弾でアウェイチームが先手を取った。 追い掛ける千葉Lは後半もアグレッシブさを失わず、55分には大澤春花がミドル。これはGK山下杏也加に阻まれるも、直後から相手の組み立てに対して圧を掛け、奪い切って蓮輪真琴も距離のある中で狙っていく。 だが、最後までGK山下の牙城を崩せず、0-1でタイムアップ。今節の結果により、浦和の優勝、I神戸の2位、日テレ・東京ヴェルディベレーザの3位、マイナビ仙台レディースの4位が確定した。 また、得点ランキングは植木理子(東京NB)が14得点で現在トップ。2位は田中美南(I神戸)、藤野あおば(東京NB)、清家貴子(浦和)の3選手が11得点で並んでいる。 ◆WEリーグ第21節 ▽6月3日 マイナビ仙台レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 三菱重工浦和レッズレディース 4-0 大宮アルディージャVENTUS 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-3 AC長野パルセイロ・レディース サンフレッチェ広島レジーナ 1-0 ちふれASエルフェン埼玉 ▽6月4日 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-1 INAC神戸レオネッサ WE ACTION DAY(今節試合なし) アルビレックス新潟レディース 2023.06.04 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

チーム唯一フル出場中、浦和Lの19歳石川璃音はWE初制覇にも慢心せず「常に一定のプレーができるように」 W杯メンバー入りへは「優勝したら見てくれる」

WEリーグ初優勝を決めた三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンDF石川璃音が、試合を終えての想いを語った。 浦和は3日、Yogibo WEリーグ第21節で大宮アルディージャVENTUSと浦和駒場スタジアムで対戦。4-0で勝利を収めた。 引き分け以上で優勝が決まるという状況下、序盤から攻勢を強めた浦和は立ち上がりからシュートシーンを量産し、24分に猶本光の絶妙なループシュートで先制点を挙げた。 前半終了間際には島田芽依が追加点を奪うと、後半には相手のミスに乗じて清家貴子が2ゴールをマーク。守っても無失点で90分を終え、文句なしの勝利でWEリーグ初優勝を達成した。 この日も先発フル出場を果たし、クリーンシートに貢献した石川は、詰めかけた約5000人のファンに感謝。「今日は優勝を懸けた試合でしたが、すごい大きな声援を送ってもらったので、きつい時間もサポーターさんのおかげで乗り越えることができました。その中で優勝できて良かったです」と、大声援が背中を押してくれたと語った。 開幕前のオフには主軸の南萌華がローマへ移籍し、高橋はなも2022年11月の代表活動中に右ヒザの前十字靭帯を損傷。苦しい台所事情の中で最終ラインを支えたのが19歳の石川と40歳の安藤梢というセンターバックコンビだ。 特に石川はここまでチーム唯一のリーグ戦全試合フル出場。2022年のU-20女子ワールドカップ(W杯)を経て、目を見張る成長を遂げているが、向上心は尽きない。 「まだまだやらなきゃいけないこと、今日も1つミスをしてから立ち直り切らずまた繰り返してしまったというか、(即座に気持ちを切り替えることは)まだ自分に必要なところだと思いますし、常に一定のプレーができるようなプレーヤーになりたいと思います。このチームは自分が失敗しても『大丈夫だよ』と声を掛けてくれるので、今日も乗り越えることができました」 周囲のサポートやベテラン勢の行動からも得るものが多く、「今回の試合もクラブハウス出発前に先輩方が集まって、(相手の)この選手はこういう(特徴のある)選手っていうのをみんなでコミュニケーションをとっていて、さすがだなというか、そういうのを自分から発せられるようにならなきゃなと感じますし、一緒にやれることはすごい嬉しいです」と、ともに戦える喜びも口にする。 WEリーグ優勝を達成したチームで出場機会を得ていることは、自信にもつながっているようだ。13日には今夏のオーストラリア&ニュージーランド女子W杯へ向けたなでしこジャパンのメンバー発表が行われるが、名を連ねるか否かは、トピックの1つとなるだろう。 「やっぱり優勝したら(池田太)監督も見てくれますし、そういう意味では浦和レッズレディースにいることはすごくありがたいこと。メンバー発表では入るか入らないかで、へこんだり悩んだりすることはありました。そんな中で安藤(梢)さんと(猶本)光さんが相談に乗ってくれて、『そういうところに目を向けるのではなく、(代表メンバーに)入ってどういうプレーをするのかを考えてやるんだよ』って言われて、それからは入るか入らないかは監督次第だと考えて、自分にできることを練習から悩みなくプレーできたのかなという感じです」 2023.06.04 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和Lの守護神、前節からのリバウンドメンタリティでPOTM選出のGK福田史織「梢さんが泣いているのを見て優勝したと感じた」

三菱重工浦和レッズレディースのGK福田史織が歓喜の瞬間を振り返った。 浦和は3日、Yogibo WEリーグ第21節で大宮アルディージャVENTUSと浦和駒場スタジアムで対戦。4-0で勝利を収めた。 引き分け以上で優勝が決まるという状況下、序盤から攻勢を強めた浦和は立ち上がりからシュートシーンを量産し、24分に猶本光の絶妙なループシュートで先制点を挙げた。 前半終了間際には島田芽依が追加点を奪うと、後半には相手のミスに乗じて清家貴子が2ゴールをマーク。守っても無失点で90分を終え、文句なしの勝利でWEリーグ初優勝を達成した。 今季の浦和は安藤梢や柴田華絵らベテラン勢に島田芽依や石川璃音といった若手が融合。その1人が今季のリーグ戦19試合中18試合でゴールを守っている福田だ。 池田咲紀子の長期離脱により、出場機会を得ることとなったが、当初は「緊張で自分が出て大丈夫なのかなと思った」と話すように不安定さも散見された。ただ、試合を重ねるごとに「メンタルとクロス対応がすごい成長した」と頼もしさが増していった。 前節は勝てば優勝が決まるという状況下、アウェイでのAC長野パルセイロ・レディース戦で逆転負け。ゴールマウスを守っていた福田は気持ちが「すごい沈んだ」ようだが、「振り返ってやらなきゃっていう気持ちで頑張りました」と、リバウンドメンタリティを発揮。大宮V戦ではクリーンシートを達成し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出された。 「長野(戦)の日と次の日くらいはすごい沈んで、やっと月曜日にちょっと復帰して火曜日からは練習が始まるので、振り返ってやらなきゃっていう気持ちで頑張りました」 「前回の長野の試合では、最後の方は押されて蹴っても全然ラインアップができなかったので、そこはすごく今週意識して、ちょっとでも(相手が)下がったらラインアップするように意識していました」 優勝の要因にチーム力を挙げた新守護神は、歓喜のホイッスルをどう感じたのだろうか。 「いつもの勝ちと同じような感じで、嬉しいは嬉しいんですけど、なんか優勝が嬉しいっていうよりは勝って良かったなっていうのが率直な感じで、そこから(安藤)梢さんが泣いているのを見て、『優勝したんだな』と感じました」 「梢さんはいつも『ナイスナイス』ってすごい褒めてくれたり、後ろからもたくさん声掛けをしてくれるので、体を張ったプレーでもそうですし、精神面でも本当に梢さんには支えてもらっています」 2023.06.04 07:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「本当に幸せだなって」浦和Lキャプテン柴田華絵がファンに感謝、スタンドでのトロフィーリフトも「優勝は皆さんのおかげ」

チームをまとめた三菱重工浦和レッズレディースのキャプテン、MF柴田華絵がWEリーグ初優勝を決めた一戦を振り返った。 浦和は3日、Yogibo WEリーグ第21節で大宮アルディージャVENTUSと浦和駒場スタジアムで対戦。4-0で勝利を収めた。 引き分け以上で優勝が決まるという状況下、序盤から攻勢を強めた浦和は立ち上がりからシュートシーンを量産し、24分に猶本光の絶妙なループシュートで先制点を挙げた。 前半終了間際には島田芽依が追加点を奪うと、後半には相手のミスに乗じて清家貴子が2ゴールをマーク。守っても無失点で90分を終え、文句なしの勝利でWEリーグ初優勝を達成した。 試合直後のフラッシュインタビューで柴田は「嬉しいの一言です」と簡潔に気持ちを表現した。 今季の浦和は守護神のGK池田咲紀子の離脱や主軸センターバックであった南萌華のローマ移籍に加え、ディフェンスリーダーとして白羽の矢が立っていた高橋はなもなでしこジャパン活動中にヒザの前十字靭帯を損傷し、離脱を余儀なくされていた。 それでも、リーグ戦開幕前のWEリーグカップ決勝では3点のビハインドを跳ね返して優勝を決めたように、リーグ屈指の攻撃力に加え、試合を重ねるごとに逆境をはねのけるメンタリティが着実に備わってきた。 「試合をこなしながら本当に良くなっていったと思ったので、出た選手出た選手が自分の持ち味を出せるようにみんなで前向きに戦ってこられたなと思います。もう少し質の部分であげられたらなっていうのはあるんですけど、厳しい戦いや難しい試合も勝ち切れたところはすごくよかったと思います」と、中盤だけでなくチームを支えたキャプテンは語る。 「やっぱり先週長野さん(AC長野パルセイロ・レディース)に負けたこともあって、(この試合に限らず)勝つんだという気持ちの部分が一番大事かなと思いました」との言葉通りに、大宮V戦では4得点を奪っての快勝で見事なバウンスバックを果たし、優勝を手にした。 2011年に浦和へ加入し、在籍13年目を迎える柴田にとって、2014年、2020年のなでしこリーグ制覇以来となるトップリーグ3度目、WEリーグとしては初のトロフィーについては「重たかったです」とのこと。優勝セレモニー後のサポーターへの挨拶時にはスタンドへと移動し、ファンとともにトロフィーを掲げる姿も。「本当に喜んでくれました。本当に幸せだなって感じましたね」と感慨に浸った。 「本当にいつもたくさんの応援、今日も本当にたくさんの応援をいただいてパワーになりました。優勝は本当に皆さんのおかげです、ありがとうございます」 <span class="paragraph-title">【写真】スタンドに入りサポーターとトロフィーを掲げる柴田華絵</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/shibata20230603_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/shibata20230603_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2023.06.03 23:43 Sat
twitterfacebook
thumb

WE初優勝の浦和L猶本光、絶妙ループの先制点は「1つ前の感覚が良かったので決められるかなと」

WEリーグ初優勝を決めた三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンMF猶本光が、自らのゴールを振り返った。 浦和は3日、Yogibo WEリーグ第21節で大宮アルディージャVENTUSと浦和駒場スタジアムで対戦。4-0で勝利を収めた。 引き分け以上で優勝が決まるという状況下、序盤から攻勢を強めた浦和は立ち上がりからシュートシーンを量産し、24分に猶本の絶妙なループシュートで先制点を挙げた。 前半終了間際には島田芽依が追加点を奪うと、後半には相手のミスに乗じて清家貴子が2ゴールをマーク。守っても無失点で90分を終え、文句なしの勝利でWEリーグ初優勝を達成した。 前節は同じく勝てば優勝が決まるという中で重圧を感じたか、AC長野パルセイロ・レディースに逆転負け。先制点を挙げた猶本は大宮V戦に臨むにあたり、チームの良さを再確認し、それをピッチで表現できたことが快勝に繋がったと語った。 「前節はやっぱり大きなプレッシャーの中でうまく自分たちのプレーが出せなかったので、本当にもう一度自分たちの良さを確認して、そこをしっかり表現しようということで、今日は良いプレーが出せたんじゃないかなと思います」 また、自身のゴールについては「キーパーも見えていた」と冷静に分析。ポジショニングも含めて狙い通りだったようだ。 「(試合はまず)失点しないように、(得点も別段)前半のうちに取れなくてもとは思っていたんですけど、マイナスのところ、相手がしっかりゴール前やペナの中を固めていたので、そこは結構時間があるなと感じていました」 「(ゴールシーンは直前に)1本シュートを打ったときに外しているんですけれど、その感覚が結構良かったので、次は決められるかなと思って、もう1回トライしました。良かったです、入って。軌道は見えていましたし、キーパーも見えていました」 <span class="paragraph-title">【動画】優勝を手繰り寄せた猶本光の絶妙ループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="llstnJ_kk4U";var video_start = 15;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.06.03 22:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly