福島、早稲田GK上川琢の加入内定&特別指定選手認定を発表「強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

2021.09.17 18:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
福島ユナイテッドFCは17日、早稲田大学に所属するGK上川琢(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「31」を着用する。

神奈川県出身の上川は、湘南ベルマーレU-15平塚で育ち湘南ベルマーレU-18に昇格すると、現在福島の監督を務めている時崎悠監督に指導を受けた後に早稲田大学へ進学。そして今回、特別指定選手として福島入りしたことにより、再び時崎監督のもとでプレーすることとなる。

その上川は、クラブを通じてコメントをしている。

「2022シーズンより福島ユナイテッドFCに加入することになりました、早稲田大学 上川琢です。自分が幼い頃から抱いていたプロサッカー選手という夢を、クラブ創立10周年を迎える福島ユナイテッドFCでスタートできることを大変光栄に思います。現在監督をされている時崎さんには、湘南ベルマーレU-18で3年間大変お世話になり、再び活動を共に出来ることに強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

「また、オファーをいただいた中で、自分が3月下旬に手術を負う怪我をしたにも関わらず、強化部の方々が常に自分を気にかけてくださったことは、感謝しても感謝しきれません。そして、サッカーのみならず、福島県の特産物をユニフォームにアレンジして試合でPRしたり、「農業部」として地域の方々と交流しながら農作業をする取り組みは、プロ選手としてのキャリアを積み上げていく上でも学びと成長に繋がるものと感じました」

「選手としては、DFライン背後のカバーリングと前線への配球を得意とする、攻撃的GKです。『面白く格好いい』このポジションの魅力を多くの人に伝えたいです。福島ユナイテッドを応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆様、よろしくお願いします!最後になりますが、常に自分のことを支えてくれた家族、今まで一緒に戦ってきたチームメイト、また自分に関わってくださった指導者の方々に、この場を借りて感謝を申し上げます」

関連ニュース
thumb

J3の4クラブにJ3クラブライセンスが交付、上位の宮崎と福島は2位以内でも昇格できず

Jリーグは26日、2022シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。 2021シーズン明治安田生命J3リーグに所属しているクラブから、福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC今治、テゲバジャーロ宮崎の4クラブにJ3クラブライセンスが交付された。 なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。 また、福島はJ2クラブライセンスを申請していたものの不交付となり、J3クラブライセンスの審議がなされて交付された。 J3からは上位2クラブがJ2へと自動昇格となるが、J3ライセンスの宮崎が現在2位、福島が4位につけており、いずれかが上位2クラブに入った場合は、3位以下の繰り上げ昇格は行われず、J2からの降格チームが1つ減ることとなる。 2021.10.26 17:19 Tue
twitterfacebook
thumb

首位熊本が讃岐とドロー…3位、2位が揃って黒星のなかで勝ち点1【明治安田J3第24節】

明治安田生命J3リーグ第24節の5試合が24日に各地で行われた。 2位のテゲバジャーロ宮崎は5位につける福島ユナイテッドFCとアウェイで対戦。5連勝の勢いそのままに今節も勝ち点3を狙った宮崎だが、相手守護神の好守などもあり、ゴールレスで試合を折り返す。すると、51分にカウンターからバイタルエリア左のトカチが右足ミドルを突き刺して、福島が先取。76分に左CKの流れから主将の代が右足シュートを決め、追いついた宮崎だが、82分に橋本のシュートをボックス内で処理しようとした大畑が痛恨のハンド。これを橋本に決められ、宮崎は8試合ぶりの黒星。6試合ぶりに勝利の福島は4位に浮上した。 3位につけるカターレ富山は最下位に沈むFC今治とアウェイで対戦。上位追走のためにも落とせない富山だが、33分にボックス右に抜け出した高瀬が右足シュートを沈め、今治が先制する。35分に左CKから戸根のヘディングシュートを決めて追いついた富山だが、今治は54分に右サイドからの折り返しをボックス左の上原が右足ダイレクトで流し込み、勝ち越すと、56分に山田、59分に楠美が連続ゴール。後がない富山は後半アディショナルタイム4分に大野の得点で1点を返すが、時すでに遅く、3連勝ストップの4試合ぶりとなる黒星を喫した。 首位のロアッソ熊本は13位と下位に低迷するカマタマーレ讃岐をホームに迎え撃っての一戦だったが、なかなかゴールネットを揺らせない戦況に。何とかこじ開けようと圧も強めたが、讃岐が最後まで集中を切らさず、ゴールレスドローに終わり、連勝が「7」でストップした。前日の4位につけるいわてグルージャ盛岡を含めて、2位と3位も揃って躓いた今節だったが、熊本も足踏み。ただ、2位と3位は揃って敗戦となり、そのなかで1ポイントを上積みした熊本は首位の座を守った。 ◆第24節 ▽10/24 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-1 テゲバジャーロ宮崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 2</span>-1 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 4</span>-2 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 3</span>-2 AC長野パルセイロ ロアッソ熊本 0-0 カマタマーレ讃岐 ▽10/23 藤枝MYFC 2-2 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 3</span>-0 アスルクラロ沼津 2021.10.24 17:40 Sun
twitterfacebook
thumb

岩手が藤枝とドローで昇格圏との差を詰められず、鹿児島は沼津に3発快勝【明治安田J3第24節】

23日、明治安田生命J3リーグ第24節の2試合が各地で行われた。 4位の岩手(勝ち点38)は、14位藤枝(勝ち点26)のホームに乗り込んでの一戦となった。 昇格圏となる2位テゲバジャーロ宮崎と5ポイント差に位置しており、是が非でも勝ち点「3」を獲得したい岩手は、前半終了間際に先制点を挙げる。カウンターの流れからパスを受けた有永が、ボックス中央でボールをキープ。右に落としたところに、走り込んだ加賀美が豪快に右足を振り抜くと、クロスバーを叩いてゴール右に吸い込まれた。 1点のビハインドで試合を折り返した藤枝は、57分に決定機を迎える。キーパーのロングボールを岩渕が頭で逸らし、受けた清本がスピードを上げてボックス内に侵入。GKとの1対1の状況で、ゴール右隅に右足のシュートを決めた。 追いつかれたアウェイチームだが、再び勝ち越しに成功する。63分、ボックス手前で、競り合いのこぼれ球を拾った西田がドリブルでゴールに迫ると、ボックス内左でフリーになっていた和田にパス。受けた和田が右足のシュートをゴール右に叩き込んだ。 再びリードを奪われた藤枝。しかしここで折れることはなかった。76分、鈴木が右サイドから上げたクロスのこぼれ球を拾った杉田。右足のミドルシュートを狙うと、低弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。 結局、試合は2-2のまま終了し、ドロー決着。岩手は勝ち点1に留まり、昇格圏との差を大きく詰めることは叶わなかった。 そのほか、7位鹿児島(勝ち点29)は、ホームで12位沼津(勝ち点21)と対戦。3-1で快勝し、これが4試合ぶりの白星となった。 ◆第24節 ▽10/23(土) 藤枝MYFC 2-2 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 3</span>-0 アスルクラロ沼津 ▽10/24(日) 福島ユナイテッドFC vs テゲバジャーロ宮崎 Y.S.C.C.横浜 vs ヴァンラーレ八戸 FC今治 vs カターレ富山 FC岐阜 vs AC長野パルセイロ ロアッソ熊本 vs カマタマーレ讃岐 2021.10.23 17:38 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取が神奈川大学MF馬場琢未の来季加入内定を発表、高校時代は米子北で過ごす

ガイナーレ鳥取は23日、神奈川大学のMF馬場琢未(22)の来季加入内定を発表した。 岐阜県出身の馬場は、高校時代は鳥取県の米子北高校で過ごし、神奈川大学へと進学していた。 高校時代以来の鳥取帰還となる馬場は、クラブを通じてコメントしている。 「この度ガイナーレ鳥取に加入することになりました神奈川大学の馬場琢未です。夢であったプロサッカー選手になれたのは自分のサッカー人生に携わってくださった多くの方々のおかげだと思います」 「自分の武器であるスピードに乗ったドリブル突破やフィジカルを存分に発揮しガイナーレ鳥取の勝利に貢献できるよう尽力いたします。応援よろしくお願いします」 2021.10.23 14:41 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF酒本憲幸が現役引退…C大阪の右サイドを長らく支える「感謝の気持ちでいっぱい」

鹿児島ユナイテッドFCは22日、MF酒本憲幸(37)の現役引退を発表した。 和歌山県出身の酒本は、初芝橋本高校から2003年にセレッソ大阪へと入団。1年目から出場機会を得ると、キャリアの途中からは右サイドバックとして定着。C大阪を支えた。 アカデミー出身の若手選手も多く台頭したC大阪では、2010年からは最古参の選手としてプレー。J2降格、J1昇格、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場など、キャリアでは浮き沈みのある様々な経験をした。 しかし、DF松田陸の加入後は出場機会が減り、2017年、2018年はリーグ戦での出番はなし。2019年に鹿児島へと完全移籍すると、中盤へポジションを移し、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場し2得点。2020シーズンは明治安田生命J3リーグで34試合に出場し7得点を記録。今シーズンもJ3で16試合に出場していた。 なお、11月28日(日)の明治安田J3第29節、AC長野パルセイロ戦後に引退セレモニーが実施される。 酒本はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021年シーズンをもちまして現役を引退することにしました。19年間の現役生活のなかで、本当に色々な方に支えてもらいました。僕みたいな選手がこの年まで続けてこれたのは、こういった方達のおかげです。本当にありがとうございました、感謝の気持ちでいっぱいです」 「まだ残り7試合あります。最後まで自分のやれる事をやりぬきチームに貢献出来るように頑張ります」 「次はホームでアスルクラロ沼津戦です。是非スタジアム、リモートで応援よろしくお願いします!」 「最後に、引退セレモニーを11月28日のAC長野パルセイロ戦後に行なってくれる事になりました。皆さんとお会いして、ご挨拶出来ることを嬉しく思ってます。11月28日 スタジアムでお待ちしております。急に寒くなったので、体調にはお気をつけ下さい」 2021.10.22 10:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly