町田が山梨学院大学FW平河悠の2023シーズンの加入内定を発表「貪欲にプレーしていきたい」

2021.09.16 15:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは16日、山梨学院大学のFW平河悠(20)が2023シーズンから加入することが内定したことを発表した。

平河は佐賀県出身。佐賀東高校から山梨学院大学へと進学していた。

平河はクラブを通じてコメントしている。

「この度、2023年シーズンよりFC町田ゼルビアに加入させていただくことになりました、山梨学院大学の平河悠です」

「まず、自分の小さい頃からのプロサッカー選手という夢を、この素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」

「これまで自分の事を支えてくれた両親、お世話になった指導者、そして自分を活かしてくれるチームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」

「FC町田ゼルビアでは、感謝の気持ちを忘れずに自分らしく貪欲にプレーしていきたいと思います。FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願い致します」


関連ニュース
thumb

町田がポポヴィッチ監督の続投発表、昨季19位も今季は上位争い

FC町田ゼルビアは23日、ランコ・ポポヴィッチ監督(54)との契約更新を発表した。 ポポヴィッチ監督は、現役時代にはパルチザン・ベオグラードやアルメリア、シュトルム・グラーツなどでプレー。引退後は、サンフレッチェ広島でコーチを務めるなどすると、2009年に大分トリニータで監督に就任。2011年には当時JFLの町田の監督も務め、2012年からはFC東京、2014年からはセレッソ大阪の監督を務めた。 その後、レアル・サラゴサの監督に就任。タイのブリーラム・ユナイテッド、インドのプネ・シティ、オーストリアのザンクト・ペルテンで監督を務めると、2020年に町田の監督に就任した。 2020シーズンは19位と下位に低迷したが、今シーズンは上位を争っていた中、昇格の夢は潰えたものの、現在も5位と好位置につけている。 ポポヴィッチ監督はクラブを通じてコメントしている。 「来季も指揮を執らせて頂く事を光栄に思います。クラブの発展、選手、スタッフ一人一人の成長に私もその一部として、関わる事が出来て幸せです」 「このまま全員が同じ方向を向き、一丸となって成長し、成功を掴みとりたいと思います。また、今シーズンチームが成長出来た事に関して、ファン・サポーターの皆さん、クラブスタッフ、現場スタッフ。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様に感謝しています。来シーズンも一緒に闘いましょう!」 2021.11.23 11:33 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝のMF谷澤達也が19年の現役生活を引退、柏、千葉、FC東京などでもプレー「本当に幸せでした」

藤枝MYFCは22日、MF谷澤達也(37)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 谷澤は静岡県出身で、静岡学園高校から2003年に柏レイソルへと入団。1年目から出場機会を得ると、同年のFIFAワールドユース(現:U-20ワールドカップ)に出場した。 2008年にはジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍すると、2011年にFC東京へ移籍。2012年に千葉へと復帰すると、2016年の期限付き移籍を経て、2017年にFC町田ゼルビアへと完全移籍。 2018年にはSC相模原へと完全移籍すると、2019年から藤枝でプレーしていた。 スーパーサブとしても活躍し、数多くの決定的なゴールを記録したことでも知られている。 J1通算164試合出場15得点、J2通算288試合27得点、J3通算99試合10得点を記録。リーグカップで27試合1得点、天皇杯24試合7得点を記録していた。 谷澤はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンで引退します。高校を卒業してから19年間もサッカーが出来て本当に幸せでした」 「柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉、FC東京、FC町田ゼルビア、SC相模原、藤枝MYFCで色々な経験をさせてもらいました」 「レイソルではJ1昇格。千葉ではJ1残留争いでの奇跡の残留一生忘れません。FC東京ではJ2優勝、天皇杯優勝、ACLに出場できたことは本当に最高の思い出です」 「ゼルビアでは同い年の深津、中島と一緒にプレーしたこと。相模原では初めてキャプテンマークを巻かせてもらい、藤枝MYFCでは地元でプレーできた喜び」 「今まで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝したいと思います。ありがとうございました」 2021.11.22 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

青森山田高の宇野禅斗が町田加入内定 「自身を鍛え続けると同時に恩返し」

FC町田ゼルビアは9日、青森山田高校からMF宇野禅斗(17)の2022シーズン加入内定を発表した。 宇野は同世代屈指のボランチで、2019年に全国高校選手権準優勝を経験。2020年の全国高校選手権も準優勝に終わったが、大会優秀選手に輝いた。また、今年はU-18日本代表候補や日本高校選抜に選ばれるなかで 全国高校総体で優勝に導き、個人としても優秀選手にノミネートされた。 ボランチでコンビを組み、FC東京に加入内定のU-22日本代表MF松木玖生とともにプロ入りが決定した宇野は町田の公式サイトを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「来年からFC町田ゼルビアに加入することになりました、宇野禅斗です。プロの世界に飛び込みその第一歩をFC町田ゼルビアで歩み始められことを誇りに思っています。自分を見て、選んで、決めてくださった全ての方々に感謝したいと思います」 「FC町田ゼルビアのサッカーを理解し、自分に何が出来るのかを考え続けたいと思います。そして、自身を鍛え続けると同時に、恩返ししていきたいと思います。ファン・サポーター、応援してくださる全ての方に感謝し、全力でプレーしていきます。応援よろしくお願いします」 2021.11.09 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

7試合ぶり白星の松本が降格圏脱出、東京クラシックは町田が粘り勝ち【明治安田J2第31節】

明治安田生命J2リーグ第31節の4試合が、26日に各地で行われた。 勝ち点27で21位に沈む松本は18位北九州(勝ち点29)とのシックスポインターに臨んだ。伊藤の連続フィニッシュなどで攻勢に出たが、24分に手痛いミス。バックパスを受けたGK村山のコントロールが大きくなったところを前川にさらわれ、ゴールに流し込まれた。 先制した北九州は38分に新垣がカットインからシュート。これが橋内に当たってこぼれると、前川が詰めてネットを揺らす。副審はオフサイドのフラッグアップをしたが、主審は橋内の手に当たっていたとして北九州にPKを与える判定を下す。だが、佐藤亮の強烈な左足のシュートはバーを叩いた。 救われた松本はハーフタイムに2枚替え。前節殊勲の同点弾を挙げた榎本らを投入すると、52分には右サイドでのFKから橋内が蹴り込んで汚名返上の同点ゴール。さらに61分には自陣でのFKをGK村山が前線へ送ると、榎本の頭での落としから伊藤が流し込んで逆転に成功した。 終盤は選手交代も駆使して時計の針を進めた松本が7試合ぶりの勝利で18位に浮上し、降格圏を脱出した。一方、敗れた北九州は降格圏の19位に順位を下げた。 上位争いを演じる町田(勝ち点52)は東京Vの本拠地へと乗り込んだ。『セガサミーグループpresents東京クラシック~東京から世界へ~』と銘打たれたダービーマッチでは、大人気アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のメインキャラクター、アルルの声優を務める園崎未恵さんが選手紹介を務めた。 互いに多くのシュートシーンを作りながらゴールレスで折り返すと、後半開始早々に町田が試合を動かす。髙江が右サイドの深い位置へ浮き球のパスを送ると、後半の頭から投入された太田がワンタッチで福村をかわして折り返す。最後はゴール前で平戸が右足で合わせ、ネットを揺らした。 以降は東京Vがボールを保持して町田の守備ブロックを崩しにかかるも、前半とは異なりフィニッシュまで持ち込めるシーンが減少。サイドを起点に打開を試みるが、町田の守備陣に冷や汗をかかせる場面を作り出せない。 先制して以降はほぼ守備に時間を割かれたアウェイチームは、終盤に水本を投入して逃げ切りを図る。盤石の態勢でタイムアップを迎え、2試合ぶりの白星で上位戦線に踏みとどまった。 水戸と金沢の一戦は、40分に伊藤のPKで水戸が先制するも、セットプレーの二次攻撃から庄司が頭で合わせて試合を振り出しに。だが、ホームチームが意地を見せ、同点でタイムアップかと思われた後半のアディショナルタイムに途中出場の藤尾が値千金の決勝ゴール。3試合ぶりの勝利を収めている。 ホームで秋田と対戦した岡山は、14分に武のゴールで先制を許す。攻め込みながらも秋田の牙城を崩し切れなかったが、試合終了間際にセットプレー崩れから安部がネットを揺らし、土壇場で同点に。そのままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。 ▽9/26(日) ファジアーノ岡山 1-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ▽9/25(土) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 FC琉球 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> 2021.09.26 17:17 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田躓き京都が首位浮上! 町田と長崎の上位対決は合計6ゴールの打ち合いに【明治安田J2第30節】

明治安田生命J2リーグ第30節の7試合が、18日に各地で行われた。 2位の京都(勝ち点61)はアウェイで山形(勝ち点49)と対戦。序盤のピンチをヨルディ・バイスの決死の守備で乗り切ると、44分に山形のカウンターをはね返し逆カウンターを発動。自陣右サイドから一気に最前線へボールが送られると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したウタカが飛び出してきたGKをかわしてシュート。これはゴール目前でDF山崎にブロックされてしまうものの、セカンドボールを宮吉が押し込んだ。 リードした状態で後半を迎えた京都は荒木を下げて武田を投入。53分には福岡に代わって三沢がピッチに立つと、60分に敵陣右サイドのライン際での華麗なパス回しから三沢がボックス手前右でフリーに。三沢はここから迷わず左足を振り抜くと、これがネットを揺らして追加点を挙げた。 結局、このまま京都が点差をキープしたまま逃げ切り、岡山と引き分けた磐田を抜いて首位に浮上した。 大雨の影響で劣悪なピッチと化した町田GIONスタジアムで行われた、町田(勝ち点52)と長崎(勝ち点49)の上位対決は激しい点の取り合いとなった。 まずはキックオフ早々に長崎のカイオ・セザールが前線にグラウンダーのロングボールを放り込むと、濡れたピッチの影響でボックス手前でボールが急ストップ。町田DFは慌ててクリアを試みたものの、それが十分なクリアにならず、ボールは再び長崎の下へ。 そのクリアボールを拾った植中が短くエジガル・ジュニオに繋げると、ペナルティアークの手前から右足一閃。これがネットに突き刺さり、開始10秒でアウェの長崎が先制に成功した。 だが、その後は後半までスコアは動かず。それでも再び試合が動いたのも後半開始直後だった。54分、長崎の右CKの場面で山崎のアウトスイングのクロスをE・ジュニオが頭で合わせて追加点。 しかしその4分後、今度は町田の左CKの場面で、セカンドボールを拾った吉尾がボックス中央からシュートを放つと、ゴール前の佐野がコースを変えてゴールイン。試合はここからさらに激しさを増していく。 それからさらに4分後の62分、長崎は再びカイオ・セザールが攻撃の起点となり、ボックス右の毎熊に鋭い縦パスを供給。その折り返しをE・ジュニオが合わせてハットトリックを達成。アウェイチームが大きく勝利に近づく。 町田はその後、一挙に3選手を入れ替えて勝負に出る。すると76分、GK福井のロングフィードを、この交代で入った太田が相手ゴール前で収めてそのままゴールを決めて見せた。 これで再び1点差とした町田の勢いは俄然強くなり、迎えた86分、左サイドから吉尾が上げたクロスをボックス右で岡田が収めてバックパス。これをまたも太田がゴールに突き刺し、ついに同点に追いついた。 こうなると長崎は一転して負の連鎖にはまり、カイオ・セザールが2枚目のイエローカードで退場に。そして町田は最後までゴールに迫り続けたが、試合は3-3で終了。壮絶な打ち合いは痛み分けに終わった。 その他、上位返り咲きを目指す琉球(勝ち点51)は、ホームで16位の群馬(勝ち点29)に敗戦。これで3連敗となり、順位も7位に落としている。 また、大宮を1-0で下した甲府は3連勝で3位に浮上している。 ◆第30節 ▽9/18(土) 栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> FC町田ゼルビア 3-3 V・ファーレン長崎 ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ▽9/19(日) ブラウブリッツ秋田 vs ギラヴァンツ北九州 相模原SC vs レノファ山口 東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC 2021.09.18 22:17 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly