INAC神戸のFW京川舞、バセドウ病と診断され治療へ「不安と焦りの気持ちで落ちこみました」

2021.05.13 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
INAC神戸レオネッサは13日、FW京川舞(27)がバセドウ病(甲状腺機能亢進症)と診断されたことを発表した。

クラブの発表によると、京川は3月31日の健康診断で再検査となり、神戸市内の病院にて精密検査を行った結果、バセドウ病と診断されたとのことだ。

京川は3月の中旬ごろに心拍数・走行距離・運動強度などを計測するGPSセンサー数値で異常を検知。3月31日のメディカルチェックで、心電図異常が確認され要再検査となった。

4月7日に心臓MRI検査を実施するも、異常なしと診断。同19日に採血検査を実施し、甲状腺機能亢進が見られたため精査必要と判断。同21日に精密検査を実施し、専門医による診断の結果、バセドウ病と診断されたとのことだ。

なお、早期発見と軽度の症状ということで、当面の間は運動を控え、薬物治療を行いながら治療に専念していくとのことだ。

京川はクラブを通じてコメントしている。

「INAC神戸のファンのみなさん、いつも応援ありがとうございます!!京川舞です!」

「私にとってINAC神戸に入団して10年目の節目となる今年、心待ちにしていた女子プロリーグのWEリーグが開幕します」

「オフシーズンが開けて2月から自主練習が始まり、自分の身体に変化がありました。休み疲れかなと思っていたのですが、メディカルチェックで異常が見つかり、検査をしたところバセドウ病だと判明しました」

「チームが始動して2ヶ月近く経つのに、調子が上がらず不安な日々が続きましたが、監督やコーチが私の体調の変化に気づき検査を進めてくださったことに感謝しています。病気が見つかり安心しましたが、しばらくして今までのようなサッカーができない現状に苛立ちと残念な気持ちが入り混じり、不安と焦りの気持ちで落ちこみました」

「現在は、少しでもチームのためにできることを毎日考え、少しでも力になれるよう全力でサポートしています。復活して試合に出ることを目標に、試合に出られなくてもチームの一員として頑張っていきますので、回復するまでの期間あたたかく見守ってください。これからも応援よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

「密かに狙ってもいた」記念すべきWEリーグ第1号のINAC神戸FW髙瀬愛実「世界基準で、ハイレベルな試合を」

日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が12日に開幕。女子サッカーにおける新たな一歩が踏み出された。 歴史的な開幕戦は、INAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSの一戦に。なでしこリーグでも優勝経験のあるINAC神戸と新チームとしてWEリーグに参戦した大宮の試合で生まれれた記念すべき1stゴールは、INAC神戸のFW髙瀬愛実だった。 デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、その歴史的なゴールを決めた髙瀬にインタビュー。ゴールを振り返ると共に、大きな歴史的一歩を語った。 ■女子サッカー選手が選択肢のひとつに <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/inac20210917_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 歴史的なオープニングゲームが行われたのはINAC神戸の本拠地であるノエビアスタジアム神戸。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による緊急事態宣言が発出された影響で、観客数にも上限が。それでも、4,123人のファン、サポーターが集まった。 開幕セレモニーでは、WEリーグの岡島喜久子チェアが、「世界一の女子サッカーと世界一の女性コミュニティーの実現に向けて、そして多様な生き方と夢が生まれる社会を目指し、みんなが主人公になるステージとなります」と宣言した中、試合がスタートした。 髙瀬は、2011年に世界一となったなでしこジャパンのメンバー。その後の世界大会でなでしこジャパンは結果を出せていないが、再び世界一になるためにはWEリーグの存在が重要だと語った。 「日本が再び世界一を取るために、WEリーグは常に世界基準で戦うリーグにしなければいけないと考えています。もちろん選手個々の目標や志は違いますが、日本サッカーの底上げとWEリーグを盛り上げるという意味でも、フィジカル・テクニック・メンタルなど色々な要素で常に世界基準で、ハイレベルな試合をお見せしていきたいと思います」 また、WEリーグ名のWEに当たるWOMEN EMPOWERMENT(女性の権利拡大)については、「私自身、ありがたいことに好きなサッカーをずっとやってこられたので、正直男女格差を感じたり、考えたりすることはありませんでした。ただ子どもの頃に、『女の子はプロサッカー選手にはなれないよ』と言われたのはショックでした。今後、夢を描いた子どもたちが、『男の子しかなれない』、『女の子しかなれない』といった言葉を聞くことがなくなればいいなと思います。女子サッカー選手が仕事の選択肢の1つになったことは、その一歩でもあると思います」とこのリーグの開幕が1つの新たな道に繋がることを期待した。 ■誇りに思われるリーグに <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/inac20210917_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> そのWEリーグの開幕節は、全国各地で5試合が行われた。髙瀬はファンにとって価値あるものにしなければいけないと、責任感も語った。 「将来、スタジアムでWEリーグの開幕戦を観てくださった方が、『開幕戦観に行ったんだよ!』と自慢したくなったり、WEリーグのスタートに携わってくださった方たちが、それを今よりもっと誇りに思ってもらえるように、私たちはWEリーグを価値のあるものにしなくてはならないと思います」 「どれくらい先のことかは分かりませんが、スポーツの歴史を振り返った時に、必ずWEリーグの開幕が流れるような。私たちはそのために、今できることを考えて少しずつでも進んでいくしかないと思います」 その髙瀬がWEリーグとしての開幕ゴールを決めたのは試合開始4分だった。「密かに狙ってもいたので、WEリーグのファーストゴールを決められたのはうれしかったです。ただ試合が終わって、写真撮影などをする中で、『自分で良かったのかな?』とも思いました。少し不安な気持ちになりましたが、色々な人に、『おめでとう!』、『嬉しいよ!』と祝福してもらって、改めて取れて良かったと思えました。ヒュンメルのスパイクで取れたのもめちゃくちゃ嬉しいです」と初ゴールを振り返った。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/inac20210917_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> また、INAC神戸では髙瀬に加え、17歳で初出場となった浜野まいかも2ゴールの活躍。出場はなかったものの、なでしこジャパンに名を連ねる田中美南も控えており、チーム内競争は激しくなっている。 「私自身、まずは開幕戦に出ることを目標に取り組んできました。常にベストな状態を見せつつ、レベルアップをしていくこと、結果を残すことをしていかなければ、試合に出続けることは難しいなと感じています。チームとして優勝するためにも。個人として試合に出続けるためにも、1試合1試合に集中して結果を残していきたいと思います」 まだまだ始まったばかりだが、髙瀬が目指すのはWEリーグの初代チャンピオン。そのINAC神戸は第2節は「WE ACTION DAY」として、試合ではなく理念推進活動の実施日に。INAC神戸は、「INACファミリー六甲アイランドクリーンアップ大作戦」として六甲アイランド全域の清掃活動を行う。 これもWEリーグの新たな姿。髙瀬のゴールは9月26日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦を楽しみにしたい。 2021.09.17 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

髙瀬愛実がWEリーグ第1号! 髙瀬&17歳FW浜野まいか2発のINAC神戸が歴史的開幕戦で大宮に5発完勝【WEリーグ第1節】

12日、日本初の女子プロサッカーリーグ「2021-22 Yogibo WEリーグ」が開幕。10時からINAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSの一戦で、その歴史がスタートした。 なでしこリーグを2011年から2013年まで3連覇、皇后杯も6度優勝の経験があるINAC神戸と、Jリーグに所属する大宮アルディージャが母体となり、WEリーグ開幕に合わせて発足した新チーム大宮の一戦となった。 INAC神戸はなでしこジャパンとして東京オリンピックに出場したGK山下杏也加、DF三宅史織、MF中島依美、MF杉田妃和が先発出場した。 対する大宮は、東京オリンピックには選出されなかったものの、なでしこジャパンとして2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーであるDF鮫島彩が先発出場。INAC神戸から移籍したMF仲田歩夢も先発。また、3日前にスペインのポソアルベンセカラ加入したMF野口彩佳もいきなり先発した。 歴史の1ページが開いた一戦。開始2分、アウェイの大宮がファーストシュート。スペインから帰国し3日前に加入した野口がボックス手前からミドルシュートも、枠の右に外れる。 大宮が良い入りを見せたかに思われたが、徐々にペースを握ったのはホームのINAC神戸。すると4分、右サイドからの浮き球のパスに反応した伊藤がボックス内右からシュート。これは左ポストに嫌われるが、こぼれ球をボックス内で拾った髙瀬が落ち着いて蹴り込み、INAC神戸が先制。記念すべきWEリーグ第1号ゴールを記録した。 先制したINAC神戸は12分にも追加点。中島がロングフィードを送ると、抜け出した杉田がボックス内左で受け折り返し。これに走り込んだ17歳の浜野まいかがダイレクトで蹴り込み、INAC神戸がリードを2点に広げる。 29分にもINAC神戸がビッグチャンス。右サイドから浜野がアーリークロス。これが流れるも、ボックス内左へ走り込んだ中島がフリーで抜け出しシュート。しかし、これは枠を外れる。 ペースを握り続けるINAC神戸は41分に追加点、ボックス左で杉田のパスを受けた阪口がグラウンダーのクロス。これに浜野が詰めるが、相手のオウンゴールを誘発し、INAC神戸が前半でリードを3点に広げる。 45分には、ドリブルを仕掛けた杉田がボックス左からクロス。これをボックス内に飛び込んだ浜野がダイビングヘッド。前半終了間際に4点目を奪った。 前半で4点のビハインドを負った大宮は、野口と高橋をハーフタイムで下げ、大熊良奈と山崎円美を投入。後半頭はテンポを上げてプレーを続ける。 しかし、再びネットを揺らしたのはINAC神戸。自陣からの阪口のロングフィードに抜け出した髙瀬がそのまま独走。ボックス内で落ち着いてシュートを放ち、この試合2点目を奪う。 ここまで良い所がない大宮は、後半から起用された山崎を中心になんとか初ゴールを目指していく。しかし、プレー精度やサポートの厚みなどが整わず、攻撃を完結できない。 終盤にかけても攻め手を止めないINAC神戸は88分、髙瀬のスルーパスに浜野が反応。ボックス内で受けてシュートに持ち込むが、相手にブロックされシュートは打てず。ハットトリックのチャンスを逃す。 結局そのまま試合終了。ホームのINAC神戸が新チームの大宮に力の差を見せつけ、5-0で圧勝。WEリーグの歴史的な1勝を記録した。 INAC神戸レオネッサ 5-0 大宮アルディージャVENTUS 【神戸】 04分 1-0:髙瀬愛実(INAC神戸) 12分 2-0:浜野まいか(INAC神戸) 41分 3-0:オウンゴール(INAC神戸) 45分 4-0:浜野まいか(INAC神戸) 57分 5-0:髙瀬愛実(INAC神戸) ◆2021-22 Yogibo WEリーグ第1節 ▽9/12(日) 《13:30》 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs 三菱重工浦和レッズレディース 《16:00》 マイナビ仙台レディース vs ノジマステラ神奈川相模原 《17:00》 ちふれASエルフェン埼玉 vs サンフレッチェ広島レジーナ アルビレックス新潟レディース vs AC長野パルセイロ・レディース 2021.09.12 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

4度得点王のなでしこジャパンFW田中美南がレバークーゼンにレンタル移籍

レバークーゼンは2日、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンFW田中美南(26)のレンタル移籍での加入を発表した。契約期間は6月30日までの半年間となる。 田中は日テレ・メニーナから2012年に日テレ・ベレーザへ昇格。2019年までプレーすると、2020シーズンからINAC神戸へと完全移籍する。 なでしこリーグでは5度のリーグ制覇に加え、皇后杯も4度優勝。リーグカップも4度優勝した他、個人としてもベストイレブンに6回選出。また、2016年から2019年まで4シーズン連続で得点王に輝いた他、最優秀選手賞も2018年、2019年と2年連続で受賞していた。 なでしこリーグ通算171試合で110得点を記録。なでしこジャパンとしても42試合で16得点を記録していた。 クラブのマネージャーは「6度ストライカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した選手との契約は特別なものです。彼女は日本人として初の入団となリマス。田中美南にとっての初めての海外移籍を共に過ごせることを嬉しく思う」とコメントしている。 田中はINAC神戸を通じてコメントしている。 「初めての海外挑戦で、不安もありますがとても楽しみです。この状況の中で、サポートと後押ししてくださったINAC神戸の皆さんに感謝しています。選手として、より一層成長した姿を皆さんに披露できるように行ってきます!」 先日は同じなでしこジャパンのMF長谷川唯がミランへと加入しており、女子選手の海外挑戦が続いている。 2021.02.02 18:28 Tue
twitterfacebook
thumb

INAC神戸のなでしこDF鮫島彩、DF仲田歩夢、GKスタンボー華が大宮アルディージャVENTUSに完全移籍

大宮アルディージャVENTUSは13日、INAC神戸レオネッサからなでしこジャパンDF鮫島彩(33)、DF仲田歩夢(27)、GKスタンボー華(22)が完全移籍で加入することを発表した。 今年9月に始まる女子プロサッカーリーグのWEリーグに向けて、女子チームを発足した大宮。チーム名も決定した中、大型補強を敢行した。 鮫島はベガルタ仙台レディースでもプレーした他、フランスのモンペリエでもプレー経験があり、なでしこリーグのベストイレブンは4回受賞している。また、2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーの1人で、なでしこジャパンとして113試合に出場し5得点を記録している。 仲田は常盤木学園高校から2012年にINAC神戸に加入。U-19女子代表として2011年のAFC U-19選手権で優勝。また、U-17、U-20としてワールドカップにも出場している。 スタンボー華は、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで、2017年にJFAアカデミー福島からINAC神戸に加入。2010シーズンはなでしこリーグで18試合に出場していた。また、U-20日本女子代表として2018年のU-20ワールドカップで優勝した経験がある。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF鮫島彩 ・大宮アルディージャVENTUS 「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、鮫島彩です。ゼロから作り上げるチームにスタートから携わらせていただけること、大変光栄に思っております。大宮の皆さんに応援していただけるチームを、そして女子サッカー界を盛り上げていけるチームを、新たな仲間とともに作り上げていけたらと思っております。クラブに貢献できるよう全力を尽くしていきますので、どうぞよろしくお願いします」 ・INAC神戸レオネッサ 「このたび、大宮アルディージャVENTUSに移籍することになりました。今年こそは、今年こそはとリーグ優勝を切望し走り続けていたら、いつの間にか6年もの月日が流れていました。INAC神戸ファミリー全員でリーグ優勝のカップを掲げて喜ぶ姿を夢見てきましたが、この想いは一度も叶えることができず、クラブのタイトル獲得に全く貢献することができなかったことに自分の無力さを痛切に感じています」 「しかし、自身のサッカー人生で初となる皇后杯優勝を2度も経験できたりと、INAC神戸では今までに見たことのない多くの素晴らしい景色を見させていただきました。新たな挑戦を応援するよと背中を押してくださり、またいつでも神戸に遊びにおいでと温かい声を掛けてくださったチーム関係者の皆様、クラブの活動を日々支えてくださっているスポンサーの皆様、良いときも苦しいときも常に一緒に闘ってきた同志であるチームメイトに、この場をお借りして感謝の想いをお伝えさせていただきます。本当にお世話になりました、ありがとうございました」 「そしてファン・サポーターの皆さん。“応援する、応援してもらう”という関係性だけではなく、チームメイトやスタッフと同じく共に戦う“仲間”であり、とても心強い存在でした。勝利後は勝利の歌で一緒に喜び合い、満足のいく結果を出せないときにも私たちを決して見放さずに一緒に闘い続けてくださった皆さんには、この感謝の想いを伝えられる言葉が見つかりません。対戦相手、他クラブのサポーターの方々に常に敬意を欠かさない雷音さんの姿勢も大好きです。そんな素晴らしいサポーターに支えられているINAC神戸の一員であったことを誇りに思います」 「雷音の皆さん、INAC神戸ファンの皆さんと6年間共に闘ってきたことを誇りに思います。リオ五輪予選敗退後からずっと掲げてくださっていた『皆で女子サッカーを盛り上げ続けよう!』の横断幕を毎試合しっかりと目に焼き付けていました。これからは女子サッカー界をINAC神戸と共に盛り上げていけるように、大宮の地から私なりに精一杯努めていきたいと思います!直接ご挨拶をできる場がないため長文になってしまいましたが、6年間本当にありがとうございました」 ◆DF仲田歩夢 ・大宮アルディージャVENTUS 「2021シーズンより大宮アルディージャVENTUSでプレーすることになりました、仲田歩夢です。強い覚悟を持ち、チャレンジする気持ちで大宮への移籍を決めました。新しい環境でプレーすることをとても楽しみにしています。個人としてもチームとしても、たくさんの方々に愛され、『応援したい!』と思っていただけるように頑張ります。よろしくお願いいたします」 ・INAC神戸レオネッサ 「このたび、INAC神戸レオネッサを退団することになりました。高校卒業から9年間お世話になり、私を育ててくれたクラブには感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん寂しさもあり、色々な思いが交差しますが、もう一度チャレンジする気持ちで自ら移籍を決意しました」 「INAC神戸に入団して9年間、いろいろな立場を経験し、辛く苦しい時期もありましたが、それを上回るほどの楽しく幸せな瞬間や貴重な経験はこのクラブでしか味わえなかっただろうな、と思います。INAC神戸の選手として戦い続けられたことを誇りに思っていますし、素晴らしい仲間達とプレーできたことは私にとってとても大きな財産です」 「サポーターの皆様には時期的な関係もあり、直接お話ができずこのような形でのご報告になってしまったことを申し訳なく思っています。どんな時も前向きで明るいサポーターの皆様にいつも支えられていました。コロナウイルスの影響でなかなか皆様にお会いできない時も、SNSのメッセージやコメントで前向きな言葉をくださったり、皆様の温かみをとても感じていました。いつもたくさんのパワーを本当にありがとうございました」 「引き続き、私達と共に女子サッカー界を盛り上げてくれたら嬉しいです。新天地でも神戸での経験を糧に、選手としても1人の人間としても成長していきたいです。また試合会場でお会いできるのを楽しみにしています。9年間ありがとうございました」 ◆GKスタンボー華 ・大宮アルディージャVENTUS 「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、スタンボー華です。新しい場所でチャレンジできることを本当にうれしく思います。大宮の力になれるように全力でプレーしていきます! よろしくお願いします!」 ・INAC神戸レオネッサ 「今シーズンをもってINAC神戸から大宮アルディージャVENTUSに移籍することになりました。強化選手時代も含め、この5年間で本当にたくさんの事を学ばせていただきました。ここまで成長できたのはこの神戸でのたくさんの応援と支えがあったからだと思います。本当に幸せでした。これからも私らしく明るく元気に突っ走っていきます!たくさんの応援ありがとうございました」 2021.01.13 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこFW岩渕真奈がイングランド移籍!INAC神戸を退団「迷う事なく行きたいと思った」

INAC神戸レオネッサは15日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈(27)の退団を発表した。 岩渕は日テレ・メニーナから2007年に日テレ・ベレーザに昇格。2013年にドイツのホッフェンハイムへと移籍すると、2014年からはバイエルンでプレー。2017年7月からINAC神戸に加入していた。 INAC神戸ではなでしこリーグで47試合に出場し11得点を記録。なでしこカップでは9試合で1得点を記録していた。 また、U-17、U-20の女子ワールドカップに出場すると、なでしこジャパンとしても2011年に優勝した女子ワールドカップに出場。また、2015年のカナダ大会、2019年のフランス大会に出場したほか、2012年のロンドン・オリンピックにも出場した。代表通算では72試合出場し29得点を記録している。 岩渕はイングランドのFA Women’s Super Leagueへの移籍を目指すとしている。岩渕はクラブを通じてコメントしている。 「1月からイングランドFA Women’s Super Leagueにチャレンジする事に決めました。手続きの関係で、まだチーム名を言える状況ではありませんが、いつも応援してくださっている皆様、スポンサー様には1日でも早くお伝えしたかったので、今日発表する事にしました」 「WEリーグという新しいプロリーグが日本で始まるという状況の中、私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます」 「私の中で今一番魅力的なリーグに所属しているチームから話をいただいて、迷う事なく行きたいと思いました。サッカー選手として、日々成長できる環境に身を置ける事を嬉しく思いますし、また1人の女性としても成長できるよう、いろいろな事にチャレンジしていきたいと思っています」 「INAC神戸サポーターの皆様!どこでもどんな時もたくさんのサポートありがとうございました。神戸でたくさんお世話になった皆様にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。引き続き応援していただけたら嬉しいです」 「ありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします」 2020.12.15 14:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly